実はamazonカードの審査に通るのは難しい? 審査が柔軟で学生や主婦でも申し込みできるおすすめのカード

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


年会費無料でポイントが4倍!
JCB CARD Rは年会費が無料で最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯!

amazonカードのお得な特典と使い方

Amazonカードは、三井住友VISAカードと提携するクレジットカードで、amazon Mastercard クラシックと、amazon Mastercard ゴールドの2種類があります。入会申込みからおよそ3分程度で行われる即時審査サービスと、Amazonでの買い物で最大2.5%のポイント還元、その他の買い物でも1.0%の還元率が魅力のカードです。

即時審査サービスは、必要事項を入力した後にすぐに仮審査が行われ、利用可能枠3万円の仮カード(Amazonテンポラリーカード)が発行されるサービスです。番号のみの発行となり、このカード番号はAmazonアカウントに自動登録され、各種買い物に使用できます。

Amazonカードの利用で獲得したAmazonポイントは、自動で自分のAmazonアカウントに加算され、面倒な手続きは一切ないので安心です。そのため他のクレジットカードでよくある提携ポイントへの移行手続きも、交換忘れの心配もなくなります。

amazon Mastercard クラシックの特長


  • 年会費は1350円(税込み)ですが、入会初年度は無料、翌年度以降は前年度に1回以上のカード利用があれば年会費無料となります。
  • 家族カードの発行は原則ありません。
  • 保険関係はショッピング補償があり、年間合計100万円までの国内外のリボ払い・分割払い(3回以上)が対象です。
  • キャンペーン特典の利用で、入会時にAmazonポイントがもらえます。キャンペーン内容によりポイント数が変動するため随時確認が必要です。

amazon Mastercard クラシックのAmazonポイント還元率


  • Amazonでの買い物・・・プライム会員は2%、非プライム会員は1.5%還元
  • Amazon以外でのカード利用・・・1%還元(Prime Now、Amazon Pay、Primeの会員プログラム会費を含む)
  • Amazonプライムを利用するとき・・・非会員の方は別途申し込みが必要で、年会費3900円または月会費400円が必要になります。

amazon Mastercard ゴールドの特長


  • 年会費は10800円(税込み)で、申し込み時にマイ・ペイすリボを選択することで入会初年度の年会費を5400円割引くことができます。翌年度移行は、マイ・ペイすリボ割引が5400円と、WEB明細書割引の利用が1080円となり、合計で6480円年会費を安くできます。実質、入会初年度は5400円、翌年度以降は4320円の年会費負担になります。

    ※2021年2月年会費お支払い分からは「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いが必要となります。
  • 家族カードの発行はクラシック同様にありません。
  • 保険関係は、旅行傷害保険が最高5000万円、海外旅行・国内旅行が対象です。ショッピング補償は、年間合計300万円までの国内外のリボ払い・分割払い(3回以上)が対象となります。
  • 全国主要空港のラウンジを無料で利用できます。
  • ・クラシック同様にキャンペーン特典の利用で、入会時にAmazonポイントがもらえます。キャンペーン内容によりポイント数が変動するため確認が必要です。

amazon Mastercard ゴールドのAmazonポイント還元率


  • Amazonでの買い物・・・2.5%還元
  • Amazon以外でのカード利用・・・1%還元(Prime Now、Amazon Pay、Primeの会員プログラム会費を含む)
  • Amazonプライムを利用するとき・・・非会員の方でも別途申し込みの必要がなく、年会費・月会費の負担なしでプライム特典が使いたい放題で利用できます。

amazonカードの申込資格を確認して審査レベルを見極めよう

amazonカードはクレジットカードのため、 入会申込み時には必ず審査があります。 審査には申込資格があり、amazon Mastercardクラシックとamazon Mastercardゴールドでは年齢や収入面で異なります。

amazonカードの申込資格を確認


  • amazon Mastercardクラシック・・・満18歳以上の方で高校生は不可、未成年の方は親権者の同意が必要。
  • amazon Mastercardゴールド・・・原則として満20歳以上の方、申込者本人に安定継続収入のある方。

amazonカードは、高校生は申込対象外で、主婦の方はamazon Mastercardクラシックが向いています。主婦の方でも20歳以上で安定した収入のある方ならゴールドも申込可能です。

