年会費3万円のエポスプラチナカードは本当にコストパフォーマンスが良いのかアメックスグリーンと徹底比較

目的別に二枚を使い分け!

エポスポイントの還元率を高めたならエポスプラチナカード!ショッピング関連の補償はアメックスグリーンカード!

クレジットカードにおけるプラチナと言えば通常は簡単には到達できない良質なクレジット利用歴を持ち、支払いの延滞履歴もほとんどないという超優良クレジットカード利用者が発行できるもので、発行申請をするのではなく招待してもらうインビテーションタイプも多くありました。

エポスプラチナカードもそういったインビテーションタイプのプラチナカードでしたが、現在は発行申請をして受け取ることもできるようになりました。その代りに インビテーション経由ならば年会費20,000円+税別のところが年会費30,000円+税別となっています。

発行申請をする形ですと年会費30,000円+税別のエポスプラチナカードは国内外の旅行傷害保険が最高1億円で、カード所有者の家族にも最高2,000万円の補償がかかります。

特典は他にもあって世界400位上の都市にある900位上の空港での空港ラウンジが利用できるようになるプライオリティパスが年会費399ドルのところを無料で登録でき、カード提示で国内主要空港と韓国の仁川空港とハワイのホノルル空港とホノルルラウンジで同伴者1名まで無料利用が可能となることから、多くの空港ラウンジにアクセスが可能となります。

また、国際線のフライトを利用する際には手荷物宅配サービスを往復割引価格で利用が可能となるので空港でのストレスが飛躍的に改善されるでしょう。

エポスプラチナカードには旅行傷害保険や空港ラウンジに手荷物宅配サービス以外にも旅行特典があり、国際線を利用する際には手荷物を15%OFFで一時的に預けられますし、提携旅行会社の旅行を優待価格で利用できたり、海外モバイルWi-Fiルーターや海外モバイル通信料が20%OFFで利用可能です。

旅行そのものの特典以外にも国内にある約70ものハイグレードゴルフ場と海外にある約80のゴルフ場を各コースプレイ料金4,000円OFFで予約を受け付けていたり、海外旅行や出張中にカードを紛失したり盗難されても緊急カードを無料で発行可能です。

エポスプラチナカードは旅行以外にも特典が豊富でエポスプラチナカードグルメクーポンにて全国約90店舗の提携レストランが2名以上の利用でカード会員のコース料理が無料になり、プラチナ・コンシェルジュ・センターにて旅行関連の提携するホテル、レストラン、カフェ、美容などで特典サービスがあります。

エポトクプラザでは舞台、カラオケ、美容院、遊園地、飲食店などでおトクなサービスがあるのでエポスプラチナカードでグルメやホテルに食事、レジャーなどをどんどん利用しましょう。

エポスプラチナカードのポイントプログラムはエポスカードと同じくエポスポイントで基本還元率は0.5%となっており、リボ払いと分割払いで還元率1%にできてマルイでの支払いも還元率1%の上に分割払いとリボ払いで還元率1.5%です。エポスポイントはショッピング以外にも携帯電話料金や公共料金の支払いでもポイントを獲得できて提携物件ならば家賃の支払いでもポイント獲得可能なので貯める機会に困ることはありません。

年間ご利用金額 ボーナスポイント
100万円以上 20,000ポイント(2万円相当※)
200万円以上 30,000ポイント(3万円相当※)
300万円以上 40,000ポイント(4万円相当※)
500万円以上 50,000ポイント(5万円相当※)
700万円以上 60,000ポイント(6万円相当※)
900万円以上 70,000ポイント(7万円相当※)
1,100万円以上 80,000ポイント(8万円相当※)
1,300万円以上 90,000ポイント(9万円相当※)
1,500万円以上 100,000ポイント(10万円相当※)

エポスプラチナカードには独自の特典として年間カード利用額に応じてボーナスポイントを獲得できるシステムを持っていて、最大ならば年間1,500万円以上で100,000ポイントをボーナスをゲットできますし、満たしやすい1年間で500万円以上のカード利用でも50,000ポイントのボーナスが入ります。

このことからわかるようにエポスプラチナカードはポイントボーナスという形で還元率が実質的にアップする仕組みとなっており、1年間で500万円以上のカード利用にて50,000ポイントが貯まることから実質的に還元率+1%ということになります。

また、エポスプラチナカードは誕生月のカード利用で還元率が2倍になるボーナスもあり、提携店の中からよく利用するお店を登録する「選べるポイントアップショップ」で登録したお店でカード払いすると還元率1.5%でリボ払いならば2%にもアップします。

たまるマーケット経由でのショッピングでも還元率が最大30倍となるのでエポスプラチナカードでのエポスポイントは還元率倍増チャンスが豊富な組み合わせと言えるでしょう。

貯まったエポスポイントは1ポイント→1円でショッピング利用や商品券と交換するのがメインですが、エポスVisaプリペイドカードに1ポイント→1円でチャージして、プリペイドカードで支払うと0.5%のキャッシュバックがあります。

