リボ払いの終わらない利子を減らすには?支払いが大変な時に取るべき4つの選択肢




月々の支払いを楽にしたい方

審査が不安な方は楽天銀行カードローンがおすすめ
楽天会員なら審査の優遇もあり!

実質年率 1.9%〜14.5%
借入限度額 最大800万円
口座開設 不要
申込み資格 満20歳以上62歳未満の方で定期収入のある方
アルバイト・パートOK

リボ払いの仕組みを再確認しよう




クレジットカードの支払いが年々増えていく中で「リボ払い」という単語を耳にすることが多くなりました。

リボ払いは月々の支払い方法を無理のない金額に抑えられることで高価な買い物をした時に重宝されることも多いですが、繰り返しリボ払いを使い続けていくとじわじわと負担が増えていき、気がついた時には利用金額が膨れ上がっているということも珍しくありません。

改めて「リボ払い」とはどのような仕組みなのかを理解することで、適切なリボ払いの運用やリボ払いを楽にする方法などを確認していきましょう。

リボ払いを使うには


リボ払いはクレジットカードの支払い方法の一つとして提供されているので、多くの人はクレジットカードで買い物をした時に利用しているでしょう。

クレジットカード以外で使うにはアコムやプロミスなどを代表する消費者金融に契約をして、キャッシング専用のカードを持つことができたら利用可能です。

通常のクレジットカードでもキャッシングリボという形で現金を引き出すことは可能ですが、上限金額があまり高くないことが多いです。

リボ払いが怖いと言われる理由




「リボ払いが怖い」と言われる最大の理由は支払金額のほとんどを利息に取られてしまって、借金の元本自体が減っていかないということがあげられます。

「月々ちゃんと払っているのにおかしい」と感じたことのある方もいるでしょう。

このような疑問を解決するには金利と支払い金額の関係を確認することが大切です。

なぜ元金が減らないのか


なぜ月々ちゃんと支払いをしているのに元金が減っていかないのかというのは、利用金額(借入金額)から利息を計算した時に、月々の返済金額のバランスが合っていない時に起こるものです。

月々返済するべき利息というのは利用している金額と金利をかけ合わせて算出されるため、利用金額と金利が高いと当然のことながら利息も跳ね上がります。

ただ、リボ払いは月々の支払い上限というの利用者がある程度設定できるため、金額を一番低くしてしまうと支払い金額の中から利息に充当される割合が増えてしまうため、いつになっても元金が減らないという事態にが起こります。

それでは実際にリボ払いのシミュレーションを参考に、同じ利用額・金利であっても月々の支払い金額が変わることで、どのくらい総支払額が変動するのかチェックしてみましょう。

実際にどのくらい支払総額が増えるの?


借り入れ金額は100万円、金利はクレジットカードのキャッシングで一般的な18%に設定をして、異なる月々の支払金額でシミュレーションをしてみましょう。


月々の返済金額 30,000円 20,000円
支払い回数 47回(3年11ヶ月) 94回(7年10ヶ月)
金利・手数料 396,688円 862,137円
支払い総額 1,396,688円 1,862,137円

このように月々の金額が少し変わるだけで、支払い完了までの期間や金利手数料が倍近くに延びてしまいます。

各クレジットカード会社はリボ払いをするにあたっての最低金額を設定していますが、最低金額のまま返済を続けていくと当然元金の減りも遅くなるため、利息の加算もされていき、最終的には支払金額が膨大に膨れ上がることになってしまいます。

リボ払いが厳しくなった時の選択肢




リボ払いで積み重なった利用金額は少しづつ生活を苦しくしていきます。

もし「月々の返済が厳しくて辛い!」と感じている方は下記の4つの選択肢を確認しましょう。

返済金額を上げる


リボ払いの利息を抑えて早期返済をするための方法として月々の返済金額を上げるという方法がまず挙げられます。

月々の返済金額が増えるということは、その分利息だけでなく元金に充当される分が多くなるので、借金の減り方は段違いに早くなります。

もし月々の返済金額を上げるのが厳しいということであれば、定期的に追加支払いをするという手段もあります。

こちらも増額支払した分は元金にそのまま充てられるため、総支払額の利息はかなり抑えることが可能です。

しかし、どちらも長期的・一時的に支払いの負担が増えてしまうため、今以上に返済金額を増やすことができないという方にとっては厳しいものとなるでしょう。

クレジットカード会社に返済金額を下げてもらう


月々の負担を上げるのが厳しい場合はクレジットカード会社に返済金額を下げてもらうよう交渉をしたり、金利の一部優遇をしてもらうという方法もあります。

もしも交渉でお互い合意をした場合は「和解」という形で再度支払い計画が設定されます。

しかし、このような交渉をしてしまうとブラックリスト候補になってしまったり、和解契約書に不利な文言を入れられてしまう可能性があるので、安易にお願いをしてしまうと後々厳しい状況になるかもしれません。

