オリコカードのカードローン審査に落ちないための3つの方法


クレジットカードは申し込みをし、クレジットカード会社の方で審査が行われ、審査に通過して初めて持つことが出来るものです。そのため、クレジットカードの審査に落ちてしまい、クレジットカードが持てなかったという方も少なくはありません。

またキャッシングがメインのカードローンもクレジットカードと同様に審査があり、申込み後、誰でも利用できるものではありません。

しかし、カードローンは選び方によっては、キャッシング付のクレジットカードの審査に落ちてしまった場合でも利用できることがあります。

カードローンとは

ローンには住宅ローンや学資ローン、カードローンなどの種類があり、住宅ローン、学資ローンは借りたお金の用途が決まっています。しかしカードローンはカードローン会社から「キャッシング」という形でお金を借りて利用する方法で、借り手側がどのように利用しても良いという点があります。また、クレジットカードについているキャッシング機能よりも借りたお金に対する金利が低く、融資額も大きいという特長があります。

クレジットカードを持ちたくても審査が不安な方はカードローン

クレジットカードもカードローンも、審査を受けてから初めて持つことが出来るカードという面では同じですが、クレジットカードよりもカードローンの方が審査に通りやすいというポイントがあります。

それはクレジットカード会社のおもな収入源は、契約している店舗との関係にあり、クレジットカードに付随するキャッシングはあくまでも手間のかかる副産物的な収入にしかすぎないので、クレジットカード会社のキャッシング機能は利息も高く設定されています。一方でカードローンはカードで借りたお金の利息でカードローン会社の運用をしているので、金利も低く抑え、さらにカードローンを出来るだけたくさんの人に利用してもらうことによって収入を得ようとする動きがあります。

クレジットカードの会社でも、カードローンの会社でも審査があることには変わりはありませんが、クレジットカードの審査に不安のある方は、カードローンを利用することをお勧めします。

クレジットカードよりもカードローンを利用したほうが良い3つのメリット

その1:審査条件として、「現在、申込者に返済能力があるか」を見ている

クレジットカードの審査条件として挙げられる1つが申込者のクレヒス(クレジットヒストリー)を見ているということ。

クレジットヒストリーとは:過去の支払履歴のことを指します。一般的にクレヒスが良いと言われる方は、毎月の引き落とし期日までに利用額分のお金が引き落とされていることです。「この人の使ったお金を立て替えてもしっかりと返済される」と認識されるのです。

逆にクレヒスの悪い方は、「ブラックリスト入り」とも言われていますが、過去に支払の延滞(滞納)や未払いがある場合にクレジットカード会社は、「以前のカード会社では、滞納を繰り返し、まだ未払いがある。うちでも立て替えたお金は支払ってくれない可能性がある」と判断されてしまうのです。

過去の支払情報は約5年間、信用情報機関に履歴が残るので、以前クレジットカードで滞納をしてしまった方などは、審査に通らない可能性があります。

しかし、カードローンの審査条件は、過去の支払履歴よりも現在の返済能力を考慮するため、過去に滞納とかしてしまったけど現在の収入は、ある程度毎月入ってくるという方でも審査に通りやすいのです。

その2:借り入れしたお金の使用用途が幅広い

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、ショッピング枠は、店舗やネットで支払った時にカードを提示すれば支払日に利用額分が引き落とされるというもの。

クレジトカードのキャッシングはカードローンと同じ仕組みで、お金を直接借りることができます。

しかし、融資まで時間がかかったり、キャッシング枠が0円でクレジットカードを利用している方は、キャッシングが利用できません。キャッシングを利用するための申請にも時間がかかります。

一方で、カードローンを利用すると、即日融資などすぐに借り入れができる体制が整っていることや金利が低く設定されていることが多いです。

直接、お金を借り入れできるので、使用用途は自身で決められる点もメリットです。

その3:インターネットからの申し込みができる

カードローンから抱くイメージ的には、店舗に入って申込み手続きをして借り入れをする。という手間がかかるようなイメージを持ちます。

しかし、最近のカードローンはインターネットから申し込みができるので、誰にもバレずに借り入れができます。

また、みずほのカードローンは、カードレスが利用できるので、財布にカードが1枚増えることもありません。

おすすめなカードローン「CREST」と「みずほ銀行カードローン」

カードローンの中にも、銀行が発行しているもの、オリコなど信販系のクレジットカード会社が発行しているもの、消費者金融が発行しているカードローンなどいくつかの種類があります。まずはカードローンのカードとはどのようなものかという例としてクレジットカード会社の中で出しているカードローンはオリコの「CREST」、みずほ銀行グループの「みずほ銀行カードローン」を確認してみましょう。

CREST

カードフェイス
年会費 無料
借入金額 最高500万円
貸付利率 4.5~18.0%
その他の特長 ●オリコのクレジットカードと同時申し込み可
●審査最短25分
●オンラインでの申し込み可
●来店受け取り不要

カードローンを契約するとなると、どうしても人目が気になってしまう場合や、人にばれたくないと思ってしまいがちですが、CRESTはオンラインで申し込みが可能であったり、来店してカードを受け取る必要が無いなど、人目に付かずにカードを申し込むことが出来ます。

