年会費最安値のオリコゴールドカードを使いこなす4つのコツ

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDの基本スペック


オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド

いくつかあるオリコのゴールドカードの中で、おすすめできるのが年会費1,806円(税抜)と、ゴールドカードとしては業界最安値の年会費で作れるOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)です。

2つの国際ブランドから選べる

用途にあわせて2つの国際ブランドから選べます。

  • MasterCard
  • JCB

基本のポイント還元率は1%

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは、お買い物100円あたり1オリコポイントが貯まります。つまり、ポイント還元率1%であり、これは一般的に高還元カードの部類に入ります。

ポイントの還元率をUPできるケース

ポイントサイト利用でポイント還元率2.5%

ポイントサイトのオリコモールを利用すると、通常のポイント以外に常時1%が加算され(楽天市場は一部のショップのみ加算対象)、さらにモール利用分のボーナスポイント0.5%が加算されて合計2.5%のポイント還元率となります。

ショップ・商品によっては最大15%のボーナスポイントが加算されるので、さらにポイント還元率がアップします。

オリコモールにはネット上の主要ショップやモールが揃っているので、効率よくポイントを貯めることができるでしょう。

オリコモール内ショップ(一部例)
  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • Apple公式サイト
  • ZOZOTOWN
  • ユニクロ
  • ベルメゾンネット
  • るるぶトラベル
  • じゃらん.net
  • 一休.com

電子マネーの利用で0.5%のポイント加算

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDには、「iD」と「QUICPay」の2種類の電子マネーが搭載されておりコンビニなどでの少額決済にも便利です。その支払い分にも1%の基本ポイントが付与されるほか、そこへさらに0.5%のポイントが加算されるので合計1.5%のポイント還元率となります。 これはこのゴールドカードの特権ともいえるサービスです。

電子マネーをよく利用し、効率よくポイントを貯めたい方はOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDがおすすめです。

リボ払いで0.5%のポイント加算

お買い物の支払いにリボ払いを選択すると、通常ポイント1%に0.5%のポイントが加算され、合計1.5%のポイント還元率となります。つまり、ポイントサイト利用とリボ払いを合わせると常時3%の高還元率となります。

入会後6ヵ月間は基本のポイント還元率が1%→2%にアップ

さらに、入会後6ヵ月間は通常のポイント還元率が1%から2%になります(上限5,000ポイント)。つまり、この期間にオリコモールを利用すると常時3.5%の還元率になり、そのオリコモール利用をリボ払いにすると、4%の還元率となります。また、この期間、電子マネー利用は2.5%の還元率になります。

ポイント以外にも豊富な特典

最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDには、最高2,000万円の海外旅行傷害保険と最高1,000万円の国内旅行傷害保険が自動付帯します。また、カードで購入した商品が購入日より90日以内に破損、盗難火災などの偶然の事故により損害を受けた場合に代金を補償するショッピングガード保険も付帯します。

国内外の宿泊施設、飲食店等の各種施設を優待価格で利用できる

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDの会員は、国内約1万6,000軒・海外約7万5,000軒以上のホテルや旅館、全国約600ヵ所の遊園地やテーマパーク、約4万店の飲食店で割引などの会員限定優待を受けられる「Orico Club Off」のサービス対象となります。これについては、後のほうで詳しく説明します。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDを使いこなす4つのコツ

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDの一番のメリットは、ゴールドカードなのに年会費1,806円(税抜)で作れるということです。一般的に5,000円~1万円の年会費がかかるゴールドカードが多い中、これはかなりリーズナブルな金額設定といえるでしょう。

オリコカードと並ぶ高還元カードの代表格・楽天カードでもゴールドカード(楽天ゴールドカード)は年会費が2,000円(税抜)ですし、MUFGカード ゴールドも年会費1,905円(税抜)です。

一方、イオンゴールドカードセレクトの年会費は無料ですが、これは招待制なので誰もが作れるというわけではありません。つまり実質的に、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは業界最安値の年会費で作れるゴールドカードだといえます。

楽天ゴールドカードやMUFGカード ゴールドとの年会費の差はわずかなものですが、ポイントがどんどん貯まる、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD独自のポイントシステムを上手に活用することで、このカードのメリットが最大限に生きてきます。

