acマスターカードの事前審査を通す信用情報の作り方

クレジットカードを作る時の審査とは

クレジットカードを作る際には、どのクレジットカードに申し込んでも必ず「審査」というものがあります。買い物をし、クレジットカード払いにする際にはその場では直接金銭の授受が行われません。そして、クレジットカード会社でその月に使ったクレジットカードの利用額を集計して翌月に指定の銀行口座からクレジットカード利用料金が引き落とされる仕組みになっています。

つまり、クレジットカード会社はクレジットカードユーザーが利用料金の引き落とし日に 必ず利用料金を支払ってくれると言う信頼を元に一時的にユーザーに代わって買い物の代金を引き受けているとも言えます。

そのため、クレジットカード会社は必ずカードの発行申込者に対して、きちんと利用料金が支払えるかどうかという調査を行います。これを「審査」と言います。

審査の基準とは

「審査」の基準はカード会社や、一般カード・ゴールドカードといったカードの種類によって違いがあります。また、その審査基準は公表されていないため、基準についてあらかじめ知っておくことができません。また、カードの会社の審査に落ちてしまっても、何が理由だったのかについて教えて貰う事もできません。しかしカード会社の求めているものは「支払い能力」であり、会社やカードごとに申込者をスコアリングして評価しているので、審査基準について考えてみましょう。



年齢・家族


年齢・家族は仕事と共にこれからの見込める収入や支出の規模を測るために重要視されます。それだけではなく、万が一カードのユーザーが不払いで夜逃げなどをした際に、足取りを追えるかもカード会社の審査基準の重要なポイントです。そのため、独身で親元で暮らしている方、既婚者で親元で暮らしている方、既婚者で独立して暮らしている方、独身で一人暮らしの方、の順番に高スコアで採点されると言われています。

仕事や会社・収入


クレジットカード会社はカード利用額が払えるかどうか、また、カードの種類によってはキャッシングローン機能が付いているものであればきちんと返済を行えるかどうかについて審査をします。ここで大切なのは「安定性」であり、収入に波が無く、毎月安定した収入が見込めると言う事は、それだけ安定して支払い能力があるとみなされます。士業、会社の役員、大企業に勤めている方や公務員が審査に有利だと言われている所以です。

フリーランスや中小企業に勤めている方はその次に審査に通りやすいと言われています。フリーランスでも大企業に勤めている方よりも収入の多い方もいらっしゃいますが、安定性という意味では次点となるようです。
また、無職では資産があったとしても安定した収入とはみなされ難く、審査に通ることは極めて困難だと言えます。

居住


居住形態も審査基準となっています。持ち家(自己所有)、持ち家(家族所有)、賃貸の順に高スコアが付きます。クレジットカード会社の求めている「支払い能力があるか」については、ユーザーが支払わなかった際、もしくは支払えなくなった際の担保となるものがあるかどうかは大きなポイントになります。

少し前までは固定電話があるかどうかも審査の基準となっていました。固定電話は電話加入権という債権を売買することによって設置しており、無形固定資産とされているためです。 しかし、現在では携帯電話の普及や一人暮らしの増加によって固定電話の設置の有無が審査基準の重要な要素となる事は少ない様です。

クレジットヒストリー


クレジットヒストリーとは言葉の通りクレジットカードを利用する事で貯まっていく歴史、履歴です。 単に履歴と言っても一体いくら何に使ったという明細の様なものではなく、きちんと利用額を払えているかどうかという事が重要なポイントです。

年齢が若くてクレジットヒストリーが無いのは当然ですが、年齢が上がって来てから初めてクレジットカードを持つ場合には、このクレジットヒストリーがまっさらな状態ですので、問題を起こしたわけでもないのですが、信用も無いという状態になってしまいます。そのため、利用額や利用頻度はさておき、早いうちにクレジットカードを作ることがお勧めです。クレジットカード会社によっては18歳以上の学生専用や 学生向けのカードを発行したり、新社会人向けのカードを発行しているので、チェックしてみて下さい。

クレジットカード会社は申し込みの申請を受けてから「個人信用情報機関」と呼ばれるところに、申込者のクレジットヒストリーの照会をします。これまでどのようなクレジットカードを持っており、滞納や不払いが無かったかについて調べます。

何度も銀行引き落としが出来ずに滞納をしたり、未払いや不払いをした方はこのクレジットヒストリーが良い状態とは言えません。さらに、過去にクレジットカードやキャッシングローンやローン、携帯電話の端末代金の支払いを3ヵ月以上延滞したり不払いをした方は「ブラック」と呼ばれる状態になってしまいます。このブラック、またはブラックリスト入りと呼ばれる状態になると、5年間は通常のクレジットカード審査を通過することは出来ません。

審査通過のコツ

若年齢ではなくクレジットヒストリーが全くない方、そして特にクレジットヒストリーに何らかの瑕疵がある方、クレジットカードの審査に何度か落ちている方は審査通過の際に少し工夫をする事で審査通過がしやすくなる場合があります。

本当の事を書く


審査の申し込みの際に記入する書類にはきちんと本当の事を書きましょう。多数の申込者がいるだろうし、少々は嘘を書いても大丈夫だろうと思っていても、クレジットカード会社の調査でばれてしまいます。嘘がばれると信用に関わるので、正確に記入しましょう。


