定年後でもクレジットカードは作れる!年会費無料で優待が豊富なクレジットカード2枚を紹介

定年後でもクレジットカードが作れる条件と発行しにくくなる理由

クレジットカードに入会申込みをする際、ほとんどのカードでは安定した収入があることが条件です。近年ではパートやアルバイトで働く方が入会できるカードも増えていますが、65歳で定年退職した場合はどうなるのでしょうか。定年退職をすると年金で生活する方、再雇用制度を利用する方、簡単なアルバイトをする方などもいますね。65歳で定年後にクレジットカードが作れる条件と、発行しにくくなる条件を解説していきます。

定年後でもクレジットカードが作れる条件

定年後に年金を受給する方は多いと思いますが、年金は収入に含まれて審査されるものです。そのため審査では「安定した収入があること」という条件をクリアできることになり、年齢が70歳以上の方でも健康で年金を受給していれば、クレジットカードを持てる可能性があります。

さらに定年後にパートやアルバイトをして収入を得ている方、同居する世帯人数が多いことも審査通過にプラスに作用する要素です。定期的な収入があるほど支払いに対する信頼性が増し、世帯人数が多いことはカードの利用頻度が高まると判断されるからです。万が一、支払いできない状態になったとしても、家族からのフォローが期待できるからでしょう。

定年までの間に使用してきたクレジットカードの使い方や、スマホ代のように分割払いを含む支払いで、遅延や延滞などがなければ審査に通りやすくなります。これまでのお金の使い方に信用があれば定年後でもカードを作ることが十分に可能です。定年後にクレジットカードの入会を予定している方は、直近2年を振り返って、支払いが滞ることがなかったか確認してみましょう。

定年後にクレジットカードが発行されにくくなる理由

定年後はクレジットカードに入会申込みをしても、カードが発行されにくいと言われています。これは正社員で働いていたときに比べて、定期収入が少なくなることや、平均寿命が近くなることが関係しています。年金も収入に含まれますが、どのくらいの年金額かは個人差があり、国民年金の場合は月額5万円台の支給となることもあります。

定期収入として金額が少ないときは、返済に対する信頼性がどうしても低くなってしまい、クレジットカードに入会申込みをしても発行されにくくなります。平均寿命が近いことも申込み時の年齢によっては、カード発行されにくくなる理由になるでしょう。それでもカード発行に期待する場合は、いくつかの審査通過のポイントを抑えることがおすすめです。

定年後にカードを作るとき気を付けたい審査通過のポイント

定年後は、趣味など自分の好きなことに打ち込むことや、新しいことに挑戦し第二の人生にチャレンジするのも良いことです。人生100年と言われる現代では、定年退職する65歳で全てが終わりではありません。ネットスーパーを見ればクレジットカード決済のみだったり、街を歩けば現金払いできないお店を発見するなど、クレジットカードが必要になる瞬間が多々あるかもしれません。収入が年金だけになったとしても、新たにクレジットカードを申込むときに抑えておきたいポイントを紹介します。

年金以外に収入を得るため働いている

近年では65歳で定年しても、再雇用制度を利用して働く方や別の仕事をする方が増えています。正社員ではなくても、パート、アルバイト、契約社員、起業するなどして収入を得ることもあります。定年後は現役時代よりも収入が減ることが多いため、少額でも何かで収入を得る方がカードの審査も通りやすくなります。クレジットカードの入会条件である、「安定した収入があること」も十分にクリアできることになりますね。

クレジットカードの入会申込み内容は素直に事実を申告しよう

クレジットカードの入会申込みをする際、申し込み内容に嘘の内容が含まれている場合は、審査が通りません。収入が年金だけなのに、300万円ほど多い収入額を申告するような嘘の申告は一切認められないのです。そのほかの申告内容でも極端に事実と異なる場合は、審査で落とされるでしょう。クレジットカードの審査を通過するためには、無理のない正直な申告が最も重要です。

定年するまでの信用情報に問題がないか確認!

