ららぽーとなどでお得に使えるクレジットカードの選び方と審査基準

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


"ららぽーと"は関東に9軒、東海に1軒、関西に3軒の全国に13軒ある三井不動産グループの複合型大型ショッピングセンターです。

買い物はもちろん、食事やアミューズメント(ゲームセンターや映画館)も充実しているららぽーとは家族連れはもちろん、カップルのおでかけにも人気のスポットです。

ららぽーと内には約110~440の店舗が入っており、ついお買い物をたくさんしてしまう方も多いのではないでしょうか。いつもは現金払いでお買い物をしている方は、クレジットカード払いをすることでららぽーとをもっとお得に利用することができます。

ららぽーとでの使用に特化したクレジットカード

ららぽーとへよく行く方に断然おすすめなのは”三井ショッピングパークカード”です。 このクレジットカードはららぽーとをはじめとする三井不動産グループの商業施設でお得に使えるカードです。

<三井ショッピングパークカードの特長>

◦年会費は永年無料(※プレミア・アメリカン・エキスプレス・カードの場合のみ3,000円+税)

◦ららぽーとを含む三井不動産グループの商業施設での買い物で三井ショッピングパークポイントが「100円につき2ポイント」がもらえます。(貯まったポイントは500ポイントから500円分の買い物券に! 有効期限は買い物したときのレシートで簡単に確認できます。)

◦さらに国内外どこで利用しても有効期限なしの永久不滅ポイントがもらます。(1000円で1ポイント。400ポイントでショッピングパークポイント2,000ポイントに交換できる他、カードの利用代金の支払いやマイルに交換することができます。)

◦ららぽーとで40万円買い物をするとこれだけポイントがもらえる!

永久不滅ポイント(1,000円につき1ポイント)→400ポイント(ショッピングパークポイント2000ポイント分)

<例> ショッピングパークポイント(100円につき2ポイント)→8,000ポイント 2,000+8,000=ショッピングパークポイントが10,000ポイントもらえます。(ポイント還元率は2.5%)

三井ショッピングパークカードはショッピングパークポイントと永久不滅ポイントがダブルで貯まるので、ポイントもさくさく貯まるためららぽーとでよく買い物をする方におすすめなのです。

三井ショッピングパークカードの特典

ポイント還元率の高さだけではなく、ららぽーとでさらに得することがたくさんあります。

◦ポイントアップデー

毎週水曜日は三井ショッピングパークポイントが100円につき1ポイントアップになります。(※対象外の店舗もあるので確認の必要あり)その他にも期間限定でのポイントアップデーを不定期に開催しています。(※ゴールデンウィークに100円につき5ポイントもらえるキャンペーンを実施した実績あり)

◦駐車場優待サービス

ららぽーとは郊外にある店舗も多いため、車を利用している方がほとんどです。年会費無料で駐車場の優待サービスが受けられるのはそれだけでもカードを持つ価値があると言えます。

(例:ららぽーと豊洲・ららぽーと横浜では通常サービス時間に+1時間サービス)

◦誕生月はバースデーポイントがプレゼント

誕生月にカードを利用すると三井ショッピングパークポイント100ポイントがもらえます。(※一部対象外の店舗あり)

◦スマホアプリとの連携でお得&便利

三井ショッピングパークアプリを利用して、アプリ内でポイントやイベント情報などがチェックできます。割引やプレゼントのクーポンが配信されることもあるので買い物の前にはチェックしておくといいでしょう。

◦年間30万円の利用でスペシャルメンバーに!

ららぽーとをはじめとする三井不動産グループ商業施設で年間30万円(税込)以上利用すると利用額に応じたボーナスポイントをもらえるほか、メンバー限定の10%オフセールの招待があります。

この他にも三井ショッピングパークカードを提示するだけで、レストランでドリンクサービスがあったり、各ショップに割引が適応されたりするのでららぽーとでの利用ではこのカードの右に出るものはいません。

事前にインターネットから申し込みをすることで最短当日発行・店頭受け取りができる即日発行も強みのひとつであり、主婦やフリーターでも申し込み可能なことから審査基準は低いです。

ららぽーとでは最強! でも他の買い物では力が発揮できない

三井ショッピングカードはいい意味でも悪い意味でも「ららぽーとなど三井不動産グループ商業グループでの利用」に特化したクレジットカードです。ショッピングパークポイント対象外の店では1,000円につき永久不滅ポイントが1ポイントしかもらえないため還元率は0.5%と非常に低くなってしまいます。

