厳選カード10枚 人気コラム

PayPayフリマはメルカリやヤフオクと何が違う?基本的な機能などや手数料などを比較紹介!

Pay Payフリマとは

2019年10月7月より、Yahoo!JAPANは「PayPayフリマ」というフリマアプリの提供を開始しました。

メルカリやヤフオクといった様々なフリマアプリやオークションサイトがありますが、既にリリースされているフリマアプリなどとPayPayフリマにどのような違いがあるのでしょうか?

PayPayアプリ、メルカリ、ヤフオクそれぞれの基本情報や特長を比較していきます。

はじめに、PayPayフリマの基本情報をチェックしましょう。

PayPayフリマについて

PayPayフリマは支払いも売り上げ金の受け取りもPayPayを利用できる、個人間でお得な取引を簡単に、そして、安心してできるフリマアプリです。

Yahoo! JAPAN IDでログインするだけで登録できるので、有料会員登録などは一切なく利用できます。

購入・出品の際にはPayPayアカウントとの連携と、住所、氏名、電話番号の登録も必要です。

登録には住所などの登録が必要ですが、匿名配送なので購入者・出品者共に個人情報を知られることなく取り引きできて安心で、PayPayフリマアプリは商品の購入も出品も簡単なので、フリマアプリ初心者の方にもおすすめです。

購入の際は、検索やブランド一覧から欲しい商品を見つけ、支払い方法を選択して完了で、出品の際は、商品の写真を撮影、商品の説明や状態といった情報を入力すると完了します。

送料は全て出品者の負担なので、商品代金の支払いのみで購入できます。

PayPayフリマでの値下げの仕組み

値下げをしてほしい場合、商品ページの「価格の相談」から出品者に希望金額を提示することができるので、コメントのやりとり不要で交渉できます。

出品者が提示金額に応じたら、24時間以内に購入手続きしてください。

希望金額を提示されてから24時間以内に出品者からの同意が得られないと相談は無効となるので、出品者が値下げに応じたくない場合は必要な操作はありません。

値下げに応じる場合には、金額を提示されてから24時間以内に「価格の相談」画面の「同意する」をタップすると、購入希望者は値下げした金額で商品を購入することができます。

販売価格の80%未満の価格に希望金額を設定できないので、大幅な値下げ交渉に応じる必要がないことも、値下げ交渉の煩わしさが軽減します。

一部のヤフオクの商品もPayPayフリマ内で購入できる

ヤフオクで一定の条件を満たして出品した商品も、PayPayフリマで購入可能です。

購入までの流れはPayPayフリマで出品された商品と変わりませんが、ヤフオクで出品された商品は価格の相談ができません。

「商品への問い合わせ」から商品について質問して出品者が回答すると、ヤフオクに質問内容と回答が公開されるので、質問の仕方や内容には気をつけましょう。

PayPayフリマでの支払いとPayPayボーナスとは

支払いはPayPayの他にクレジットカードでの決済も可能ですが、PayPay残高で支払うと決済金額の0.5%のPayPayボーナスが決済した翌日から起算して30日後に付与されるので、お得に購入できます。

PayPayボーナスの上限
1回の支払いで付与されるPayPayボーナスの上限は7,500円相当
1ヶ月の上限は15,000円相当

PayPayで支払うとPayPayボーナスにPayPayボーナスライトを上乗せして還元するキャンペーンなどを実施することもあるので、キャンペーン期間にはPayPayフリマをさらにお得に利用できます。

PayPayフリマの販売手数料と売上金の受け取り方法

PayPayフリマで商品が売れると、配送料と販売価格の5%の販売手数料を引いた金額が売り上げになります。

売上金はPayPayへのチャージか銀行口座への振り込みで受け取ることができます。

PayPayへのチャージとPayPay銀行への振り込みは手数料無料ですが、PayPay銀行銀行以外の銀行口座への振り込みには1回100円の振込手数料がかかります。

PayPay銀行銀行の口座をお持ちでない方はPayPayへのチャージで振込手数料を節約できるので、出品者にもPayPayを利用するメリットがあります。

代金を支払ったにもかかわらず商品が届かないといったトラブル防止のために、購入者が商品の受け取り連絡をするか、購入してから14日経過しないと出品者に入金されないようになっています。

