三井住友カードのプリファードストアを使いこなそう!たくさんポイントがもらえるおすすめサービスとは?

あなたは三井住友カード プラチナプリファードの特徴やメリットを知っていますか。

三井住友カード プラチナプリファードとは、2020年9月に登場したクレジットカードで、とにかくポイントの還元率が高いと評判となっています。

特約店として加盟している店舗やサービスを利用すれば、100円ごとに+1~9%ものポイントがもらえるのです。

しかし、ポイント還元率が高いと言われただけでは「どうせ年会費が高いのでしょう?」「自分が使っても元が取れるのか不安」など分からない点や不安な点が出てくるでしょう。

そこで今回は、三井住友カード プラチナプリファードの基本情報や特徴・メリットなどを解説します。どのように利用すれば多くのポイントがもらえるのか、ポイント交換先にはどのようなサービスがあるのかなどもまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

三井住友カード プラチナプリファードの基本情報

まずは、三井住友カード プラチナプリファードの基本情報について確認していきましょう。



VISA 

年会費 33,000円(税込)
(家族カードの年会費は無料)
申し込み対象 原則として、満20歳以上でご本人に安定継続収入のある方
利用可能枠 総利用枠:原則~500万円
カード利用枠:原則~500万円
リボ・分割・2回・
ボーナス一括払い利用枠:0~200万円
キャッシング利用枠:-
支払い方法 1回/2回/ボーナス一括払い/
リボ払い/分割払い
支払い日 15日締め10日払い/月末締め翌月26日払い
カード付帯サービス 海外旅行傷害保険(利用付帯)最高5000万円
国内旅行傷害保険(利用付帯)最高5000万円
お買い物安心保険
国内空港ラウンジ
ETCカード 年会費550円(税込)
初年度無料、
一度でも利用があれば次年度無料

引用元:三井住友カード公式サイト

基本情報は以上の通りです。

三井住友カード プラチナプリファードは、従来のプラチナカードのように豊富な付帯サービスがありません。その代わりに、利用すればするだけお得になる高還元率のポイントサービスが用意されているのです。

年会費は33,000円(税込)と高めに設定されているものの、日頃からクレジットカードの利用頻度が多い方なら、年会費を上回るポイントも十分にもらえるでしょう。

三井住友カード プラチナプリファードのポイント

ポイント還元率が売りの三井住友カード プラチナプリファードでは、どのようにしてポイントを貯めていくのでしょうか。

三井住友カード プラチナプリファードでは、大きく分けて4つの方法でポイントが貯まるようになっています。

ポイントを貯める方法1.通常利用

三井住友カード プラチナプリファードのポイントの貯め方1つ目は通常利用です。

普段の生活で利用するコンビニやスーパーマーケット、ネットショッピングはもちろん、携帯電話や家賃などの支払いといった通常利用によってプラチナプリファードの通常ポイントが還元率1%でもらえます。

特に、家賃の支払いでクレジットカードを利用していれば、1か月の利用金額が10万円や20万円を超えるのは簡単でしょう。

そして、貯まったポイントは1ポイント1円相当で使用可能です。交換先も豊富なので「使い道がない」と心配する必要がありません。

ポイントを貯める方法2.新規入会&利用特典

三井住友カード プラチナプリファードのポイントの貯め方2つ目は新規入会&利用特典です。

こちらは、新規入会から3か月後末までに40万円以上の利用があれば40,000ポイントがプレゼントされるというサービスとなっています。

家賃などをクレジットカードで支払っている方なら、3か月で40万円と利用金額でも十分に届くでしょう。

ポイントを貯める方法3.プリファードストア(特約店)

三井住友カード プラチナプリファードのポイントの貯め方3つ目はプリファードストア(特約店)です。

これは、プリファードストアと呼ばれる特約店でカードを使用すれば+1~9%のポイントがもらえるというサービスとなっています。

利用できるお店やサービスは非常に豊富です。コンビニエンスストア・宿泊施設・交通サービス・ファストフード店・スーパーマーケット・ドラッグストアなど幅広いお店が特約店として加盟しています。

ちなみに、プリファードストア(特約店)ではなくても海外の利用に限り、外貨ショッピングを利用すると100円ごとに2ポイントがプレゼントされます。

海外でもお得に使えるので、頻繁に旅行や海外出張に行かれる方にはおすすめです。

ポイントを貯める方法4.継続特典

三井住友カード プラチナプリファードのポイントの貯め方4つ目は継続特典です。

毎年、前年100万円ごとの利用で10,000ポイントが継続特典としてもらえます。もらえるポイントは最大40,000ポイントです。

よく、ポイント特典が入会直後や入会年には多くもらえるけど、それ以降の年はポイントがもらえないというクレジットカードを見かけます。

しかし、三井住友カード プラチナプリファードなら長く使い続けてもしっかりポイントがもらえるので安心です。

三井住友カード プラチナプリファードのプリファードストア(特約店)

