三井住友VISAプリペイドとクレジットカードのポイント還元率を徹底比較

"三井住友VISAプリペイドとクレジットカードってどう違うの?"と思った事はありませんか。

「クレジットカードが使いすぎが心配」
「海外旅行にクレジットカードを持っていくのは不安」

という方はプリペイドカードがおすすめです。

なぜならプリペイドは使いたい分だけあらかじめカードにチャージをしてクレジットカードとほぼ同様に使えるから安全なのです。

でもプリペイドは安心・安全でクレジットカードよりもお得で便利なのでしょうか。

プリペイドカードとクレジットカードの使い方と選び方について確認していきましょう。

三井住友VISAプリペイドと三井住友VISAカードの違い ~メリット・デメリット~

まず大きな違いは、三井住友VISAプリペイドは入会審査なく持てるのに対し、三井住友VISAカードはクレジットカードなので入会には審査があります。

年会費は1250円(税抜)からかかり、商品の購入後に金額が引き落とされる仕組みになっています。

※三井住友VISAカードの年会費は初年度無料で次年度以降も無料になる方法があります。
一方で、三井住友VISAプリペイドは審査がなく、利用額の引き落とし口座の登録も不要で、年会費は無料で一切かかりません。

三井住友VISAプリペイドのメリット

クレジットカード同様にショッピング利用をすることができる

三井住友VISAプリペイドは、店舗でもインターネットでも使えるので クレジットカードと同じようにカード番号やセキュリティコードが設定されていて、その情報を使用して決済ができます。

世界一加盟店の多い国際ブランドVISA

世界一利用できる加盟店が多いとされるVISAを利用できるので、カードを使える店舗が多く、海外でも利用できます。

子供にも持たせて安心。使いすぎ防止の利用限度額

プリペイドは、事前に購入したカード金額の範囲内でしか利用ができず、三井住友VISAプリペイドは1回あたり3,000円から2,9000円まで1円単位で購入・追加チャージができます。

また、商品購入時、その場で利用額が残高から引き落とされ残高や利用履歴はネットで確認することができます。

プリペイドカードでポイントが付く

三井住友VISAプリペイドは2000円につき1ポイント(1ポイント=5円)が付きます。

クレジットカードも利用額に対しポイントは付与されます。

三井住友VISAプリペイドのデメリット

プリペイドは一回あたりの利用上限額が5万円未満

カード1枚あたりの残高上限度は50,000円、1回あたりの利用上限度は49,999円と決められていて、使いすぎることはありません。

しかし、5万円以上の買い物はできませんし残高がなければ、使いたいその場でチャージしなくてはなりません。

クレジットカードは、利用限度額があらかじめ決められており、利用限度額の範囲内なら自由にショッピングを利用できます。

クレジットカードの利用限度額は、支払い滞納などなく決められた返済日に返済を行えば、信用実績が上がると同時に利用限度額も上がります。

プリペイドでは支払い利用できないものもある

月額、継続利用の支払いやガソリンスタンドでの支払い、各種プリペイドや電子マネーの購入やチャージ代金の支払いはプリペイドではできません。

クレジットカードの場合は支払うこともできますし、さらにポイントが付くこともあります。


では、実際に三井住友VISAプリペイドと三井住友VISAカードどちらがお得なのか、まずはポイント還元率がお得なのか見ていきましょう。

三井住友VISAプリペイドと三井住友VISAクラシックカードのポイント還元率と利用方法を徹底比較

三井住友VISAプリペイドと三井住友VISAクラシックカードはどちらがポイント還元率はお得なのか、利用方法やポイントの貯め方を徹底比較していきましょう。

ポイントの還元率

  • 三井住友VISAプリペイド
    2000円=1ポイント(5円相当) 還元率0.25%
  • 三井住友VISAクラシックカード
    1000円=1ポイント(5円相当) 還元率0.5%

この時点で、2倍の還元率の違いがあり、ポイントプログラムでは三井住友VISAクラシックカードの方がお得です。

プリペイドとクラシックカード共に5万円を使ったときのポイント還元

  • 三井住友VISAプリペイド
    1回の利用限度額は49,999円と決められており5万円は利用できないので、
    4,9999円利用=2000円につき1ポイント付与=24ポイント獲得(1ポイント=5円)
  • 三井住友VISAクラシックカード
    1000円=1ポイント 還元率0.5% (1ポイント=5円)
    5万円利用=1000円につき1ポイント付与=50ポイント獲得(1ポイント=5円)

