エポスカードの支払い延滞は20日後に督促が厳格化。審査期間が短くてすぐ利用できるクレジット・カードローンの紹介


エポスカードの支払い延滞は20日後に督促が厳格化

エポスカードは、引落し日から20日間経っても返済なされない場合、エポスカード内で管轄している部署が変わり、支払い督促が厳格化してしまうことをご存知でしょうか。

エポスカードは契約時に4日または27日どちらか好きな引落し日を選択できます。もし引落し日が4日の場合、12月5日から1月4日までの利用分を2月4日に支払うことになります。

27日が引落しの場合は、12月28日から1月27日までの利用分を2月27日に支払うことになるのです。

つまり、引落し日が4日の場合は当月24日、27日の場合は翌月20日(該当月が30日計算の場合は19日)が督促厳格化の境目となります。何かしらの理由により支払いができなかった場合は、遅くても20日以内に支払いを済ませ延滞を解消しましょう。

請求金額を見て一括払いが厳しいときの対処法

万が一、当月の請求金額を見て一括での支払いが厳しいと感じたときは「分割払い」または「リボ払い」への変更がおすすめです。

エポスカードでは、引落し日の約10日前までに支払い方法変更の手続きをすれば、一括またはボーナス一括払いでのショッピング代金を分割またはリボ払いに変更できます。

変更締切日の2日ほど前までに支払い変更受付の期限日をお知らせするメールが届きますので、当月の変更期限がいつなのかしっかり確認しておきましょう。変更手続きは、エポスカードの会員webサイト「エポスNet」へログインの上、進めていってください。

延滞することによるデメリット

中には、引落し口座にうっかり入金し忘れてしまったなどの理由で延滞するケースもあるかと思います。うっかりだから大丈夫、そう思うのは少し危険かもしれません。

なぜなら、クレジットカードの支払いを延滞してしまうことで、あなたに大きなデメリットをもたらす可能性があるためです。

大きなデメリットとは何でしょうか。

それは、信用情報機関に延滞した記録が残ってしまい新しくクレジットカードを作るのが難しくなることです。

クレジットカードの発行審査は基本的に、本人の年収や職業、勤続年数などの他に信用情報機関の情報を元に行われます。もし、信用情報に延滞や滞納の記録があった場合、カードの発行は認められないかもしれません。

たとえ、正社員で勤続年数も長く安定した収入がある場合でも、信用情報に延滞や滞納の記録があるだけで発行は認められない可能性は十分にあります。

場合によってはエポスカード側から強制退会を言い渡されるリスクもあるでしょう。そのような状況を回避するためにも、金銭的に余裕がなく支払いが難しい場合は審査期間が短くすぐに利用できるクレジットやカードローンの申込みを検討してみてください。

審査期間が短くてすぐに利用できるクレジット・カードローンとは

審査期間が短くてすぐに利用できるクレジット、カードローンとは何でしょうか。

それは、みずほ銀行のカードローンとACマスターカードのことです。それぞれどんなサービスなのか詳しく確認していきましょう。

みずほカードローンのサービス概要

まずは、みずほ銀行が提供している“みずほカードローン”の詳しいサービス内容について確認していきましょう。

簡単に言うとお金が借りられるキャッシングサービスですが、一般的なカードローンに比べて申込みから利用開始までの期間が短く初めての方でも利用しやすいのが特長です。

満20歳以上の方で安定した継続収入があり、みずほ銀行の口座を持っている方であれば加入対象となります。


加入対象 満20歳以上満66歳未満の方
安定した継続収入のある方
みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方
みずほ銀行の口座を持っている
利用枠 最高800万円
支払日 毎月10日
支払い方法 みずほ銀行口座からの引落し
申込み時に必要な書類 運転免許証または運転経歴証明書
パスポート
各種健康保険証
印鑑証明書
住民票
住民基本台帳カード
在留カード
特別永住者証明書
上記の中からいずれか1通
利用方法 みずほ銀行のキャッシュカードですぐに利用が可能
※コンビニATMでも利用可能
その他 ATM時間外手数料が無料
金利年2. 0%〜14.0%
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

カードローンを利用は、みずほ銀行のキャッシュカード1枚でできます。近くのコンビニATMで手続きをしてお金を借りられるため、すぐに現金が必要な方も安心です。

また、消費者金融の利用は気が引けてしまう方も、銀行でのカードローン利用であれば使いやすいかもしれません。

ACマスターカードのサービス概要

次に、ACマスターカードの詳しいサービス概要について確認していきましょう。

消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードですが、券面がシンプルなため周りの目を気にせず利用できます。

さらに、ACマスターカードはキャッシング機能も付帯されているため、利用用途に合わせてキャッシングかクレジット利用かの選択ができます。


年会費・入会費 無料
利用限度額 10〜300万円
※ショッピング枠ご利用時
利用明細の確認方法 web明細もしくは紙明細の選択可能
手数料・実質年率 10.0%~14.6%
※ショッピング枠ご利用時
支払い方法 締め日:毎月20 日
支払い日:翌月7日から35日以内
2回目以降は、前回の支払い日から35日以内
 
口座振替または、アコム店頭窓口、むじんくん、アコム総合カードローンデスクで支払い可能
ポイント付与サービス なし
その他 ・カードローン機能つき
・cirrusマークがあるATMなら海外でもキャッシング利用可能

ちなみに、ACマスターカードは審査方法が他のクレジットカードと異なるという特長があります。

一般的なクレジットカードは割賦販売法に基づいて審査が行われるため、クレジットカードの利用代金やスマホ端末代金の分割代金の支払い状況がカード発行可否に大きく影響します。

しかし、ACマスターカードは消費者金融がお金を貸すかどうか審査する際に用いられる貸金業法に基づいて審査が行われます。そのため、信用情報期間に延滞や滞納の記録があったとしても、カードの発行可否で重要視されることはないのです。

一般的なクレジットカードのように利用金額に応じてポイントが貯まるなどの特典はありませんが、使いやすさの点で見れば十分満足できるサービス内容だと言えるでしょう。

すぐに利用できるACマスターカードに申込もう

手持ちがなく、クレジットカード利用代金の支払いが難しい場合、そのまま期間が経過すると強制退会してしまうリスクがあります。また、信用情報機関に延滞や滞納情報が載ってしまい、新たにカードを作ることができなくなってしまうかもしれません。

そのような状況を回避するためにも、支払いが厳しいと感じたときはのACマスターカードの利用を検討してください。申込みから最短30分で利用することが可能です。



クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club