三井住友カードの評判は?口コミから分かったメリットとデメリット

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj



このETCカードに関するみんなの口コミ・評価
三井住友カード

男性40代/男性/会社役員

男性30代/男性/会社員

女性30代/女性/派遣社員

女性20代/女性/主婦

現在4,700万人以上の会員数を誇る三井住友カード。

ユーザーの多さから申し込みを決める人もいますが、使ってみると意外に不便なデメリットがあった…という声や、反対に思いがけないメリットがあった!という声も見られます。

そこで、実際に三井住友カードを申し込み、使っている人のレビューを参考にメリット・デメリットを比較しました。

三井住友カードユーザーが語る「決め手」とは?

多くのクレジットカードがある中で、三井住友カードのどんな点に魅力を感じたのかユーザーの声を集めました。

銀行系カードはやっぱり安心

銀行系のクレジットカードの方が、信頼感があると考えたからです。

銀行業務を行う会社が発行しているため、セキュリティ面において信頼性が高い点が評価されています。

クレジットカードの年会費無料は、初年度のみですが、Web明細を申し込めば割引になるなどのサービスもあります。

インターネット入会で申し込みをすると、初年度年会費が無料です。

2年目以降の年会費は通常1,375円(税込)ですが、明細書をWEBに切り替えるだけで550円割引になります。また、年間支払額が一定額を超えると翌年の年会費も無料です。

前年度のお買物累計額 100万円以下
WEB明細書サービス 利用しない場合 利用した場合
翌年の年会費 1,375円(税込) 825円(税込)
前年度のお買物累計額 100万円以上300万円未満
WEB明細書サービス 利用しない場合 利用した場合
翌年の年会費 687円(税込) 137円(税込)
前年度のお買物累計額 300万円以上
WEB明細書サービス 利用しない場合 利用した場合
翌年の年会費 無料 無料

ETCカードはドライバーなら作って損はない

ETCカードは初年度年会費無料で、翌年からも使用実績があれば、無料となります。ETCを一年間使わないことはないので、実質的には無料のようなものかと思います。

ETCカードの年会費は初年度のみ無料、2年目以降は通常550円(税込)ですが、一年間の間に一度でも利用があれば翌年の年会費も無料になります。

クレジットカードでの買い物と同様にETCカードの利用でも共通のポイントが貯まりますので、現金精算と比べるとはるかにお得です。

券面デザインがリニューアル!新デザインの評判は?

2020年2月3月より三井住友カード(SMCC)が発行する全カードの券面デザインが新しくなりました。新デザインの一番の特徴は、通常は表面にあるカード番号や有効期限等の情報が裏面に表記されており、非常にシンプルなデザインとなっていることです。


シンプルなデザインになったことでスタイリッシュさが増しただけでなく、利用時の盗み見を防止できるメリットがあります。また、文字のエンボス加工がなくなり全て印字されているため、券面がフラットになりかさばりにくくなった点も魅力です。

一方で、パルテノン神殿があしらわれていた旧デザインが気に入っていたという人も多く、好みによって評価がはっきり分かれています。

メリットや使ってみて満足した点は?

あってよかった!付帯特典・サービス

海外旅行の旅行代金をカード決済すれば、海外旅行傷害保険が適用されるのが嬉しいポイントです。

事前に旅費などをカード決済しておくことで、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯します。

傷害死亡・後遺障害 傷害治療費用 疾病治療費用
最高2,000万円 50万円 50万円
賠償責任 携行品損害 救援者費用
2,000万円 15万円 100万円

Web明細書サービスは、年会費がお得になるうえ、ペーパーレスでカード利用額を確認できるので、お金の管理が楽になりました。

支払い金額確定後すぐにメールで通知されるため、紙よりも早く確認することができます。また、改めて紙で確認したい!という場合には、Web明細を自分で印刷して管理することも可能です。

ネットショッピングには必須?高還元のポイントプログラム

日常でクレジットカードを使うことは少ないですが、ネットショッピングでの決済時は重宝しています。

クレジットカードを所持しているだけで、ネットショッピングでの支払いがぐっと楽になります。ネット上で決済が完了するため、支払いのために現金を下ろしたり外出したりする必要がなくなります

また、銀行振り込みや代引きで発生していた手数料等は請求されません。

ネットショッピングのサイトを始めとして、ポイントが2倍以上貯まるポイントUPモールがあるのが嬉しいです。

三井住友カードで買い物をすると、通常200円で1ポイント(0.5%がVポイントとして還元されます。

さらにVポイント優待サイトであるポイントUPモールを経由するだけで、Vポイントが追加で0.5%9.5%貯まります

デメリットや不満を感じている点は?