Amazonカード申込み時にクラシック・ゴールド両方の申込資格をクリアしていたとしても、過去にクレジットカード利用料金の支払いに延滞や滞納があった場合は、カードの発行が難しくなることがあります。これはamazonカードが三井住友VISAカードとの提携をしているためで、過去の延滞や滞納は信用を大きく損なう恐れがあるからです。

Amazonをお得に利用でき、学生でも主婦でも申し込めるJCB CARD R

Amazonカードと同じようにAmazonでの買い物でお得に利用でき、学生や主婦の方も申込可能なカードとしてJCB CARD Rが挙げられます。

JCB CARD Rは、18歳以上で本人または配偶者に安定した収入のある方を対象としたカードで、主婦・学生の方でも申込みが可能です。※高校生は不可

ターゲット設定が幅広いカードですが、年会費は本会員・家族会員ともに無料となっているので、非常に所有しやすい1枚となっています。

JCB CARD Rの利用で獲得できるポイントは4倍です。

また、4倍以上のポイントが貯まる加盟店もあり、毎日の支払いに使用すればどんどんポイントが貯まります。

JCBの「パートナーポイントプログラム」に登録(無料)すると、貯めたポイントをAmazonでも利用でき、1ポイントを3.5円として交換できます。

JCB CARD Rのメリットを紹介

JCB CARD Rのメリットは何と言っても年会費が無料で利用できることです。

18歳以上の方なら会員本人、家族会員も年会費が永年無料です。また、国内で唯一の国際ブランドJCBが運営するカードとして、学生(高校生を除く)や主婦の方も安心して使用できます。

高還元率のポイントプログラムも大きな魅力となっており、普段なら1,000につき1ポイントのところ、4ポイントが付与され、いつでもポイントが4倍です。

また、インターネットショッピングでは、JCBが運営するポイント獲得サイトであるOkiDokiランドがあり、あらゆるジャンルの提携店の利用でポイントが最大で20倍にもなります。

保険関係も充実していて、海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで、国内・海外でのショッピング・ガード保険がそれぞれ、最高100万円まで補償されるのも他のクレジットカードと比較して優れているところ。

通常ならこうした保険は、条件をクリアすれば付帯するケースがほとんどですが、自動付帯なら、国内での日常使いにも、海外での思い切ったショッピングにも、安心して使えるカードだといえます。

JCB CARD Rのデメリットとは?

JCB CARD Rのデメリットは「リボ払い専用」クレジットカードであることです。

リボ払い専用とは、名前の通りすべての支払いがリボ払いとして扱われます。

リボ払いとは、毎月の支払金額を自身で設定できる支払い方法で、設定した支払い金額で支払いきれなかった利用金額は来月に繰り越されます。

来月に繰り越された金額と、繰り越された日から支払日までの日数に対して手数料が発生するので、どうしても余計な出費がでてしまうのです。

上手に活用すれば便利なカードですが、しっかり管理をしなければ無駄な出費がでてしまうので多くの方がリボ払いをデメリットとして感じています。

リボ払い専用のカードですが、申し込み基準も広く、ポイントも貯まりやすいカードと考えればそれほど苦ではありません。

JCB CARD Rはこんな方におすすめのカード

JCB CARD Rは18歳以上の方なら、主婦の方やクレジットカードを始めて作る学生にもおすすめなカードです。

過去にカード利用料金の延滞や滞納があった方も、ずいぶん前にしっかりと返済が終わっていれば申し込みをすることができます。

多くの提携企業を利用すればネットショッピングでポイントアップも期待できるので、JCB CARD Rは高還元率のカードで様々な特典が付帯したカードを発行したいけど、審査に不安を感じている方に向いているカードと言えます。



まずは
このカード!







クレジットカードの選び方