岩手銀行のキャッシュカード一体型のクレジットカード「I be Oneカード」の審査を申し込むべき人と申し込むべきではない人の違い

岩手銀行I be Oneカードとは

I be Oneカードとは、岩手銀行が発行するキャッシュカードが一体化されたクレジットカードです。主に岩手県を中心に優待加盟店が多く、引き落とし設定ができるのは原則、岩手銀行になるため、岩手県民を対象としたクレジットカードと言えます。

年会費や各手数料

I be Oneカードの利用者は、年会費1,350円に加えて、カード決算をする度に、手数料がかかります。手数料の額は、ショッピング額と支払い方式に応じて異なりますが、1回、2回払いであれば手数料は発生しません。各支払方式の手数料率については、以下の表を参考にしてください。


支払回数 3回 5回 6回
手数料率(年率) 12.30% 13.50% 13.80%
支払回数 10回 12回 15・18・20・24回
手数料率 14.52% 14.76% 15.00%
(実質年率)

※リボルビング方式:年率15%

20,000円の買い物に対して10回払いを選択した場合、合計で1,331円の手数料がかかる計算になります。


手数料
初月 20,000円×14.52%=242円
2ヶ月目 18,000円×14.52%=217.8円
3ヶ月目 16,000円×14.52%=193.6円
10ヶ月目 2,000円×14.52%=24.2円
合計 1,331円

※あくまで概算ですので参考程度に考えください

キャッシング利用方法

I be Oneカードのキャッシング利用では、借入残高に対して年率14.95%の利息が課せられます。

これは、キャッシングの10,000円を1ヶ月で完済した場合に、10,000円×14.95%/12ヶ月=約124円の利息が発生するということです。

※あくまで概算ですので参考程度に考えください

また、限度額は20万円であるため、借入残高が20万円を超えるとキャッシングすることはできません。

主に岩手銀行のATMで利用することができますが、岩手銀行の提携先の銀行、またはコンビニでも利用することが可能です。

I be Oneカードをお得に利用するためには?

以上がI be Oneカードの概要になりますが、I be Oneカードを検討されている方は、ポイントの内容や、カードに付与された保障または補償内容について、気になっていると思います。

利用方法次第でポイントが最大25倍!?

残念ながらI be Oneカードでは、ポイント還元率は0.5%であるため、そこまでお得なカードとは言えません。

しかし、岩手銀行のパートナー企業でショッピングをすることでポイント還元率が2倍になります。

参考:「ポイントサービス|岩手銀行」

また、優待加盟店でショッピングすることで、ギフト券の配布や、ショッピング価格が安くなるなどの、特典を受けることが可能です。

加盟店によって特典の内容が異なりますが、詳しくは「IbeOneカード優待加盟店|岩手銀行」を参考にしてください。

さらに、「POINT名人.com」を介してWebショッピングをすると、最大で25倍のポイントを取得することができます。

家電や、グルメ、娯楽、ファッショなど幅広いシチュエーションに合わせてショッピングすることができるので、日用品の多くをPOINT名人.comでショッピングすればあっという間にポイントが貯まるでしょう。

例えば、ポイント倍率が以下のA店?C店で、以下の金額でショッピングをすると、合計で90ポイント+500ポイント+500ポイント=1,090ポイントが貯まります。


ポイント倍率 金額 ポイント
A店 6倍 3,000円 3,000円×0.5%×6倍=90ポイント
B店 10倍 10,000円 10,000円×0.5%×10倍=500ポイント
C店 20倍 5,000円 5,000円×0.5%×20倍=500ポイント

東北でも全国クラスのショッピングができる?

また、POINT.名人.comを介して、小田急や高島屋などの大手百貨店でネットショッピングをすることができます。

岩手県は、盛岡などの都心部を除くと、LOFTや丸井など東京で当たり前に目にするショッピングモールがありません。

POINT.名人.comを利用すれば、岩手県には存在しない全国区のモールでショッピングすることを可能にします。

公共料金の支払いで年会費が無料?

I be Oneカードは年度末までに、年間で取得したポイントの累計が200を切ると、貯めたポイントは無効になります。還元率が0.5%ですので200円÷0.5%=40,000円以上の金額を、クレジットカードで決算しないとポイントが無効になるということです。

しかし、年間あたり10万円以上のショッピングをすると、年会費の1,350円が無料になるので、I be Oneカードの利用者は、年会費やポイントで得をするためには、10万円以上のショッピングをするべきでしょう。

また、指定の光熱費や携帯料金を毎月、カードで決済することでも、年会費の1,350円は無料になるので、使い方一つでI be Oneカードはお得なカードであることがわかります。

<毎月のカード決算で年会費無料になる対象費用>

電気料金:東北電力、東京電力、その他DC所定の電気料金

携帯電話料金:NTTドコモ、au、ソフトバンク、Y! mobile

矢巾町水道料金

ゴールドに変更することで補償・保障内容がカバーできる

I be Oneカードの一番の難点は、カードに付与されいてる補償または保障内容が、他のクレジットカードと比べて充実していないことです。

旅行障害保険に関しては、国内、海外共に付与されていませんし、ショッピング保険もI be Oneカードには付与されていません。

しかし、ゴールドカードに変更することで、海外旅行傷害保険や、ショッピング保険を付与することが可能です。

10,800円の年会費がかかりますが、岩手銀行のATMの時間外手数料が無料で利用することができます(提携銀行またはコンビニのATMは対象外です)。

I be Oneカードはどのような人が申し込むべきなの

I be Oneカードは、旅行保険やショッピング保険がないことから、以下に該当する方が、適していると言えます。

旅行補償・ショッピング保障が必要ない人

別のクレジットカードで足りない保障・補償を補える人

ゴールドへ変更可能な経済的に余裕のある人

加えて、I be Oneカードを利用するメリットのある方、つまりは以下の2点に該当する方は、I be Oneカードに申し込みするべきでしょう。

I be Oneカード優待加盟店の利用者

Point名人.comの利用者

クレジットカードで公共料金・携帯料金を決算する方

これからI be Oneカードを申し込む方がすべきこと

クレジットカードの申し込みでは、支払能力の有無を確かめるための審査を行うため、カード会社から信用してもらわなければカードが発行されません。

そのため、現在、I be Oneカードを検討しているけど、審査に通過する自信がない方は、まずは、ACマスターカードなど審査条件が穏やかなクレジットカードでクレヒス(クレジットカードヒストリー)を積むといいでしょう。

クレジットカードを利用すると、延滞や支払状況が含まれた利用履歴(クレヒス)が、個人信用情報機関に登録されますが、この情報は、情報機関を通じて他のカード会社でも共有されます。

つまりは他のカード会社のクレジットカードで、きちんと支払いを行っていたことを示す履歴が情報機関に登録されれば、I be Oneカードの審査も通りやすくなるということです。

保障・補償内容をカバーできるクレジットカードを併用する

また、I be Oneカードを検討している方は、旅行保険やショッピング保険が付与されたクレジットカードも併用しましょう。

エポスカードであれば、旅行保険やショッピング保険が付いている上に、審査条件も厳しくないので、幅広い方が利用することが可能です。

I be Oneカードでより豊かな生活を送ろう

岩手県は、のどかで住み心地の良い場所だと思いますが、岩手は車がないと買い物に行くのも一苦労だと思います。

I be Oneカードがあれば、ネットを通じて自宅にいながらショッピングすることが可能になるので、より生活を豊かにするためにも、I be Oneカードを手にしてみはいかがでしょうか。

もしクレジットカードの審査が不安、申し込んでもなかなか発行されないという方はACマスターカードを選択しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