クレジットカードのインビテーションって何?通常申込みができない完全招待制のVIPカード一覧も紹介

クレジットカードのインビテーションって何?通常申込みができない完全招待制のVIPカード一覧も紹介 トップ画像

クレジットカードのインビテーションは、受けることで手持ちのカードのアップグレードを行うことができます。

優良顧客へカード会社の信頼の証であり、インビテーションでしか発行できないカードは、特に魅力的に感じることでしょう。そもそも、インビテーションをもらえる事自体に、プラスになる面がたくさんあるのです。

そこでインビテーションで手に入るカードや招待されるメリットについて、イチから詳しく解説していきます。

この記事でわかること

・インビテーションでしか発行できないカード
・インビテーションのメリット
・インビテーションは応えなくても良い

カードのヘビーユーザーに届く「インビテーション」とは?

カードのヘビーユーザーに届く「インビテーション」とは?

クレジットカードに申し込みを行う方法は、カード会社のウェブサイトから申し込んだり、ショッピングビルやスーパーなどで、お買い物の最中に勧誘されてという方が多く、審査に通ればクレジットカードを利用することができるようになります。

しかし、クレジットカードには、自分から申し込むことのできないカードなどが一部存在しており、カード会社からの「インビテーション(招待)」によって申し込むことができます。

クレジットカードのインビテーションとは、いま利用しているカードのアップグレードを行うことができる権利のことで、招待には「手紙」「WEBの会員ページ」「電話」「メール」などが存在しています。

「インビテーションでしか作れないカード」と「インビテーションもあるけれど、通常の申し込みも受け付けており、どちらの方法でも作ることのできるカード」の2つのタイプがあり、明確な招待の基準を公開しているものは多くありません

カード会社からインビテーションが送られてくるには、支払い能力があるかどうかの属性・年間の利用額・支払いに延滞がないかどうかなどで判断されていると考えられます。

ここがポイント!
「カードをマメに利用し、きちんと返済をする」という正しい利用方法を行い、利用実績を磨いていることが必要です。

中には不特定多数にDMを送っているカードもあり、そのようなカードは審査が厳しく設けられています。

つまりインビテーションが送られてくるということは、優良顧客であると認められた証であるということがほとんどで、上級カードへ切り替えるときの審査に通りやすい可能性が高いと言えるでしょう。

招待制のクレジットカードは、上級カードとして高いステータスを保持していることが多く、サービスも質の高いものが用意されていることが多いことを特長に挙げることができます。

どのようなカードをインビテーションで発行することができるのか、「インビテーションのみで発行することができるカード」と「通常の申込とインビテーション両方で作ることができるカード」の2つのタイプのカードの確認が必要です。

招待の基準が公開されているカードはその具体例も確認しながら、それぞれがどのようなカードであるのか、自分がインビテーションを受けることができるのか、検討していきましょう。

インビテーションで発行できるカード

インビテーションで発行できるカード
インビテーションで発行できるカード(一部)
インビテーションでしか作れないカード 通常の申込とインビテーション両方で作ることができるカード
  • JCB THE CLASS(ザ・クラス)
  • JCBゴールド ザ・プレミア
  • アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
  • ダイナースプレミアムカード
  • ラグジュアリーカード GOLD CARD
  • VISA infiniteカード
  • 楽天ブラックカード
  • セブンカード・プラス(ゴールド)
  • エポスゴールドカード
  • JCBゴールドカード
  • JCBプラチナカード
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

インビテーションで発行することのできるカードの中から、おすすめの5枚の詳細を確認していきましょう。

①JCB THE CLASS

JCB THE CLASS

JCBのプロパーカードを長年使っているとインビテーションが届くJCB THE CLASSは、JCBカードの最上級クラスに位置づけられ、年会費55,000円(税込)、家族カードの年会費は無料で利用することができます。

ポイントプログラムは、1,000円→1ポイントのOkiDokiポイントが貯まり、有効期限は5年間。

貯めたポイントは景品との交換やnanaco・楽天スーパーポイント・Tポイントなどの他社ポイントやJAL・ANAマイルへの移行、支払金額への充当などに利用することができます。

JCB THE CLASSのポイントプログラムは、0.5%とそこまで高くない還元率となっていますが、そのほかのサービスには質の高いものが用意されており、サービスを利用するためにインビテーションを狙うという方も多く存在するカードとなっています。

