UCゼビオカードは学生でも審査対象だが年会費に注意点が! 年会費無料でお得に使えるクレジットカードをご紹介

スポーツ店のゼビオが発行するUCゼビオカード

スポーツマンが多く利用するスポーツ店のゼビオが発行するUCゼビオカードは18歳以上の高校生以外が発行でき、年会費が1,250円+税別でカード発行初年度は年会費が無料です。

翌年移行も前年のカードクレジット利用額が5万円以上か利用状況やポイント確認が24時間できるアットユーネットに登録することで年会費が無料になるので、アットユーネットに登録するのがおすすめです。

UCゼビオカードは国内でカード払いにて購入したほとんどの商品が購入日から60日以内に破損・盗難となれば補償するショッピング・プロテクション保険があります。

UCゼビオカードは家族カードの年会費が無料で2枚目発行移行は年会費1,000円+税別がかかり、利用額は本会員からまとめて引き落とされますし、ゼビオ・ヴィクトリア・ネクスト各店での支払いが100円ごとに2ポイント貯まります。ETCカードは年会費が無料でゼビオ・ヴィクトリア・ネクストのポイントが貯まり、ETCマイレージポイントもゲットできます。

UCゼビオカードの特典

UCゼビオカードは提携店にてさまざまな特典を受けることができ、ゼビオパートナーナビでカードを提示するとスポーツ施設を割引料金で利用できるようになり、オリックスレンタカーは基本料金画から10〜50%割引で利用できます。

タイムズクラブのロードサービスであるカーレスキューの入会金が無料、ゼビオカードのトラベルデスク経由で旅行を申し込めば旅行代金が最大8%OFFになり、サカイ引越センターの引っ越し基本料金が20%OFFと、どれも優れた優待プランであり、年会費が実質無料のUCゼビオカードはおトクなクレジットカードであります。

UCゼビオカードはトラベル関係の特典もあり、「プライスレス・ジャパン」で国内の泊まる・買う・遊ぶ・食べるの特別体験サービスや優待サービスがあり、「Hotels.com」でUCゼビオカードで予約することで特典が受けられますし、ホノルル・北京・シドニー・シンガポールをはじめとしたグアムや台湾の海外旅行先での割引サービスがあります。

UCゼビオカードのポイントプログラムとは

UCゼビオカードのポイントプログラムであるゼビオポイントはゼビオ系列・ネクスト・ヴィクトリア・ヴィクトリアゴルフ・エルブレスなどでショッピングをすると商品それぞれに設定されたポイントが貯まるものとなり、家族カードやETCカードの支払いでもポイント獲得対象になります。

UCゼビオカードはMasterCard提携店でカード払いをすると1,000円につき5ポイントが貯まる基本還元率0.5%でポイントアップモールを経由すると還元率が上昇してスーパースポーツゼビオオンラインストア・ヴィクトリアゴルフオンラインストア・ヴィクトリアエルブレスオンラインストアならば還元率3.0%となって、通常でも高い還元率のゼビオポイントをさらに高くすることができます。

他にもNTTdocomo・au・SoftBank・ワイモバイルの支払いで1,000円ごとに10ポイント貯まる還元率1%で、nanaco・楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA・スターバックスカードといった電子マネーでチャージするのもポイント獲得対象になります。

貯めたポイントは1ポイント→1円でショッピングに利用できます。

UCゼビオカードのまとめ

・年会費が1,250円+税別

・18歳以上の高校生以外が発行可能

・カード発行初年度は年会費無料

・年間クレジット利用額が5万円以上かアットユーネットに登録することで年会費無料

・ショッピング・プロテクション保険は国内でカード払いにて購入したほとんどの商品が購入日から60日以内に破損・盗難となれば

・家族カードとETCカードは年会費無料

・ゼビオパートナーナビでカードを提示するとスポーツ施設を割引料金

・オリックスレンタカーは基本料金から最大50%OFF

・タイムズクラブのロードサービスにあるカーレスキューの入会金無料

・ゼビオカードのトラベルデスク経由で旅行を申し込めば旅行代金最大8%OFF

・サカイ引越センターの引っ越し基本料金が20%OFF

・「プライスレス・ジャパン」で国内旅行の特別体験サービスや優待サービス

・「Hotels.com」をカード払いで予約すると特典

・各国旅行先の割引サービス

・ポイントプログラムはゼビオポイント

・家族カードやETCカードの支払いもポイント獲得対象

・基本還元率0.5%

・ポイントアップモールを経由してショッピングをすると還元率アップ

・ポイントアップモールはスーパースポーツゼビオオンラインストア、ヴィクトリアゴルフオンラインストア、ヴィクトリアエルブレスオンラインストアは還元率3.0%

・NTTdocomo、au、SoftBank、ワイモバイルの支払いで還元率1%

・nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA、スターバックスカードにチャージするとポイント獲得対象

・1ポイント→1円でショッピングに利用可能

UCゼビオカードの年会費無料条件は学生が達成するのは難しいというデメリット

UCゼビオカードはアットユーネットに登録するか年間5万円以上のクレジット利用があれば年会費が無料になりますが、アットユーネットに登録できない状況だったりスポーツから離れた学生の場合、年会費を無料にするのが難しくなります。

そんなときは三井住友VISAデビュープラスカードは年に1回のカード利用で年会費無料条件を満たせて、ポイントプログラムはワールドプレゼントで所有者が25歳以上になると自動的に三井住友VISAプライムゴールドカードを自動で発行してもらえるという大きな利点があるため、検討してもよいでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカードは年1回の利用で年会費無料になり自動でカードランクアップになるサービスも

・年会費1,250円+税別

・高校生以外の18~25歳までがカード発行条件

・発行初年度は年会費無料

・年に1度のカード利用で年会費無料

・ポイントプログラムはワールドプレゼント

・分割払いとリボ払いで購入した商品は年間最大100万円のショッピング補償

・満26歳で三井住友VISAプライムゴールドカードに自動的にランクアップ

三井住友VISAデビュープラスカードは年に1回の利用で年会費が無料になりますし、18歳以上が発行になる上で自動でのカードランクアップがあることから学生の方は大学生活のおともにしやすいクレジットカードです。

スポーツが好きならUCゼビオカードで学生ならば三井住友VISAデビュープラスカード

スポーツ店のゼビオが発行するUCゼビオカードは年間クレジット利用額が5万円以上かアットユーネットに登録すれば年会費が無料になり、旅行関連やスポーツ関連の特典が多く付帯されます。

しかし、UCゼビオカードは18歳以上ならばカードを発行でき、大学生が利用するには年会費無料条件をみたすのが難しいという欠点があります。三井住友VISAデビュープラスカードならば年に1回のカード利用だけで年会費が無料になり、カード発行者が25歳以上になれば三井住友VISAプライムゴールドカードにランクアップします。

スポーツが好きな方はUCゼビオカード、大学生の方は三井住友VISAデビュープラスカードが良いでしょう。

三井住友VISAカードは社会人になってから申し込むと収入やクレジットカード履歴などが審査の対象になります。学生であるその前に申し込んで発行することで、あれこれ考えずに将来ゴールドカードを手にできるのでおすすめなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