楽天プレミアムカードとオリコゴールドカードの還元率を徹底比較

クレジット払いの多い人はワンランク上のカードでポイント高還元を狙おう

クレジットカードのお買い物でうれしいことと言えばポイント還元です。 大きなお買い物や旅行代金といった大きな出費はもちろん、日常のお買い物や光熱費、そして可能であれば家賃などもクレジット払いにすれば、みるみるうちにポイントが貯まります。一括払いであれば利子もかからないので、クレジットカードでポイントを貯め、それをうまく活用すれば節約にもつながるでしょう。


そんなクレジットカードのポイントシステムを有効活用する上で気になるのが、ポイント還元率です。ポイント還元率の高いカードがいいのはもちろんですが、一般的な傾向として、還元率の高いカードはそのほかのサービスがあまり充実していなかったり、ポイントの使い道が限られていたりします。


そこで、サービスの充実と高いポイント還元率を両立させたい場合には、年会費無料で入会できる通常カードだけでなく、年会費のかかるワンランク上のカードも選択肢に入れてみてはどうでしょうか。


年会費のかかるクレジットカードはポイント還元率が高く設定されていることが多く、毎月のクレジット払いの金額が多い人であれば、年会費以上のポイント還元を受けられるのでかえっておトクです。それに加え、ランクに応じたサービスも付加されるので、これまで以上にクレジットカードを有効活用できるはずです。

ポイントサイトで還元率2%以上、電子マネー利用でプラス0.5%に

では、高還元カードとして知られるOrico Card THE POINTと楽天カードについて、それぞれ通常カードとランク上のカードとのポイント還元率を比較してみましょう。


Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

・ポイント還元率は1%
通常カードにあたるOrico Card THE POINTは年会費永年無料で、お買い物金額100円あたり1オリコポイントが貯まります。貯めたオリコポイントは500ポイントから、1ポイント→1円の交換レートでギフト券や他社ポイントへ交換できるので、ポイント還元率は1%ということになります。


・ポイントサイト利用で1.5%以上に
さらに、ポイントサイトの「オリコモール」を利用すると、通常のポイント以外に常時0.5%が加算されて1.5%の還元率となります(ショップによって最大15%がさらに加算)。オリコモールにはAmazonのほか、楽天市場、Yahoo!ショッピング、BELLE
MAISON、Apple公式サイト、じゃらん、ユニクロなど600を超えるショップやモールが参加しているので、ネットでのお買い物はほとんどここで済んでしまうはずです。


・入会後6ヵ月間は常時2%にアップ
入会後6ヵ月間はポイント還元率が2%となります(上限5000ポイント)。そこで、この期間にオリコモールを利用すると常時2.5%の還元率となります。



Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)

・ポイント還元率は1%
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは年会費1950円(税込)で、お買い物100円あたり1オリコポイントが貯まります(ポイント還元率1%)。ここは通常カードと同じです。


・ポイントサイト利用で2%以上に
ポイントサイトの「オリコモール」を利用すると、通常のポイント以外に常時1%が加算されて2%の還元率となります(ショップによって最大15%がさらに加算)。つまり、通常カードよりもさらに0.5%高い還元率となります。


・入会後6ヵ月間は常時2%にアップ
入会後6ヵ月間はポイント還元率が2%となります(上限5000ポイント)。そこで、この期間にオリコモールを利用すると常時3%の還元率となります。


・電子マネーの利用で0.5%のポイント加算
このカードには「iD」と「QUICPay」の2種類の電子マネーが搭載されており、利用するだけで通常ポイントに0.5%のポイントが加算されます。


・リボ払いでポイント0.5%加算
リボ払いを選択すると通常ポイントに0.5%のポイントが加算されます。つまり、ポイントサイト利用とリボ払いを合わせると常時2.5%の高還元率となります。


楽天市場利用で高還元率となる楽天プレミアムカード

楽天カード

・ポイント還元率は1%
通常ポイントにあたる楽天カードは年会費永年無料で、お買い物金額100円あたり1楽天スーパーポイントが貯まります。楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として楽天市場などで使えるので、ポイント還元率は1%ということになります。