またカードローンという商品名を聞くと消費者金融を思い浮かべてしまう方も多いですが、消費者金融から借入は行いたくない… と考えている方であれば、銀行系のみずほが提供しているカードローンを検討してみましょう。

みずほ銀行カードローン

カードフェイス
年会費 無料
借入金額 最高800万円
貸付利率 年2.0~14.0%
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
その他の特長 ●オンラインでの申込み可
●来店受け取り不要
●キャッシュカードがあればすぐに利用OK

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行グループの会社として発行しているカードローンで、CRESTと比較すると最高額が800万円と高く、また金利も最低ラインが年2.0%と低く設定されているという特長があります。しかし誰にでも発行されるものではなく、審査が必ず行われるので、カードローンに落ちないために注意することを確認してみましょう。

カードローンの審査の厳しさ

基本的には、消費者金融系会社の発行しているカードローン、次いでオリコなど信販系会社が発行しているカードローン、みずほなどの銀行が発行しているカードローンの順にクレジットカードの審査が厳しくなると言われています。審査の内容はハッキリと公表されていませんが、「きちんと借り入れをしたお金を支払えるかどうか」がチェックされるという点ではどの審査も共通しています。

カードローンの審査とは

カードローンの審査では、「きちんと借り入れをしたお金を支払えるかどうか」がチェックされるため、以下の3つがスコアリングされて判定を受けることになります。


  • 収入
  • 住居形態
  • これまでのクレジットカードなどの利用履歴

収入については、士業、会社経営者、個人事業主、正社員、契約社員、パート、アルバイトなどの形態がありますが、正社員以上であればもっとも望ましいとされています。安定した収入があることによって、借入金額が返済可能だとみなされるからです。

住居形態については、万が一支払いが滞った時に差し押さえの効く持ち家に住んでいることが最も有利に働きますが、最近は核家族化も進んでいることから、賃貸住宅であっても毎月賃料を払っていれば特に不利になるということはありません。しかし転勤などの理由が無いのに何度も転居を繰り返している場合や、家賃の未納滞納を繰り返している場合には不利に働いてしまうので注意して下さい。

これまでのクレジットカードやカードローン、携帯電話の支払い履歴は「信用情報機関」というところに過去5年分が一括して記録されています。そのため、この信用情報機関の履歴の中に未納や滞納などの記録がある場合にはトラブルを起こす申し込み者と見なされ、審査に落ちてしまうことが多くなります。

カードローンに申込むときは延滞や滞納がないこと、これが一番のキーポイントとも言われています。

審査については、クレジットカードであってもカードローンであっても同様の審査が行われるため、これまでの自身のお金の使い方や住居形態、収入額などに合わせて、特に問題が無いなと思う方はクレジットカードを申し込んだり、少し自信が無い方はクレジットカードではなくカードローンに申し込むなど自身の状況に合わせて申し込むものを変えていきましょう。

カードローンの審査に落ちないための3つとは?


  • 安定した収入があること
  • 現状況を偽って記載しないこと
  • 延滞や滞納をしていないこと

みずほ銀行カードローンなどでは就業形態を問わず、安定した収入があれば申込みできるようになっていますので、偽らずに書きましょう。

嘘を書いてしまっては自身の信用度を自分で下げてしまうようなものです。正直に書くことが、申込先の印象を良くするポイントでもあります。

延滞や滞納が続いている方はカードローンの利用は難しいでしょう。

これは自身に置き換えて考えてみると分かることです。

返ってこない、送れる返済という人物にお金を貸すことは、当然したくないものです。貸し側も同じ気持ちでいると思ってください。

過去に1度だけあったという方でも、たまたまとは言え、審査には影響します。

その場合は、そのほかの支払いに延滞や滞納がないかを見られますので、借りたら返す、買ったら支払うをキチンとしておきましょう。

カードローン会社を選ぶならみずほ銀行

カードローンを利用するのであれば、できるだけ金利も安く、また面倒な手続きの要らないものを選びたいものです。

申込後、すぐに使えるというのはストレスがなく本当に便利だからです。

そこでオススメなのがカードローンの「みずほ銀行カードローン」です。

みずほ銀行カードローンであれば、最高800万円までの借り入れが可能で、さらに金利手数料も年2.0~14.0%と低いラインに設定されているので、同じ三井住友銀行グループの発行している三井住友カードのクレジットカードのキャッシング一律18.0%と比較すると安い金利でお金を借りて運用することができます。

またみずほ銀行カードローンはパソコンや携帯、スマートフォンからの申し込みが可能です。メールで審査結果の連絡があり、ローン申し込み機でのカードの受け取ることもできます。

仕事などで忙しい方で出来るだけ早く審査結果を受けたいという方、あまりカードローンの契約を人に知られたくないという方、は「みずほ銀行カードローン」をチェックしてみましょう。

みずほ銀行カードローンを利用するメリット

  • パソコン・スマホから簡単に申込ができる
  • 郵便物なし
  • 会社への連絡がなく、個人の連絡先がメイン
  • キャッシュカードがあればすぐに利用可能

またみずほ銀行カードローンといったカードローン専門の商品は、クレジットカードのキャッシングよりも金利が抑えられていますので、繰り返しの長期利用にも向いています。

まずは
コレ!


みずほ銀行カードローン



クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club