JALダイナースカードの審査に通過するための3つのポイントを紹介!審査落ちの原因はここにある!


日常のクレジット利用でもマイルが貯まりやすいJALダイナースカードの基本情報

ダイナースクラブカードは、一般カードでもほかのクレジットカードのゴールドカードに値するほどステータス性が高く、ポイントやマイルなどが貯まりやすくて使いやすいことでも知られています。

豪華な特典や付帯保険、ダイナースクラブならではの優待は、ステータスカードという呼び名に恥ずかしくない内容です。

そんなダイナースクラブカードの中でもJALダイナースカードは、JALマイルが貯まるダイナースクラブカードです。

海外旅行や海外出張に行くときに、飛行機の利用が多方にぴったりのカードで、JALを良く利用する方には損はないカードです。

JALダイナースカードの基本情報

・入会資格・・・27歳以上の方

・年会費・・・28,000円+消費税

・家族会員年会費・・・9,000円+消費税

・海外旅行保険・・・最高1億円(自動付帯分・利用条件分各5,000万円)

・国内旅行傷害保険・・・最高1億円(自動付帯分・利用条件分各5,000万円)

・ショッピング・リカバリー・・・年間500万円限度(利用条件付)

・JALカードゴルファー保険・・・賠償責任 最高1億円(自動付帯)

・通常 マイル還元率・・・1%

JALダイナースカードで貯まるマイルがお得になるショッピングマイル・プレミアムについて

JALダイナースカード会員になると、カードの利用でマイルが2倍貯まる「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に自動的に入会となります。

このJALカードショッピングマイル・プレミアムは、年間3,000円+消費税の有料サービスで、特約店でのカード利用が100円で2マイルの積算率で貯まります。

普段の買い物でも1%の積算率でマイルが貯まりますが、できればもっと効率的に貯めるほうがお得なので、JAL特約店を積極的に利用するのがおすすめです。

特約店には総合ショッピング・コンビニ・ホテル・ドラグストアなど、普段の買い物でよく利用する店舗が豊富です。

特約店がマイルパートナー、eマイルパートナーに登録している場合は、特約店で2倍貯まるマイルとは別に、ボーナスマイルがもらえます。

一部のJAL特約店(http://partner.jal.co.jp/site/tokuyakuten/)

・ENEOS

・イオン

・BLUE SKY

・ダイマル

・松坂屋

・ファミリーマート

・ウエルシア

・マツモトキヨシ

・ディノス

・トヨタレンタカー

・紀伊國屋書店

・二木ゴルフ

・コナカ

・ロイヤルホスト

・フタタ

・ルートインホテルズ

・京急イーエックスイン ホテルグループ

JALマイレージモール経由ならネットショッピングでもマイルが貯まる!

JALマイレージモール(http://partner.jal.co.jp/site/mile/?_ga=2.236413377.136069777.1568531799-461507887.1567998254)ではインターネットショッピングをはじめ、買い物や食事でマイルが貯まります。

日常生活の中でのJALマイレージモールは、比較的インターネットショッピングを利用しやすく、そのほかインターネット経由でのホテルやイベント・レンタカーなどの予約が便利です。

特約店の利用と併用していけば、さらにお得にマイルを獲得できるようになるでしょう。

追加カードや特典でマイルを貯める! 追加カード利用分のマイルは合算できるのがミソ!

JALダイナースカードでは、家族カード、ETCカード、ビジネス・アカウントカード(邦人口座の設定ができるカード)など、追加カードが豊富です。

各追加カード利用分で貯まったマイルは本会員のマイルと合算することができるので、家族で、高速道路の利用で、ビジネスでそれぞれ貯めたマイルだとしても、合算によりまとまったマイルにすることができます。

そのほか、これからJALダイナースカードに入会する方の場合、入会して初めてのフライトで5,000マイル、翌年以降、毎年初回のフライトで2,000マイル、フライトのたびに通常フライトマイルの25%を上乗せするなど、各フライトでもマイルを多く貯めることができます。

貯めたマイルを確認するには?

