KyashとRevolutの組み合わせはもうお得じゃない?サービス変更後の影響を調査

最近、注目のサービスを展開して話題となっているプリペイド式決済カードのKyashとデジタルバンクとして開設されたRevolut。

種類は違えど、その特徴を組み合わせることでさらにお得に利用できると話題になっています。

今回はそんなKyashとRevolutの主なサービスなど紹介するとともに、組み合わせることで本当にお得になるのかを解説していきます。

この記事でわかること

・Kyashの特徴
・Kyashの改悪について
・Revolutの特徴
・RevolutとKyashを紐づけについて

最近、注目のサービスを展開して話題となっているプリペイド式決済カードのKyashとデジタルバンクとして開設されたRevolut。

種類は違えど、その特徴を組み合わせることでさらにお得に利用できると話題になっています。

今回はそんなKyashとRevolutの主なサービスなど紹介するとともに、組み合わせることで本当にお得になるのかを解説していきます。

Kyashについて

Khashとは電子マネーやQRコード決済のように、クレジットカードと紐づけて使えるプリペイド式決済カードであり、Visa加盟店で利用することが出来ます。

クレジットカードのように利用金額をあとから支払うのではなく、あらかじめチャージした金額から決済を行うので使いすぎてしまう心配がありません。

Kyash Visaカードは3種類あり、それぞれ発行手数料や利用限度額、ポイント還元率などが異なります。

主なサービス

Kyashアプリを入れている人同士であれば、いつでもどこでもチャージされているKyash残高から手数料無料で送金や割り勘をしあうことができます。口座を共有することも出来るので学生間での団体経費の共有などにも利用できます。

ただし、クレジットカードからチャージした分は送金できないので注意が必要です

さらに、専用のアプリ上でプリペイド式の「Kyash Visaカード」を発行して、上限の範囲内の金額をチャージして使うことが出来ます。

自動チャージ機能も備わっており、決済時に残高が不足していると自動的にチャージが行われ、不足分を補いながらスムーズに決済を完了することが可能です。(自動チャージに対応しているのはVisaまたはMasterCradブランドのクレジットかデビットとのみとなっています)

また、カードとアプリは連動しているので、残高や利用明細がリアルタイムで確認できます。

Kyashの改悪について

リリースされた当時、Kyashには様々な優れた機能がありました。

しかし、悲しいことにここ最近でかなりの改悪が続き、その魅力はほとんど失くなってしまいました

以下で改悪された点について紹介していきます。

クレジットカードチャージ機能の廃止

デビットカードやクレジットカードからのKyashへのチャージができなくなり、銀行口座からのチャージのみとなりました。

ポイント還元率が0.2%に

Kyashでは、クレジットカードでチャージした残高で決済した際のポイント還元率が0.2%まで下がりました。リリースされた当初の還元率が2.0%だったことを踏まえると、かなり改悪されてしまったことが分かります。

還元率の高さが多くの人を惹きつける要因になっていたことは間違いないので、この還元率の低下によってKyashに必要性を感じられなくなったユーザーも多いと思います。

還元ポイント上限の低下

さらに、クレジットカードチャージから還元できるポイントの上限が、リリース当時の月1200ポイントから月100ポイントまで引き下げられました。 還元率が0.2%であることから、月に5万円の利用分しかポイントとして還元されません。

ここまで改悪されてしまうと、還元率重視の場合はもはやKyashに価値を見出すことは難しいと言えます

Revolutについて

Revolutとはイギリス発の金融アプリです。その利用は主にヨーロッパで多く、他にもアメリカやオーストラリア、シンガポールでもサービスを展開しています。

Revoluは実店舗を持たずにモバイルアプリだけで運営されているデジタル銀行であり、いつでもどこでも個人間で送金や請求、割り勘をすることが可能です

Kyashと特徴が似ていますが、大きく違うのはKyashはプリペイドカードが作れるのに対して、Revolutでは銀行口座のためデビットカードが作れるという点です。

そのため、Revolutは口座に入れることのできる金額に上限がないので、決済の上限金額もありません

主なサービス

Revolutは対応する28の通貨を自動的にチェックし、最小コストで決済を行うことができるので、外貨取引手数料を発生させずにカード決済を行えたりなど、外貨のやり取りに優れています

また、Vaultsという自動貯金機能も備わっています。これは、口座残高の端数を自動的に貯金する機能です。残高の単位は自身で設定することが出来るので、無理なく計画的に貯金をしていくことが可能です。

セキュリティ面も整っており、万が一カードを失くした場合はアプリからカードの使用にロックをかけることが出来ます

さらに、バーチャルカードを使い捨てる事も可能です。あまり利用したことのないサイトでカードを使っても、そのカード情報を破棄して新しいバーチャルカードを発行することができるので、重要情報を悪用される心配がありません

RevolutとKyashを紐づけてできること

Kyashの改悪について先述しましたが、Revolutと組み合わせることで多少なりともメリットを得ることが出来るので紹介していきます。

ポイントの二重取りができる

登録カードからKyashにチャージすると登録カードの還元プログラムによってポイントが還元されます。

さらに、KyashからRevolutにチャージを行うことで、Kyashの還元プログラムによって再びポイントを還元することが出来ます。

このように、RevolutとKyashを組み合わせた一連のチャージの流れを利用すれば、二重でポイントを獲得する事が可能です

クレカ送金機能を利用できた(現在は不可能)

改悪によって、クレジットカードからKyashにチャージした残高を個人に送金することはできなくなりましたが、1度KyashからRevolutにチャージを行えばそこから個人間に送金することが可能でした。

しかし、こちらの手順は現在利用不可能となっているので注意が必要です

RevolutとKyashの組み合わせはお得じゃない

先述した通り、Kyashの改悪度合はかなり大きく、もはやRevolutと組み合わせてもカバーすることができないほどにまでなってしまいました

一時期、Kyashの改悪されたポイントをRevolutと組み合わせることでカバーできる時がありましたが、いまではそのルートも封鎖されてしまいほとんど利用することが出来ません。

そのため、KyashとRevolutをわざわざ組み合わせて利用するほどの価値はないと考えます。

人によってはRevolutとKyashを価値あるものとして利用することができる

今回はKyash改悪によって生じたリアルをお伝えしました。

KyashもRevolutも日本でリリースされたのは最近のことです。

しかし、そこからの改悪されるスピードが速かったためネット上にはまだ様々な改悪される前の情報やメリットが修正しきれていないまま残っている状態なのでご注意ください

ちなみに、KyashとRevolutを単体で利用する場合、一定の方には価値あるものとして利用することができると考えます

特に外貨を扱う方やセキュリティを重視したい方にはメリットもあるので、そのような方にはおすすめです



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介