三井住友VISAゴールドカードの審査を簡単に通す方法

ゴールドカードなら三井住友VISAカードがおすすめの理由

初めてクレジットカードを利用する方、もしくはすでにクレジットカードを持っている方でも、いつかはゴールドカードを手にしてみたいと思うものではないでしょうか。

ゴールドカードの魅力

・空港ラウンジなどハイステータスな特典が利用できる
・スタンダードカードより多くの特典が利用できる
・スタンダードカードより優先されるサービスが多く、優越感を得られる
・保険や補償の金額が高く、より安心感がある

上記のような機能面も魅力ですが、ゴールドカードは単に「持っているだけでもカッコいい」ものなので、誰しもがあこがれる存在です。

ゴールドカードもいろいろありますが、おすすめなのが三井住友VISAゴールドカードです。

三井住友VISAゴールドカードがおすすめできる理由

・Visaカードを日本で最初に発行したのが三井住友カード。信頼できるカード会社である。
・旅行保険などの付帯サービスが充実している ードは三井住友カードのプロパーカード。さらに上位のプラチナカードを狙える可能性も。

三井住友VISAゴールドカードは国内で発行されているゴールドカードの中でも最も信頼性が高く、ステータスの高いクレジットカードです。

カードデザインは男性でも女性でも違和感なく持てるデザイン。金色のカードフェイスの中央には三井住友VISAカードのシンボルである「パルテノン神殿」が描かれ、ゴールドカードとしてのステータスを感じさせるのにも十分です。海外の人が見ても「カッコいい!」と思うのではないでしょうか。

もちろん付帯している特典もゴールドカードとして十分満足できる内容です。VisaまたはMasterCardがついているので、世界中で利用しやすいカードというのも魅力です。

年会費4,000円+税で持てるゴールドカード

ゴールドカードは「ハイクラスなサービス・特典を利用できる+持つだけでカッコいい」というのが魅力です。しかし、一般的にゴールドカードは年会費が高めです。

「高い年会費を払ってまでゴールドカードにこだわる必要があるのか・・・」と思う方も多いでしょう。

三井住友VISAゴールドカードは年会費10,000円+税(初年度無料)です。他にもっと高額な年会費のゴールドカードもあるので、決して「高い!」というほどではありませんが、一般のクレジットカードが年会費無料のものも多いというのを踏まえると、決して安くはありません。

しかし、三井住友VISAゴールドカードには年会費を割引させる方法がいくつかあり、結果的に半額以下の4,000円+税まで下げることができます。しかも、その方法は意外と簡単です。

「WEB明細書+マイ・ペイすリボコース」に申し込めば、マイナス6,000円になり、年会費4,000円+税で三井住友VISAゴールドカードを持てる、ということです!

WEB明細書とは

紙の明細書ではなく、パソコンや携帯電話で明細を確認するというものです。現在この方法は主流ともいえますので、クレジットカードを利用している方であればすでに利用している方も多いでしょう。

WEB明細書であれば、パソコンで明細をファイルとして保存でき、管理もしやすいといったメリットがあります。このWEB明細書の利用を申し込むことによって翌年度の年会費が1,000円割引になります。

マイ・ペイすリボとは

ゴールドカードの場合のマイ・ペイすリボは「1万円以上1万円単位で毎月の支払額を利用者が決めることができる」というものです。

マイ・ペイすリボはいわゆる「リボ払い」で、一括払いをしないという前提のものです。
マイ・ペイすリボの利用を申し込むことによって翌年度の年会費が半額になります。

「利息の負担がかかるから、リボ払いにはしたくない」という方も多いかもしれません。しかし、マイ・ペイすリボは設定によっては一括払いにできる方法があります。

マイ・ペイすリボで一括払いにする方法

利用枠=マイ・ペイすリボ支払い上限に設定する

この方法で、マイ・ペイすリボを一括払いにすることができます。例えば利用枠が100万円ということなら、マイ・ペイすリボ支払い上限も100万円に設定します。こうすることによって、10万円利用しても、20万円利用しても自動的に一括で支払われるようになります。

WEB明細書で1,000円割引、マイ・ペイすリボで半額、合わせて6,000円割引→年会費4,000円+税になります。

WEB明細書は便利なサービスですし、マイ・ペイすリボコースも実質一括払いやリボ払いなど利用者が選択できる内容です。特にデメリット無く年会費は4,000円+税になるということです。

三井住友VISAゴールドカードの審査基準は?

