クレジットカードの審査に落ちた方

一度審査に落ちると次も通りにくい理由


クレジットカードに必要性を感じて申し込んだ方のなかには「審査落ち」つまりは、カード発行されず、お断りの通知やメールを頂いた方もいることでしょう。

「借金があってもカードが発行された」
「返済が度々遅れているけど、カードが持てた」
「審査落ちしたけども、このカードなら発行してもらえた」

など、インターネット上ではいろんな情報があふれており、
だからこそ、その言葉を信じてそこに記載されているクレジットカードに申し込んでみたのにダメだったというケースもあるのではないでしょうか。

クレジットカードは申込時に審査というものがあり、
申込みの度に、カード会社で審査を行なっています。


実はクレジットカードというのは、
クレジットカード側であなたのお金に関した信用情報を確認しており
それに伴った利用限度額の決定、カード発行の良し悪しを決めているのです。


ではもうこの情報は変えられないのか、
もうクレジットカードに申込んでも落ちてしまうのかという不安が残ってしまいますが、
信用情報は年数を重ねれば改善することができます。

信用情報を改善する方法

クレジットカードの審査に落ちてしまっても、
ある方法をとれば支払いを後払いしてやりくりすることが可能となります。


その方法とは、【カードローン】を利用することです。カードローンはクレジットカードのキャッシングに近いもので、しかもクレジットカードよりも手数料や金利が抑えられているのが特長です。

クレジットカードの審査に通らなかった場合、
カードローンの利用と返済を計画を持って繰り返すことで、返済の怠りがないと信頼を上げていくことができ、信用情報を改善させることができるのです。


そしてカードローンはクレジットカードの審査に落ちてしまっても、申込ができます

審査に落ちる人に目立つ特徴

クレジットカードを持って使用した方のなかには、20代になり社会人として働きだした方もいればストレスからショッピング中毒のようにあれこれ買ってしまった方、アルバイトやパートで収入が少なくなり、つい使ってしまった方と様々いることでしょう。

これからはキチンとやりくりしていきたい。
今をなんとか乗り切りたい。

考えは色々ですが、審査に通らない方には以下のような特徴もあります。

審査に落ちてしまうひとの特徴

no.1
3カ月以上の延滞や滞納がある
no.1
1社から50万円以上の借り入れがある
no.1
他社からの借り入れ額を全て足すと100万円以上になる
no.1
月々の返済が安定しない

返済はしているけども、利用額が多い方は、勤め先や年収に関した審査が厳しくなる傾向があり、利用額が多く、返済がまちまちになっている方は信頼を徐々に失っている状態となります。
審査に落ちる人は信用情報が悪いことから、クレジットカード会社の信頼を得ることができずに審査をパスすることができません。

家族(配偶者の夫・妻、もしくは兄弟)に自己破産者がいるから審査に通らないんだという方もいますが、これはあくまで【個人情報】となるので、両親のどちらかが自己破産といっても、あなた自身対クレジットカード会社となりますので、さほど関係ありません。あくまで個人とクレジットカード会社との契約と考えて良いでしょう。

クレジットカードの審査に通らない。だけどクレジットカードを持ちたい。
そう思う方は【個人信用情報機関】の改善・回復をするほかに選択肢はないのです。

そうは言っても、それまでの間、返済だけをして暮らしていくのは難しいものです。

そこで検討してもらいたいのが、
クレジットカードのように後払いができて、なおかつ信用情報を改善できる方法です。

クレカ審査に落ちた方にカードローンが選ばれる理由

クレジットカードの審査に落ちてしまっている方は、6カ月の時間を置いて申込み、それでも審査落ちと言う結果であれば、新規のクレジットカード発行が難しい状態にあります。

見栄えの問題でどうしてもクレジットカードが良いという考えは一旦置いて、
クレジットカードを持つための間にカードローンを利用して
将来クレジットカードを持つための手段と考えてみるのが良いでしょう。

クレジットカード発行ができないということは、
支払いは毎月あり、手元のお金がどう考えても足りなく、
ボーナスまでにやりくりをすることはできませんから、カードローンの利用を検討しましょう。

クレジットカードが発行されない方にカードローンが選ばれている理由


no.1
クレジットカードの審査に落ちても申込みができる

クレジットカードはショッピングがメインのカードですが、
カードローンはキャッシングがメインのカードとなるため用途が違うので審査も違います。

no.1
クレジットカードが今持てなくても、カードローン利用で将来持つことができる

毎月しっかりと利用分を支払えば、信用情報は改善していきます。

no.1
融資を利用するまでの時間が短い

クレジットカードは申込から審査、発行までと1週間以上かかるところが多いですが、カードローンであればピンチのときにすぐ借り入れできます。

no.1
大手カードローンなので安心感があり、取り立てや在籍確認などもなく、誰にもバレずにプライバシーをしっかりと守ってくれる
no.1
利用額が最高800万円なので、他社からの借入を1本にまとめることもできる

なかにはカードローンの使い勝手の良さから、クレジットカードの残金をすべてカードローンで支払い、カードローンに返済を1本にまとめて支払っている方もいます。
こうした場合は、クレジットカード側の信頼も回復し、カードローン側の返済もしっかりとしていけば信用は更に上がっていきます。


A社の返済日が10日、B社の返済が25日とあたふたしているよりも、こちらの方が効率よく、そして信用を回復できるのでおすすめの方法です。

カードローンは、カード1枚で買い物ができるわけでもないので、誰でも持っている、使っているアイテムではありません。それでも、クレジットカードを持てない方にとっては、すごく使い勝手の良い商品なのです。

