破産免責を受けた後でもクレジットカードを作りたい方。審査通過の可能性を少しでも上げる方法

免責とはなにか

クレジットカードの使い過ぎや、消費者金融からの借り過ぎによる返済額の膨らみは、完済が遠ければ遠いほど金利がつき、膨らむ仕組みとなっています。そのため、どうしても支払える見込みが立たない方は、免責手続きをするのが有効です。

免責とは、借り入れ額や利用額の支払いが難しくなったことで、自己破産などの借り入れや返済の総額を0にする自己破産を行い、カード会社や消費者金融への支払い義務から逃れた状態のことを言います。

免責申請をし、裁判所から免責認可が出され、債務履行義務から逃れられる免責状態は、いわば、クレジットカード・ローンの支払いに対する最終手段ということになります。

免責と言えば自己破産

債務責任から一切逃れることになる免責状態になるには、クレジットカード関連ならば自己破産するのが適切です。

裁判所に破産申立書を提出し、免責許可をもらうことで、養育費・税金といった非免責債権以外の全ての債務を0にできます。これによって自己破産申請者は、カード会社から支払い請求を受けることがなくなります。

自己破産をするには、収入・資産・将来性といった多くの要素を考慮し、申請者が支払い不能状態だと判断される必要があります。つまり、申請者は、将来的にも請求額を完済することは不可能だと判断されなければなりません。

支払い不能状態と判断される債務の大きさについては、個人個人によって違います。しかし、生活に追われて返済する余裕がないと一目でわかる状況のときは、自己破産が認められる可能性は高くなるでしょう。

自己破産が通るには、どれくらいの債務が必要かについてですが、債務がそれほど多くない場合であっても、資産がなく、今後も収入がギリギリ生活できる程度しか見込めないような状態であれば、自己破産が認められる可能性があります。

一方で、支払い不能状態であっても、クレジットカードの利用先がギャンブルや浪費ですと、免責不許可と判断されて、自己破産できないこともあるので注意してください。

免責を受ける事によるメリットとデメリット

自己破産をしたことで債務責任が0となり、支払い不能と判断された方は債務が0になるため、クレジットカードやローンの支払いはしなくてもよくなります。自己破産はそこがメリットですが、自己破産は決して万能ではありません。きちんとデメリットを把握した上で、免責申請をするか判断しましょう。

自己破産のデメリットは2つ

数年間はクレジットカードの新規発行が不可能

免責を受けたことによって信用情報上では延滞をするよりも厳しい傷が残るので、新しくクレジットカードを作ったり、ローン契約をしたりすることが困難になります。また、携帯電話の分割払い購入なども利用できなくなります。

資産を精算に使われる

自己破産とは支払い不能と判断された方が利用できるものです。そのため、仮に申請者が、支払いに有効な財産を所有しているのであれば、支払いに補填する必要があります。精算に使われる資産は、時価20万円以上の価値があるとされるものです。

持ち家・自動車は自己破産時に精算される最たるものと言えます。他にも、宝石類や解約払戻金が20万円以上の生命保険なども対象になってしまいます。長年をかけて積み上げてきた財産が精算に使われるというのは精神的なダメージが大きく、取り戻すのも容易ではありませんので、覚悟しておきましょう。

免責のデータはいつまで残るのか

自己破産によって免責状態になって債務が0になるというのは大きなメリットです。しかし、その一方で、自己破産による免責は、信用情報に事故情報として記録され、数年間はクレジットカードの新規発行や消費者金融からの借り入れが不可能にあるというデメリットがあります。

すでに発行しているクレジットカードも利用で負債を抱えている場合は、自己破産の手続きのなかに入るため、クレジットカードは退会となります。欲しいクレジットカードや必要なクレジットカードがあっても数年間は発行できないというのはストレスになります。

信用情報に事故情報が記録される期間

  • CIC(指定信用情報機関):自己破産免責から5年後
  • JICC(日本信用情報機構):自己破産免責から5年後
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター):自己破産免責から10年後

CICはカード会社・消費者金融・信販会社・銀行・リース会社などが加盟している信用情報機関です。JICCは消費者金融・信販会社・保証会社・リース会社・保険会社・携帯電話会社などが加盟しています。CICCとJICCの違いは、カード会社がメインに参考にするのがCICで、保険会社や携帯電話会社がメインで参考にするのがJICCという点です。

また、KSCは、銀行・信用金庫・信用組合などが加盟しています。

それぞれの信用情報機関にて、事故情報が記録される期間は、CICとJICCが5年間で、KSCのみが10年間となります。10年間というとかなり長いですが、クレジットカード会社の多くは、CICとJICCをメインに利用します。

従って、クレジットカードを新規に発行できるようになるのは、自己破産してから約5年後が目安ということです。

免責を受けた後でも審査に少しでも通りやすくする方法

自己破産申請が通って免責状態になっても最低5年は、信用情報に事故情報が記録されるため、新しいクレジットカードが発行できなくなります。しかし、自己破産をして5年が経過して、新たにクレジットカードを発行しようという時でも、慎重に行動する必要があります。

基本的にクレジットカードというのは発行申込をし、審査に落ちてしまうと半年間は同じクレジットカードに申込をしても、自動で審査に落ちてしまいます。それに加えて、短期間で複数のクレジットカード会社に発行申込をするのは、審査へ悪影響を与えてしまいます。

