三井住友Visaプリペはクレジットカードとどう違う?ポイント還元率やチャージ方法を比較

近年、キャッシュレス決済に対応する店舗やサービスが増え、中には新幹線のネット予約やイベントのチケット購入など、カード決済にしか対応していないものもいくつかあります。

そのため、クレジットカードを持っておらず困った経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

後払い式のクレジットカードには少し抵抗がある…という方や、学生のためクレジットカードを作ることができないという方には、事前に現金をチャージすることでクレジットカードと同様にカード決済が可能になるプリペイドカードがおすすめです。

チャージ型プリペイドカードの使い方と活用方法

プリペイドカードには大きく分けて2つの種類があります。

  • 使い切り型
    (図書カード、QUOカード、テレフォンカードなど)
  • チャージ型
    (nanaco、楽天Edy、WAON、Suicaなど)

前払い式でキャッシュレス決済が可能なカード

使い切り型プリペイドカードは、券面に記載された金額を該当の店舗などで決済に使うことができるカードで、使い切った後は再度決済に利用することはできません。

一方で、チャージ型プリペイドカードは、現金をあらかじめチャージしておくことでチャージ分までの金額を決済に使うことができるカードで、使い切ったあとも再びチャージをすれば何度でも繰り返し使うことが可能です

チャージする金額やタイミングも自分で決めることができるため、クレジットカードやデビットカードだとつい使いすぎてしまう…という方にもおすすめです。

国際ブランド付きプリペイドカードなら海外でも利用できる

チャージ型プリペイドカードの中には、VISAやMastercard、JCBなどの国際ブランドが付いたプリペイドカード(ブランドプリペイドカード)があります。

ブランドプリペイドカードであれば、日本国内はもちろん、海外での決済にも利用することができます

チャージしておけば事前に通貨両替を行う必要はなく、クレジットカードと同様に加盟店でカード決済をすることが可能です。

また、万が一紛失や盗難のトラブルに遭った場合にも、チャージした金額以上を不正利用されることはありませんので、その点はクレジットカードよりも安全であるといえます。

ブランドプリペイドカードのポイント還元率を比較

ブランドプリペイドカードにも様々な種類があり、国際ブランドや発行元によって、使える加盟店還元率チャージ方法などが異なります。

そこで、人気のブランドプリペイドカードの還元率や申し込み条件などを比較しました。

カード名 還元率 申込条件 チャージ方法 オートチャージ
設定
Visaプリペ
Visaプリペ
0.25% 満6歳以上
(小学生以上)
インターネットバンキング、
クレジットカード、
セブン銀行ATM、
ローソン店頭
au PAYプリペイドカード
au PAY
プリペイドカード
0.5% au回線を持っている方、
または満15歳以上の方
※au PAYの利用開始、
auじぶん銀行口座、
au IDの作成が必要
au PAYアプリ、
au PAY WEBサイト、
auショップ/au Style店頭、
セブン銀行ATM、
ローソン銀行ATM、
ローソン店頭
dカードプリペイド
dカードプリペイド
0.5% 12歳以上
(中学生以上)
※dアカウントの作成が必要
ローソン店頭、
電話料金合算払い、
クレジットカード、
インターネットバンキング、
セブン銀行ATM
-
Kyash Card
Kyash Card
1% 日本国内に居住し、
本人確認ができる方
年齢制限なし
口座振替、
入金専用口座への振り込み、
インターネットバンキング、
セブン銀行ATM、
コンビニ店頭
ANA JCBプリペイドカード
ANA JCB
プリペイドカード
0.5% 日本国内在住で、
15歳以上の方
(中学生を除く)
コンビニ店頭、
JCBカード、
銀行口座、
WEBコンビニ
-

このように、ブランドプリペイドカードには小学生などの子供から持てるものも多くあります。

還元率の高さでは利用額の1%分のポイント還元のKyash Cardがおすすめです。

しかし、ポイントには期限があるため、せっかく貯めていても有効期限切れしてしまうのが心配という方や、ポイントを交換するのが面倒という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方には、ポイントではなくプリペイドカードに直接残高として還元されるVisaプリぺがおすすめです。