電話


クレジットカードの申し込み後、クレジットカード会社から電話が掛かって来ることがあります。仕事中や用事ですぐに電話に出られなかったとしても、放置をせずなるべく早く折り返し連絡をしましょう。

キャッシングローン枠を最小限にする


クレジットカードを申し込む際に、多くの場合、クレジットカードを利用して借入ができるキャッシングローンの限度額がどれくらい必要かについて記入する欄があります。可能な限りキャッシングローン枠の限度額を減らすことで、審査が通過しやすくなります。

審査に通りやすいカードを選ぶ

カード会社や種類によって審査基準も様々です。つまり、審査基準の厳しいカードもあれば、審査基準の割と甘いカードもあるのです。

審査の通りやすいクレジットカードとは

クレジットカードには、銀行が主体となって発行している銀行系カードや、国際ブランドが自ら主体となって発行しているカードなどがあります。その中に消費者金融系カードという分類があり、名前の通り、消費者金融会社から発行されているカードになります。その中でも審査の通過率が高いとされているのが「アコム(AC)マスターカード」です。

ACマスターカードは、ショッピング機能付き消費者金融カードと言えます。つまり、通常のクレジットカードに近い利用のできるカードではありますが、ショッピング機能が「リボ払い専用カード」となっており、ショッピング機能を利用すると支払いは全てリボ払いとなってしまいます。
通常のクレジットカードでは一括払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払いなどの支払い方法が選べることに対して、ACマスターカードはリボ払いになるため、月々の返済額が決まっており一見支払いは楽なように見えますが、分割にする事によって金利手数料がかかってしまいます。

つまり、通常の銀行系カードではキャッシングローンやリボ払いの手数料を大きな収入に出来ないために確実に安定した支払い能力のあるユーザーを厳選するのに対し、消費者金融系カードでは消費者金融機能が主になっているので、利息面での収入を見込める事から間口を広げることが出来るのです。

そのため、ACマスターカードは通常カードの作りにくいとされる主婦やフリーターや、昔ブラックリストに載っていたり生活保護を受けていた方でも現在安定した収入があれば申込事が出来、カード会社基準の審査というよりは消費者金融の基準で審査が行われるため、審査に通りやすいと言われています。

また、多くのクレジットカードに付帯しているポイントプログラムや保険、ETCのサービスは付帯しておらず、ACマスターカードは審査が柔軟であることに特化したカードであると言えます。また、このカードのカードフェイスは消費者金融系を思わせないデザインになっているので、利用するときに気になりにくいデザインです。

ACマスターカードの便利な利用方法まとめ

ACマスターカードは審査基準が柔軟であるという特長からも、大別して3タイプの方にお勧めのカードとなっています。

急いでクレジットカードを作る必要のある方

通常のクレジットカードであればどんなに早くても1週間〜10日は発行に時間が掛かります。しかしACマスターカードであれば即日発行が可能なのですぐにクレジットカードが持ちたい方や必要な方には便利です。

迷ったらココ!

ACマスターカード
ACマスターカード

とにかく審査に受かりたい方

ブラックではないが、一般のクレジットカード審査になかなか受からない方にもお勧めです。消費者金融の発行するクレジットカードはACマスターカードだけなので、最も審査基準が柔軟なカードだとも言えます。また、ACマスターカードでクレジットヒストリーを作ることによって、将来的に他のカードを持つ際に役立つ事があります。

迷ったらココ!

ACマスターカード
ACマスターカード

クレジットヒストリーを作りたい方


ブラックではないが、収入の安定に不安があり、年齢が高く、これまで全くクレジットヒストリーの無い方にもお勧めです。ACマスターカードの審査に通ったことプラスACマスターカードを持って滞納や不払いなどの問題が無いというクレジットヒストリーを積み重ねる事で、後々別のクレジットカードの申し込みの際に有利になることがあるためです。

カードフェイス ACマスターカード
ACマスターカード
VIASOカード
VIASOカード
三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカード
カード属性 消費者金融系 信販系 銀行系
審査難易度 ★★ ★★★
年会費 無料 無料 税抜1,250円+税
条件により無料
発行期間 最短即日 最短翌営業日 最短3営業日
申し込み資格 20歳以上69歳までの安定した収入と返済能力を有する方で、アコム(株)の基準を満たす方 高校生を除く年齢18才以上で電話連絡可能な方。学生、フリーター、年金受給者、専業主婦の申込OK。 満18歳以上の方(高校生は除く)
利用可能枠(ショッピング枠・キャッシング枠) 10万円〜300万円
※カードローンとショッピングのご利用合計の上限は800万円までとなります。
ショッピング枠:10-100万円
キャッシング枠:50万円
ショッピング枠:10-80万円
キャッシング(リボ)枠:300万円
付帯サービスの有無 なし あり あり

ACマスターカードは券面からはアコム発行とは分からないので、普通のクレジットカードとしてご利用できます。アコムだからと言って借入れを行う必要はありません。

受取明細、ご利用明細が自宅に届かないからプライバシーも安心。アルバイト・パート、主婦の方もOK ※一定の収入があれば、審査の上利用可能(専業主婦を除く)。

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行
無料 無料 - 30分以内
ショッピング
手数料
利用可能枠 海外旅行
保険
国内旅行
保険
14.60% 10万円〜300万円 - -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