そこで上手に使うための4つのコツをご紹介します。

コツその1 ネットショッピング時には「オリコモール」を必ず経由する

オリコモールはネットショッピングの主要ショップやモールを網羅しています。お買い物のときオリコモールを経由すると、モール利用のボーナスポイント0.5%やOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDでオリコモールを利用したときの1%のポイントの合計1.5%が加算されます。

この1.5%の差は大きく、たとえば、月5万円分、年間60万円分のネットショッピングをした場合で考えると、オリコモール経由を忘れた場合、6,000円相当のポイントしか貯まらないところ、きちんとモールを経由してお買い物すると1万5,000円相当のポイントが貯まります。オリコモールを経由するかしないかだけで、これほどの差がついてくるのです。

オリコモールでは、ショップ・商品によっては最大15%のボーナスポイントが貯まるので、上手に使うことでポイントを大変効率よく貯めることができます。

コツその2 年会費無料でETCカードを作り、利用ポイントを貯める

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDはETCカードを年会費無料で作ることができ、ETC利用によっても1%のポイントが貯まります。高速道路を利用する機会の多い人は、このETCカードを使うことで効率よくポイントを貯めることができます。

コツその3 支払いはカード付属の電子マネーをなるべく利用する

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDにはiDとQUICPayという2種類の電子マネー機能が付属しており、支払い額の1.5%分のポイントが貯まります。これは店舗でクレジット支払いをするよりも高いポイント還元率なので、各電子マネーに対応する店舗では積極的に使いたいところです。ただし、QUICPayは1回の利用の上限が2万円なので、その場合はiD決済かクレジット支払いを選択することになります。

なお、携帯電話やスマホで決済を行う「おサイフケータイ」のようにiPhoneを使えるサービスであるApple PayでOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDを使う場合、QUICPayを介しての決済となるため1.5%のポイント還元率となります。これも覚えておきたいポイントです。

コツその4 Suicaのチャージにも積極的に使う

携帯電話やスマ―トフォンでSuicaが使えるサービス「モバイルSuica」ではOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDによるSuicaへのチャージが可能であり、ポイントもチャージした金額の1%がしっかり貯まります。

モバイルSuicaはかつて年会費がかかっていたものの、2020年2月26日(水)からどのクレジットカードから登録しても年会費が無料になったため、クレジットカードからのSuicaチャージのハードルが下がりました。

さらに、Apple Pay利用では、電子マネーQUICPay決済扱いとなるため、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDからApple Payに登録したSuicaへチャージした場合、その分のポイント還元率は1.5%になります。

1.5%というのは、Suicaへのチャージで最もポイント還元率が高かったJR東日本グループのビューカードと同じ還元率ですが、ビューカードはJR関連以外の利用では0.5%の還元率にとどまることを考えると、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDのほうがSuica利用においても断然メリットの多いクレジットカードだといえます。

ポイント!

iPhoneを持っていてSuicaを使っている人は、Apple Pay経由でSuicaへチャージしてポイントを効率よく貯めていきましょう。携帯電話やスマートフォンでモバイルSuicaを使っている人も、チャージにより1%のポイントが貯まっていくので、ビューカードをすでに持っている人を除き、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDでチャージすることをおすすめします。

ポイント01 ネットショッピング時に「オリコモール」を経由する
ポイント02 年会費無料のETCカードで利用ポイントを貯める
ポイント03 支払いはカード付属の電子マネーを利用する
ポイント04 SuicaのチャージをApple Payを通して使う

一番お得なオリコポイントの交換先は?

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDなどのオリコカードで貯まるオリコポイントは、ポイントの交換先がたくさんあるので使い道に困ることがまずありません。中でも交換先におすすめなのはオンラインクーポンとポイント移行による利用です。

オンラインクーポンは即時発行&利用が可能。とくにオリコモールクーポンは1000ポイントで2,000円分のクーポンで、1P=2円分という2倍の交換レートになるのです。

ポイント移行に関しては、オリコプリペイドカードのチャージのみ500ポイントから移行でき、ほかは1000ポイント単位での移行となります。オリコプリペイドカードは1ポイント単位で4万9000オリコポイントまで移行できるという点でも使い勝手が良いのでおすすめです。

