三井住友カードでPiTaPaの利用運賃を簡単に自動値引できる方法

三井住友カード(NL)でPiTaPaをお得に!
三井住友カード(NL)なら、よりお得にPiTaPaを利用できます!

関西の電車やバスにポストペイで乗れる「PiTaPa」とは


PiTaPa(ピタパ)カード

IC乗車券の一つに、おもに関西圏の電車やバスの支払いに使える「PiTaPa(ピタパ)カード」があります。

関西圏のIC乗車券というと、西日本鉄道(JR西日本)が発行する「ICOCA(イコカ)」が有名ですが、私鉄や地下鉄、バスなどで利用できる「PiTaPaカード」も大きな人気を集めています。

PiTaPaが他のIC乗車券と決定的に異なるのは、「ポストペイ(後払い)方式」のカードである点です。SuicaやICOCAなどの多くのIC乗車券は、事前にお金をチャージして使うプリペイド(前払い)方式ですが、PiTaPaはポストペイ方式を採用した珍しいタイプのIC乗車券になります。

事前にチャージする必要がなく、いつでもすぐに使える点が最大の魅力です。

PiTaPaも「全国相互利用」が可能となっているため、関西圏以外の地域やJR西日本などでも利用できますが、その場合はポストペイの対象にならず、事前のチャージが必要になるので注意しましょう。

他にPiTaPaのメリットとしては、「利用実績に応じた割引サービスがある」という点が挙げられます。

月々の利用回数や利用額に応じて割引を受けられるため、頻繁に利用すればするほどお得に電車やバスに乗ることが可能です(割引になる条件は、各鉄道・バス会社によって異なります)。

PiTaPaカードは、加盟店での利用でポイントが貯まる!

PiTaPaカードはショッピングや食事、ロッカー利用などにも使える点が魅力です。コンビニやキヨスクのほか、百貨店やレストラン、書店など数多くの「PiTaPaショッピング加盟店」があり、その数は約26,000店舗にも上ります。「PiTaPaマーク」が目印です。

さらにPiTaPaの加盟店で、PiTaPaカードを使って買い物をすると、「ショップdeポイント」を貯めることができます。

「ショップdeポイント」は、通常100円の買い物につき1ポイント付与されますが、お店によっては常時5倍・10倍・20倍にもなるところがありますので、非常にお得です。

貯まった「ショップdeポイント」の使い道もシンプルで、500ポイント貯まるごとに、その月の電車・バスの利用代金(ポストペイ利用分)から自動的に50円が引かれます。

商品交換などの手間なく使うことができますので、ポイント管理の苦手な方もムダなく活用が可能です。その月に電車やバスの利用がなかった場合は、翌月にポイントが繰り越されます。

また、他のポイントから「ショップdeポイント」に移行できる点も便利です。対象となるポイントを持っている方で、使い道に困っている場合は、ぜひ「ショップdeポイント」に移行しましょう。

ただし関西電力の「はぴeポイント」は、関西電力が発行する「はぴe PiTaPaカード」にのみ移行が可能となっています。

「三井住友カード」をお持ちの方は、PiTaPaを追加しよう

PiTaPaカードは、スルッとKANSAIが発行する「PiTaPaベーシックカード」と、クレジットカード会社や店舗などが発行する「PiTaPa提携カード」の2種類に大別されます。

「PiTaPa提携カード」は、クレジット会社や店舗と提携して発行されるカードですので、PiTaPa機能のほかに、クレジットカードやポイントカードなどの機能や特典が付いている点が特徴となります。

ですから、PiTaPa機能のみが搭載されたシンプルなカードを希望する場合は「PiTaPaベーシックカード」、他のクレジットカードやポイントカードの機能も兼ねたい場合は「PiTaPa提携カード」に申し込むのがおすすめです。

クレジット機能付きの提携カードとしては「三井住友カード」が有名です。

以下の三井住友カードを持っている方は、インターネットからの申し込みで、簡単にPiTaPaカードを追加することができます(クレジット一体型ではなく、別々に2枚必要です)。

  • 三井住友カード
  • 三井住友カード(NL)
  • ANAカード
  • ANA VISA Suicaカード 等


年会費や入会金は無料ですが、1年間に一度もPiTaPaの利用(交通・ショッピング)がない場合は、維持管理料として1,100円(税込)がかかりますので、カードを作ったらぜひ活用するようにしましょう。

