DCカードの審査は厳しい?見られる項目やかかる期間を解説

DCカードの審査とは

クレジットカードは申し込みさえすれば手に入るものではなく、必ず申込者に支払い能力があるかどうかの審査が行われ、審査に通過した人のみ持つことができます。

そのため、申込者の年齢や家族構成、勤務先や年収、これまでにクレジットカードやローンを契約していた場合にトラブルがなかったかどうかを細かく確認されるのです。

DCカードの審査は厳しい?

DCカードに申込みたいけど審査に通過できるか不安、と考えている方もいるでしょう。

発行会社が「三菱UFJニコス」であるDCカードは、銀行系のクレジットカードに分類されますので信用性も高いといえます。

銀行系のクレジットカードは他の流通系のクレジットカード等に比べて審査が厳しいことが多いため、改めて過去のクレジットヒストリーを意識してから申し込むか検討してください。

クレジットカードの審査で見られる項目をチェック

クレジットカードの審査では、Capacity(能力)、Capital(資産)、Character(人間性)の3Cと呼ばれるものに大別して審査が行われます。

Capacity(能力)

クレジットカード会社はクレジットカードを利用して買い物をした金額をきちんと支払えるかを必ずチェックし、職業や勤務先、勤務年数、雇用形態から申込者にどの程度の年収や安定した収入があるのかを確認します。

仕事をして収入を得ていたり、毎月安定したお金が入って来るということは審査において大切なポイントですので、毎月または一定期間に収入があることを証明する必要があります。

Capital(資産)

資産のチェック項目としては、居住形態居住年数がこれにあたります。

居住形態では、誰とどのような家に住んでいるかがチェックされ、持ち家に住んでいる方や実家住まいの方が審査に有利となり、居住年数では、転勤など特段の事情が無い限りは長く一か所に住んでいる方が有利となります。

賃貸物件であっても、一か所に長く住んでいる方は、家賃を収めている証明になるので不利にはなりませんが、理由が無いのに短期間での引っ越しを繰り返している方は、家賃滞納のトラブルで起こしていると思われてしまうこともあります。

Character(人間性)

申込者が一体どんな人なのか、過去に申込者がクレジットカードまたはローンできちんと支払いをしてきた人なのかどうかで人間性のチェックを行います。

クレジットカードの利用情報やローンの返済状況は一括して信用情報機関にて記録されているため、これまで未納・滞納を繰り返している人には支払いの記録であるクレジットヒストリーに傷がついてしまっていることがあります。

クレジットカードの審査に落ちる時にはこのクレジットヒストリーが深く関係していることがありますので、申し込む前にクレジットカードやローンで滞納、未納が無かったかを確認しておきましょう。

DCカードの申し込み資格と審査にかかる期間

申込から審査が終わるまでの時間はクレジットカード会社によって違います。

例えば三菱UFJニコスのDCカードの場合、オンラインから入会の手続きを行い、審査が完了してカードが届くまでは1〜2週間程度必要です。

DCカードとは?


DCカード

DCカードの発行までの期間(オンライン申し込みの場合)

申込み後1〜2週間程度

DCカードの年会費

1,375円(税込)
※初年度年会費無料

DCカードの申し込み条件

高校生を除く18才以上で安定した収入のある方。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。

ポイントプログラム「DCハッピープレゼント」

1,000円利用=1ポイント
ポイント還元率は0.1%

DCハッピープレゼントポイントの有効期限


当年度(4月〜翌年3月ご利用代金明細書表示分)に獲得したポイントが200ポイント(エスプリ会員・学生カードは100ポイント)に到達すると、翌年に自動繰越となり最長3年度有効になります。

200ポイント未満の場合、年度内(3月末)で失効いたしますのでご了承ください。



※新規ご入会初年度の獲得ポイントは、ポイント数にかかわらず、最長3年度有効です。
※繰越されたポイントは当年度含む最長3年度有効となりますが、有効期限を過ぎますと自動的に失効いたしますので、ご注意ください。
※退会の場合は、ポイントの有効期限にかかわらず、退会時点で失効となります。


DCカードの特長

・リボ払いや分割払い(3回以上)で支払うとポイントが2倍
・ハローデスクで旅先の現地情報を聞いたりレストランの予約を頼める
・DCカードのネットショッピングサイトポイント名人を経由するとプラスポイント獲得



ポイント名人


クレジットカードに申込む際は審査項目と審査期間を確認しよう

せっかくクレジットカードを申し込んだのに審査落ちをしてしまうと、悲しい思いをする上にクレジットヒストリーに記録が6カ月間残ってしまいます

できるだけ審査に通過しやすくするためには、まずセルフチェックをして入会申し込み資格に適合しているかを確認しましょう。

例えば収入に自信が無いにもかかわらず、プラチナカードの申し込みをしても審査の通過が困難になるだけなので、まずは審査通過に無理のないクレジットカードを選んでクレジットヒストリーで実績を作り、いずれゴールドやプラチナカードに挑戦するのも1つの方法です。

クレジットカードの申し込みをする前に、審査の項目にはどんなものがあるのかどうやって審査が行われているのか何を見られているのかを知っておくことで、クレジットカードの選び方の参考にしてください。

またどのカードを選んだとしても、クレジットカードは信頼をもとに契約が成立しているカードなので、申込書の記入も正直に、確認の電話にも丁寧に対応する様に心がけましょう。


全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