債務整理

「月々の返済金額を上げられない」「返済金額を下げることもできない」という時には債務整理という選択肢もあります。

債務整理は弁護士事務所や司法書士事務所に依頼をすることで、最終的な和解が成立するまでの支払いをストップすることができ、金利に関しては基本的にカットされる形で交渉が進められます。

ただ、債務整理は本当に最後の手段となります。

債務整理をしてしまうと完全にブラックリストに入ってしまうため、5年〜10年はクレジットカードを作ることが困難になります。

返済が開始した直後は「支払いが楽になった!」と嬉しい気持ちの方が大きいかもしれませんが、債務整理をしたというペナルティが後々大きくのしかかってくることとなります。

銀行カードローンで一括返済をする

「結局またお金を借りるんじゃないか」と思う方もいるかもしれませんが、実は4つの選択肢の中でも一番おすすめしたい方法が銀行カードローンを利用する方法です。

銀行カードローンでリボ払いを一括返済するメリットは大きく3つありますので、それぞれご説明いたします。

銀行カードローンで一括返済する3つのメリット



総支払い金額が減る

リボ払いの支払金額が増えていく理由は金利が高いということが最大の要因です。

銀行カードローンに切り替えて返済をしていくことによって、金利を大きく下げることができ、結果的に支払い総額全体を圧縮させることが可能となります。


クレジットカード 銀行カードローン
借り入れ金額 100万円 100万円
金利 18.0% 14.0%
月々の返済金額 20,000円 20,000円
支払い回数 94回(7年10ヶ月) 76回(6年4ヶ月)
金利・手数料 862,137円 509,511円
支払い総額 1,862,137円 1,509,511円

上の表から、同じ金額であっても金利が少し変わるだけで総支払い額でかなりの差が生まれることがわかります。

金利という数字だけで見ると数%ですが、その金利が数%高くなるだけでで支払い額が数万〜数十万と膨れ上がるので、利用金額が多くなればなるほど少しでも金利の銀行カードローンを利用することをおすすめいたします。

月々の支払い金額が減る

複数のクレジットカードでリボ払いをしてる方は月々の返済金額が厳しくて悩んでいる方が多いでしょう。

利用しているクレジットカードの数が多いければ多いほど月の負担は重くなっていくので、積み重なって毎月高額の返済に追われてしまいます。

しかし、銀行カードローンを利用してそれぞれのリボ払いを一括返済し、返済を一本化することで月々の返済金額を少なくすることも可能です。

それぞれカード会社へ返済を続ける場合と銀行カードローンで一本化した場合を見比べてみましょう。

A社 B社 C社 銀行カードローン
一括返済後
借り入れ金額 70万 30万 50万 150万
金利 18.0% 18.0% 18.0% 14.0%
月々の支払い金額 20,000円 15,000円 15,000円 40,000円
支払い回数 50回 24回 47回 50回
支払い総額 999,979円 359,332円 698,327円 1,984,187円
毎月の支払い合計 50,000円 40,000円

3社への返済を並行して行っていた時は毎月50,000円の支払いとなっていますが、銀行カードローンで一括返済した後は毎月40,000円に抑えることが可能となります。

支払いが全て完了するまでの期間も例のような借入方法では変わらないため、いたずらに支払期間を伸ばさずに月々の負担だけを減らしていることがわかります。

支払い管理のシンプル可


複数のクレジットカードを利用しており、支払い先がいくつもあると「いつどこにいくら払うのか(払ったのか)」ということが把握しにくくなります。

返済する金額の全容がわからなくなると、支払いがいつまでも続くような感覚に陥ってしまい、精神的に参ってしまうという方も珍しくありません。

もし複数の支払いに追われてしまい「一度自分の返済金額をちゃんと確認したい」「支払い先を一本化することで管理を楽にしたい」と考えているのであれば、銀行カードローンを利用して支払いをシンプル可してしまうのがおすすめです。

銀行カードローンを利用する際の注意




銀行カードローンで支払いをひとつにまとめることはメリットが多くありますが、いくつかの注意点がありますので利用する前にチェックをしましょう。


銀行口座が必要になる


銀行カードローンは銀行の口座が開設されてから利用開始できるところが多いです。

中には口座がなくても利用できる銀行もありますが、利用開始まで審査だけでなく口座開設の時間もかかるため、利用開始まで数週間〜1ヶ月ほどが目安となります。

在籍確認はほぼ間違いなく行われる


クレジットカードは在籍確認なしで審査が完了し、カード発行されることもありますが、銀行カードローンに関してはほぼ間違いなく在籍確認がされます。

「在籍確認されるのが嫌だ」と避ける人は多いですが、消費者金融ではなく銀行のローンは家や車の購入などで一般的に使われているため、もし在籍確認で他の人から聞かれたとしても特に他の方の印象には残らないでしょう。