ETCカード目的に申し込むと二度手間?

クレジットカードと同時にETCカードが申し込めるかと思っていましたが、申し込んだクレジットカードがETCカードのインターネット申し込み対象カードでなかったため、申し込みを二度行わなければならなかった点が手間でした。

クレジットカードと同時にインターネットからETCカードを申し込める対象カードは、こちらから確認できます。

ETCカードを利用したい場合は、申し込み時に入力画面のETCカードにチェックを入れるのを忘れないようにしましょう。

ポイント還元率がばらばらで分かりづらい

ポイントUPモールのポイント率がショップによって異なるので、いちいち還元率を確認するのが面倒です。

ショップによって還元率が異なるだけでなく、期間によっては通常の何倍もポイントが獲得できるキャンペーンが開催されている場合もあります。

ポイントUPモールでは30件まで「お気に入りショップ」を登録できるので、うまく活用しこまめにチェックすることで、多くのポイントを貯めることも可能です。

そもそもポイントUPモールの使い方を知らない方や、うっかりポイントUPモールを経由するのを忘れてしまう…という方も多いです。

PCならポイントUPチェッカーをインストールすることで、自分が今見ているショップがポイントUPモールに掲載されているかどうか知らせてくれます。

口コミでもブランド力が高評価な三井住友カード

三井住友カードは、その知名度の高さやユーザー数から伺えるように、信頼性が一番の魅力と感じている方が多いようです。

学生カードや18歳~25歳限定のカードなど、三井住友カードには若年層が持ちやすいカードも多数用意されており、これらのスタンダードなカードは使い続けることでゴールドやプラチナへのランクアップを目指すことができます。

レビューから分かった三井住友カードの魅力

三井住友カードについて、銀行系の安心感付帯サービスの充実を両立している点がユーザーから高い評価を受けていることが分かりました。初年度は利用額に関わらず年会費無料ですので、初めてクレジットカードを持つという方にもおすすめの一枚です。

口コミでは「難しい」という意見のあった高還元のポイントプログラムも、うまく活用すると普段の買い物だけでも大量のポイントを獲得できます。

信頼性や安心感でクレジットカードを選びたい方、新しいカードデザインに興味がある方にはぜひ三井住友カードをおすすめします。


三井住友カード
VISA MasterCard
年会費


1,250円+税
初年度年会費無料(オンライン入会)
還元率 0.5%~2.5%
発行期間



最短翌営業日
オンライン申込から
最短5分で
カード番号を発行
ETCカード


500円+税
(年1回の利用で無料)
  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック

★簡単条件★今なら最大8,000円プレゼント!
新規入会の方限定でカードの利用金額の20%(最大8,000円)をもれなく還元するキャンペーンを実施中です。
三井住友カードバナー
最短翌営業日のスピード発行に対応
三井住友カードは申し込みから最短翌営業日のスピード発行に対応しています。
申し込んでからカードが届くまでの待ち時間が少ないので、すぐにカードを利用したい人におすすめ。
安心と信頼のカード
カード情報を裏面に集約させたデザインや、アプリで簡単にカード利用を制限できる安心安全のクレジットカード!
サービス登録と利用で年会費が無料になる嬉しい1枚。落ち着いたデザインが人気のカード。
ポイントが貯まりやすい!
セブン・ファミマ・ローソン・マクドナルドの獲得ポイントが常に5倍!さらに選んだ3店で常にポイント2倍!
ステータス性が高い
三井住友カードは入会の敷居は厳しくないものの、銀行系クレジットカードということもありステータス性も高く、将来にゴールドカードを持ちたいと考えているかたにもピッタリのクレジットカードです
ETCカードは実質無料
ETCカードは年会費500円+税ですが、初年度は年会費が無料でETCの利用が1回でもあれば次年度も年会費が無料になります。
初年度年会費 海外保険 国内保険
無料(オンライン入会) 最高2000万円 -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 最短翌営業日 10-80万円



クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト