自己破産したけどまたクレジットカードを作りたい! 何年経てばOK? クレヒスはどうなる? 審査に通りやすいカードとは

自己破産後、5〜10年間は事故情報が消えない

自己破産の制度は借金苦にあえぐ人を救済する仕組みですが、一度、破産してしまうと社会的な信用を失うことになり、債務の残っているクレジットカードは強制的に解約となります。また、クレジットカード会社が定期的に行っている与信やカード更新時の与信で、信用情報機関への照会があったときに破産したという事故情報が確認されると、やはり、その時点でカードは強制的に解約されます。

自己破産後、5〜10年間は新たにカードを作れないと考えたほうがいいでしょう。5年から10年というとかなりの幅がありますが、これは各信用情報機関における破産情報の登録期間が異なるからです。

現在、日本にある3つの信用情報機関について、破産情報の登録期間などを含め簡単にまとめてみました。

日本にある3つの信用情報機関

  • 日本信用情報機構(JICC)
    主に消費者金融と信販会社が入会している信用情報機関。自己破産した場合、最大5年間その情報が登録されます。
  • CIC
    主にクレジットカード会社と信販会社が入会している信用情報機関。自己破産した場合、最大5年間その情報が登録されます。
  • 全国銀行個人信用情報センター
    主に銀行、信用金庫、農協などが入会している信用情報機関。自己破産した場合、最大10年間その情報が登録されます。

自己破産時に銀行や銀行系クレジットカードに債務が残っている場合、その情報(自己破産により借金を返さなかったこと)は10年間残ることになります。この3つの信用情報機関は事故情報に関して相互に共有しているので、このケースでは10年間はクレジットカードを作ることができないと考えていいでしょう。

一方、消費者金融や一般的なクレジットカードに債務が残っている状態で自己破産した場合、日本信用情報機構やCICに5年間その情報が登録されることになり、通常、5年間はクレジットカードを作れません。

では、5〜10年が経過して破産情報の登録が消えた後はどうなるのでしょうか?

そのときには、自己破産の情報だけでなく、クレヒス(クレジットヒストリー=クレジットカードの使用履歴)などもすべて消えてしまうので、文字通り、記録は真っ白となります。

自分の信用情報がどのように登録されているか気になる方は、各信用情報機関に「信用情報開示」を請求することで文書の形で教えてもらえます。

破産情報が消えた後、クレジットカードは作れるのか?

クレジットカードが作れない期間、ネットショッピングなどクレジット決済が必要な場面では、Visaなどカードブランドのついた銀行デビットカードで対応するという方法があります。

そのままそれを使い続けてもいいのですが、5〜10年が経って信用情報機関の破産情報が消えた後はクレジットカードを再度作りたいという方もいるでしょう。破産情報は消えてしまったのだから、十分な収入さえあれば簡単に作れると考えてしまいがちですが、事実はその逆で、クレヒスが真っ白だと、かえって過去の自己破産を疑われ、カードの審査を通りにくくなってしまうのです。

20代ならまだ、“これまでクレジットカードを作ったことのない方”と見なされて審査を通る可能性もありますが、30代以降は年齢を重ねるほどに審査を通りにくくなるといわれています。

また、当然のことですが、自己破産したときに利用していたクレジットカード会社には、その記録が残っているので、審査を通る可能性は大変低いと考えていいでしょう。

なお、審査の難易度が高いからといって、数打てば当たる方式で複数のカード会社へ一度に申し込むのはおすすめできません。カード会社への申し込み情報は6ヵ月〜1年間、情報信用機関に登録され、かえって審査へマイナスに働いてしまいます。

では、どうすればいいのか? 一番のおすすめはスマホ(携帯電話)端末代金などを分割払いにすることです。その情報は信用情報機関にクレヒスとして登録され、信用を蓄積することになります。その分割払いを完済したタイミングならクレジットカードの審査のハードルもだいぶ低くなっているはずです。

審査のハードルが低いACマスターカード

自己破産した方は、それから5〜10年が経っても、収入が十分回復していなかったり、定職につけていなかったりして審査を通る自信がないというケースも少なくないでしょう。そんな方におすすめのクレジットカードが審査のハードルが非常に低いといわれるACマスターカードです。