ザ・クラス・コンシェルジュデスク

24時間365日、旅や会食の手配・予約など、秘書のようにさまざまな相談にのってくれるコンシェルジュサービスを利用することができます

コンシェルジュに手配を頼む一番のメリットは、ただ予約をしてくれるというだけではなく、通常は利用できない内容での予約やなかなか予約することのできないレストランの席を用意してくれるなど、自分ではできない交渉を行ってくれるところにあります。

ザ・クラス メンバーズ・セレクション

年に1回、選び抜かれた品物からプレゼントを受け取ることができます。「25,000円分のトラベルチケット」や「ディズニーグッズとチケット2枚セット」など、2万円前後の商品から好きなものを選ぶことができます。

東京ディズニーリゾート内のJCBラウンジ・USJ利用

ディズニーランド・ディズニーシー・ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにあるJCBラウンジを、1回4名まで利用することができます。(事前予約・当日にカードが必要)

他にも、下位クラスの「プラチナカード」でも利用することのできた以下のサービスなどを、引き続き利用することもできます。

  • プライオリティ・パス:世界130の国や地域、約1,000ヶ所の空港ラウンジを無料で利用することができます。
  • グルメ・ベネフィット:国内の有名レストランで、所定のコースを2名以上で予約すると、1名分が無料となります。
  • JCB Lounge 京都:京都駅にあるJCBラウンジを、同伴者1名まで、手荷物預かり・無料のドリンクザービス・休憩として、無料で利用することができます。

レジャー&エンターテインメントに強いJCBの本領を発揮することのできる1枚となっています。

②楽天ブラックカード

楽天ブラックカード

高還元のカードとして人気の楽天カードの最上級カードである楽天ブラックカードは、ゴールドカードやプレミアムカードを利用している優良会員に届くインビテーションで手に入れることのできるカードで、年会費33,000円(税込)家族会員の年会費は無料で利用することができます。

カードブランドはMastercard・JCB・アメリカン・エキスプレスの3つから選ぶことができ、海外旅行の傷害保険は最高1億円、国内旅行傷害保険は最高5,000万円が付帯しています。

100円→1ポイントが貯まる楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天ブックスなどの楽天サービスの利用でSPU(スーパーポイントアッププログラム)によって5~16倍のポイントを貯めることが可能です。

誕生月には+1%、買い回りセールなどさらにポイントを貯めることができるイベントが頻繁に行われています。

貯めたポイントは、1ポイント→1円相当として、マクドナルドや大丸・松坂屋などの街の楽天ポイント加盟店や楽天市場などの楽天サービスで利用することや、ANAマイル・楽天Edyに移行することができます。

その他、質の高いサービスとして、以下のようなものを提供。

  • プライオリティ・パス:世界中の143ヶ国約1,200の空港のVIPラウンジを、同伴者2名まで無料で利用することができます。
  • 手荷物宅配サービス:国際線を利用する際、年に2回まで、空港と自宅間で、手荷物の宅配サービスを無料で利用することができます。(成田国際空港・羽田空港国際便・中部国際空港・関西国際空港)
  • コンシェルジュサービス:旅行やレストランの予約や劇場などのチケット手配・手土産のセレクトなど、さまざまな相談をコンシェルジュに頼むことができ、予約がいっぱいになっているホテルでも、コンシェルジュ経由で部屋を取ってもらえる可能性があるなど、自分では行うことのできない交渉をしてもらうことができます。

楽天市場でお買い物をよくする方であれば、ポイントも効率よく貯めることができ、質の高いコンシェルジュサービスや高額の旅行傷害保険などを利用することができます。

③イオンカードゴールドカード

イオンカードゴールドカード

イオンカードゴールドカードは、直近のカードの年間利用金額が100万円以上である方にインビテーションが送られ、入会金・年会費無料、VISA・Mastercard・JCBの3つのブランドから選ぶことができます。

カードブランドでJCBを選択すると、通常デザインの他に、ミッキーやトイストーリーのディズニー・デザインにすることもできます。

  • 空港ラウンジサービス:主要6ヶ所の国内空港のラウンジを無料で利用することができます。
  • イオンラウンジ:全国のイオン内にあるイオンラウンジで、同伴者3名まで1日1回30分まで、ドリンクサービスなどで寛ぐことができます
  • 付帯保険:旅行の代金をカードで支払うことで、海外旅行の傷害保険は最高5,000万円、国内旅行の傷害保険が最高3,000万円付帯します。また、カードで購入した商品が盗難や破損などの損害を被った場合、年間300万円まで補償してくれるショッピングセーフティ保険を利用することができます。