前の項目で登場したプリファードストア(特約店)とは、クレジットカード関連でよく使われる用語です。

特約店とは、クレジットカード会社が独自に提携している企業や店舗を意味しています。

そして、クレジットカードを持っている方が特約店で買い物をしたりサービスを利用したりすると、通常よりも多くポイントが獲得できるという訳です。

では、三井住友カード プラチナプリファードにはどのような特約店があるのでしょうか確認していきましょう。

プリファードストア(特約店の一例)一覧


宿泊施設 一休.com +6%
Expedia.co.jp +9%
Hotels.com +9%
交通 ANA +1%
ETC +2%
Japan Taxi +4%
百貨店 大丸松坂屋 +2%
阪急百貨店 +2%
阪神百貨店 +2%
ライフスタイル 蔦屋書店 +2%
コンビニエンス
ストア
セブンイレブン +2%
LAWSON +2%
asnas +1%
Secoma +1%
Dailyヤマザキ +1%
ポプラ +1%
カフェ・
ファストフード
エクセルシオール カフェ +1%
すき家 +1%
DOUTOR +1%
ファースト
キッチン
+1%
PRONTO +1%
マクドナルド +2%
モスバーガー +1%
モリバコーヒー +1%
スーパー
マーケット
APITA +1%
アルビス +1%
イズミ +1%
イズミヤ +1%
A-PRICE +1%
エブリイ +1%
オークワ +1%
大阪いずみ市民
生活協同組合
+1%
おかやまコープ +1%
京都生活協同組合 +1%
近商ストア +1%
京王ストア +1%
こうち
生活協同組合
+1%
コープえひめ +1%
コープこうべ +1%
コープ山口 +1%
スーパーアークス +1%
スズキヤ +1%
生活協同組合
コープしが
+1%
西友 +1%
相鉄ローゼン +1%
天満屋ストア +1%
トーホー・北関東 +1%
トーホーストア +1%
ハローズ +1%
阪急オアシス +1%
ピアゴ +1%
ビッグヨーサン +1%
フジ +1%
フレスコ +1%
PLANT +1%
平和堂 +1%
マルハチ +1%
ヤオコー +1%
ユーコープ +1%
ライフ +1%
ワイズマート +1%
わかやま市民生活協同組合 +1%
ドラッグストア 大賀薬局 +1%
クスリのアオキ +1%
クリエイト +1%
ココカラファイン +1%
トモズ +1%
マツモトキヨシ +1%
mac +1%
ヤックスドラッグ +1%

このように、特約店として加盟している店舗やサービスを見ると、非常に有名なところが多いと分かります。

中でもスーパーマーケットは38店舗もあるので、あなたの自宅の近くにも特約店があるのではないでしょうか?

また、ポイント還元率を見ると宿泊施設が+6~9%と非常に高いので、旅行や出張などで頻繁にクレジットカードを利用する方には大きなメリットとなるでしょう。

他にも、コンビニエンスストアのセブンイレブン・ローソンなどもポイントが2%と高い設定となっています。

あなたが、日頃からどのようなお店を利用するかによってプレゼントされるポイントは大きく変わるので、上の加盟店をよく見てから三井住友カード プラチナプリファードを利用すべきか考えてください。

一覧のお店やサービスで、年間いくらぐらいの利用金額に到達しているのか計算してみると良いでしょう。

ポイントの豊富な交換先

せっかく高いポイントをもらえても、交換先が少なくては「使い道が見つからない」となって意味がありません。

しかし、三井住友カード プラチナプリファードのポイント交換先は非常に豊富です。

ここでは、ポイントの交換先について確認していきましょう。

ポイント交換先一覧


iDバリュー 1ポイント⇒1円相当
Amazonギフト券 1ポイント⇒1円相当
Google Play ギフトコード 1ポイント⇒1円相当
App Store&iTunes
ギフトコード
1ポイント⇒1円相当
自治体ポイント 1ポイント⇒1円相当
カード利用代金に
キャッシュバック
1ポイント⇒0.6円相当
景品に交換 VJAギフト、キッチン用品、生活家電など
ANAマイレージクラブ
などへ移行
1ポイント⇒0.6円相当
楽天ポイント 1ポイント⇒1ポイント
T-POINT 1ポイント⇒0.8ポイント
d POINT 1ポイント⇒1ポイント
auポイント 1ポイント⇒1ポイント
Ponta 1ポイント⇒0.8ポイント
nanaco 1ポイント⇒0.8ポイント
Vポイントモール 1ポイント⇒1ポイント
三井住友銀行の
振込手数料割引
SMBCダイレクト振込時に手数料割引として利用可能

このように、ポイント交換先は豊富にあるため自分の用途に合ったポイントの使い方ができます。

三井住友カード プラチナプリファードは、高還元率なポイントだけでなく充分なポイント交換先が用意されている点も魅力の一つとなっているのです。

三井住友カード プラチナプリファードはポイントを効率良く貯めたい方におすすめ!

今回は、三井住友カード プラチナプリファードの基本情報や特徴について解説しました。

三井住友カード プラチナプリファードでは、「コンシェルジュサービス」や「豊富なトラベルサービス」といった付帯サービスはほとんどありません。

その代わりに、利用すればするだけお得になる高還元率のポイントが用意されています。

中には、宿泊施設で利用するだけで+6~9%ものポイントが還元されるサービスまでありました。多くの方が利用するコンビニやスーパーマーケットでも+1~2%のポイントが還元されるので、日々のちょっとした買い物でも貯まるのが魅力的です。

ただし、クレジットカードの利用頻度が少なかったり、年間の利用額が100万円にも満たなかったりする方には向いていないと言わざるを得ません。

あなた自身が日頃からどの程度クレジットカードで支払いをするのか、特約店にいつも使うお店が含まれているのかなどを基準に三井住友カード プラチナプリファードに適しているのか判断してください。

もしも、家賃などの金額が大きな支払いをクレジットカードでしているなら、年会費を超えるポイントがもらえる可能性が高いので、その場合はぜひ三井住友カード プラチナプリファードを利用してみてください。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介