クレジットカードとカードローンの違いを知る

クレジットカードは1枚あれば、買い物もキャッシングもできるというメリットはありますが、カードローンはキャッシング(つまり現金のみ)の利用となります。

なので、使うときはATMに行かなければならないという手間はあるものの、
現金のためいくら使ったのか、いくらあれば足りるのかという管理のしやすさもあります。

申込から発行もクレジットカードはカードにより約1週間から1か月かかりますが、カードローンは申し込んでからアコムのように最短1時間というところもあり、スピーディーです。平日の申込みなら当日利用可のところも多くあるのが特長です。


審査については、クレジットカードは銀行系や信販系の発行がほとんどであり、その基準に則り行なわれますが、カードローンは消費者金融系や銀行系が多く、借入れ重視となるため、クレジットカードと審査基準が異なります。


クレジットカードのキャッシングでは借入れをまとめることはできませんが、
カードローンは借入れをまとめることができる=つまり、借入れがあっても申し込めるということになっているのです。


借入れが多いからこそ、カードローンを頼って信頼情報を上げていく方法が無難であり、将来性が持てるのです。

クレジットヒストリー攻略法 ! 系統別に攻めるクレカ審査 !

審査に不安を感じながら、 クレジットカードに申込むときに陥りやすいのが、『審査が甘い』という言葉で紹介されているカードを選んでしまうことです。「審査が不安」なときほど【基準】として見てほしいのは、 「審査が甘い」ではなく【発行元】です。 いま使っているクレジットカードが銀行系なのか、 または申込みをしようとしているクレジットカードは信販系なのか、発行元を確認し、違う系統に申込むというのもひとつのテクニックとなります。発行元を系統として考えたとき、多くの系統が出てきます。ここでは例として3つの系統を上げてみました。

カードフェイス ACマスターカード
ACマスターカード
VIASOカード
VIASOカード
三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカード
カード系統 消費者金融系 信販系 銀行系
審査難易度 ★★ ★★★
審査基準 電話番号(連絡先)
利用限度額
収入
偽りの情報でないこと
連絡先
利用限度額
収入
職業
クレジットカードヒストリー
偽りの情報でないこと
連絡先
利用限度額
収入
職業
クレジットカードヒストリー
偽りの情報でないこと
年会費 無料 無料 税抜1,250円+税
条件により無料
発行期間 最短即日 最短翌営業日 最短3営業日
申し込み資格 20歳以上69歳までの安定した収入と返済能力を有する方で、アコム(株)の基準を満たす方 高校生を除く年齢18才以上で電話連絡可能な方。学生、フリーター、年金受給者、専業主婦の申込OK。 満18歳以上の方(高校生は除く)
申し込みに必要な書類 免許証のみで申込み可能 ・本人確認書類(まずは運転免許証(平成24年4月1日以降交付されたものに限る)を準備。無い場合は、顔写真付きの旅券(パスポート)、在留カード・特別永住者証明書、個人番号カード(マイナンバーカード)、住民基本台帳カードなどのコピーを準備し、送付する必要がある)
・クレジットカード代金を引き落とす銀行口座番号(預金通帳やキャッシュカードなど)
・会社員の方は、勤め先の屋号や資本金、従業員数、直通電話番号、本社電話番号がわかるもの。
・Eメールアドレス(PCメール、携帯電話キャリアメール)
・自宅固定電話番号、携帯電話番号
・本人確認書類(パスポート/写真印刷面と最終ページの住所記載面・健康保険証/お申し込み者の氏名、生年月日、住所のページ(カードタイプのものは両面)・住民票の写し/必ず発行から6ヵ月以内のものを提出。原本でも可)
・クレジットカード代金のお引落し口座
・未成年の場合は保護者の同意書
利用可能枠(ショッピング枠・キャッシング枠) 10万円〜300万円
※カードローンとショッピングのご利用合計の上限は800万円までとなります。
ショッピング枠:20-100万円
キャッシング枠:50万円
ショッピング枠:10-80万円
キャッシング(リボ)枠:300万円
付帯サービスの有無 なし あり あり

3つの系統がありますが、この3つは一つ一つクレジットヒストリーを積むことで、手に入れることができるステップです。ほしかったカードに落ちてしまったと漠然と落ち込むのではなく、まずは消費者金融系のACマスターから手にして良質なクレジットヒストリーを積むことを考えましょう。

まずは信用情報を作るためにカードローンを利用しよう

あくまでカードローンはクレジットカードを持つまでのひとつの方法と考え利用するようにしましょう。


カードローンを利用するメリット


やじるし 大手であればプライバシーも安心
やじるし 金利が低く返済しやすい
やじるし 信用情報を改善すれば審査に通りやすくなる
やじるし 限度額が大きい
やじるし 審査も通りやすい


カードローンを利用し、返済を怠らなければ、
完済した時にクレジットカードの発行率は今よりも高くなります。

どうしてもクレジットカードが良いという方は、
この方法を取って、自分の信用情報を改善、回復させていきましょう。

迷ったらココ!

みずほ銀行カードローンは、業界最低金利のカードローン。
電話連絡なし、郵送物なし!最高800万円まで借入れができます。
担保・保証人は一切不要で、来店も不要。
ネットで全国どこからでもお申込が可能なWEB完結となっています。

年率 限度額 審査時間
2.0%〜14.0% 最高800万円 -
融資時間 返済額 担保・保証人
- 月10,000円〜 不要


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