中国銀行のDREAMeの審査完了・カード発行までの時間は? 少しでもクレジットカードの到着を早くする条件とは

中国銀行発行のDREAMeは2種類のカードに2種類のブランドが特徴

中国銀行が発行しているクレジットカードのDREAMeはカードブランドがVISAとJCBから選べてカードもショッピングとキャッシングのクレジット機能とICキャッシングの一体型のDREAMe-Wとショッピングとキャッシングのクレジット機能のみのDREAM-Sの2種類があります。

年会費はいずれも1,250円+税別でカード発行初年度は年会費無料、翌年からも年間のショッピングへのカード利用額が10万円以上か、NTTドコモ・au(KDDI、沖縄セルラー)・ソフトバンク・ワイモバイルや中国電力・四国電力・JCBブランドらならば関西電力・東京電力エナジーパートナー・中部電力・北陸電力のいずれかの支払いをカード払いにすることで年会費が無料になります。

DREAMeは中国銀行ATMの手数料が無料になり、ブランドがVISAならばVpass、JCBならばMyJCBにてカード利用状況の確認やキャンペーンのチェックなどができます。

DREAMeの利用状況に応じたポイントボーナス

DREAMeはブランドがVISAとJCBがあり、ポイントプログラムは前者がワールドプレゼントポイント、後者はOki Dokiポイントとなっており、還元率はどちらも1,000円につき1ポイントの0.1%です。そしてDREAMeは決済口座のある取引店で銀行取引をするとボーナスポイントが加算されるようになり、VISAとJCBのブランドに合ったポイントプログラムにポイントが貯まります。

VISAブランドはワールドプレゼントがポイントプログラム

VISAブランドのポイントプログラムは還元率が1,000円につき1ポイント貯まる0.1%のワールドプレゼントポイントです。携帯電話料金、固定電話料金、ガス代、プロバイダー料金、新聞購読料もポイントゲットの対象になりますし、電気料金とNHK受信料はポイント獲得対象な上に利用代金明細書でいくら使用したかを確認できます。

ワールドプレゼントポイントはポイントUPモールを経由してネットショッピングをすればポイント還元率が最大20倍になり、ココイコ! ならば18倍になります。サイト内にある「訪問でためる」ページにて、紹介されているショップにアクセスすると10枚で1ポイントになるポイントUPメダルが貰えます。加えて毎週月曜日12:00にサイト内で行われる「BINGO」を遊べば最大で400ポイントが手に入ります。

JCBブランドのポイントプログラムはOki Dokiポイント

JCBブランドのポイントプログラムはOki Dokiポイントで還元率は1,000円につき1ポイント貯まる0.1%で、Oki Dokiランドを経由してのネットショッピングをするとポイント還元率を最大20倍にまでアップできます。それだけでなく、JCB加盟店でカード払いすれば還元率上昇の特典もあります。

貯まったOki Dokiポイントはキャッシュバックサービスがあり、500ポイント以上と交換なら1ポイント→3円、1,000ポイント以上ならば4.5円の還元ができます。

ポイントはギフト券や他のポイントプログラムにマイルと交換もできるほか、200ポイント→スターバックスカードに1,000円チャージ、dポイント、Tポイント、auWallet、楽天スーパーポイントには1ポイント→4ポイント換算でポイント移行できます。

ANAマイル、ANAスカイコイン、JALマイル、デルタマイルにも対応しており1ポイント→3マイルで移行でき、amazonに1ポイント3.5円で利用できるので様々な使い方ができます。

DREAMeのまとめ

  • ICクレジット機能とICキャッシングが一体化したDREAMe-WとICクレジット機能のみのDREAMe-S
  • 年会費1,250円+税別
  • カード発行初年度は年会費無料
  • カード利用額が10万円以上か、NTTドコモ、au(KDDI、沖縄セルラー)、ソフトバンク、ワイモバイルといった電話料金や中国電力、四国電力、JCBブランドなら関西電力、東京電力エナジーパートナー、中部電力、北陸電力といった電気料金をカード払い
  • 中国銀行ATMの手数料無料
  • ブランドはVISAとJCB
  • ポイントプログラムはVISAならワールドプレゼントポイント、JCBならOki Dokiポイント
  • ポイント還元率0.1%
  • 提携店で銀行取引するとボーナスポイント加算

中国銀行発行のDREAMeはICクレジット機能とICキャッシング機能が一体化したDREAMe-WとICクレジット機能のみのDREAMe-Sの2つがある上でブランドもVISAとJCBから選べるという応用性の高いクレジットカードと言えます。

DREAMeは発行申請から発行まで最長一ヶ月かかるのが難点

DREAMeは審査申込みから発行までに2週間、最大で1ヶ月もかかるという欠点があります。欲しい時にすぐ発行できないというデメリットを少しでも軽減させるには中国銀行の口座を持っていて、キャッシュカードもすでに保有しているというのが審査にかかる日程を短くさせるのに繋がります。

しかし、それでも最短で2週間も申請から発行までにかかってしまうので、すぐにでもクレジットカードが欲しいという方は別のクレジットカードを所有するのがおすすめです。

ACマスターカードは即日発行が可能

消費者金融会社アコムが発行するACマスターカードはインターネット経由で申し込むと自動契約機むじんくんで最短30分の即日発行が見込めます。

年会費は無料でショッピングの際に0.25%のキャッシュバックサービスがあり、クレジット機能がカードローン含めて利用限度額最大800万円と高額に設定されているので、ショッピングにも役立ちます。

ACマスターカードのまとめ

  • 年会費無料
  • ポイントプログラム無し
  • クレジットカード利用限度額が最高800万円
  • 年率10.0%〜14.6%
  • ショッピング利用でキャッシュバック0.25%
  • 残高と次回の返済期日と利用可能額の確認
  • ネットや電話で24時間いつでも借り入れ申請可能
  • キャッシュバック0.25%
  • ペイジーを利用して24時間いつでも返済可能
  • 会員サイトで明細書の確認と自宅送付拒否を設定できる
  • 利用限度額の変更可能
  • ご利用明細の郵送が無い
  • 自動契約機のむじんくんで即日発行可能

4通りのカード発行ができるDREAMeとすぐに発行ができるACマスターカード

中国銀行が発行しているDREAMeはICクレジット機能とICキャッシング機能が一体化しているDREAMe-WとICクレジット機能のみのDREAMe-Sの2枚のカードがあり、ブランドもVISAとJCBから選べます。希望するクレジットカードの利用スタイルによって4通りのカードが発行できるのがDREAMeの強みです。

DREAMeは応用性の高いカードですが、発行申請からカードを受け取るまでに2週間から1ヶ月の期間がかかるというデメリットがあり、中国銀行の口座を持っていてキャッシュカードもすでに保有していると発行申請の審査期間を短くできます。

もしもすぐにクレジットカードがほしいという場合はACマスターカードならばインターネット経由で申し込めば最短30分の即日発行ができます。クレジット機能の利用限度額がカードローンと合計して最大800万円と高く、高額の商品を購入するのにも適しているので、ACマスターカードはすぐにカードを発行したい方にもショッピングライフを充実したい方にもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