DCカードの審査項目と審査期間

クレジットカードは申し込みさえすれば手に入るものではなく、必ず申込者に支払い能力があるかどうかの審査が行われ、審査に通過した人のみ持つことができます。

実質ポイント期限のないクレジットカードとして人気のあるDCカードはどんなカードなのか。 そのDCカードに焦点を当てて、審査項目や審査期間などを紐解いていきましょう。

クレジットカード申込時の審査とは

クレジットカードの入会審査では、クレジットカードの申込者がきちんとクレジットカードの利用額が払えるかどうかをチェックされます。そのため、申込者の年齢や家族構成、勤務先や年収、これまでにクレジットカードやローンを契約していた場合にトラブルがなかったかどうかを細かくチェックされるのです。

申込書

クレジットカードの申し込みの際には、手書きまたはweb上で必要項目を記入してから申し込みを行います。まずクレジットカード会社は送られてきた申込書を見て、申し込み資格に適合しているかをチェックします。

審査の基準は明確にされていないものが殆どですが、申し込み資格は各カード会社のHPなどに載っているので、契約したいクレジットカードの申し込み資格に適合しているかもチェックしてください。

申込み資格

「高校生を除く18才以上で安定した収入のある方。
※ 未成年の方は親権者の同意が必要です。」

10歳の方や収入が全く無い方が申し込んだとしても、申し込み資格がないので審査へ進むことなく門前払いされることになります。

3C

クレジットカードの審査では、Capacity(能力)、Capital(資産)、Character(人間性)の3Cと呼ばれるものに大別して審査が行われます。

@Capacity(能力)
クレジットカード会社はクレジットカードを利用して買い物をした金額をきちんと支払えるかどうかを必ずチェックし、職業や勤務先、勤務年数、雇用形態から申込者にどの程度の年収があるのか、安定した収入があるかどうかをチェックするのです。

仕事をして収入を得ていたり、毎月何らかの形で安定したお金が入って来ているということは審査において大切なポイントです。いくら巨額の貯金を持っていたとしても、資産を一瞬で使い果たしてしまえば支払いができなくなってしまうので、毎月または一定期間に収入があることを証明する必要があります。

ACapital(資産)
資産のチェック項目としては、居住形態や居住年数がこれにあたります。居住形態とは、誰とどのような家に住んでいるかがチェックされ、持ち家に住んでいる方、実家住まいの方が審査に有利です。また居住年数は、転勤など特段の事情が無い限りは、長く一か所に住んでいる方が有利になります。

万が一クレジットカード利用料金の支払いが滞ってしまった時に、持ち家であれば差し押さえができる安心材料となり、また実家住まいであれば家族の協力を得て返済できるパターンが多いため、クレジットカード会社は料金を回収できないというリスクを抑えることができます。

また賃貸物件であったとしても、一か所に長く住んでいる方は、きちんと家賃を収めている証明になるので不利になることはありません。ただし理由が無いのに短期間での引っ越しを繰り返している方は、家賃滞納のトラブルで引っ越しをしていると思われてしまうこともあります。

BCharacter(人間性)
クレジットカードを利用すると、その場で現金を支払うことなく買い物ができ、後日口座からクレジットカードの利用料金が引き落とされる仕組みになっています。つまりクレジットカード会社は、カードホルダーが買い物をした金額を、一時的に買い物をしたお店に対して立て替えた状態になるので、きちんと代金支払いができる人間かどうかを審査します。

申込者が一体どんな人なのかはクレジットカード会社には分らないので、過去に申込者がクレジットカードまたはローンできちんと支払いをしてきた人なのかどうかで人間性のチェックを行います。クレジットカードの利用情報やローンの返済状況は、一括して「信用情報機関」ところで記録されているので、これまで未納・滞納を繰り返している人には支払いの記録であるクレジットヒストリーに傷がついてしまっていることがあります。

クレジットカード会社の審査では、申込者の年収や住居形態のチェックだけではなく、必ず信用情報機関への問い合わせが行われます。クレジットカードの審査に落ちる時にはこのクレジットヒストリーが深く関係していることがあるので、申し込み前にクレジットカードやローンで以前に滞納や未納が無かったかを確認しておきましょう。

信用情報機関の記録保存期間

@クレジットカードの申し込み状況:6カ月
クレジットカードの申し込みを行った場合にも、クレジットヒストリーには過去6カ月分の記録が残っています。何枚ものクレジットカードに申し込みをしても審査に通過していない場合や、短期間での入会と退会を繰り返していると、何らかのマイナス理由があると疑われてしまい審査が通りにくくなってしまいます。

クレジットカードの申し込みをして審査に落ちてしまった場合には、クレジットヒストリーの確認だけではなく、クレジットカードの申し込みが短期間に併発しないように半年ほど待ってから申し込みをするようにしましょう。