他のインビテーションカードに比べるとサービス内容が劣りますが、無料で利用することのできるゴールドカードであり、インビテーションの条件も難易度が低いため、費用をかけずにサービスをグレードアップさせたい方におすすめです。

④エポスカードゴールド

エポスカードゴールド

マルイやモディのユーザーに人気のエポスカードゴールドは、自分での入会申し込みでもインビテーションでも所持することのできるカードですが、インビテーションの場合は年会費無料、自分で入会した場合は年会費5,000円(税込)となっており、年間のカード利用金額が50万円以上の場合は、翌年以降永年無料にすることができます。

ポイントプログラムは200円→1ポイント。また、有効期限が無期限となり、お気に入りの店舗を登録するとポイントが最大3倍に。

さらに、年間の利用金額が50万円以上の場合2,500ポイント、100万円以上の場合10,000ポイントを年間ボーナスとして獲得することができます。

貯めたポイントは、マルイやモディ・ネット通販(マルイウェブチャンネル)で1ポイント→1円相当として購入金額に充当、商品券などとの交換、エポスVisaプリペイドカードに移行、dポイントやauウォレットポイントなどの他社ポイントやJAL・ANAの航空マイルへの移行、エポスオリジナルグッズとの交換に利用することができます。

家族カードはありませんが、家族をゴールドカードに紹介することができ、紹介で入会した場合は年会費無料で利用することができ、家族同士でポイントをシェアすることができます。

マルイやモディで年4回行われる「マルオとマルコの10日間」では、10%オフでお買い物をすることができます。

  • 付帯保険:海外旅行の障害保険は、最高1,000万円が自動付帯しています。
  • 空港ラウンジサービス:国内主要20空港と韓国仁川国際空港・ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを無料で利用することができます。
ここがオススメ!
自分で申請して入会することのできるカードではありますが、家族の紹介ではない場合はインビテーションを待つことで、入会年から年会費無料で利用することができます。
エポスゴールドカードを公式サイトでチェックする

⑤アメックスゴールド

アメックスゴールド

自分で申し込むことのできるカードで、サービスが充実しているアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、年会費31,900円(税込)、家族カードの年会費は1枚目は無料、2枚目以降は13,200円(税込)となっています。

ポイントプログラムは、100円→1ポイントが貯まり、一度ポイントを交換すると、通常3年間のポイントの有効期限を無期限にすることができます。

年会費3,000円(税込)の「メンバーシップ・リワード・プラス」に参加すると、ポイントの有効期限が無期限になり、特定利用分のボーナスポイント獲得や提携会社のポイントやマイルの移行などのレートがアップします。

貯めたポイントは、景品との交換や、楽天スーパーポイントやTポイントなどの他社ポイントやANAなどの提携航空会社のマイルへの移行、支払いに充当させることなどに利用することができます。

アメリカン・エキスプレスは、質の高いサービスが人気のブランドです。

海外旅行の傷害保険は最高5,000万円が自動付帯、旅行の代金をカードで支払うことで、海外旅行の傷害保険は最高1億円、国内旅行の傷害保険は最高5,000万円を補償され、海外旅行時に航空便が遅延した際に発生した臨時の出費には20,000~40,000円の「航空便遅延補償」を受けることができます。

カードで購入した旅行やコンサートなどに、病気やけがで行けなくなってしまった場合には「キャンセル・プロテクション」を、年間最高10万円まで利用することができます。

  • 付帯ショッピング保険:カードで購入した商品が盗難や破損などの損害を被った場合、年間最高500万円の補償を受けることができる「ショッピングガード保険」、商品の返品を店が受け付けてくれない場合の「リターン・プロテクション」などが用意されています。
  • 空港ラウンジサービス:国内28ヶ所の空港とホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港で同伴者1名まで無料でラウンジを利用することができ、プライオリティ・パスでは世界1,200ヶ所以上の空港のVIPラウンジを年2回まで無料で利用することができます。
  • 手荷物宅配サービス:国際線を利用する際、出国時・帰国時に、自宅-空港間で手荷物を1個まで無料で配送してくれます。
  • ゴールド・ダイニングby招待日和:国内外約200店舗のレストランで、所定のコースを2名以上の予約をすると、1名分を無料で楽しむことができます。

特に旅行に関するサービスが充実しているため、旅行を楽しむことが多い方や、出張などであちこち飛び回っているという方には、旅を快適なものにするサービスが多数用意されています。

アメックスゴールドを公式サイトでチェックする

インビテーションの基準は?