これを利用することでエポスプラチナカードによるエポスポイントの還元率を実質3.5%にできるので見逃さないようにしましょう。




エポスプラチナカード アメックスグリーンカード
年会費

・年会費30,000円+税別

・インビテーションならば年会費20,000円+税別

年会費12,000円+税別

・カード発行初年度は年会費無料(代わりに最大18,000ポイントのボーナスポイント獲得ができない)

・家族カードの年会費6,000円+税別 ・家族カードは配偶者(未婚可)、両親、18歳以上の子供が条件

特典

・プライオリティパスの年会費無料 ・カード提示で国内主要空港と韓国の仁川空港とハワイのホノルル空港とホノルルラウンジで同伴者1名まで無料利用が可能 ・国際線のフライトを利用する際は手荷物宅配サービスが往復割引き ・国際線を利用する際には手荷物一時預かりサービスの料金15%OFF

・提携旅行会社の旅行が優待価格になるサービス ・海外モバイルWi-Fiルーターや海外モバイル通信料が20%OFF ・国内外の提携ゴルフ場の各コースプレイ料金4,000円OFF

・海外でカードを紛失したり盗難されても緊急カードを無料で発行 ・エポスプラチナカードグルメクーポンにて提携レストランが二名以上の利用でカード会員のコース料理が無料

・プラチナ・コンシェルジュ・センターにて提携するホテル、レストラン、カフェ、美容などで特典サービス ・エポトクプラザでは舞台、カラオケ、美容院、遊園地、飲食店などで優待サービス

・国内外の空港ラウンジを同伴者1名まで無料開放

・自宅と空港間の往復をスーツケース1個まで無料宅配 ・世界各国から24時間無料電話相談可能 ・家族カードは空港ラウンジサービスと手荷物無料宅配サービスを利用可能

補償 ・国内外旅行傷害保険が最高1億円で家族にも最高2,000万円の補償

・最高5,000万円の国内外旅行傷害保険 ・ネット上のカード不正利用による損害は全額補償

・国内外にてカード払いで購入した商品は購入日から90日以内に破損するか盗難された場合は年間最高500万円まで補償

・カード決算で購入した商品の返品ができなければ購入日から90日以内まで1商品あたり3万円、年間総額15万円を補償

・「プロテクトYOU」にて月額保険料980円のプランAと月額保険料1,850円のプランBにて携行品や現金紛失の補償対応

・カードを盗難、紛失した場合は無料再発行

ポイントプログラム

・ポイントプログラムはエポスポイント

基本還元率0.5%、リボ払いと分割払いで還元率1%

・マルイへの支払いで還元率1%、分割払いとリボ払いで還元率1.5%

・1年間のカード利用額でボーナスポイントが入り実質還元率+約1%

・誕生月のカード利用で還元率が2倍

・「選べるポイントアップショップ」で登録したお店でカード払いすると還元率1.5%でリボ払いならば2%

・たまるマーケット経由でのショッピングでも還元率が最大30倍

1ポイント→1円でショッピング利用や商品券と交換

・エポスVisaプリペイドカードへ1ポイント→1円でチャージして支払うと0.5%のキャッシュバック

ポイント還元率1%

・ポイントの有効期限が最大3年

・一度でもポイントや商品、マイルと交換すれば有効期限が無期限

・登録料3,000円+税別によってメンバーシップ・リワードプラスに加入すればポイント有効期限が常に無期限

最大でポイント10倍になる提携レストランやレジャー施設などがあり

・カード発行から6ヶ月以内にカード利用額が50万年を超えると最大18,000ポイントをゲットできる(代わりにカード発行初年度年会費無料が無くなる)

・家族カードはカード利用額の引き落とし先と獲得ポイントが本会員と一括

エポスプラチナカードと違って年会費12,000円+税別と安く設定されていますが、クーポンサービス以外は補償も空港特典も劣らないのがアメックスグリーンカードですし、ショッピング関連の補償で超えている面もあります。現在はポイントボーナス18,000ポイントキャンペーンもあります。

これまでは招待制だったのが、こちらからの発行申請も受け付けるようになったエポスプラチナカードは旅行傷害保険もショッピング保険も強力で、グルメやホテルに美容の面で強力なクーポンもあります。

また、エポスプラチナカードには1年間のカード利用額に応じてボーナスポイントが貯まるようになり、実質的に還元率+1%でマルイへの支払いで還元率1.0%、分割払いやリボ払いで1.5%になり、誕生月にてカード払いしたり、「選べるポイントアップショップ」に登録した提携店でカード払いしても還元率がアップします。

その一方でアメックスグリーンカードは年会費が12,000円+税別となっているのに空港特典がエポスプラチナカード並に充実していて、家族カードにも空港特典が付帯される上にショッピングにおける補償もついてきます。

マルイの利用が多かったり、グルメやホテル、美容のクーポンが欲しくてエポスポイントの還元率を高めたい方はエポスプラチナカード、年会費がお手頃でショッピング関連の補償が欲しい方はアメックスグリーンカードを発行しましょう。

おすすめ
はコレ!

エポスプラチナカード



エポスプラチナカード


アメリカン・エキスプレス



アメリカン・エキスプレス


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

  

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