定年前の信用情報に問題があると、クレジットカードは発行されにくくなります。遅延や延滞がなかったか振り返ってみましょう。クレジットカード以外でも分割払いで支払うものが滞ると、信用情報にキズがついてしまいます。自分は大丈夫! そう思っている方も、ほとんど使っていないクレジットカードの年会費が未払いになっていないか、今1度振り返ってみましょう。

定年後の入会におすすめなカードはエポスカードと楽天カード

定年後に持つクレジットカードなら、収入が少なめでも発行可能なクレジットカードで、優待やサービスが豊富なものがおすすめです。中でもエポスカードと楽天カードは、定年後でも審査を通過した実績あるカードです。年会費無料で使いやすい2枚のカードを紹介します。

エポスカードは年会費永年無料で豊富な優待店がお得

エポスカードは年会費無料で、高校生を除く満18歳以上の方ならどなたでも申し込みできるカードです。申し込みはマルイ店頭またはインターネット・スマホアプリからでき、最短で申し込み当日にカードを受け取ることもできます。即日発行されたエポスカードのうちマルイ店舗でカードを受け取る場合は、マルイ店舗で使える2,000円分の優待クーポンが、郵送で受け取る場合は2,000円相当のエポスポイントがもらえます。

エポスカードで貯まるエポスポイントは、200円毎に1ポイントの0.5%還元で付与され、リボ払い・3回以上の分割払いを利用した場合、200円毎2ポイントにアップします。貯めたポイントは1P→1円として使うことができるので、たくさん貯めて好きなことに使うことができます。エポスカードには、ポイントをたくさん貯められる10大特典が付帯しており、日本全国で楽しみながら使えることが魅力です。

  1. エポスカードを持っているだけで旅行傷害保険が最高500万円自動付帯
    定年退職後の海外旅行もエポスカードの海外旅行傷害保険で安心です。海外で体調を崩した場合、治療費に対して最高270万円まで、観光中に手が滑って持参したデジカメを落として壊した場合、自己負担3,000円で補償します。
  2. 全国の飲食店で割引優待や特典を受けられる
    提携する飲食店でワンドリンク・デザート・オリジナル料理のサービスや、飲食代の割引優待を利用できます。
  3. 遊園地などの提携施設で割引や優待が受けられる
    遊園地を始め、映画館、水族館、カラオケ、クルージング、劇場、日帰り温泉、各種ツアー、航空券などの割引優待が受けられます。
  4. カラオケルーム料金割引利用可能
    提携するカラオケ店でルーム料金30%、利用料金から1,000円割引などの割引優待が受けられます。気の合う仲間や家族との時間もお得に利用できます。
  5. 美容院やネイルの利用料金割引が利用できる
    全国のTAYAでカットやカラーが10%OFFになるなど、割引優待が受けられます。普段のお手入れはもちろん、特別な日の準備にもおすすめできます。
  6. スパ・温泉で入場料割引
    話題の温泉への日帰り温泉や、いつでも気軽に利用できるスパなど、癒しとくつろぎの人気スポットの利用料金の割引優待が受けられます。
  7. 舞台や各種イベントのチケットが会員価格で利用できる
    予約時にエポス会員だと伝えるだけで、多くの人気公演の舞台やイベントを会員特別価格で利用できます。エポス会員貸し切り公演も開催しています。
  8. レンタカーやカーシェアも割引価格で利用できる
    タイムズカーレンタルなら、予約時にエポス会員と伝えると最大15%OFFで利用できます。
  9. 旅行利用でポイントアップ
    エポトクプラザから旅行ツアーや、航空券の予約をすると、エポスポイントアップなどの特典が利用できます。
  10. 提携ショップでのショッピングでボーナスポイント獲得
    エポスカード提携の商業施設でショッピングすれば、ボーナスポイントがもらえお得にショッピングを楽しめます。

エポスカードは日本全国に優待店があり豊富な中から利用できます。これまで収入が年金だけの方も審査を通過した実績があり、定年後のクレジットカードにおすすめの1枚です。

