セゾンカードの2つの解約手続き方法と注意点

クレジットカードの解約方法(セゾンカードの場合)

クレジットカードをたくさん持っている方でも、「全てを完璧に使いこなし、管理もOK」ということであれば、なんら問題はありません。しかし、もし利用していないでただ持っているクレジットカードがあるなら解約すべきでしょう。クレジットカードの申込み時はいろいろなプロセスがあったり時間もかかったりで面倒な部分もありますが、解約は意外と簡単です。

今回はセゾンカードを例にクレジットカードの解約方法の説明をします。

セゾンカードの解約方法

方法その@

インフォメーションセンターへ電話

セゾンカードのインフォメーションセンターへの電話で解約の場合は、オペレータに解約の意思を伝え、簡単な本人確認とカード情報の確認が取れればすぐに解約ができます。

カードはどうするのかというと、「はさみで切ってください」などの案内があるのでそれに従えばOKです。郵送で送り返すといった必要はありません。

方法そのA

セゾンカウンターで申請

セゾンカウンターに直接行って対面での解約もできます。その際はカードと身分証明書(運転免許証など)を持参する必要があります。


いずれの方法でも、申請した即日に解約できるということです。電話であれば「電話代」や「時間」を取られますが、それ以上の負担はありません。

クレジットカードの解約時に注意したいこと(セゾンカードの場合)



クレジットカードの解約は簡単ですし、携帯電話の解約時のような違約金もありません。利用者にとってデメリットはほとんど無いようにも思えますが、注意したいことがいくつかあります。

クレジットカードの解約時に注意したいこと5つ


@貯まったポイント
セゾンカードを解約してしまうとせっかく貯まったポイントが交換できなくなってしまいます。ポイントを利用してから解約するようにしましょう。

ただし、解約するものとは別に同じ名義の永久不滅ポイント対象のセゾンカードをお持ちなら、ポイントは合算されるので、ポイントがある状況で解約しても問題ありません。

A家族カードやETCカード
家族カードやETCカードなど、セゾンカードに付随しているカードがある場合、解約するとそれらも利用できなくなってしまいます。

B公共料金等の毎月の支払い
公共料金や通信費、携帯電話料金など毎月の支払いをセゾンカードで支払う設定にしてある場合、解約する前に別のクレジットカードで支払うように変更しておきましょう。

支払方法を解約したクレジットカードのままにして長期的に支払いがされない状態になれば「延滞」扱いになり、数年間CICなどにブラックとして記録が残ってしまう可能性があります。他のクレジットカードの申し込みやローンが組めなくなったりと、思わぬ影響を及ぼしてしまう可能性があります。

C利用残高の支払い
利用残高がある場合に解約をしても、セゾンカードの場合は今まで通りの支払いを続けることができます。解約時に一括で支払うような必要はなく、リボ払いを継続できるということです。

ただ、引き落し用口座の残高には注意をしましょう。解約したクレジットカードでも、引き落しがされずに支払いが滞れば延滞扱いです。他のクレジットカードの申し込みやローン利用に影響してしまいます。

D作ったばかりのカード
作って間もないクレジットカードを解約するのはクレジットカード会社の心象を悪くしてしまう可能性があります。「将来的にまたセゾンカードを利用することがあるかも」ということであれば、最低でも6ヶ月は利用してから解約した方が今後のためです。

オートキャッシュバックなら解約時もラク



セゾンカードを例にクレジットカードの解約方法は、ほとんどのクレジットカードが電話一本で解約できるので、手続き自体は簡単です。

しかし、解約時に貯まったポイントを処理するのは意外と面倒なもので、解約前にポイントを使い切ろうと思ったときに限って、交換したい賞品がない…。別のポイントプログラムに移行したいけれど、ポイントレートが足りない、またはポイントは2200Pあるのにポイントレートが1000P単位で200Pは使い切れず損をしてしまう。

