新しいコストコオリコマスターカードの審査内容を紹介! メリット・デメリットを比較し長期利用しやすいカードを選ぼう

コストコファンならばコストコオリコマスターカードを使おう

アメリカで生まれの家庭で必要なものはすべて揃ってある超大型倉庫店のコストコと提携しているコストコオリコマスターカードはコストコファンにおすすめのクレジットカードです。

コストコオリコマスターカードは年会費が無料で家族カードの年会費も同じく無料です。

コストコでのカード払いで獲得したポイントは家族カードのカード払いでゲットしたポイントと合算できるので、大型倉庫店のコストコでのショッピングに合ったポイント獲得ができます。

また、コストコオリコマスターカードはオリコパッケージツアー割引サービスによってパッケージツアーが最大8%OFFになり、海外レンタカーのオンライン予約とスーツケースレンタルが最大15%OFF、手荷物宅配サービスが成田空港なら10%OFFで関西空港は100円OFFになり、海外おみやげ宅配サービスの割引サービスにトラベラーズwifiのレンタル料が5%OFFになるなどのサービスがあります。

コストコオリコマスターカードのポイントプログラムは暮らスマイル

コストコオリコマスターカードのポイントプログラムは1,000円につき1ポイント貯まる還元率0.1%の暮らスマイルになります。コストコのショッピングだけでなく公共料金や携帯電話の支払いなどもポイント獲得対象になり、オリコモール経由にてカード払いでショッピングをすると還元率が最大15%も加算されます。

獲得した暮らスマイルポイントは1ポイント→1オリコポイントで換算できますし、交換したオリコポイントにてアマゾンギフト券やnanacoギフトなどのギフト券との交換や、楽天スーパーポイントに電子マネーWAONポイントやオリコプリペイドへのチャージなどに対応しており、いずれも1オリコポイント→1円換算でできるようになっています。これによって基本還元率が0.1%の暮らスマイルポイントがオリコプリペイドなどへのチャージによって還元率が実質的に5倍になるメリットがあります。

これ以外にもオリコ旅行センターへの支払いを1オリコポイント→1円にて支払いに使うことができるので、多様な使い道が見えてきます。

コストコオリコマスターカードのクレジット機能は2種類から選択可能

コストコオリコマスターカードの長所としてショッピングの際に用いるクレジット機能を「一般カード」と「UPtyカード から選べるようになっている点があります。

「一般カード」は支払い方法が1回払い、分割払い、リボ払いに分かれていて、分割払いは最大24回払いまで対応しています。「UPtyカード」は毎月の支払額を自由に設定して返済していくことができるようになっており、設定返済額が3万円ならばそれを超える金額分は翌月に繰越になります。

コストコオリコマスターカードのまとめ

・年会費無料

・家族カード年会費無料

・オリコパッケージツアー割引サービスで最大8%OFF

・海外レンタカーオンライン予約とスーツケースレンタルが最大15%OFF

・手荷物宅配サービスが割り引き

・海外おみやげ宅配サービスの割引サービス

・トラベラーズwifiのレンタル料が5%OFF

・ポイントプログラムは暮らスマイル

・還元率0.1%

・オリコモール経由にてカード払いでショッピングをすると還元率が最大15%加算

・1ポイント→1オリコポイントで交換可能

・オリコポイントを1オリコポイント→1円でギフト券と交換可能

・1オリコポイント→1円で楽天スーパーポイント、電子マネーWAONポイントなどにチャージ可能

・1オリコポイント→1円でオリコプリペイドへのチャージ

・オリコ旅行センターへの支払いが1オリコポイント→1円で可能

・クレジット機能を「一般カード」と「UPtyカード」から選べる

・「一般カード」は支払い方法が1回払い、分割払い、リボ払い

・「UPtyカード」は支払額を自由に設定可能

2018年からコストコオリコマスターカードだけでなくコストコグローバルカードも使用可能に

コストコオリコマスターカードは内容と券面がリニューアルされて2018年2月からコストコオリコマスターカードのグローバルカードが使えるようになります。申し込みは2017年の11月01日から開始して2017年12月01日から本登録が始まっています。コストコオリコマスターカードは日本のコストコとアメックスとの提携が切れる事でMasterCardの利用が開始されます。

これによってコストコはアメックスとの提携が切れて利用できるクレジットカードが減った代わりに使用できるクレジットカードにコストコグローバルカードが加わります。

新たなコストコグローバルカードはコストコオリコマスターカードとここが違う!

・年1回以上のカード利用で年会費

・コストコでのカード払いでポイント還元率1.5%

・コストコ以外でのカード払いでポイント還元率1.0%

・獲得したポイントは1ポイント→1円で年2回自動でコストコキャッシュバックリワード

・旅行傷害保険や紛失と盗難補償付帯

コストコグローバルカードの長所は何と言ってもポイント還元率の高さです。コストコオリコマスターカードの基本還元率が0.1%なので、実質15倍の還元率を達成できます。しかし、獲得したポイントはコストコキャッシュバックリワードにのみ使われて、コストコでのショッピングに用いる以外の使い道がなくなります。

つまり、ポイント還元率の高さならばコストコグローバルカードで、ポイントの使い道の広さならばコストコオリコマスターカードが上回るということです。

コストコは今までアメックスブランドのみ利用ができましたが、2018年からはマスターカードのみとなります。

そこで選択のひとつに考えてほしいのが楽天カード(マスターカード)です。

楽天カードならばポイント還元率が高い上に使い道も多い

・年会費無料

・ポイント還元率1%

・スーパーポイントアッププログラムにて楽天ブックスで月1回1,000円以上の買い物で還元率+1倍、楽天市場利用で+3倍、楽天市場アプリで月1回以上買い物利用で+1倍、楽天モバイル利用で+1倍で合計還元率7倍

・1ポイント→1円でショッピング利用可能

コストコオリコマスターカードやコストコグローバルカードよりも使い勝手の面で優れているクレジットカードが楽天カード(マスターカード)です。年会費が無料なのはもちろんとして基本ポイント還元率が1%で、スーパーポイントアッププログラムを利用することで還元率が最大7倍と大変に高いものとなり、1ポイント→1円でショッピング利用が可能となります。

コストコのカード払いによるポイント利用の豊富さはコストコオリコマスターカードで還元率はコストコグローバルカードだがコストコ以外のショッピングもしたいなら楽天カード

アメリカ生まれの超大型倉庫店コストコに行けば家庭で必要なものは全て揃うという便利さがあります。獲得したポイントをオリコポイントに移行することで還元率が実質5倍になるコストコオリコマスターカードに加えてポイントの利用先がコストコの一本になるのと引き換えに還元率1.5%になるオリコグローバルカードも2018年2月から使用可能になります。

ポイント利用手段を重視するならばコストコオリコマスターカード、ポイント還元率を重視するならばオリコグローバルカードをチョイスし、コストコ以外のショッピングも充実させたいならば還元率を最大7%にできる楽天カード(マスターカード)を発行するのが適しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