TRUST CLUBワールドエリートカードとラグジュアリーカードを比較! Mastercard最上位のカードはサービスのケタが違う


Mastercardの最上級ステータス「ワールドエリート」とMastercardの6つのステータスについて

クレジットカードには、国際ブランドごとに一般のクラシックカード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードといったようにカードのステータスが存在します。

Mastercardには合計6つのステータスがあり、その最上級ステータスとして「ワールドエリート」があります。

Mastercardの6つのステータス

・ワールドエリートMastercard

・ワールドMastercard

・プラチナMastercard

・チタンMastercard

・ゴールドMastercard

・スタンダードMastercard

スタンダードMastercardは初めてのクレジットカードにおすすめで、年会費が無料または2,000円前後のものが主流、収入面や職業への条件が少なく入会審査が緩やかな傾向です。

ゴールド以上のステータスになるとカードごとの年会費が発生し、ステータスが高くなるにつれて年会費が高く、入会審査も条件が厳しくなります。

審査では安定した収入があるかどうか、勤続年数、これまでのクレジットヒストリーに問題がないかをチェックされ、例えばスタンダードカードなら、主婦やアルバイトでも定期的な収入があれば申し込めるところ、ゴールドカードでは定職につく安定収入のある方、プラチナカードでは年収500万円以上などのように条件が厳しくなっていきます。

具体的な条件を公開していないカードもありますが、招待制のカードでない限りステータスが高くなるほど個人の社会的信用も必要になると解釈して良いでしょう。

ワールドエリートMastercardはその最上級に位置するもので、国内で発行できるのはTRUST CLUBワールドエリートカードとラグジュアリーカードの2種類です。

2種類のワールドエリートカードについて詳しく見ていきましょう。

TRUST CLUBワールドエリートカードは家族カードが無料! ポイントをたくさん貯めて家族でお得に利用できるカード

TRUST CLUBワールドエリートカードは、2019年7月23日発行開始の新しいワールドエリートカードで、地球をモチーフにした品のあるブラックの券面にシルバーのMastercardのロゴが施されているのが特徴的です。

国内・海外のどこにいても極上のサービスを受けられ、飲食や無料の空港ラウンジサービスのほかに世界の100ヵ国で無料Wi-Fiも利用できます。

旅行保険は国内・海外ともに最高1億円を自動付帯で補償、ワールドエリートカード本会員はもちろん家族会員も補償対象となり、国内旅行に関しては家族特約が付帯しています。

最上級ステータスならではの優待サービスに、時代に添った付帯サービスも備わり、家族カード会員も年会費無料と家族でお得に利用することができます。

ワールドエリートカードで貯まるSuMi TRUST CLUB リワードポイントは、100円につき4ポイントの還元率4%で、スマホ利用料金や普段の買い物はもちろん、公共料金などの固定費をクレジット払いにするとどんどんポイントが貯まります。

ポイント有効期限がないため長期にわたりポイントを貯めることができ、年間のカード利用金額に応じて最高10,000ポイントのボーナスポイントがもらえます。

年間利用額ごとのボーナスポイント

・50万円以上・・・2,500ポイント

・100万円以上・・・6,000ポイント

・150万円以上・・・10,000ポイント

また年会費は130,000円+消費税、家族カードは無料発行できます。

ポイントをたくさん貯めて、極上のサービスを家族でお得に楽しみたい方におすすめの1枚です。

TRUST CLUBワールドエリートカードの基本情報

・年会費・・・130,000円+消費税、家族会員:無料

・入会資格・・・25歳以上

・旅行保険・・・海外旅行・国内旅行:最高1億円(自動付帯)

・付帯保険・・・ショッピング・リカバリー(利用条件)、キャンセルプロテクション(利用条件)、ゴルファー保険(自動付帯)

・追加可能カード・・・家族カード、ETCカード

・付帯サービス・・・Mastercardコンシェルジュサービス、ラウンジ・キー(年会費・利用料・同伴者1名まで無料)、Boingo Wi-Fi Mastercard専用プログラム、Mastercard優待プログラム「Taste of Premium」全18特典

・ポイント・・・SuMi TRUST CLUB リワードポイント 100円ごと4ポイント

国内外で利用できる上質なサービスと手厚い付帯保険ならラグジュアリーカード ブラック!