免責後にクレジットカードを発行する時の注意事項

免責を受けた先の会社に申し込むのは避ける

自己破産をして債務が0になり、5年が経過して信用情報がキレイになったとしても、かつて免責申請をした借り入れ先やカード会社は避けましょう。仮に事故情報が消えたとしても、それはあくまで信用情報機関の話です。社内ブラックリストとして、自己破産をした方の履歴は保有しているはずですので、申込をしても審査に落ちる可能性が高いです。

複数の会社へまとめて申し込まない

新たなクレジットカードを発行するという時に、不安なのは審査に通るかどうかです。そのため、複数のクレジットカードの発行を申込というのは有効な手段に思われます。しかし、複数のカード会社への申込というのは、原則的に避けるべき行動です。

カード会社によっては同時複数申込そのものを禁止していることもあります。また、複数申込は「多重申込」と扱われ、複数のクレジットカードが必要なほどの経済状況だと見なされる可能性があります。そのため、クレジットカード会社への申込は、1度に1つと心がけましょう。

審査基準が厳しくないクレジットカードに申し込む

また、基本的なことに思われますが、新規発行するクレジットカードは、審査が厳しくないものを選びましょう。ゴールドカードはもちろんのこと、アメックスブランドのクレジットカードや、銀行系のクレジットカードはそもそも申込資格のハードルも高いので、申込は避けるのが懸命です。

新規で申込をするのであれば、楽天カードやYahoo! Japanカードといった流通系カードや、消費者金融系のクレジットカードがおすすめです。

審査が不安な方はACマスターカードを発行しよう

自己破産をして免責を受けた後に最低5年間が経過した後、発行するクレジットカードでおすすめなのがACマスターカードです。ACマスターカードは消費者金融アコムが発行する消費者金融系クレジットカードなため、審査は独自で行っており、現在の申込者の生活基準で判断してくれます。

ACマスターカードは年会費が無料のクレジットカードです。利用限度額がカードローンと合わせて最大800万円と大きく、信用情報から事故情報が消えて、クレジットカードを新たに作る上で重要になるカード利用歴を積んでいくこともできるでしょう。

事故情報が載っている信用情報は審査に通りませんが、支払い歴が1つもない信用情報も審査に悪影響となることもあります。そのため、利用限度額が高いACマスターカードで信用情報にカード利用歴を積み立てていきましょう。

ACマスターカードのカードローンは年率3.0%〜18.0%で、クレジットの年率は10.0%〜14.6%です。カード利用状況は会員サイトで確認でき、利用明細書は自宅送付を拒否できますので、プライバシー保護もできています。

ACマスターカードはポイントプログラムが存在しないクレジットカードという特徴がありますが、代りにショッピング利用によって0.25%のキャッシュバックサービスがあります。

また、ACマスターカードは審査基準を満たしやすいことから正社員ではなくとも、アルバイトやパートをしている方なら職場の電話番号を申込フォームに記入するだけで審査を通ることができます。インターネット経由での発行申込をしてから、自動契約機むじんくんでACマスターカードを受け取るならば、最短30分の即日カード発行ができるというのも大きなメリットです。

ACマスターカードのまとめ

  • 年会費無料
  • ポイントプログラムなし
  • クレジットカード利用限度額がカードローンも合わせて最高800万円
  • カードローン年率3.0%〜18.0%
  • ショッピング利用でキャッシュバック0.25%
  • 残高と次回の返済期日と利用可能額の確認
  • ネットや電話で24時間いつでも借り入れ申請可能
  • ペイジーを利用して24時間いつでも返済可能
  • 会員サイトで明細書の確認と自宅送付拒否を設定できる
  • 利用限度額の変更可能
  • 利用明細の郵送がない
  • 自動契約機のむじんくんで即日発行可能
  • カードローンは前回返済日の翌日から数えて35日後が次の返済日
  • クレジットは毎月20日が締めの翌月の6日までに利用した分を全額返済すれば手数料無料
  • 毎月20日締めの翌月6日までに返済ができなかった場合は7日から35日後が返済締め切り

免責を受けてからのおすすめクレジットカードはACマスターカード

免責というのはクレジットカードの支払いや、消費者金融からの借り入れなどの返済が不可能となった場合、債務を0にして支払い請求から逃れた状態のことを指します。クレジットカード関連で代表的な免責状態になる手続きは、自己破産です。

自己破産は裁判所に自己破産申請をし、支払い不可能と判断されると債務が0になります。一見、大変に便利に思われますが、最低5年間はクレジットカードの新規発行が不可能になりますし、時価20万円以上の財産は保険も含めて精算させられます。

免責を受けて5年経過したあとに、新たなクレジットカードを発行したい場合、自己破産時に債務があったカード会社は避けましょう。また、審査に通るか不安だとしても複数のクレジットカードに同時発行申込をするのも「多重申込」と見なされ、支払い能力が疑われます。

自己破産後に発行申込をするクレジットカードは、審査が厳しい銀行系クレジットカードは申込せず、万人向けのクレジットカードや消費者金融系クレジットカードを発行しましょう。

おすすめのクレジットカードは消費者金融系クレジットカードで、正社員でなくともアルバイトやパートをしていれば申込資格を満たすことができます。利用限度額が高いことから、信用情報に新たなカード利用歴を積み立てやすいというメリットもあります。

自己破産をして免責を受け、5年が経過したら、フタバまずはACマスターカードを発行してカード利用歴を良好にし、希望するクレジットカードを発行できるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