大学の入学金はクレジットカードで払えない!納入期限までに借りることのできるローンとは


大手銀行・低金利で利用できるカードローン

大手のみずほ銀行が提供している
最大実質年率が14.0%のカードローン

実質年率 年2.0%〜14.0%
利用限度額 800万円
必要資格 ・ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方
来店 不要

大学受験が落ち着いたあとは、入学準備が必要です。受験勉強で苦労して合格を勝ち取った大学に入学し卒業するまでにはたくさんのお金がかかりますが、まず最初に払うお金が入学金です。
一般的に大学では合格通知後、10日から2週間以内にお金を支払わないと、入学手続きが完了されません。

この入学金を期限までに納入しないと受験に合格しても入学することができないためしっかりとお金を準備しましょう。

大学の入学金とは

大学への入学金は一般的に30万円前後で納入依頼書が渡され、銀行窓口で支払いを行います。ATMでの支払いは大きい金額のため、利用できないことが多く、振込先の銀行窓口が空いている時間帯に振り込みを行う場合があります。

入学金を用意する方法

大学へ入学するためには入学金を準備する必要があります。 前年期の授業料は用意できなくても、奨学金を利用することで、支払いをすることができますが、入学金は入学手続き前に支払うため、必ず準備する必要があります。

クレジットカードの支払いはできる?

現在インターネットで出願ができる大学が増えていますが、入学金をクレジットカードで支払える大学は現時点で近畿大学のみとなっており、他の大学には浸透していません。

大学費用がクレジットカード払いで支払えるようになると、学費が払えないため中退する人が減ったり、ポイントが貯まったりとメリットがありますが、日本の大学では振込か口座振込が多いです。

そのため現在、入学前には納入金額を手元に準備する必要があり、大学側から送られてくる書類を持って指定された納入期限までにお金を準備して支払う必要があります。

奨学金を利用しよう

大学へ納入するお金が用意できない人には、奨学金を借りて支払う方法があります。

奨学金って何?

奨学金とは経済的に修学が困難な優れた学生に学資の貸与、給付を行う制度のことです。奨学金は日本学生支援機構から支給され、成績や家庭の経済状況によって貸与か給付かが決められます。

貸与の奨学金には第一種と第二種があり、第一種は無利息で借りられ、第二種は在学中の返済を除き利息が発生しません。しかし第一種の奨学金を受けるためには、高等学校の成績が3.5以上であることなど条件が決められており、条件を満たさないと第一種奨学金を借りることはできません。

また年に3回ある募集時期も決まっており、どの時期も応募後約3ヶ月ほど審査にかかるため、入学金としてすぐ手元に現金が欲しいという時には間に合わない可能性が高いです。 もし3ヶ月間待つことができないという方や成績に自信の無い方は銀行カードローンを利用するという選択肢もあります。

銀行ローンの種類

教育ローン

教育ローンとは、金融機関が使用を教育関係に利用できるように限定した融資のことで金利を低く借りることができます。教育ローンは奨学金とは違い成績に関して条件はありませんが収入面ではある程度の額が決まっています。

例えば楽天銀行の学生ローンなら、提携大学も多く最短で翌営業日に融資ができます。またみずほ銀行の学生ローンは低金利で借り入れができ、教育ローンを借りるには審査があり、審査に通過しないとお金を借りることができません。限度額は350万円程度で金利は1.81%です。入金まで20日ほどかかるため、奨学金まで時間がかかることはありませんが、早めの申請は必要となります。

今すぐ振込金額が必要な方

納入期限が近い方や大きいお金が今すぐ必要な方は、銀行カードローンをおすすめします。 教育ローンには審査があるため、審査に通過するかどうかが心配な方や、納入期限が近い方には銀行カードローンでの借り入れがおすすめです。

また年に3回ある募集時期も決まっており、どの時期も応募後約3カ月ほど審査にかかり、その後採否結果がわかります。

銀行系カードローンは消費者金融カードローンに比べて低金利で借り入れができ、特に楽天銀行カードローンは実質年率が1.9%〜14.5%で、最大800万円まで利用が可能です。

  楽天スーパーローン
楽天スーパーローン
年会費 無料
キャッシング利用場所 ATM、インターネット、スマホ
キャッシング利用額 最高800万円
キャッシング金利 年1.9%〜14.5%
返済額 3000円〜

24時間申込み受付しており、スマホ申込みで完結できることや、新しく口座を作ることなくパートやアルバイトの方でも融資を受けることができるのも魅力の一つでしょう。

みずほ銀行は最大実質年率が年14.0%と楽天銀行カードローンよりも低いですが、利用開始には口座の解説が必須となることや、審査基準が少し高くなってしまう点が気になるところです。

なるべく早く借入をしたいという方は楽天銀行を、金利のなるべく低く抑えたいという方はみずほ銀行のカードローンをおすすめします。

まずは
これ!

3大メガバンクのひとつであるみずほ銀行が提供している「みずほマイレージクラブ」。
同サービスでは、キャッシュカードとクレジットカードが一体になった便利なカード「みずほマイレージクラブカード」を発行しています。このカードの強みは、一般カードでも80万円までという利用可能枠の広さ。また、銀行系のカードローンは年利が低いので、借入れをするときにもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