エポスカードの基本情報

  • 年会費・・・無料
  • 申し込み資格・・・満18歳以上の方(高校生を除く)
  • 国際ブランド・・・VISA
  • 付帯保険・・・海外旅行傷害保険:最高500万円が自動付帯
  • ポイント・・・エポスポイント(200円→1P)
  • 電子マネー・・・モバイルSuica、楽天Edy

楽天カードは年会費永年無料&ポイント高還元率が魅力

楽天カードは高校生を除く満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)なら、どなたでも申し込みできるカードです。申し込みはインターネットから24時間いつでもでき、最短即日発行してもらうこともできます。ただ、楽天カードの受け取りは郵送なので、手元に届くのは申し込みから平均1週間程度あとになります。

楽天カードのポイントは、楽天スーパーポイントで100円→1Pの1.0%還元で貯められます。楽天グループでの利用で最大3.0%還元までアップするので、ネットショッピングは楽天市場を中心にするとポイントが貯まりやすいです。街で楽天スーパーポイントが貯まる提携店も非常に多くあり、普段の買い物でもザクザクポイントが貯まります。

楽天カードは、ベーシックな楽天カードだけでも、通常デザイン、お買いものパンダデザイン、楽天イーグルスデザイン、ディズニーデザイン、YOSHIKIデザイン、ヴィッセル神戸デザインからカードデザインを選べます。豊富なラインナップから選べるので、入会するときもちょっと楽しくなりますね。楽天カードは国内での利用はもちろん、海外ではもっと便利に使えるカードです。

定年後に海外旅行をしたとしましょう。通常は空港内か最寄りの両替所で現地通貨へ両替しますが、楽天カードなら、海外のATMで現地通貨を引き出すことができます。キャッシング利用額の範囲内での提供で、さっと手軽に現地通貨を入手できて便利です。さらに海外旅行傷害保険も最高2,000万円まで付帯し、万が一、現地で体調を崩したとしても安心の備えがあります。

そのほか、ハワイで使える楽天カード特典クーポンや、現地の情報提供、国際ブランド別の優待も利用できます。国内ではポイントが貯まりやすい高還元率のカードであり、楽天スーパーポイントが使える店舗も豊富で利用しやすい1枚です。収入が年金のみで不安でも、年収50〜100万円前後の方へのカード発行実績もあるので、定年後に入会するなら楽天カードをおすすめします。

楽天カードの基本情報

  • 年会費・・・無料
  • 申し込み条件・・・18歳以上の方(高校生を除く)
  • 追加可能カード・・・家族カード、ETCカード
  • 国際ブランド・・・VISA・Mastercard・JCB・アメックス
  • 付帯保険・・・海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 電子マネー・・・楽天Edy
  • ポイント・・・楽天スーパーポイント(100円→1P)

クレジットカードは定年退職しても入会できる! 年金生活でも諦めないで申し込もう

定年後にクレジットカードを作りたいとき、1番重視することは「安定した収入があること」です。定年後は年金を中心にした生活だとしでも、年金も定期的な安定収入に含まれるので、定年退職後の60代、70代の方もクレジットカード発行の可能性が十分あります。クレジットカードがあると、趣味などの好きなことに打ち込むことができ、旅行の際にもまとめて決済できるので、セカンドライフも楽しみが大きくなります。

ただ、近年では振込詐欺の類で、クレジットカード払いを要求するケースも出てきており注意が必要です。身に覚えの無い支払いはしないことを前提に、クレジットカードを利用するようにしましょう。また、クレジットカードの管理に不安がある場合は、定年した方が本会員として申し込むよりも、家族が所持するクレジットカードの家族カードを持つことも1つの方法です。

家族カードは、本会員と同じカード特典や各種サービスを利用でき、ポイントも同じく獲得できます。支払いは本会員と一緒に支払われるので、使いすぎを防ぎ、万が一詐欺被害にあった場合でも、本会員が気づくでしょう。定年後にアルバイトができるうちは本会員としてのカードを、アルバイトを辞めるときがきたら家族カードという選択も良い方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