三井住友VISAゴールドカードは結果的に年会費が4,000円+税にできるので、ゴールドカードにしてはかなり低めの年会費で利用ができます。

「年会費が安い=審査も甘い」と考えてしまうかもしれませんが、残念ながらそういったことではありません。

三井住友VISAゴールドカードの利用条件


■入会資格:満30歳以上。安定継続収入がある方
■総利用枠:70万円〜200万円

20歳以上から利用できるゴールドカードも多い中で、「満30歳以上」という三井住友VISAゴールドカードの入会資格はかなり厳しい部類です。

30歳以上という入会資格から、「年齢が高い=年収が高い、それなりに勤続年数がある」。ある程度はそういう意味に捉えてよいでしょう。

年収や勤続年数などの条件は明確にしていませんが、年収500万円以上、勤続年数5年以上が審査クリアの理想といえるかもしれません。

また利用枠は最低で70万円と高額です。一般的に新規でクレジットカードに申し込んでいきなり70万円の利用枠が与えられるのは、それなりに属性の高い方でしょう。
他のカードでも利用枠を「個別の設定」としているものは多いですが、70万円以下になるケースは十分に考えられます。

そういったことから、三井住友VISAゴールドカードの審査基準が厳しいということが推測できるのです。

三井住友VISAゴールドカードを手にする最も確実な方法

三井住友VISAゴールドカードは他のゴールドカードと比較して優れた点が多いですが、審査のハードルが高そうなのがネックです。

そこで、より確実に三井住友VISAゴールドカードを手にすることができる方法を説明します。

ちょっと話が逸れますが、有名一流大学などで、幼稚園から大学までエスカレーター式に進学できる場合があります。三井住友VISAカードはそういった方法で、ゴールドカードなどにランクアップできるのです。
<三井住友VISAデビュープラスカード>
三井住友VISAデビュープラスカードは18歳〜25歳限定のクレジットカードです。親権者の同意が必要ですが、未成年でも利用ができます。

若い年齢が対象のいわゆるスタンダードのクレジットカードでです。「初めてクレジットカードを利用する」という方でも十分審査通過できる可能性があり、年齢条件さえ合えば多くの方が実際に利用できるでしょう。

<三井住友VISAデビュープラスカード→三井住友VISAプライムゴールドカードへ> 三井住友VISAデビュープラスカードは利用条件が25歳までですが、26歳以降最初のカード更新時になると自動的に「三井住友VISAプライムゴールドカード」にランクアップします。

三井住友VISAプライムゴールドカードは20歳〜29歳限定のクレジットカードです。

「プライム」ゴールドカードということで、ゴールドカードと何が違うかというと、年会費が安い(WEB明細書+マイ・ペイすリボコース利用で1,500円+税)ということ。それ以外の特典内容などはほぼゴールドカードと同じ。空港ラウンジの利用や付帯保険などの条件も同等です。

しいて欠点を上げるとすると、29歳までしか利用できないという点です。
<三井住友VISAプライムゴールドカード→三井住友VISAゴールドカードへ>
ここまでの流れでだいたい予想がつくかもしれませんが、三井住友VISAプライムゴールドカードを利用していて30歳になれば、最初のカード更新時に自動的にゴールドカードにランクアップします。

つまり、最初に審査のハードルの低い三井住友VISAデビュープラスカードを持っていれば、エスカレーター式に「三井住友VISAデビュープラスカード→三井住友VISAプライムゴールドカード→三井住友VISAゴールドカード」と、ランクアップが可能になるのです!

もちろん、更新してランクアップするには、カード利用中は支払いの延滞をしないなど、良好な利用を継続する必要があります。そういった注意点はどのクレジットカード利用においても同様なので、特別なことではありません。

もし、18歳〜25歳でクレジットカードを検討している方であれば、将来的にステータスの高い三井住友VISAゴールドカードをゲットするという意味でも三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめです。

三井住友カードが扱う最高ランクのクレジットカードが「三井住友プラチナカード」です。国内発行のクレジットカード全体でも最高ランクと言ってもいいでしょう。

残念ながら三井住友プラチナカードは三井住友VISAゴールドカードを利用していたとしても自動的にランクアップするというものではありません。

しかし最高ランクである三井住友プラチナカードに新規で申し込みをして審査に通過するかというと、その厳しさは三井住友VISAゴールドカードの比ではありません。多くの方が簡単に審査を通過してしまったら「プラチナ」の価値が下がってしまうでしょう。

三井住友プラチナカードの審査を通過できる最も可能性が高い方法が三井住友VISAゴールドカードで利用実績を積んで、ランクアップの申請をするという方法です。

つまり、今、若い方が比較的気軽に作れる三井住友VISAデビュープラスカードに申し込むことで、エスカレーター式に三井住友VISAゴールドカードを持つことでき、最終的には三井住友プラチナカードまでたどり着ける可能性があるということです。

クレジットカードのスタンダードカードは種類も多く、それぞれに個性があり特長が異なります。年会費も安いので比較的気軽に作れてしまいますが、「将来的にランクアップできるかどうか」というのものクレジットカード選びの際のポイントにしてみるのも良いかもしれません。

年会費 10,000円(税別) 初年度無料
ポイント 1000円=1P
発行期間 約3営業日
入会資格 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方



全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