三井住友カード PiTaPaカードのポイントについて

三井住友カードには、「Vポイント」という独自のポイントプログラムがあります。200円のカード利用ごとに1ポイント(5円相当)が付くのですが、残念ながらPiTaPa利用分はVポイントの対象になりません。

ただし、他の買い物で貯まったポイントを、PiTaPaの「ショップdeポイント」に移行することはできます。申し込みは毎月25日に締め切り、2日後の27日にポイントが加算されます。移行手数料は無料です。

普段から三井住友カードを買い物に使って「Vポイント」のポイントを貯め、ポイントが貯まったら「ショップdeポイント」に移行していけば、結果的にPiTaPaで利用する交通費を節約することができます。

交通費自体は割引にならないIC乗車券も多い中、PiTaPaには乗車回数に応じた割引がありますし、「ショップdeポイント」による割引もありますので、交通費を少しでも節約したい方にはおすすめです。

三井住友カードのPiTaPaカードを申し込むには

三井住友カードのPiTaPaカードは、会員本人が使えるカードと、家族カードの2種類があります。申し込み資格は以下の通りです。

<本会員>

満18歳以上の方(ただし、高校生を除く)

<家族会員>

本会員と生計をともにする小学生以上のご家族



満18歳未満の家族会員の場合は、以下のカードの発行となります。

中学生および高校生…ジュニアカード
小学生…キッズカード



三井住友カードのPiTaPaは、対象となる三井住友カードを既に持っている方だけが申し込めます。

まだ三井住友カードを持っていない場合はまず通常のクレジットカードを作り、それが届いてからインターネット上でPiTaPaを追加で申し込むという形になります。

すでに三井住友カードをお持ちの方も、PiTaPaを作るにあたっては別途入会審査が必要です。

また、支払いに使うクレジットカードの利用枠(カードショッピング枠)が20万円未満の場合は、PiTaPaを申し込むことができません。

その場合は、利用枠引上げの申し込みが完了した後に改めて手続きしましょう。

三井住友カードをお持ちの方で、関西圏の私鉄やバスをよく利用する方は、ぜひPiTaPaカードを作り、加盟店での買い物に使ってポイントを貯め、交通費を節約してみてください。


三井住友カード(NL)は入会キャンペーンを実施中!

★簡単条件★今なら最大プレゼント!

現在三井住友カード(NL)は2022年7月1日~2022年9月30日の期間内に新規入会の方限定で利用金額の15%(最大)をもれなくプレゼントするキャンペーンを実施中です。

さらに、Vポイントギフトカードもプレゼントされます。

三井住友カード(NL)キャンペーンバナー
入会キャンペーンへ申し込む


三井住友カード(NL)

年会費

永年無料

還元率

0.5%~5.0%

発行期間




オンライン申込から
最短5分で
カード番号を発行

(カードは最短翌営業日発行)※最短5分発行受付時間:9:00~19:30。ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

ETCカード



550円(税込)
(初年度無料)
(年1回の利用で無料)

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック

新規入会とご利用で最大をプレゼント!
入会&ご利用でご利用金額の15%(最大のVポイント)、さらにはVポイントギフトコードが獲得できるキャンペーンを実施中です。
三井住友カード(NL)バナー
最短翌営業日のスピード発行に対応
三井住友カード(NL)は申し込みから最短翌営業日のスピード発行に対応しています。
申し込んでからカードが届くまでの待ち時間が少ないので、すぐにカードを利用したい人におすすめ。
ナンバーレスの券面で強固なセキュリティ
ナンバーレスの三井住友カード(NL)は年会費が永年無料
カード情報が券面にないデザインで、安心安全のクレジットカードです。
ポイントが貯まりやすい!
セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなどの獲得ポイントが最大5%(※)!さらに選んだ3店で常にポイント2倍!


ステータス性が高い
三井住友カード(NL)は入会の敷居は厳しくないものの、銀行系クレジットカードということもありステータス性も高く、将来にゴールドカードを持ちたいと考えているかたにもピッタリのクレジットカードです
ETCカードは実質永年無料
ETCカードは年会費550円(税込)ですが、初年度は年会費が無料でETCの利用が1回でもあれば次年度も年会費が無料になります。
初年度年会費 海外保険 国内保険
永年無料 最高2,000万円 -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 最短翌営業日 ~100万円


Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介