さらに、Visaプリペは別途アカウントや口座などを作成する必要もなく、登録可能な電話番号またはメールアドレスさえあれば、6歳以上の方は誰でも簡単に申し込み可能です

「三井住友VISAプリペイド」と「Visaプリぺ」の違い

三井住友カードが発行するプリペイドカードには「三井住友VISAプリぺイド」と「Visaプリぺ」があります。

三井住友VISAプリペイド
三井住友VISAプリペイド
カード名 Visaプリぺ
Visaプリぺ
満18歳以上の方 申し込み条件 満6歳以上(小学生以上)の方
204円(税込)
※発送手数料448円(税込)
発行手数料 無料
2,000円(税込)ごとに
1ポイント
(還元率0.05%
還元率 利用額の0.25%

Visaプリぺは2020年3月にリニューアルされたプリペイドカードで、三井住友VISAプリペイドと比較すると、還元率申し込み条件だけではなく、券面デザインも変更されています。

変更後のカードデザインは、カード番号や有効期限、セキュリティコードなどのカード情報が裏面に記載されているため、情報の盗み見などを防ぐ安全なデザインです。

また、VisaプリぺではVisaタッチ決済が可能になっており、他のクレジットカードやプリペイドカードのようにカードを読み取り機に差し込む必要がありません。

プリペイドカードと現金とを併用して支払いに使うことは可能か

プリペイドカードと現金とを併用して支払いをすることは、原則不可とされています。

ただし、加盟店によっては併用に応じてもらえるケースもありますので、どうしてもカードと現金とを併用したいという場合は、必ず支払い前に併用が可能かどうかを確認するようにしましょう。

プリペイドカードの残高を使い切る方法

プリペイドカードをしばらく使う予定がない、解約を考えているなどで、プリペイドカードにチャージした残高を全て使い切っておきたいという場面もあるかと思います。

しかし、プリペイドカードに半端な金額の残高が残っていると、うまく使い切ることができない場合があります

そんな時には、下記の方法で半端な残高を使い切ることが可能です。

  • 現金と併用して支払う(加盟店による)
  • 加盟店のポイントと併用して支払う

上でも解説した通り、プリペイドカードと現金の併用」が可能な店舗は限られています

スーパーやコンビニでは対応不可の店舗も多いため、必ず可能かどうか確認を取ってから支払いをするようにしましょう。

加盟店のポイントと併用して支払う」とは、TポイントやPontaポイント、楽天ポイントなど、支払いに充てることができるポイントとプリペイドカードとを併用して支払うことです。

提携先のポイントが貯まっている場合は、ぜひこの方法で残高を使い切ることをおすすめします。

ただし、TポイントはTポイント提携店、PontaポイントはPontaポイント提携店でしか使えませんので、利用したい店舗が提携店かどうか、事前に必ず確認するようにしましょう

支払い時に「プリペイドカードとポイントを併用したい」という旨を伝えるとスムーズです。

「三井住友カード(NL)」と「Visaプリぺ」はどっちがお得なのか

Visaプリぺは三井住友カードのプリペイドカードの中でも新しく、お得で安全なカードとしておすすめできる1枚です。

しかし、中にはプリペイドカードとクレジットカード、どちらを持つか悩まれている方もいらっしゃるかと思います。

そこで、「本当にプリペイドカードはお得なのか」「クレジットカードと比較したプリペイドカードのメリット・デメリットは何か」という点について解説します。

Visaプリぺのメリット

Visaプリぺは「簡単に作れる」「安全に使える」点が何よりも魅力のプリペイドカードです。

クレジットカードと比較しても、その作りやすさ・使いやすさはVisaプリぺの方が上であるといえます。

「チャージした分だけ使える」という点は現金での買い物と感覚が近いため、後払い式のキャッシュレス決済に抵抗があるという方にもおすすめです。

審査不要でクレジットカード同様にショッピング利用をすることができる

クレジットカードを申し込む際に避けて通れないのが審査ですが、Visaプリぺの申し込み時に審査はありません

満6歳以上(小学生以上)」で「登録可能な電話番号またはメールアドレスがある」という申し込み条件を満たしてさえいれば、誰でもVisaプリぺを持つことができます。

子供に持たせても安心。使いすぎ防止の利用制限がいつでも設定可能

Visaプリぺには、いつでもプリペイドカードの利用制限をWebから設定できる「ご利用コントロール機能が付いています。海外での利用やインターネットショッピングでのカード利用可否のみを制限することも可能です。