・楽天市場の利用で4%に
楽天グループの各サービスの利用で還元率が2%に、さらに楽天市場の利用では4%になります。


・楽天ポイントカード加盟店なら1%が加算
街なかの楽天ポイントカード加盟店で楽天カードを使うと、通常ポイント1%に加え1%のポイントが加算され合計で2%の還元率となります。一部、合計3%となる還元率が設定されている加盟店もあります。



楽天プレミアムカード

・ポイント還元率は1%
楽天プレミアムカードは年会費1万800円(税込)で、お買い物金額100円あたり1楽天スーパーポイントが貯まります(ポイント還元率1%)。ここは通常カードと同じです。


・楽天市場の利用で5%に
楽天グループの各サービスの利用で還元率が2%に、さらに楽天市場の利用では5%になります。楽天市場では通常カードより還元率が1%高いことになります。


・選べるサービス「楽天市場コース」で1%が加算
ライフスタイルに合わせてポイントサービスを選べる「選べるサービス」で「楽天市場コース」を選ぶと、毎週火・木曜日のお買い物に1%のポイントが加算されます。


・お誕生月サービス
会員の誕生月には楽天市場・楽天ブックスの利用分に1%のポイントが加算されます。


・楽天ポイントカード加盟店なら1%が加算
街なかの楽天ポイントカード加盟店で楽天カードを使うと、通常ポイント1%に加え1%のポイントが加算され、合計で2%の還元率となります。一部、合計で3%になる還元率が設定されている加盟店もあります。ここは通常カードと同じです。

「オリコモールクーポン」への交換で実質4%の還元率に

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDと楽天プレミアムカードのポイントシステムを比較すると、楽天プレミアムカードのほうが条件が良さそうに見えます。しかし、後者は年会費がグッと高いことを忘れていけません。


Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDでポイントサイトを利用、楽天プレミアムカードでは「楽天市場コース」を選択の上、楽天市場を利用すると考えて比較すると、年会費分のポイントを貯めるには、前者では9万7500円分のお買い物を、後者では18万円分のお買い物をしないといけないことになります。


これは大きな差です。また、楽天スーパーポイントは主に楽天グループのサービスにしか使えず、使い道が限られることにも留意したいところです。せっかく貯めたポイントも使える機会が少ないと有効活用できません。


その点、オリコポイントは、Amazonギフト券やiTunesギフトコードのほか、Google Playコード、LINEギフトコード、nanacoギフト、EdyギフトID、ファミリーマートお買い物券、すかいらーくご優待券などのクーポンへ交換でき、さらに、WAONポイント、Tポイント、楽天スーパーポイント、ベルメゾン・ポイント、dポイント、WALLETポイント、ANAマイル、JALマイルなどへポイント移行できるので、使い道に困ることはまずないでしょう。


ANAマイルへは楽天スーパーポイントからも移行できますが、楽天スーパーポイントからの移行が10ポイント=5マイルの交換レートであるのに対し、オリコポイントでは10ポイント=6マイルの交換レートとよりおトクなポイント移行となっています。


注目したいのは、1000オリコポイントを「オリコモールクーポン2000円分」に交換できること。つまり、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDを使ってオリコモールで貯めたポイント(ポイント還元率2%)を「オリコモールクーポン」に交換して使うと、実質的に4%のポイント還元を受けたのと同じことになるのです。


また、オリコモールでは楽天市場も利用でき、2.5%以上(商品によって還元率が異なる)の還元率となっているので、オリコモールクーポンと組み合わせると実質4.5%以上の還元率になります。さらにオリコポイントとは別に楽天スーパーポイントも付与されるので、これも計算に入れるなら実質5.5%の還元率です。これなら、楽天プレミアムカードの還元率と比べても決して引けをとりません。


年会費のハードルの低さ、そして使い道の豊富さも考慮するなら、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは、高いポイント還元率を求める人に広くおすすめできるクレジットカードだといえそうです。

迷ったらコレ!

オリコカード ザ・ポイント プレミアムゴールド
海外保険2000万円自動付帯
入会後6カ月は100円=2P付与
iDとQUICPay搭載!

海外保険2000万円付帯のポイント高還元カード
旅行保険が付いたオリコカード!


全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

人気コラム

人気コラム一覧へ

ページの先頭へ