リクルートカードは2枚持ちがおすすめ!それぞれのカードで効率的にポイントを貯める方法とは

リクルートカードの基本情報と電子マネーのチャージ事情について

リクルートカードの基本情報

  • 年会費・・・永年無料
  • 国際ブランド・・・VISA・Mastercard・JCB
  • 追加可能カード・・・家族カード、ETCカード
  • 電子マネー・・・VISA・Mastercard:nanaco・楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA、JCB:nanaco・モバイルSuica
  • 付帯保険・・・旅行損害保険(海外:2,000万円、国内:1,000万円、各国際ブランドで利用付帯)、ショッピング保険年間200万円
  • ポイント・・・リクルートポイント(1.2%還元)

電子マネーのチャージ事情

リクルートカードは2018年4月16日(月)より、JCBブランドは、nanacoとモバイルSuica、VISA&Mastercardブランドは、nanaco・楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCAのチャージ金額を、それぞれ合算で月額30,000円分までをポイント付与の対象として、30,001円以上のチャージ金額にはポイント付与対象外とすることを発表しています。

VISA・Mastercard・JCBの各国際ブランドで共通してチャージできるnanacoを例に見ていくと、nanacoは1回のチャージ可能額が5,000円以上30,000円まで、チャージ上限は50,000円です。1か月のクレジットチャージ利用制限は200,000円のため、金額をやりくりしながらチャージすればMax200,000円をチャージして使うことができます。

この200,000円をチャージするのにリクルートカードを使った場合、200,000円×0.012=2,400ポイント付与される計算です。しかし、2018年4月中旬以降、リクルートカードでは各種電子マネーにクレジットチャージした金額の合算で30,000円をポイント付与対象の上限としたので、nanacoへのチャージが1か月200,000円まで可能だとしても、ポイントは30,000円分しかもらえないのです。

リクルートカードの電子マネーチャージ新ルールと国際ブランド別電子マネーの種類

リクルートカードでは2018年4月16日以降、どの国際ブランドのリクルートカードでも、合算で30,000円までがポイント付与対象となり、30,001円以上のチャージ金額にはポイントがつかないという新ルールができました。この新ルールは、電子マネーユーザーにとってデメリットです。

1か月の電子マネーのチャージ金額が電子マネーごとではなく、電子マネーの種類を問わず合算での30,000円(nanaco10,000円+モバイルSuica20,000円など)なので、少しでもポイントを多くもらえるように工夫しなければなりません。リクルートカードでは国際ブランドごとに利用できる電子マネーの種類が異なります。

国際ブランド別 利用可能な電子マネー

  • VISA・Mastercard・・・nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
  • JCB・・・nanaco、モバイルSuica

国際ブランド別に利用可能な電子マネーが異なりますが、nanacoとモバイルSuicaが共通しています。リクルートカードは、nanacoとモバイルSuicaを中心に利用する方におすすめで、その他の電子マネーは好みで選ぶといった使い方がおすすめです。また、別の角度から見ると月間30,000円に限りなく近い金額を使う電子マネーに絞ることも良いでしょう。

VISAのリクルートカードは4種類の電子マネーにチャージできますが、4種類すべての電子マネーにチャージしたとしても、合算で30,000円までのポイント付与なので、うまく振り分けるか1つ〜2つの電子マネーに絞り込むかも考えたいところです。

リクルートカードは電子マネーを駆使する人にとっては、複数の電子マネーが使えるために使い勝手の良いカードとして有名です。ポイント付与の上限が30,000円分になってしまった今でも、工夫次第でチャージ上限をアップできます。利用可能な電子マネーのうち、最もお得な電子マネーと、チャージ上限を事実上アップさせる方法を紹介します。

nanacoは電子マネーのうち1番お得! チャージ上限アップには2枚持ちが有効

電子マネーのうちnanacoがお得な理由

リクルートカードで利用できる電子マネーのうち、nanacoはVISA・Mastercardのカードも、JCBのカードでも利用可能な電子マネーです。比較的幅広いクレジットカードをnanacoに登録でき、チャージ金額もポイント付与対象になるケースも多いため、nanacoに絞り込んで使う方も多いです。

nanacoにクレジットチャージできるカードのうち、チャージ金額がポイント付与対象になるカードの還元率はほとんどが0.5%還元です。代表的なカードでは、Yahoo!Japanカード(VISA・Mastercard・JCB)、セブンカード・プラス、ファミマTカードなどが挙げられます。

還元率で比較するとリクルートカードはnanacoチャージの場合でも1.2%還元と驚異的な還元率を誇り、他の電子マネーでも1.2%還元でチャージ上限の範囲内でポイントがもらえます。電子マネーへのチャージにはポイントがつかない・対象外に変更されることが増えている中で、リクルートカードの1.2%還元は他のカードにはない高還元率で、クレジットチャージのベストパートナーだといえるでしょう。

ベストパートナーを裏付ける使い方として、国民年金や自動車税などの税金をnanaco払いすることが挙げられます。コンビニのセブンイレブンでは、国民年金を始め自動車税などの税金関係のほか、電気代などの公共料金を現金か、nanacoで支払うことができます。つまり、nanacoにクレジットチャージしてから支払えば、税金も公共料金にもカードのポイントが付与されるということになります。

nanacoポイントは付与対象外になるものの、比較的大きな金額になる税金関係をリクルートカード経由でチャージしてnanacoで支払えば、その分のリクルートポイントを獲得できるのです。このように年に1回〜数回支払う税金も、支払い方次第でポイント付与の対象にすることができます。

ポイント付与対象のチャージ上限をアップするにはカードの2枚持ち必須!

リクルートカードは年会費が無料で、ポイント還元率1.2%の高還元カードとして人気があります。電子マネーのチャージ金額にも1.2%還元でポイントがもらえることも、多くのユーザーから支持されてきた部分ですが、現状では電子マネーのチャージ金額の合算で30,000円分しかポイントがもらえません。このポイント付与上限額をアップするには、リクルートカードを2枚持つことで解消できます。

リクルートカードには、VISA・Mastercard・JCBブランドの各カードがあります。電子マネーの種類で分けると、VISA・MastercardとJCBとに分けることができます。電子マネーのポイント付与チャージ額は、3つの国際ブランドに共通のため、国際ブランド別にリクルートカードを2枚持ては、ポイント付与上限額は2倍の60,000円になるというわけです。

ここでリクルートカードの年会費無料が良い仕事をします。年会費無料のため、国際ブランド別に2枚持ったとしても、ユーザーは得をするだけで損をしないのです。また、nanacoユーザーの場合で考えると、毎月nanacoを50,000円使う人は、各カードに分けてチャージすればnanacoの利用額もクレジットチャージへのポイント還元も両方手にすることができます。

リクルートカードの電子マネーチャージ額を増やすには2枚持ちと国際ブランドの選択が重要

リクルートカードのポイント付与対象電子マネーチャージ額をアップさせるには、国際ブランド別のリクルートカードを2枚持つことが有効です。年会費無料であることと、国際ブランド別に少しずつカードの概要が異なるからです。国際ブランドの選び方は、リクルートカードの場合ETCカードが無料で発行できるのはJCBです。そのため1枚はJCBが良いでしょう。

VISAかMastercardでは、好みで選ぶか既存カードの国際ブランドと被らないものを選ぶことがおすすめです。リクルートカードの審査さえ通れば、電子マネーのポイント付与対象チャージ額を最大60,000円にすることができ、使える電子マネーの種類も4種類まで増やすことができます。高還元なリクルートカードの恩恵を受けてお得に活用するためにも、国際ブランド別に2枚持ちをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