PayPayフリマの配送は匿名配送でプライバシーも安全

PayPayフリマは匿名配送なので、出品者も購入者もプライバシーを守りながら安全に取り引きできます。

配送方法は「おてがる配送(ヤマト運輸)」か「おてがる配送(日本郵便)」の二つから選ぶことができます。


  • ネコポス
  • 宅急便
  • 宅急便コンパクト(60~100サイズ)

  • ゆうパケット
  • ゆうパケットポスト
  • ゆうパック(60~170サイズ)

商品が届かない、配送事故が起きたなど、取り引きでトラブルが発生した際には、取り引き画面から返金申請や問い合わせができるので、万一の時も安心です。

PayPayフリマの商品満足サポートでトラブルでも安心

届いた商品に了承していない傷や汚れがある、出品されていた商品と異なる商品が届いたといった場合には、PayPayフリマとヤフオク合わせて1年に一度まで、購入・落札金額と同額のPayPayポイントが付与される「商品満足サポート」を受けることができます。商品満足サポートで付与されるPayPayポイントは1万円相当が上限です。

商品満足サポートの適用条件は以下の通りです。

商品満足サポート商品満足サポート

商品満足サポートには申請期限があるので、申請に必要なことや流れを把握してスムーズに申請することがポイントです。

商品満足サポートを受けるまでの流れは下記の通りです。

  • STEP1
    商品満足サポートに申請
    申請時に提出
    ①商品ID
    ②購入時のYahoo! JAPAN ID
    ③商品の写真
    ④本人確認書類(運転免許証など)
    ※購入後30日以内
  • STEP4
    Yahoo! JAPANが申請された内容を基に審査
    ※審査に2週間以上かかる場合があります。
  • STEP5
    審査完了メール受信後にPayPayポイントを付与
    審査完了後、メールが届き、メール送信から最短2日後に、購入金額の100%相当と同額をPayPayポイントで付与(1万円相当まで)

審査通過後からPayPayポイント付与までには1~2週間以上の時間がかかるので、スムーズに申請して可能な限り早めにサポートを受けましょう。

メルカリとの相違点

次に、利用者の多いフリマアプリ「メルカリ」についてチェックしながら、PayPayフリマと比較してみましょう。

メルカリ基本情報

メルカリもPayPayフリマ同様、個人で購入や出品を簡単に行える、ユーザー数の多いフリマアプリです。

メルカリが購入者と出品者の仲介をするので、金銭面でのトラブルが起こりにくく、安心して利用できます。

購入の際は欲しい商品を見つけたら支払い方法を選択、出品の際は商品の撮影と商品説明を入力するだけなので、購入も出品も簡単です。

支払い方法は下記から選択できますが、コンビニ決済、ATM払い、キャリア決済を利用すると、1回につき100円の手数料がかかります。

  • クレジットカード払い
  • コンビニ決済(手数料100円)
  • ATM払い(手数料100円)
  • キャリア決済(手数料100円)

メルペイで本人確認が完了している場合には、メルペイ残高で購入することも可能です。

メルカリで売上金を受け取るには?

売上金を受け取るには、売上金が発生してから180日以内に振り込み申請するか、メルカリ内で利用できるポイントを購入する必要がありますが、メルペイで本人確認が完了していれば、メルペイ残高に自動でチャージされ、売上金の申請期間もなくなります。

メルペイのチャージや支払いに手数料はかかりませんが、振り込み申請には所定の手数料がかかります。

売上金の振り込み手数料
金融機関や申請金額に関係なく200円
お急ぎ振り込みを利用する場合は400円

メルペイの本人確認が完了しておらず、振り込み申請期限までに売上金の振り込み申請がなかった場合、売上金額から振り込み手数料200円が引かれた金額が登録した銀行口座に自動で振り込まれます。

売上金以外にも、偽造品が届いた、受取評価がされないといった取り引きに関するトラブルが発生した際にも、事務局に問い合わせるとトラブル解決のサポートをしてもらえるので安心です。

メルカリとPayPayフリマとの共通点・違いについて

PayPayフリマでは、商品が売れると出品者に販売価格の5%の販売手数料がかかりますが、メルカリでは販売価格の10%の販売手数料がかかります。

一部の商品カテゴリでは、販売手数料とは別にライセンス料も発生します。

PayPayフリマでは「価格の相談」画面があり、コメントのやりとり不要で値下げ交渉可能ですが、メルカリでは最初から価格交渉を想定したシステムがないので、値下げ交渉の際にはコメント欄でやりとりする必要があります。