普段の買い物やフライト、特約店の利用で貯めたマイルは、「MyJALCARD」にログインすると確認することができます。

基本マイル、特約店、キャンペーンなどそれぞれで貯めたマイルが管理されているので、どれだけのマイルをどこで獲得したかひと目で確認できます。

貯めたマイルの有効期限と使い方について

JALダイナースカードで貯めたマイルは、取得から36ヶ月後(3年間)の月末までが有効期限です。

有効期限内に何らかの形で使うのが理想的ですが、航空会社のマイルという性質上、一番お得になるのは航空券に交換することでしょう。

JALの特典航空券は、JALグループ国内線・国際線で利用できるもので、さまざまなシーンでの空の旅に利用できます。

また、JALカード会員の方は、ディスカウントマイル期間中は、通常よりも少ないマイル数で交換できる、JALカード割引特典航空券も利用できます。

例えば、通常の半分以下のマイルで国内の往復航空券が6,000マイルで交換できる「どこかにマイル」、国際線特典航空券が往復で15,000マイルから交換できる、国際線の座席のアップグレードにも利用できます。

そのほか、次のような使い方もできます。

・「マイルで年会費」・・・年会費にマイルを充当できる

・「JALミニマイル特典」・・・2,000マイルから提携パートナー企業のクーポンや商品に交換できる

・「eJALポイント特典」・・・10,000マイルを15,000ポイント(15,000円相当)に交換でき、JALホームページでの航空券やツアーの支払いに利用できる

・「JALとっておきの逸品」・・・国内外の選りすぐりのグルメや旅行に役立つアイテムなど、さまざまな商品と交換できる

申込み資格は27歳以上! 厳しいと評判のJALダイナースカードの審査と通過するための3つのポイント

JALダイナースカードは、ほかのカード会社のゴールドカード並みのステータス性があるほか、ダイナースクラブ独自の審査基準に合わせて審査が行われるので、審査の難易度は厳しいといわれています。

ただ、審査が厳しいといってもはっきりとした審査基準が公開されているわけではないので、ダイナースクラブに限らず一般的に審査が厳しいといわれるカードで、審査を通過しやすいポイントをクリアすることが大切です。

1,カード利用料金の支払いを遅延や延滞しない! 入金忘れはうっかりミスでも絶対避ける

クレジットカードの審査で厳しいといわれるのは、クレジットカードの審査基準でよくある項目を厳しくチェックしているという意味合いがあります。

クレジット払いはそもそも後払いで、後払いでもしっかり支払える計画性や経済力がありますという信頼関係を元に、クレジットカードが発行されています。

そのため、JALダイナースカードに申し込む前に、ほかのクレジットカードで利用料金の未払いや遅れがある場合は、JALダイナースカードの審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

JALダイナースカードに入会したいと思ったら、カード利用料金はしっかり毎月支払うことを心がけ、60日以内の支払いの遅れである遅延、61日を超えて2ヵ月もしくは3ヵ月もの間支払わない、延滞や滞納を絶対に避けることが重要です。

2,信用情報(クレヒス)は磨くほど良い! 傷の種類にもよるがキレイな方が好印象

クレジットカードに入会するときや審査のときには、必ずといっていいほどクレヒス(クレジットヒストリー)を確認します。

これらは、クレジット契約をどのように支払ってきたか記録する自分の履歴や歴史のようなもので、信用情報やクレヒスと呼ばれているものです。

例えば60日以内のクレジットカード払い遅れの場合、信用情報機関への影響はないことが多いですが、クレジットカードの利用は停止します。

利用停止になるとそのカード会社ではしばらくの間、クレジットカードを作ることができないでしょう。

また、61日以上支払わないでいれば信用情報機関に延滞や滞納していることが記録され、いわゆるブラックリスト入りの状態になります。

特にクレジットカードの支払いは、毎月記録されているため、1回だけうっかりミスで入金を忘れた・遅れたという場合でも、カードの利用停止にはならなくとも記録が一定期間残ります。