オリコポイントの交換先として最もおすすめなのはオリコモールクーポン。オリコモールは主要なネットショップ・モールを網羅しているので、ネットでお買い物する人ならクーポンの使いに困ることもまずないでしょう。

オリコゴールド会員限定のOrico Club Off


オリコクラブオフ

Orico Club Off(オリコクラブオフ)は、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDとOrico Card THE PLATINUMの会員限定の特典・優待サービスです。以下のような例をはじめとした内容で、20万ヵ所以上の優待を受けることができます。

  1. 国内約2万5,000軒のホテル・旅館を最大90%オフの会員優待価格で利用可能
  2. 全国約600ヵ所の遊園地・テーマパークを最大75%オフの会員優待価格で利用可能
  3. 会員優待価格による映画鑑賞チケットや映画館割引
  4. 全国約700ヵ所の日帰り湯施設を最大60%オフで利用可能
  5. そのほか、暮らしを快適にするさまざまなサービスを会員優待価格で利用可能

Orico Club Offの優待は会員本人以外に同居している家族(配偶者、2親等まで)も利用でき、会員本人か同居家族が一緒であれば同行の友人にも会員優待が適用されます。また、Orico Club Off会員には年会費無料のスタンダード会員と年会費500円(税抜)のVIP会員があり、後者ではよりおトクな優待を受けることができます。

以上のことから、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは、高いポイント還元率と充実のサービスを両立したい人に広くおすすめできるクレジットカードです。

年会費永年無料のOrico Card THE POINTと比較


オリコカード ザ ポイント

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)年会費永年無料のカード。オリコ公式サイトの人気カードランキングでもOrico Card THE POINTが1位、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDが2位(2020年2月集計)という順位になっています。

年会費がかからないことから提供サービスは少なくなりますが、利用者が満足できている品質は兼ね備えているカードです。そこで、Orico Card THE POINTとOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDの基本情報を比較してみましょう。

オリコカード比較

年会費 無料 1,806円+税
ETCカード 無料 無料
ポイント 100円=1P 100円=1P
電子マネー iD、QUICPay iD、QUICPay
利用可能枠 10-300万円 10-300万円
付帯保険 紛失・盗難保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)、国内旅行傷害保険最高1,000万円(利用付帯)、ショッピングガード最高100万円、紛失・盗難保険
入会資格 原則18歳以上(高校生は除く) 原則として年齢20歳以上、安定した収入がある方

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDはゴールドカードである分、申請条件が20歳以上で安定した収入のある方としていますが、Orico Card THE POINTなら主婦やアルバイト、パートの方でも申し込みが可能なカードとなっています。年会費が無料というだけでなく、ハードルが低めで間口が広いことから、幅広い層に人気なのでしょう。

カードの種類が異なるからと言って通常ポイント付与率は変わらず、利用可能枠も同じ10~300万円。保険や福利厚生のサービスの差さえ気にしなければ、使い勝手はほぼ変わらないカードです。

Orico Card THE POINTの入会キャンペーンを要チェック

また、Orico Card THE POINTなら最大8,000円相当のポイントがもらえたり、入会後半年間ポイントが倍増したりというような、お得感満載の入会キャンペーンも随時実施していますので、ぜひ下のリンクからチェックしてみてください。


オリコカード選びは年会費と付帯サービスのどちらを優先するか
オリコカードの選び方は、年会費が無料で使い勝手もいいOrico Card THE POINTを選ぶか、保険や福利厚生などの豊富なサービスが付いていて、ゴールドカードとして業界最安値のOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDを選ぶかがポイント。よく用途を確認して選んでみましょう。


迷ったら
コレ!

オリコカード ザ ポイント
icn-menu-mastercardicn-menu-jcb

年会費

永年無料

還元率

1.0%~3.0%

発行期間

最短8営業日

ETCカード

無料

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック

ETC利用率
100円=2ポイントの高還元
入会後6ヶ月は
100円で2ポイント貯まる高還元カード
ETCカードも年会費無料です。
初年度年会費 海外保険 国内保険
無料 - -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 最短8営業日 10-100万円
カードの詳細ページを見る


クレジットカードの選び方

関連サイト