PayPayフリマは2種類の匿名配送のみですが、メルカリでは「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」といった匿名配送の他に、普通郵便や着払いの発送も可能です。

ヤフオクとの相違点

ヤフオクに出品した一部商品もPayPayフリマで購入できるので、従来からYahoo! JAPANが提供するヤフオクとの違いが気になる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ヤフオクの仕組みやヤフオクとPayPayアプリとの違いをご紹介します。

ヤフオク基本情報

ヤフオクとは、Yahoo!JAPAN提供のオークションサイトです。

入札にはYahoo! JAPAN IDが、出品にはYahoo! JAPAN IDとモバイル確認、または、本人確認で利用できるので、月額料金やシステム利用料金はかかりません

入札者の中で最も高い金額で入札した方が購入できるといった、PayPayフリマなどのフリマアプリとは異なる点がありますが、購入と出品までの大まかな流れは他のフリマアプリと似ています。

商品購入までの流れ

  • STEP1
    キーワード検索やカテゴリ検索で気になる商品を探す
    欲しい商品が見つからない場合、指定した条件に一致する商品が出品された際にメールなどで通知されるアラートを設定することもできます。
  • STEP2
    商品情報を確認してから入札
    入札は取り消すことができないので、購入意思のある商品にのみ行ってください。
    ヤフオクでは出品者が値下げ交渉をしていれば、値下げ交渉も可能です
  • STEP3
    オークション終了時の入札価格が最高額であれば落札
  • STEP4
    落札後、出品者と取り引き
    落札者は取り引きに必要な情報を連絡し、送料確定後に代金を支払い、商品を受け取ったら受け取り連絡と評価をして取り引き完了です。

出品から取り引き完了までの流れ

  • STEP1
    出品
    商品画像や情報の入力と、出品方法を選択します。
    「オークション出品」と定額専用の「フリマ出品」から選択できます。
    入札希望者からの質問が来ることもあります。
  • STEP2
    落札後、発送準備ができ次第発送
    落札されたら落札者からの連絡を待ち、送料と落札者の支払い確認後に商品を発送します。
    落札されなかったら商品価格や商品情報の変更で再出品可能です。
  • STEP3
    商品代金の受け取りと落札者の評価
    落札者の商品受け取り連絡後に商品代金を受け取れるようになります。
    落札者の評価を行って完了です。

ヤフオクは商品の支払いにYahoo!かんたん決済を使用します。Yahoo!かんたん決済ではクレジットカードや銀行振り込み、コンビニ支払いやインターネットバンキング、PayPayの他にTポイント支払いも可能です。売上金は銀行口座への振り込みかPayPay残高へのチャージで受け取ることができます。

出品者は落札されたら、Yahoo!プレミアム会員であれば落札価格の8.8%、プレミアム会員でなければ落札価格の10.0%の落札システム利用料がかかります。

一部の商品の落札を除き、落札者は決済手数料も不要で利用できます。

ヤフオクとPayPayフリマの共通点・違いについて

ヤフオクもPayPayフリマもPayPayを使用できる、「おてがる配送(ヤマト運輸)」「おてがる配送(日本郵便)」で匿名配送を利用できる点で共通しています。

ただし、ヤフオクもメルカリ同様、匿名配送以外にも普通郵便など様々な配送方法を選ぶことが可能です。

ヤフオクはYahoo!プレミアム会員であれば販売手数料に当たる落札システム手数料を10%から8.8%に抑えることができます。

ヤフオクはオークション形式なので、オークション終了日まで購入者が決まりませんが、PayPayフリマは購入希望者・出品者双方が同意すれば即取り引きが成立するので、スピード感に大きな違いがあります。

PayPayフリマはスピーディーで安全な取り引きが可能

Yahoo!JAPANが提供するPayPayフリマは、ヤフオクのようなオークション形式ではないので、出品から取り引き完了までがスピーディーです。

配送は2種類の匿名配送のみなので、購入者も出品者もプライバシーを守って利用できます。

PayPayフリマなら初めからコメント不要で最低限の交渉で済む値下げ交渉システムを導入していて、購入希望者は希望価格を提示するだけ、出品者は希望価格に納得できない場合は同意しないままにしておくと、24時間経過した時点で交渉が無効になるので、悪質なユーザーに悩まされるリスクを低くしながら、安心して利用できるでしょう。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介

ページの先頭へ