JALダイナースカードに入会するときは、カードの利用停止経験がなくても、過去2年間に1回でも支払いに遅れがある場合、審査に落ちる可能性がでてきます。

この部分が審査のうち厳しいといわれる部分です。

支払いの遅れに関しては、クレジットカードのほかに分割払いが含まれ、身近なところでは携帯電話の本体価格の分割があるので、携帯電話利用料金も絶対に滞らせないように支払うのがベストです。

クレヒスは、支払いを遅らせずに毎月きっちり支払うことで磨きがかかり、キレイな状態になるので、細心の注意を払うようにしましょう。

3,一度に複数のカードの申し込みはタブー! カードの多重申込みはカード会社に不信感を与えると思っていてOK

JALダイナースカードに入会申し込みをするとき、もしも審査に落ちたら困る・嫌だからといって、ほかのクレジットカードにも申し込むことは絶対にしないでください。

クレジットカード会社、信用情報機関、銀行、その他金融機関は、信用情報を共有するか情報をやり取りできるように提携することが増えています。

そのため誰がいつどのクレジットカードに申し込んで審査に落ちたなど、クレジットカード関連の情報はすべて知られているような状態になります。

複数枚のクレジットカードを申し込むことを「多重申込み」といい、クレジットカード会社にとってはリスクの大きい人物と判断されてしまいます。

短期間に複数のカードに申し込むと、クレジット払いした分を回収できないのではないかと、貸し倒れのリスクが大きいと判断されるのです。

はじめから怪しげで、信用しにくい人にクレジットカードを発行する会社はないため、多重申込みも審査落ちの原因になってしまいます。

JALダイナースカードに申し込むときは、1枚に絞り込んで申し込むようにしましょう。

審査は厳しいが特典が豊富で魅力いっぱいのJALダイナースカード! 一度は申し込んでみたい一枚

JALダイナースカードは審査が厳しく、他社のゴールドカード並みにステータス性が高いクレジットカードですが、その分、魅力的な特典が豊富にあります。

例えば、2名以上で所定のコース料理を利用すれば、1名分が無料になるエグゼクティブダイニングでは、日本全国数多くのレストランの中から選んで利用できます。

中には所定のコースを6名以上で利用すると、2名分が無料になる店舗もあるので家族やグループで利用するときにも向いています。

エンターテイメントサービスでは、スポーツクラブ優待、ショッピング優待、芸術や音楽のチケットを中心とした優待サービスの利用、各種コンサルティングやポイントモールも利用できます。

トラベルサービスでは、国内・海外(世界各国)の宿泊はもちろん、ツアーや航空券の優待、自宅から空港までの送迎や空港内での各種優待サービス、レンタカーなどの旅先でのサポートや、トラベルデスクの利用まで、すべてダイナースクラブの優待サービスとして利用できます。

もちろんトラベル関係の支払いはJALダイナースカードで支払えば、その分のマイルもしっかりもらうことができます。

JALダイナースカードの審査をクリアしてお得に旅行を楽しもう!

JALダイナースカードは、ダイナースクラブカードそのもののステータス性が高いことから、入会審査が厳しいといわれるカードです。

明確に審査基準は公開されていないものの、誰でも簡単に審査を通過できるものではありません。

審査を通過するためのポイントを前もって確認し、できる限り1回の審査で通過できるように日ごろからクレヒスを磨くようにしましょう。

ちなみに1度審査に落ちると、その情報は6ヵ月間残ります。

審査に落ちてから6ヵ月以内に別のカードに入会申し込みした場合、期間によっては多重申込みと判断することもあります。

そうなれば悪意はないのに、ますます自分の信用を落とすことになりかねません。

入会審査が厳しいカードでも日ごろの心がけ・しっかりした支払い次第では、1回で審査に通過できる可能性が十分にあります。

審査通過のためのポイントをしっかり守り、JALダイナースカードに入会し、たくさんのマイルを貯めて、想像以上にグローバルな特典を思う存分楽しみましょう。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介