さらに、月の利用金額が設定した金額を上回るとメールで通知する機能も付いているため、子供のプリペイドカードの使いすぎを防ぐことができて安心です。

学生でもカード決済ができる

ネットショッピングでの決済や各種チケット予約など、カード決済にしか対応していないサービスが増えている中で、カードを作れなくて困った経験のある方もいらっしゃるかと思います。

Visaプリぺはクレジットカードを作ることができない中高生の方も審査なしで使うことができるカードですので、クレジットカードの代わりとしてカード決済が可能になります。

Visaプリペのデメリット

Visaプリぺには「満6歳以上(小学生以上)であれば誰でも作れる」という大きなメリットがある一方で、クレジットカードと比較すると少し不便な点もあります。

プリペイドでは支払いに利用できない店舗・場面がある

ほとんどの店舗・サービスでクレジットカードと同様に決済が可能なVisaプリぺですが、下記の店舗では決済ができません

  • 月額・継続契約の支払い
    (電話料金・公共料金・月額サービス会員費など)
  • 一部ガソリンスタンド
  • 一部自動販売機
  • 一部ホテル
  • 電子マネー等へのチャージ
  • 金融商品の決済にかかる取引
  • 高速道路通行料金(有人ブース)
  • 航空会社の機内販売

定額料金が自動引き落としされるサブスクリプションサービスなどに利用することもできませんので、注意が必要です。

クレジットカードに比べると還元率は低め

三井住友カードの中でも新しくスタンダードな1枚である「三井住友カード(NL)」と比較すると、還元率には2倍の差があります。

三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)
カード名 Visaプリぺ
Visaプリぺ
18歳以上の方(高校生は除く) 申し込み条件 満6歳以上(小学生以上)の方
永年無料 年会費 永年無料
200円(税込)ごとに
1ポイント
(還元率0.5%
還元率(通常) 利用額の0.25%
キャッシュバック
Visaタッチ決済

安全性に特化した券面デザインVisaタッチ決済機能搭載など、Visaプリぺの強みをそのままに、還元率が2倍以上になるクレジットカードが「三井住友カード(NL)」です。

「Visaプリぺ」よりも「三井住友カード(NL)」がお得な理由を解説

通常の還元率以外にも、三井住友カード(NL)には多くの利用特典が付帯します。

コンビニ3社・マクドナルドで還元率が高い

通常、三井住友カード(NL)の還元率は利用金額200円(税込)につき1ポイント還元率0.5%)ですが、セブン-イレブンファミリーマートローソンマクドナルド店頭での決済で還元率が最大5%になります

上記のコンビニ3社・マクドナルドでは常に還元率が2.5%ですが、タッチ決済(Visaタッチ決済/Mastercardコンタクトレス)で支払うだけでさらに還元率が5%にアップします。

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり。
※一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり。

海外旅行傷害保険が付帯

三井住友カード(NL)には、最高2,000万円海外旅行傷害保険が付帯します。

Visaプリぺには旅行傷害保険は付帯しませんので、海外旅行に行く機会がある方には保険が付帯されたカードがおすすめです。

担保の内容は下記の通りです。

担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用
(1疾病の限度額)
50万円
疾病治療費用
(1事故の限度額)
50万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,000万円
携行品損害[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
15万円
救援者費用
(1年間の限度額)
100万円

全ての担保項目について、事前に旅費等をカードでクレジット決済することが保険の付帯条件となります。

各種電子マネーの利用・追加カードの発行が可能

三井住友カード(NL)を発行すると、電子マネーの利用や追加カードの発行も可能になります

発行できる追加カードは下記の通りです。

  • ETCカード
  • 家族カード
  • 三井住友カードiD
  • 三井住友カードWAON
  • PiTaPaカード

ETCカードは初年度年会費無料(2年目以降、前年度一回以上の利用で無料)ですので、ETCカードの発行を検討されている方にもおすすめの1枚です。

クレジットカードからプリペイドカードへのチャージでポイントは貯まるのか

三井住友カード(NL)からVisaプリぺにチャージすることは可能ですが、チャージ分はVポイント付与対象外ですので、注意が必要です。

しかし、クレジットカードでのチャージが可能なプリペイドカード自体があまり多くない上、Visaプリぺの場合SMBCが発行するカード以外でのチャージはチャージ手数料がかかってしまいます

そのため、Visaプリぺにクレジットカードでチャージする場合、チャージに選ぶクレジットカードとしては三井住友カード(NL)が最もおすすめです。

三井住友カード(NL)は初めてのクレジットカードにもぴったりな1枚


三井住友カード(NL)

VISA  MasterCard

電子マネー 初年度年会費 年会費 ETC専用カード 発行期間
電子マネー電子マネー 無料 無料 550円(税込)
(初年度無料)
年1回利用で無料
オンライン申込から
最短5分で
カード番号を発行

(カードは最短翌営業日発行)※1
還元率 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用可能枠
0.5%〜5.0%

最高2,000万円

- - 〜100万円

  ※1 即発申込に関しては19:31〜8:59は時間外の為、申込不可。

三井住友カード(NL)がおすすめな方

下記の条件に当てはまる方には、三井住友カード(NL)をおすすめします。

  • 初めてクレジットカードを持つ
  • 年会費永年無料のカードを作りたい
  • ネットショッピングをよく利用する
    (還元率最大20倍)
  • 海外旅行に行く予定がある
  • 安全性を重視する

プリペイドカードよりもポイントプログラム付帯特典が充実しているため、申し込み条件をクリアしている場合はクレジットカードの方がよりお得です。

お子様にはVisaプリぺ、大人には三井住友カード(NL)と家族で使い分けるのもおすすめです。

三井住友カード(NL)は入会キャンペーンを実施中!

★簡単条件★今なら最大5,500円相当プレゼント!

現在三井住友カード(NL)は新規入会の方限定で最大5,500円相当をもれなくプレゼントするキャンペーンを実施中です。

新規入会& Apple Pay・ Google Payを設定した方にはVポイントギフトコードが500円分プレゼントされるほか、さらに条件を達成するとカードの利用金額の15%(最大のVポイント)が還元されます。

その条件も、決して難しいものではないので心配することはありません。

  • キャンペーン期間中に、新規にクレジットカードにご入会&Apple Pay/Google Pay の設定
  • カードご入会月の2ヵ月後末までに、クレジットカードまたはiDでお買物利用

上の2項目が還元される条件となります。



三井住友カード(NL)をご友人に紹介するとVポイントがもらえる!

ご友人に三井住友カード(NL)をご紹介し、ご友人が入会すると、入会した人数分のVポイントがもらえます。

「三井住友カード(NL)」の場合、紹介した人はVポイント3,000Pが付与。

ご紹介人数に上限はないので、たくさんおすすめしてみましょう。

「マイ・ペイすリボ」を登録&7万円利用で、Vポイントをもれなく1,000Pプレゼント!

2021年6月1日〜10月31日の期間にご入会時「マイ・ペイすリボ」を3万円以下でご登録のうえ、カード入会月+3ヵ月後末日までに7万円(税込)以上のお買物すると、Vポイント1,000Pがプレゼントされます。

リボ払いを使う予定がある方は、この機会をぜひお見逃し無く!

入会キャンペーンへ申し込む

三井住友カード(NL)で貯めたポイントはVisaプリぺへのチャージも可能

三井住友カード(NL)で貯めたVポイントは景品などに交換できるほか、Visaプリぺの残高としてチャージすることもできます

Visaプリぺは、現在クレジットカードを作ることはできなくても、いずれプリペイドカードからクレジットカードに切り替えたいという方や、クレジットカードとプリペイドカードを併用したいという方にもぴったりの1枚です。

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

監修ファイナンシャルプランナー紹介


ページの先頭へ