「インビテーションでしか作ることのできないカード」の中で、JCBゴールド ザ・プレミアとイオンゴールドカードは、公式にインビテーション基準が公開されています。インビテーションを狙いたい方はクレジットカードの使い方に気を付けて、利用実績を重ねていきましょう。

JCBゴールド ザ・プレミア 「JCB ORIGINAL SERIES対象のJCBゴールドカードを利用している方で、カードの年間利用金額が2年連続で100万円(税込)以上」(集計期間は12月16日~翌年12月15日)で、「会員専用WEBサービスMyJCBに、受信可能なEメールアドレスを登録していること」となっています。
イオンゴールドカードセレクト イオンカードセレクトを利用している方で、「直近の年間利用額が100万円以上で、所定の条件を満たした方」となっているため、遅延や延滞などをしないように注意しましょう。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードは、日本で最も取得難易度が高いカードと言われており、どのようにすればインビテーションを受けることができるのかの詳細は謎に包まれていますが、カードホルダーは資産家や経営者などの富裕層であると言えるでしょう。

インビテーションは必ずするべき?

インビテーションは必ずするべき?

カードをきちんと使いこなしてインビテーションが来たとき、すぐにでもカードをアップグレードするべきかどうか、どんなメリットを受けることができ、どんなデメリットを危惧することができるのか、詳細を確認しておくことで、自分にとっての損を回避することができます。

インビテーションのメリット

インビテーションでしか作ることのできないカードは、招待されることでしか入会することができません。

一般的にステータス性が高くなり、楽天ブラックカードやJCB THE CLASSではコンシェルジュサービスの利用、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの海外旅行の傷害保険が1億円(利用付帯)にアップするなど、カードのアップグレードを行うことで付帯サービスの質が上がります

エポスカードゴールドのように年会費を無料で利用することができるなど、より利便性が向上することや、よりお得に利用することができる場合もあります。

優良会員であると認められた場合に送られてくることが多いため、自らグレードアップしようと申し込むよりも、インビテーションが届いた方のほうが審査に通る可能性が高いということも言えるでしょう。

カードをアップグレードすると、いま利用しているカードの基本情報と何が異なるのか、付帯サービスがどう変わるのかということを確認しておきましょう。

インビテーションのデメリット

アップグレードを行うことは、メリットばかりではなく、以下のようなデメリットを被ってしまう場合があることに注意しましょう。

  • 年会費が跳ね上がるカードがある:楽天カードではプレミアムカード年会費11,000円(税込)→33,000円(税込)、JCBゴールド・ザ・プレミア年会費5,500円(税込)→JCB THE CLASS年会費55,000円(税込)となるなど、年会費が高額となる場合がある
  • インビテーションを受けていても、カードの支払いに延滞や遅延があった場合や利用額が減少した場合には、カードの更新ができない可能性が出てくる。
  • 高額な年会費を支払っても、特典やサービスを利用できずに、宝の持ち腐れとなってしまう場合がある

アップグレードしたカードに用意されている特典やサービスを、使いこなせるかどうか、年会費があがってもお得に利用することができるかどうかをきちんと確認してから、申請を行う必要があります。

インビテーションは、カード会社の信頼の証

インビテーションは、カード会社の信頼の証

「インビテーション」とは、これまでのカードの利用が優良として認められ、これからも上手にカードを利用してくれるだろうという信頼の証です。インビテーションでしか手に入れることのできないカードは、VIPカードとも言えます。

いま利用しているカードのサービスでは満足できなくなってきたという方は、アップグレードできるカードの詳細を確認し、自分にそのサービスを使うこなすことができるかどうかを確認してみましょう。

質の高いサービスを受けたい方やステータス性の高いカードを持ちたい方は、インビテーションを受けられるように、こまめに使っているか、延滞や遅延などのクレジットカードヒストリーに傷をつけるようなことをしていないかどうかを見直して、着実な一歩を進めてみましょう!



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介