年会費無料のこのカードは20〜69歳で安定した収入があれば、パートやアルバイトの方にも発行されるので、低収入を気にしている方でも安心して申し込めます。

また、申し込み前の仮審査で事前に審査が通りそうかどうかを調べられるのも便利です。公式サイトの「3秒診断」というメニューに、「年齢」「年収(総支給額)」「カードローン他社お借入状況」の3点を入力すると仮審査として、申し込み自体ができるかどうかを判断できます。

たとえば、他社カードローンの借入がなければ、「年収(総支給額)=1万円」で「カードローン他社お借入状況=0万円(借り入れなし)」なら、年齢は「30歳」でも「40歳」でも、あるいは「69歳」であっても、「お借入できる可能性が高いです」と表示されます。これは審査のハードルがかなり低いと考えていいでしょう。

他社での借入の金額を大きくしていくと、さすがに低い年収では難しくなりますが、自己破産したことでこれまでクレジットカードを作れなかった方は他社での借入はないでしょうから、とにかく継続した働き先さえあれば、審査を通る可能性は非常に高いといえそうです。

ACマスターカードの審査のハードルが低いのは発行元が消費者金融のアコムだからだといわれています。一般的なカード会社と違い、ACマスターカードのような消費者金融系のクレジットカードでは、過去のクレヒスをそこまで重視せず、今現在、働いていて一定の返済能力さえあれば審査を通る傾向があるとされています。

とはいえ、カード申し込み時に50万円を超えるキャッシング枠を希望した場合などは、法律の関係上、収入証明の提出が必要となり、審査が厳しくなると考えられます。そこで、確実に審査を通りたいなら、まずはキャッシング枠0円で申し込みをして、カード発行後、必要に応じて増額を希望したほうがいいでしょう。

リボ手数料を避けるなどの賢い使い方を心掛けたい

ACマスターカードは、一般的なクレジットカードに見られるような会員優待や旅行傷害保険は付帯しません。しかし、クレジットカードとして必要な機能は十分備えており、ある種のポイント制度といえるキャッシュバック制度もあります。

ACマスターカードの特徴について次にまとめました。

ACマスターカードの特徴

  • カードブランドはマスターカード
    世界210ヵ国を超える国や地域で使えるマスターカードのクレジット機能により、ほかのカードに劣らない使い勝手が実現されています。海外では、マスターカード加盟店でのショッピングに使えるだけでなく、CirrusマークのATMでキャッシングも利用できます。
  • ショッピング利用最高300万円
    総利用枠は審査結果に応じて、ショッピング利用が10〜300万円、ショッピングとカードローン(キャッシング)の利用合計の上限は最高800万円となります。
  • キャッシュバック制度
    2017年3月から、クレジット利用金額の0.25%をキャッシュバックするサービスが開始。これは、請求金額からキャッシュバック分を差し引くというもので、たとえば、利用金額が10万円の場合、その0.25%(250円)を差し引いた9万9,750円が請求金額となります。
  • 最短当日のスピード発行も可能
    インターネットなど事前申込をしてから、アコムの自動契約機「むじんくん」で契約すると、最短でその日のうちにカードを受け取れます(8〜22時)。近くに「むじんくん」や店頭窓口がない場合は郵送受け取りとなり、最短で翌々日に発送されます。
  • カードフェイスには「アコム」の表示なし
    ACマスターカードのデザインは「MasterCard」という文字が大きく目立ち、「アコム」の文字やロゴはないので、ほかの人から消費者金融系のクレジットカードと気づかれることはありません。

このACマスターカードはリボ払い専用カードなので返済時に手数料がかかります。しかし、20日の締め日の翌月6日(アコムの休業日にあたる場合は翌営業日)までに一括で返済すると、一般的なクレジットカードの「一回払い」と同じ扱いとなり、リボ手数料は一切とられません。

自己破産してしまった方の多くは利息に苦しめられたケースが多いでしょうから、このACマスターカードに限らず、今後はなるべく利息を払わないで済むような無理のないクレジット利用を心掛け、延滞なども絶対に避けるようにしたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