auwalletクレジットカードの解約方法は電話・ポイント・年会費に注意?毎月の返済金額が変えられるカードとは


新しいクレジットカードへの第一歩

ACマスターカードなら毎月の返済金額がいつでも変更できる!

申込資格 20歳〜69歳の安定した収入のある方(アルバイト・パート含む)
年会費 無料
即日発行 30分以内で発行可能
お試し!3秒診断はこちら
利用可能枠 最高800万円
(内訳)
ショッピング枠最大300万
カードローン枠最大500万

auwalletクレジットカードはau利用者が発行できるカード

au利用者がおトクに利用できるauwalletクレジットカードは年会費が無料で家族カードの発行は年会費が400円となっており、auwalletクレジットカードは高校生以外の18歳以上で本人か配偶者に定期収入があってスマフォ、タブレット、携帯電話、Wi-Fiルーターといったau携帯電話かauひかり、auひかり ちゅらのいずれか1つを個人契約しているのがカード発行の条件となっています。

それらの発行条件となる、カードと紐付けした回線を解約・休止・譲渡となった場合は年会費が1,250円+税別かかるようになります。

au walletカードはブランドをVISAとMasterCardから選べ、旅行費用をカード払いすれば海外旅行傷害保険が最大で2,000万円かかり、お買い物安心保険によってカード払いで買った商品が購入日から90日以内に破損・盗難などとなった場合は年間最大100万円かかります。

auwalletクレジットカードのポイントプログラム

auwalletのポイントプログラムはWalletポイントでポイント還元率は200円につき2ポイントの還元率1%と中々に高いものとなり、電気・ガス・水道・放送・通信・Amazon・ロードサービスをカード払いすることでもポイント獲得対象になります。

Walletポイントはクレジットカードで代金を支払うのに加えてポイントアップタウンを経由してのネットショッピングによって還元率が最大15%のボーナスポイントがカード払い分でゲットしたポイントに加算され、Wowma! 利用で1%が加算、auトラベルの利用で最大3%が加算されて、ポイントアップ店でのカード払いによっても提携店それぞれの特典が付与されます。

貯まったWalletポイントはカード払いの支払いに1ポイント→1円換算で使用することができ、ACCORDIA GOLFポイント、マツモトキヨシ現金ポイント、スターバックス カードといった他のポイントプログラムへも1Walletポイント→1ポイント換算で移行することができます。

そして貯まったポイントをクレジット請求充当に用いれば10,000円の商品をカード払いで購入すると100Walletポイント獲得した上で、クレジット請求金額充当に2,000ポイント使うことで実質的には8,000円の引き落としに割引できるというおトクな使い方ができるようになります。

auwalletクレジットカードの解約とは

auwalletクレジットカードを解約する場合は電話で解約することを伝えるのが唯一の方法となっており、auwalletクレジットカードを発行する際に紐付けした携帯電話や回線を解約する場合はauwalletクレジットカードに年会費1,250円+税別がかかるようになってしまい、カードをショッピング利用や公共料金の支払に利用してもポイントをゲットできなくなるという欠点があります。