これではせっかく貯めたポイントを有効活用できない上、時間や手間もかかり、 クレジットカード解約時に「貯まったポイントを放棄」という形を取るしかなくなってきます。

これらのデメリットは「ポイント重視・ポイント高還元・ポイント付与」があるクレジットカードにあるもので、使っているときは良いものの、いざ解約となるとポイントをムダにしてしまうことも多いのです。

「このカードをずっと使っていきたい」と思っていても、 クレジットカードの解約は、生活の変化や使ってみて初めて使い心地が分かったときなどいつ思い立つか分かりませんので、ポイントプログラムに魅力を感じてクレジットカードを作るときは、解約時のデメリットも十分に理解しておきましょう。

もし、解約時であってもポイントをムダにしたくはない。
というのであれば、ポイントプログラムがしっかりあってもその ポイントが自動でキャッシュバックされる『VIASOカード』を選択することで、解約時のポイント失効・手間といったデメリットを解決することができます。




貯まったポイントを無駄にしない

ポイント交換の手間がかからないオススメのクレジットカードがVIASO(ビアソ)カードです。


VIASO(ビアソ)カードのポイントプログラム

クレジットカード加盟店での利用 1,000円=5ポイント獲得(還元率0.5%)
特定加盟店での利用 1,000円=10ポイント獲得(還元率1%)
VIASO eショップ利用で 1,000円=最大100ポイント加算(還元率最大10.5%)
貯まったポイントは年一回、1ポイント=1円でオートキャッシュバック(累計1,000ポイント以上から)

貯まったポイントは自動的に指定の口座に現金として還元されるので、別のポイントに移行したり、アイテムなどと交換する必要がありません。

特定加盟店での利用でポイント還元率1%と、通常の2倍ポイントが貯まりますが、携帯電話料金やプロバイダー料金といった、毎月必ず必要な支払いが対象となっています。

ETCマークのある高速道路
携帯・PHSの利用料金
ネットプロバイダ料金

通信費など毎月の支払いをVIASO(ビアソ)カードで支払うようにすれば、自動的にポイントはどんどん貯まっていき、貯まったポイントは自動的にキャッシュバックされます。

「クレジットカード枚数が増えて管理が大変」ということなら、VIASO(ビアソ)カードのような、なるべく手間のかからないクレジットカードに変更するというのもひとつの方法です。

カードフェイス
年会費 無料 無料 1,312円
還元率 0.5% 0.5% -
利用可能枠 10-100万円 個別設定 10万円〜300万円

実際の買い物日とカードの決済日がずれている理由

特にインターネットでのショッピングの場合、 ショップによって、注文日と決済日が異なることがあります。

例えば、ひとつの商品が注文後に欠品中だったとき、
A社はその日に決済をして、商品が届いたら発送となる場合もあれば、
B社では商品を補充してからカード決済を行なって発送するという場合もあるからです。

また毎月10日の締日のクレジットカードを使用していた場合に、
10日の深夜0時前に注文したとしても、ショップが稼働しておらず、翌朝11日の朝に決済することもあるため、支払いのズレが起こるのです。

特に、 キャッシュフロー(締日から支払日までの日数)が長いクレジットカードほど、支払いのズレが気になってきますので、ネットショッピングをメインに使う、カード払いでもできるだけ早い段階で支払いを行ないたいという方はVIASOカードを検討しておきましょう。

VIASOカードは当月5日締めで、当月の27日の支払いとなるため、締日と支払い日の間隔が狭くなっているため、ズレが生じても支払いにストレスがありません。

クレジットカードの締日が10日で翌月末払いといった長いキャッシュフロー(後払いという感覚)を気にして、クレジットカードを持ちたくないと思っている方は、締日と支払い日が短いVIASOカードを選びましょう!

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
無料 無料 無料 3営業日
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
ショッピング
保険
最大10.5% 最高2000万円 - 最高100万円


全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