イオンカードの解約をスムーズにする方法


イオンカードを解約するためには

イオンカードは、イオンやマックスバリュ、ビブレなどのイオン系列店をよく利用する人にとっては、何かと便利なクレジットカードです。しかし事情があって解約を考えている方は、お持ちのイオンカードの種類に応じた解約手続きをすることになります。

イオンカードセレクトの解約方法

通常のイオンカードと、イオン銀行のキャッシングカードが一体型となったイオンカードセレクトを解約するためには、「イオン銀行コールセンター ※1」に連絡する必要があります。

※1 イオン銀行コールセンター


この時、 クレジットカードだけを解約するのか、もしくはイオン銀行の口座も解約するのかによってその後の手続きが異なりますので、決めてから連絡するようにしましょう。クレジットカードだけを解約する場合、イオン銀行の口座はそのまま残りますので、新たにイオン銀行のキャッシングカードを発行してもらうことになります。
一方、イオン銀行の口座も解約する場合は、両方の解約手続きをして終了です。

その他のイオンカード

イオンカードセレクト以外のイオンカードを解約する場合は、「イオンクレジットサービス ※2」のコールセンターへ電話するか、もしくはオンライン(イオンスクエア)からも手続きができます。オンラインで解約手続きするためには、イオンスクエアのメンバー登録が必要です。

イオンスクエアメンバーになっている方は、MyPageメニューから 「資料請求→カード変更届→脱会用紙」の順にクリックし、脱会届の郵送手続きを行なってください。後日、脱会届が届いたら、必要事項の記入と捺印の上、返送します。

通常のイオンカードは、自分でハサミを入れて破棄できますが、 「イオンSuicaカード」だけは返却が必要となりますので、破棄しないように気をつけましょう。

※2 イオンクレジットサービスコールセンター



イオンカードの解約時に気をつけたいこと

イオンカードを解約する際には、いくつかの注意事項がありますので、以下の点をチェックしておきましょう。

ときめきポイントが1,000ポイント以上残っていないか ?

いずれのイオンカードも、解約と同時にこれまで貯めたときめきポイントは失効してしまいます。ときめきポイントは、1,000ポイント以上からカタログ商品や電子マネーWAONへの交換ができますので、1,000ポイント以上残っている場合は交換手続きをしてから解約するようにしましょう。

WAONポイントが残っていないかどうか ?

イオンカードには、電子マネーWAONと一体化したものが多いのですが、イオンカードの解約と同時にこれまで貯めたWAONポイントも消えてしまいます。WAONポイントが残っている場合は、クレジット機能の付かないWAONカードを用意した上で、そちらに移行しておきましょう。WAONポイントの移行は、イオンの店内に設置されている「WAONステーション」で行なうことができます。

ただしWAONカードの発行には300円がかかりますので、もしこの先イオン系列店を利用する頻度が少なくなるという方は、イオンカードを解約する前に貯まったWAONポイントをWAONに交換し、買い物で使いきってしまうのも一つの方法です。

イオンカードの付帯サービスはどうなっているか ?

イオンカードにETC機能をつけていた方や、家族カードを作っていた方などは、それらも解約と同時に使えなくなります。特に「ETCマイレージサービス」に登録している方は、イオンカードの解約と共にこれまで貯めたポイントも失効してしまいますので注意が必要です。

その場合は新たなETCカードを作り、ポイントをそちらに移行することができます。ETCマイレージサービスのサイトにある、「 登録カードの変更手続き」から手続きが可能です。

イオンカード利用分の残高がないかどうか ?

イオンカードに限りませんが、クレジットカードを解約する際には、基本的にカードショッピングやキャッシングなどで利用した分をすべて完済している必要があります。支払いが残っている場合、一括で返済を求められるのが普通ですので、しっかりチェックしましょう。

イオンカードを解約せず、残しておくという選択も

イオンカードの解約後も、引き続きイオン系列店を利用する予定があるという場合は、イオンカードを解約せず持っておくという方法もあります。

イオンカードはいずれも年会費が無料ですので、持っているだけであれば費用は一切かかりません。またイオン系列店を利用するのであれば、捨てがたいのが「 お客さま感謝デー」の特典です。

毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」には、イオンカードを店頭レジで提示するだけで、買い物代金が5%割引になります。イオンカードで支払う必要はありませんので、クレジット機能を使わなくても持っているだけでお得に買い物ができるのです。

またイオン直営の化粧品売り場にあるカウンセリング化粧品は、イオンカードを提示することで常に 10%割引になります。さらに「お客さま感謝デー」の日には5%割引も加わって、15%オフでカウンセリング化粧品を購入できますので、非常にお得です。

今後もイオン系列店を利用する予定のある方は、 イオンカードは5%割引を受けるために引き続き持っておき、買い物には別のクレジットカードを使う、という方法をおすすめします。

イオンを利用する方におすすめのクレジットカード

イオンカード以外のクレジットカードを作りたい方は、「どんなサービスを重視するか」を考えた上で選ぶようにしましょう。たとえばステータス性を重視するなら「三井住友VISAカード」、ポイントを重視するなら「VIASOカード」などのクレジットカードがあります。

三井住友VISAカードなら、WAON機能も付けられる !