auwalletクレジットカードのまとめ


  • 年会費が無料
  • 家族カードは年会費400円
  • auwalletクレジットカードは高校生以外の18歳以上で本人か配偶者に定期収入があってスマフォ、タブレット、携帯電話、Wi-Fiルーターといったau携帯電話かauひかり、auひかり ちゅらのいずれか1つを個人契約しているのがカード発行条件
  • カードと紐付けしていたスマフォ、タブレット、携帯電話、Wi-Fiルーターといったau携帯電話かauひかり、auひかり ちゅらのいずれかを解約、休止、譲渡すると年会費1,250円+税別かかる
  • ブランドはVISAとMasterCard
  • ポイントプログラムはWalletポイント
  • ポイント還元率は1%
  • ポイントアップタウンを経由してのネットショッピングによって還元率が最大15%のボーナスポイントが加算
  • Wowma! 利用で1%が加算
  • auトラベルの利用で最大3%が加算
  • ポイントアップ提携店でのカード払いでも店規定のポイントが加算
  • 電気、ガス、水道、放送、通信、Amazon、ロードサービスのカード払いもポイント獲得対象
  • カード払いの支払いに1ポイント→1円換算で使用可能
  • ACCORDIA GOLFポイント、マツモトキヨシ現金ポイント、スターバックス カードへも1Walletポイント→1ポイント換算で移行可能
  • クレジット請求充当によってカード払いの際には商品代金そのままのポイントをゲットできて請求される時にポイントを使って割引できる
  • walletクレジットカードを解約する方法は電話のみ
  • auwalletクレジットカードと紐付けした携帯電話や回線を解約などをするとauwalletクレジットカードに年会費1,250円+税別がかかる上にポイントプログラム失効
  • 旅行費用をカード払いすれば海外旅行傷害保険が最大2,000万円
  • お買い物安心保険にてカード払いで買った商品が購入日から90日以内に破損・盗難などとなった場合は年間最大100万円
  • クレジット機能は1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、分割払い、リボ払い
  • 分割払いは年率12.25%〜15.00%
  • リボ払いは年率15.0%
  • 返済日は毎月10日

auwalletクレジットカードはポイント還元率が高く設定されており、海外旅行傷害保険やお買い物安心保険もついている上でポイントの使い道も1ポイント→1円換算でショッピングに当てられるというおトクさを持っています。

カードと紐付けしたau機器や回線を解約などをしたら年会費が付いてポイントが無くなるデメリット


auwalletクレジットカードは還元率が高くて有効なクレジットカードですが、ポイントを貯め続けるにはauの機種や回線とカードを紐付けして使い続けなければならないという欠点があります。

そこではじめから年会費が無料な上にショッピング利用で0.25%のキャッシュバックサービスがある上にカードローンも含めるとクレジット利用限度額が最大800万円のACマスターカードの利用がおすすめです。

ACマスターカードのまとめ


  • 年会費無料
  • ポイントプログラム無し
  • クレジットカード利用限度額がカードローンも合わせて最高800万円
  • 年率10.0%〜14.6%
  • ショッピング利用でキャッシュバック0.25%
  • 残高と次回の返済期日と利用可能額の確認
  • ネットや電話で24時間いつでも借り入れ申請可能
  • キャッシュバック0.25%
  • ペイジーを利用して24時間いつでも返済可能
  • 会員サイトで明細書の確認と自宅送付拒否を設定できる
  • 利用限度額の変更可能
  • 利用明細の郵送が無い
  • 自動契約機のむじんくんで即日発行可能
  • カードローンは前回返済日の翌日から数えて35日後が次の返済日
  • クレジットは毎月20日が締めの翌月の6日までに利用した分を全額返済すれば手数料無料
  • 毎月20日締めの翌月6日までに返済ができなかった場合は7日から35日後が返済締め切り

auwalletのクレジット機能が欲しいが解約せざるを得ない時はACマスターカードを発行

auの機器や回線と紐付けするのが発行条件のauwalletクレジットカードは年会費が基本無料でポイント還元率が1%と高く設定されており、海外旅行傷害保険やお買い物安心保険も付帯されますが、紐付けした機器や回線を解約したりすると年会費がかかるようになり、せっかく高還元率で貯めたポイントが無駄になってしまうデメリットがあります。

もしもauwalletクレジットカードを解約して新しいクレジットカードに乗り換えたいという方は、年会費が常に無料でカードローン最大800万円が付いたACマスターカードを考えてみましょう。

ACマスターカードは安定した収入があればパートやアルバイトでも申し込むことができます。

ACマスターカードは券面からはアコム発行とは分からないので、普通のクレジットカードとしてご利用できます。アコムだからと言って借入れを行う必要はありません。

受取明細、ご利用明細が自宅に届かないからプライバシーも安心。アルバイト・パート、主婦の方もOK ※一定の収入があれば、審査の上利用可能(専業主婦を除く)。

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行
無料 無料 - 30分以内
ショッピング
手数料
利用可能枠 海外旅行
保険
国内旅行
保険
14.60% 10万円〜300万円 - -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