万能なクレジットカードといえば”三井住友カード”

◦インターネットからの入会で初年度年会費無料

三井住友カードの年会費は1,250円+税ですが、インターネットからの申し込みで初年度の年会費が無料になります。また利用サービス(WEB明細サービス、マイ・ペイすリボ(※))や利用金額により翌年からの年会費も無料もしくは割引された値段となります。

※2021年2月年会費お支払い分からは「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いが必要となります。

◦賢く使ってポイント大量ゲット

三井住友カードは200円の支払いで1Vポイントが貯まります。ポイント還元率は通常0.5%とあまり高くありませんが賢く使うとポイント還元率が20倍の10%になります。

ポイントを最大20倍にする方法

◦ネットショッピング利用の際は「ポイントUPモール」を利用する。

三井住友カードはネットショッピングを利用する際にポイントUPモールを経由して買い物をするだけで楽天、Amazon、Yahoo! ショッピングではポイント2倍。ショップにより最大20倍のポイントを獲得することができます。

◦街での利用には”ココイコ! ”を利用

ココイコ! はエントリーしてから対象の店舗でカードを利用すると、ポイントやキャッシュバックが受け取れるサービスです。

◦旅行する人にはおすすめ! 安心なサービスが充実

不正利用、盗難・紛失、旅行障害などの保険が完備されているので海外旅行には必ず1枚持って行きたいクレジットカードです。(国内旅行の補償を希望の方は年会費+250円の三井住友カードAを利用しましょう)

万能な三井住友カードですが、クレジットカードのなかでも審査が厳しいことで有名なカードなので誰でも持つことができるクレジットカードではありません。しかし、末長くカードを使っていきたい方にはステータス性があることからおすすめです。

自分の使い方・状況に合わせてカードを選ぼう

三井ショッピングカードと三井住友カードのどちらを選ぶかは最終的に所有者次第になりますが、使う場所や今度の事を考えて決めておくのが解約をさけるポイントになります。

◦三井ショッピングカード

ららぽーとでのポイント獲得、特典の多さでは最強のカードとなり、主婦も申込み可能となっているため審査も比較的優しく、ららぽーとでお得に買い物ができればいいという方におすすめ。

◦三井住友カード

ポイントモール・ココカラ! の利用でお得にポイントを貯めることができ、セキュリティ面と補償も充実した万能なカードとなっています。ただしステータス性が高く銀行系カードのため審査は厳しめですが、使い続けることでゴールドカードに招待されるなど末長く使っていけるスペックになっています。

どちらもただカードを持っているだけでは最大限のお得なサービスを受けることはできません。カードの利点を正しく理解し上手にクレジットカードを活用しましょう。


まずは
このカード!


年会費


1,250円+税
初年度年会費無料(オンライン入会)

還元率

0.5%~2.5%

発行期間



最短翌営業日
オンライン申込から
最短5分で
カード番号を発行

ETCカード


500円+税
(年1回の利用で無料)

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック

★簡単条件★今なら最大12,000円プレゼント!
新規入会の方限定でカードの利用金額の20%(最大12,000円)をもれなく還元するキャンペーンを実施中です。
三井住友カードバナー
最短翌営業日のスピード発行に対応
三井住友カードは申し込みから最短翌営業日のスピード発行に対応しています。
申し込んでからカードが届くまでの待ち時間が少ないので、すぐにカードを利用したい人におすすめ。
安心と信頼のカード
カード情報を裏面に集約させたデザインや、アプリで簡単にカード利用を制限できる安心安全のクレジットカード!
サービス登録と利用で年会費が無料になる嬉しい1枚。落ち着いたデザインが人気のカード。
ポイントが貯まりやすい!
セブン・ファミマ・ローソン・マクドナルドの獲得ポイントが常に5倍!さらに選んだ3店で常にポイント2倍!
ステータス性が高い
三井住友カードは入会の敷居は厳しくないものの、銀行系クレジットカードということもありステータス性も高く、将来にゴールドカードを持ちたいと考えているかたにもピッタリのクレジットカードです
ETCカードは実質無料
ETCカードは年会費500円+税ですが、初年度は年会費が無料でETCの利用が1回でもあれば次年度も年会費が無料になります。
初年度年会費 海外保険 国内保険
無料(オンライン入会) 最高2000万円 -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 最短翌営業日 10-80万円





クレジットカードの選び方

関連サイト