ラグジュアリーカードは日本で初めてのワールドエリートMastercardステータスのカードで、金属製のチタンカードとブラックカードを申し込むことができます。

ワールドエリートカードと年会費が近いラグジュアリーカード ブラックは、年会費100,000円+消費税、家族カードは1枚につき25,000円+消費税で発行でき、表面にステンレススチール、裏面にカーボン素材を使用したマットブラック金属製カードで、他のカードでは類を見ない特別な質感と耐久性の良さが特長です。

ブラックの券面にシルバーのMastercardのロゴが入り、全体的に引き締まった印象を与え、デザイン性を高めている印象です。

ラグジュアリーカード ブラックは、世界一流のラグジュアリーホテルの利用、客室のアップグレードを始め、プライオリティ・パスの無料利用、ハワイアン航空ではエリート会員ステータスが提供されるなどその他たくさんの豪華な特典を利用できます。

海外旅行傷害保険は1.2億円、国内旅行傷害保険は1億円(利用付帯)の補償があり、家族特約も付帯、ワールドエリートカードよりも手厚い補償内容となっています。

国内では飲食をはじめ映画館や美術館での優待、日本を代表するトレーナー監修のプライベートジム優待なども利用可能で、ラグジュアリーカード ブラックの見た目以上に上質な優待特典が充実しています。

ポイント還元率は1.25%、有効期限が5年と短い印象でも貯めたポイントはANA/JAL/HAWAIIAN/UNITEDのマイルに移行することができるため、定期的にマイル移行するなら有効期限はさほど気にしなくても良いでしょう。

マイルのほかでは電子マネーやギフトカードなどの金券類、ワインお買い物クーポン、キャッシュバックにも200ポイントから交換できるため、ライフスタイルに合わせたポイント交換ができます。

ラグジュアリーカード ブラックの基本情報

・年会費・・・100,000円+消費税、家族会員1枚:25,000円+消費税

・入会資格・・・学生を除く20歳以上の方

・旅行保険・・・海外旅行傷害保険:最高1.2億円、国内旅行傷害保険:最高1億円(利用付帯)

・付帯保険・・・ショッピング保険、カード不正使用被害補償制度、航空機遅延保険

・追加可能カード・・・家族カード、ETCカード

・付帯サービス・・・グローバルコンシェルジュサービス、プライオリティ・パス無料利用、VIPトラベルなど多数

・ポイント・・・一律1.25%還元、月間請求合計金額1,000円につき2ポイント、さらに利用明細2,000円毎に1ポイント

TRUST CLUBワールドエリートカードとラグジュアリーカード ブラックを比較! ポイントやサービスなど自分に合うカードを選ぼう!

TRUST CLUBワールドエリートカードとラグジュアリーカードは、日本国内で発行できるワールドエリートMastercardステータスのカードで、どちらも最上級ステータスにふさわしいサービスや特典が付帯しています。

本会員の年会費はTRUST CLUBワールドエリートカードの方が3万円高い設定でも、本会員+家族カード1枚の条件ならどちらのカードも大きな差はなく、2枚以上の家族カードを作るなら家族カードの年会費が無料のTRUST CLUBワールドエリートカードの方がお得になります。

付帯保険のうち旅行傷害保険ではどちらも1億円以上の保険と家族特約が付帯しており、特に海外旅行傷害保険ではラグジュアリーカード ブラックが最高1.2億円、賠償責任保険1億円と手厚い内容になっています。

クレジットカードの旅行保険で、1億円以上の補償が付帯するのはワールドエリートMastercardステータスならではで、ラグジュアリーカード ブラックの方が2,000万円ほど手厚い補償となっています。

といってもTRUST CLUBワールドエリートカードも1億円が付帯し、その他の付帯保険も充実しているため劣るとは言いにくいでしょう。

空港ラウンジの利用ではラウンジ・キーとプライオリティ・パスがそれぞれ付帯し、どちらも何度でも無料で利用できます。

ラウンジ・キーは付帯するカード自体が入室証になり、プライオリティ・パスより利用できるラウンジ数が少なめ、プライオリティ・パスはラウンジ・キーよりも利用できるラウンジ数が多いものの別途申し込みが必要で、プライオリティ・パスの会員証(デジタル会員証含む)を持ち歩く必要があります。