Aクレジット情報:5年
過去5年分のクレジットカードの支払い情報やローンの有無、支払い状況もクレジットヒストリーには記載されています。未納や延滞を繰り返していると、クレジットヒストリーがボロボロの状態になってしまい、クレジットやローンの審査が厳しくなり、審査落ちの確立が格段に上がってしまいます。

またクレジットカードとは関係ないと思われがちですが、携帯電話の支払い状況も信用情報機関に記録されているため、過去に携帯電話料金の滞納があるとクレジットヒストリーに傷がついてしまっている場合もあるので注意してください。

B調査記録:6カ月〜5年
過去6カ月〜5年にわたって、クレジットカードやローンの申し込み時ではなく利用中に、クレジットやローン会社が利用者に支払い能力があるかどうかを調査した場合には、調査があったことを示す記録が残っています。

きちんと支払いを行っていれば調査をされることは殆どありませんが、滞納などによって利用者の支払い能力に疑問が生じた場合には、クレジットカード会社が信用情報機関に問い合わせをして、自社以外のローンやクレジットカードの支払い状況などを確認します。

この調査記録は最大で5年間残っているので、支払い状況と合わせて審査の際のマイナスポイントになるので注意が必要です。

審査にかかる期間とは?

申込から審査が終わるまでの時間はクレジットカード会社によって変わりますが、例えば三菱UFJニコスのDCカードは審査完了まで2週間前後です。クレジットカード会社のHPで以下のように審査期間を記載しているので、申し込みたいクレジットカードの審査期間を調べてみましょう。

DCカードとは?

カードフェイス

DCカードの発行までの期間(オンライン申し込みの場合)

申込み後1〜2週間程度

年会費

1,250円+税
※初年度年会費無料

申し込み条件

高校生を除く18才以上で安定した収入のある方。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。

ポイントプログラム「DCハッピープレゼント」

1,000円利用=1ポイント
ポイント還元率は0.1%

特長

・ポイントの有効期限は3年間
・リボ払いでポイントが2倍
・「ハローデスク」で旅先の現地情報を聞いたりレストランの予約を頼める
・DCカードのネットショッピングサイト「ポイント名人」を経由するとプラスポイント獲得

オススメな方

DCカードはあまりポイント還元率も高くなく、目を引くような特長が無いカードではありますが、DCカードのファンや、とにかくクレジットカードとしてシンプルな使い方をしたいという方にオススメです。

審査項目と審査期間まとめ

せっかくクレジットカードを申し込んだのに審査落ちをしてしまうと、悲しい思いをする上にクレジットヒストリーに記録が6カ月間残ってしまいます。できるだけ審査に通過しやすくするためには、まずセルフチェックをして入会申し込み資格に適合しているかを確認しましょう。

例えば収入に自信が無いにもかかわらず、プラチナカードの申し込みをしても審査の通過が困難になるだけなので、まずは審査通過に無理のないクレジットカードを選んでクレジットヒストリーで実績を作り、いずれゴールドやプラチナカードに挑戦するのも1つの方法です。

クレジットカードの申し込みをする前に、審査の項目にはどんなものがあるのか、どうやって審査が行われているのか、何を見られているのかを知っておくことで、クレジットカードの選び方の参考にしてください。またどのカードを選んだとしても、クレジットカードは信頼をもとに契約が成立しているカードなので、申込書の記入も正直に、確認の電話にも丁寧に対応する様に心がけましょう。

即日でカード発行したい方はACマスターカードがおすすめ!

ACマスターカードはアコムが発行するクレジットカードで、マスターカードが唯一ライセンスを許可した消費者金融なので安心して使用することができます。 お申込みはインターネットからできますが、店頭窓口や自動契約機にある「むじんくん」による申込がおすすめです!

「むじんくん」での申込なら、申込入力→審査→カード発行までと約1時間程度で即日でカードを受け取ることができます。

また、申込みのさいには本人確認のために、運転免許証か健康保険証を用意してください。ただし、他社をふくめた借り入れ総額が100万円を越える方や、50万円を越える契約を考えている方は、ほかに源泉徴収票や給与明細書といった収入を証明する書類が必要となるので、収入証明書を用意するのが面倒な場合は提出を求められない希望額を設定すると良いでしょう。

ACマスターカードは券面からはアコム発行とは分からないので、普通のクレジットカードとしてご利用できます。アコムだからと言って借入れを行う必要はありません。

受取明細、ご利用明細が自宅に届かないからプライバシーも安心。アルバイト・パート、主婦の方もOK ※一定の収入があれば、審査の上利用可能(専業主婦を除く)。

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行
無料 無料 - 30分以内
ショッピング
手数料
利用可能枠 海外旅行
保険
国内旅行
保険
14.60% 10万円〜300万円 - -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