もしも、在籍確認は大丈夫だけど他の人にはバレたくないという方は申込みの際に電話をしてもらう時間帯の相談をしましょう。

銀行としては「申込みをした方が記載している会社にしっかりと勤めている」という事実がわかれば十分なので、確実に自分が電話にでることができるタイミングに確認をしてもらうことで、他の人にバレるリスクは最小限に抑えることが可能です。

借りすぎない


銀行カードローンは限度額がクレジットカードのキャッシングよりも比較的多いため「もう少し借りれるな」と感じてしまうかもしれません

しかし、必要以上に借りすぎてしまうと、せっかくリボ払いの返済金額を圧縮できたとしても、今度は銀行カードローンの返済に追われてしまうことになります。

借りる分はあくまでも現在の返済に充てる分だけに留めることで、日々の生活の負担を減らすことへ繋がります。

おすすめのカードローン


銀行カードローンの中でも特におすすめなのがみずほ銀行カードローン楽天銀行カードローンです。

みずほ銀行カードローン



みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大の実質年率が年14.0%と他のカードローンに比べて低いことが特長的です。


入会金・年会費は無料で24時間Web申込み受付をしており、審査結果はメールで受け取ることが可能なので、銀行窓口にわざわざ行く手間も省くことができます。

返済はネットバンキングやコンビニATMでもOK


みずほ銀行カードローンは返済方法が口座引き落としだけでなく、ネットバンキングやコンビニATMからの返済にも対応しています。

返済方法が多いことによって、ついうっかり返済が遅れそうになって時も柔軟に対応することが可能です。

キャッシュカードがあればすぐに利用可能


みずほ銀行カードローンを利用するには口座開設が必須となりますが、既にみずほ銀行の口座を作っている方は審査終了後にお持ちのキャッシュカードですぐ利用することができます。

銀行カードローンの中でも特に低金利


銀行カードローンはクレジットカードの金利よりも低く設定されていますが、多くの銀行は年利14.5%が平均です。

しかし、みずほ銀行カードローンは一番高い金利でも年14.0%と低く、利用限度額が高くなればなるほど金利が更に低くなっていきます。



※住宅ローンを利用されてる方は更に金利が-0.5%引き下げ適応されます(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。)

楽天銀行カードローン



楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは口座解説をせずに利用することができることが特長です。

ネット銀行ならではの手軽さや審査結果が最短翌日というスピード審査も人気の理由です。

必要書類の提出もネットからOK


楽天銀行カードローンは利用するにあたって、必要書類の提出を専用アプリ経由で完結できます。

手続きをシンプルかつ完結にすることで申込みが非常にしやすく配慮されています。

アルバイト・パートでも申込み可能


銀行のカードローンはアルバイトやパートの方は申込み資格に入らないことも少なくありませんが、楽天銀行カードローンはアルバイト・パートの方でも申込みできます。

満20歳以上62歳未満の方で定期収入のある方なら正社員という枠にとらわれることなく審査可能です。

入会キャンペーンで楽天スーパーポイントを1,000ポイントプレゼント


楽天銀行カードローンはなんと入会キャンペーンで楽天スーパーポイントが1,000ポイントプレゼントされます。

ただ借り入れをするだけでなく、もっとお得に銀行カードローンの使いたいと考えていた方には楽天銀行カードローンはおすすめです。

毎月の支払いが辛いと悩んでいませんか?




最初は軽い気持ちでリボ払いを始めたかもしれませんが、積もりに積もっていつも頭の中は「どうやって返済をするか…」ということでいっぱいになっていませんか?

もしも毎月の返済に追われてしまって、不安な毎日を送っているのであれば、銀行カードローンを利用することで支払総額を減らし、返済先を一つにシンプル化することをおすすめします。

支払いを何度も延滞してしまったり、カード会社に支払いの猶予をお願いする前に、まずは安全かつ確実に支払いを楽にする方法を試しましょう。

まずは
チェック


月々の支払いを楽にしたい方

審査が不安な方は楽天銀行カードローンがおすすめ

実質年率 1.9%〜14.5%
借入限度額 最大800万円
口座開設 不要
申込み資格 満20歳以上62歳未満の方で定期収入のある方
アルバイト・パートOK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