家族会員以外の同伴者を伴うラウンジ利用が多いならTRUST CLUBワールドエリートカードの方が便利、TRUST CLUBワールドエリート1枚あれば無料利用できます。

その他のサービスは、どちらのカードも国内・海外で利用できる上質なサービスばかりが付帯しています。

ワールドエリートカードはMastercard優待プログラムの「Taste of Premium」全18特典が利用可能で、Wi-Fiも世界中100ヵ国で無料利用することができます。

ラグジュアリーカードは世界一流のラグジュアリーホテルが利用でき、客室のアップグレードはもちろんさまざまな優待を利用でき、提携ホテルにはマンダリンオリエンタルホテルグループ、コンラッド・ホテル&リゾーツ、ザ・リッツ・カールトンなどをはじめ、熱海や箱根の高級旅館も含まれています。

国内で利用できるサービスにはプライベートジムや全国映画館や美術館での優待も含まれるため、その他のサービスではラグジュアリーカード ブラックに軍配が上がります。

ポイントプログラムでは、TRUST CLUBワールドエリートカードが圧倒的に優位で、ポイント還元率4%、有効期限なしで貯めて使うことができます。

TRUST CLUBワールドエリートカードでは年間カード利用額に応じてボーナスポイントが最大10,000ポイントもらえることや、貯めたポイントを注目アイテム、ギフト券など金券類、他社ポイントへの移行、キャッシュバック、次年度年会費に充当できます。

ただTRUST CLUBワールドエリートカードで貯まるポイントはマイル移行には対応しておらず、マイルを貯めたい方にはラグジュアリーカード ブラックがおすすめです。

ラグジュラリーカードのポイントプログラムでは、ポイント還元率1.25%、有効期限5年とTRUST CLUBワールドエリートカードに比べると条件が厳しく感じますが、ANA/JAL/HAWAIIAN/UNITEDのマイルに移行することができ、金券類、他社ポイント、電子マネーにも最小200ポイントから移行できます。

ポイント還元率から見ると貯まりにくい印象でも、ポイントを使うときには融通が利く印象です。

国内発行できるMastercardの最上級ステータスカードのうち、ポイント重視・家族でお得に利用したい方はTRUST CLUBワールドエリートカード、サービスの量や付帯保険の手厚さ、ポイントはマイルに交換したい方はラグジュアリーカード ブラックがおすすめです。

TRUST CLUBワールドエリートカードとラグジュアリーカード ブラックの比較表



項目 TRUST CLUBワールドエリートカード ラグジュアリーカード ブラック
年会費 130,000円+消費税 100,000円+消費税
家族会員年会費 無料 1枚25,000円+消費税
入会資格 25歳以上の方 学生を除く20歳以上の方
旅行傷害保険 海外・国内:最高1億円(自動付帯) 海外:最高1.2億円
国内:最高1億円(利用付帯)
付帯保険 ・ショッピング・リカバリー
・キャンセルプロテクション
・ゴルファー保険(自動付帯)
・ショッピングガーディアン保険
・カード不正使用被害補償制度
・航空機遅延保険
空港ラウンジ ラウンジ・キー
(本会員・家族会員・同伴者1名まで無料)
プライオリティ・パス
(本会員・家族会員無料、同伴者1回27米ドル)
日本国内・韓国・ハワイの主要空港ラウンジは同伴者1名まで無料
その他サービス ・Boingo Wi-Fi Mastercard専用プログラム
・Mastercard優待プログラム「Taste of Premium」全18特典を提供
・グローバル・ラグジュアリーホテル優待
・ハワイアン航空エリート会員ステータスの提供
・ラグジュアリーアップグレード
・ラグジュアリーソーシャルアワー
・ラグジュアリーダイニングなど多数
ポイント還元率 4% 1.25%
ポイント有効期限 有効期限なし 5年間
ボーナスポイント 年間利用金額に応じて最高10,000ポイント 利用明細2,000円毎に1ポイント


Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介