ステータス性やブランド力のあるクレジットカードを作りたい方は、「三井住友VISAカード」がおすすめです。VISAは、世界中で使える5つの国際ブランド(VISA・MasterCard・American Express・JCB・Diners)の中でも、売り上げシェアは全体の60%以上を占めており(第一位)、世界各国でその信用と価値を認められています。

さらに三井住友VISAカードには、イオン利用者にとってうれしい、 電子マネーWAON機能をつけることも可能です。その場合はあらかじめ三井住友VISAカードを作った上で、別途申し込む必要があります(三井住友WAONカード)。

三井住友WAONカード、5つの特典

WAONで200円買い物するごとに、1WAONポイントが貯まる !
WAON一体型のイオンカードと同様、WAONを使って200円買い物するごとに、1WAONポイント(1円相当)が付与されます。WAONポイントは、イオン店内にある「 WAONステーション」でWAONへと交換できます。
「お客さま感謝デー」にWAONで支払うと、5%割引 !
さらに三井住友WAONカードを持っていると、毎日20日・30日の「お客さま感謝デー」の日にWAONで支払うと、買い物代金が5%割引になる特典もあります。 もちろんお手持ちのイオンカードを提示することでも同じ割引が受けられますので、都合に合わせてどちらかを選ぶことができます。
「お客さまわくわくデー」は、2倍のWAONポイントが貯まる !
毎月5日・15日・25日の「 イオンお客さまわくわくデー」に、イオン系列店での買い物をWAONで支払うと、通常の2倍のWAONポイントが付与されます(200円で2ポイント)。
クレジットカードからのチャージができる !
三井住友WAONカードなら、「 WAONステーション」から手動でチャージしなくても、ネット上でクレジットカードから直接チャージすることができます。またWAON残高が設定金額未満になった際、自動的にクレジットカードからチャージされる「オートチャージ」に申し込むこともできます。
「ワールドプレゼントのポイント→WAON」への交換が可能 !
三井住友VISAカードの利用で貯まったポイント(ワールドプレゼントポイント)は、カタログ商品のほか、WAONポイントに交換することもできます。三井住友WAONカードを持っている方の場合、 1ポイントで5WAONポイントに交換が可能です(200ポイント以上100ポイント単位での交換となります)。

ポイント重視なら、VIASOカード!

VIASOカードは、ポイントプログラムが充実しているクレジットカードです。
独自のポイントプログラムがあり、貯まったポイントも手軽に利用できるため、手軽さが人気のカードです。

1000円利用で5ポイントの付与!
VIASOカードのVIASOポイントプログラムでは、 1000円の利用で5ポイント付与されます。また ポイントの、 有効期限は1年間で、ポイント還元率は0.5%です。
特定加盟店での利用でポイントが貯まる!
VIASOカードを特定の加盟店での支払いに使用すると、ポイントが通常の2倍貯まります。  ・ ETCマークのある全国の高速道路と一般有料道路の通行料金
 ・docomo ・ au ・ softbank ・ Y!mobileの携帯電話、PHS利用料金
 ・Yahoo! BB ・ au one net ・ @nifty ・ BIGLOBE ・ OCN ・ ODNの
 インターネットプロバイダ利用

独自のネットモールでショッピングをすると最大10.5%の還元率でポイントが貯まる
VIASOカード専用のネットモール、「 VIASO eショップ」でショッピングをすると、通常ポイント還元率の0.5%にプラスして、最大10%のポイント還元が可能です。
VIASO eショップでは、amazonや楽天など総合通販サイトから、カテゴリ別の専用通販サイトまで、約300のネットモールが利用できます。
貯まったポイントは1ポイント=1円としてオートキャッシュ!
VIASOカードでは貯まったポイントは 自動でキャッシュバックされます。
カード利用代金の支払いに指定した金融機関の口座に自動で振り込まれるため、手間がかかりません。
また1ポイント=1円が現金で戻ってくるのがVIASOカードの特徴です。

VIASOカードは審査資格が電話連絡の可能な18歳以上と設定されているため、審査難易度が低めです。1000円利用で5ポイント貯まり、指定料金のVIASOカード支払いで通常の2倍貯まるため、ポイント活用を重視したい方におすすめです。

ステータス性やブランド力のあるクレジットカードを作りたい方は、「三井住友VISAカード」がおすすめです。VISAは、世界中で使える5つの国際ブランド(VISA・MasterCard・American Express・JCB・Diners)の中でも、売り上げシェアは全体の60%以上を占めており(第一位)、世界各国でその信用と価値を認められています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