5万円以上の利用はプリペイドではそもそも出来ませんし、26ポイント(1ポイント=5円)も差がでて2倍以上お得です。

三井住友VISAプリペイドは利用額のみポイントが加算され、ポイント使用用途はプリペイドの購入やチャージ利用に使用できます

三井住友VISAクラシックカードのポイントの貯め方と使い方

ポイントの貯め方と使い方はプリペイドに比べ多くの利用と活用方法があります。

  • 1000円=1ポイント(1ポイント=5円)
    ※1回払い、2回払い、分割払い(3回以上)、リボ払い、ボーナス一括払いで付与。
  • ボーナスポイント
    ※前年度の利用額に応じてポイントを付与。


  • ポイントUPモール
    三井住友カードが運営するネットモールで、ポイントUPモールを経由してネットショッピングをすることで最大20倍のポイントを獲得できる。


  • プレミアムポイント加盟店での利用
    ステッカーのある加盟店でカードを利用すると、ポイントをステッカーに表示される倍率で最大20倍ポイント獲得。(1ポイント=5円)
    例、画像の場合は、通常ポイントに10倍がかけられたポイント獲得(1ポイント=5円)


  • 「iD」利用
    コンビニや自動販売機で「iD」を使うと、クレジットカードご利用分と合算されワールドプレゼントのポイントを貯めることができます。

※ワールドプレゼントとは、カードの利用金額に応じてもらえるポイントを貯めて、景品や他社のポイントに交換するサービス


  • カードのご利用以外のポイント獲得
    大和証券の「ダイワのポイントプログラム」を利用して、お取引に応じてワールドポイントのポイントに交換できます。

ポイントの使い方

・貯まったポイントは、三井住友カードのワールドプレゼント景品に交換することができます。

マイレージや他のサービスのポイント移行
景品交換(200種類以上)
キャッシュバック・ギフトカードと交換


三井住友VISAプリペイドに比べ、三井住友VISAクラシックカードはポイント還元率が2倍以上でポイント交換サービスが豊富に取り揃えられています。

また、クレジットカードの中では数の少ないポイントキャッシュバック制度も選べます。


プリペイドとクラシックカードどちらもポイントの有効期限は2年となっていますので注意しておきましょう。

ポイント還元以外に三井住友VISAクラシックカードのが優れている4つのポイント

三井住友VISAカードが優れているのはポイント還元率だけではなく日常生活での利用のメリットや付帯サービスにもあります。


三井住友VISAプリペイド

三井住友VISAカード
(三井住友VISAクラシックカード)
対象 18歳以上の方 18歳以上の方
年会費 無料(カード発行の場合は発行手数料200円(税抜)、発送手数料440円(税抜)がかかる) 初年度年会費無料/翌年度以降年会費割引制度あり
※カードの有効期限は5年間(失効後再申し込み可) 翌年度以降条件により無料
※通常年会費 税抜1,250円+税
※学生は在学中無料
ご利用可能枠 チャージ:1回3,000円~29,000円1円単位で可能(1回のチャージで200円の手数料)
残高限度額は50,000円
1回の利用限度額は49,999円
※何度もチャージして利用すれば、実質的な利用限度額はない。
10~80万円(学生10~30万円)
旅行傷害保険 なし 最高2,000万円の海外旅行傷害保険
還元率 ・ご利用金額2000円につき1ポイント 0.25%(1ポイント=5円)
貯まったポイントは三井住友VISAプリペイドの購入・チャージに利用できる。
・ご利用金額1000円につき1ポイント 0.5%(1ポイント=5円)
※その他の貯め方、利用の仕方は上記に詳細

・新規入会キャンペーン中で9000円プレゼント
・1ポイント=5円換算 0.25%
・有効期限は獲得から最大2年間
・1ポイント=5円換算 0.5%
・有効期限は獲得から最大2年間

クラシックカードの方がお得な5つのポイント

その1:プリペイドに比べ年会費等の費用がかからない

年会費は三井住友VISAプリペイドは無料となっていますが、カード発行の場合は発行手数料200円(税抜)、発送手数料440円(税抜)がかかってしまいます。

一方で、三井住友VISAクラシックカードは初年度の年会費が無料で翌年度以降も条件を満たせば年会費が無料になります。

三井住友VISAクラシックカードの年会費が翌年度も無料になる条件

・マイ・ペイすリボ登録+利用で翌年度年会費無料

※リボ払いとなっていますが、返済回数の変更で一括払いに変更すれば1回払いと変わりません。
※リボ払いを使いたくないときは登録と利用をせず、紙明細書をWEB明細書に変更するだけで、525円の割引を受けることができます。

その2:利用可能額が大きい

三井住友VISAプリペイドの1回あたりの利用限度額が49999円であらかじめチャージをして残高の範囲内での利用しかできませんが、クラシックカードは10万~30万円と幅広く自由度が高いです。

また、後払いを基本としているので手元にお金がなくても利用することができます。

その3:海外旅行傷害保険がついている

三井住友VISAプリペイドには海外旅行傷害保険がついていけないため、 海外旅行をする際には何かあった時のために別途旅行保険に入らなくてはなりません。

しかし、三井住友VISAクラシックカードは最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯しているため持っているだけで安心な1枚です。

※クラシックカードの場合は、旅費などを当該カードで支払うことが前提となります。〈利用付帯〉

その4:利用実績を積めば、ゴールドカードへ切り替えることができる

三井住友VISAカードで利用実績を積めば三井住友VISAゴールドカードの案内がきます。

他社のゴールドカードには年会費割引があるのにもかかわらず、ステータス性は高く、高付帯の保証サービスを受けることができるので将来的にゴールドカードを持ちたいという方にはおすすめです。

三井住友VISAカードの中でお得でスタンダードな2枚

初めての人にはぴったりなお得な三井住友VISAカード


三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカードA
対象 18歳以上の方
年会費 初年度年会費無料/翌年度以降年会費割引制度あり
翌年度以降条件により無料
※通常年会費 税抜1,250円+税
※学生は在学中無料
翌年度以降条件により無料
※通常年会費 税抜1,500円+税
※学生は卒業予定年まで 税抜250+税
ご利用可能枠 10万~80万(学生10~30万)
旅行傷害保険 最高2,000万円の海外旅行傷害保険 最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険
※クラシックカードの海外旅行傷害保険は、事前に旅費などを当該カードでお支払いいただくことが前提になります。
※クラシックカードA、アミティカード、プライムゴールドカード、ゴールドカードの生涯死亡・後遺障害補償は、事前の旅費などの当該カードでのお支払い有無により催行保証額が異なります。
キャンペーン ・新規入会キャンペーン中で9000円プレゼント

三井住友VISAクラシックカードはポイント還元率が0.5%と高く、かつ様々な景品に交換できるサービスがあります。

また、プリペイドにはない海外旅行傷害保険サービスが付帯しており、持っていて安心な1枚です。

初年度年会費が無料で翌年度も条件付き無料の長く愛用されるカード

三井住友VISAクラシックカードAは、三井住友VISAクラシックカードに比べ、年会費が1500円(税抜)になるものの付帯サービスが手厚くなっており、 特に海外旅行傷害保険最高2500万円に、国内旅行傷害保険最高2000万円がついた海外・国内旅行を利用する方にはおすすめなカードです。〈利用付帯〉

今なら三井住友VISAクラシックカードと三井住友VISAクラシックカードAどちらも新規入会キャンペーン中で9000円をプレゼントしていて、 初年度から無料でお得に利用ができます。

三井住友VISAクラシックカードが似合う方



  • 新規入会特典がお得に欲しい方
  • 年会費無料がいい
  • ネットショッピングを使う方はポイントが最大20倍
  • 高還元のポイントキャッシュバック
  • 海外旅行に行く方は海外旅行傷害保険最高2000万円付帯
  • ゴールドカードを持ちたい方はこの1枚で信用実績を上げましょう


三井住友VISAクラシックカードAが似合う方



  • 新規入会特典がお得に欲しい方
  • 年会費無料がいい
  • ネットショッピングを使う方はポイントが最大20倍
  • 高還元のポイントキャッシュバック
  • 海外・国内旅行に行く方は海外旅行傷害保険最高2500万円/国内旅行傷害保険最高2000万円付帯
  • ゴールドカードを持ちたい方はこの1枚で信用実績を上げましょう

三井住友VISAプリペイドは子供に持たせたいという方や月々の利用額が5万円以内な方におすすめですが、三井住友VISAカードの方が旅行保険やポイントプログラムといったサービスが充実しているのでこの機会に検討してみましょう。



全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