ドトールコーヒーのためだけにdカードを作ってもメリットがある理由

ドトールはバリューカードにチャージをして支払うのがお得

ドトールは全国展開するコーヒーチェーンで、喫煙エリアが設けられ、値段もブレンドコーヒー1杯が220円からとリーズナブルなことから老若男女に親しまれています。

そんなドトールは、交通系電子マネーに対応しており、キャッシュレス決済ができます。ドトールを最もおトクに利用するには、バリューカードへのチャージをして、バリューカードで支払うのが重要になります。

バリューカードは発行手数料が300円かかりますが、ポイントが300円分ついてきますので、実質的には無料発行です。バリューカードはプリペイドカードになりますので、年会費も無料となります。

バリューカードへのチャージ方法とお得な貯め方

バリューカードへのチャージは、1,000円単位で最高30,000円までチャージが可能です。また、2,000円以上のチャージからはチャージ全額の5%がポイントとして付与されます。従って、必ず2,000円以上のチャージを心がけるようにしましょう。

また、バリューカードで商品を購入すると100円につき1ポイント貯まり、還元率1%です。以上のことから、バリューカードはチャージ5%+ショッピング1%→総還元率6%ということです。例を挙げると2,000円チャージしてカフェラテS (250円)を支払ったとします。

2,000円×5%+250円×1%→102ポイントとなります。

貯まったポイントは10ポイント→10円単位で商品購入に利用可能です。バリューカードの還元率はかなり高いので、ドトール利用者に大変におすすめです。

それ以外にも、毎月1日にバリューカードのチャージをするとチャージボーナスポイントで10ポイントをゲットできるとうのも覚えておきましょう。10ポイントだけを見ると少なく見えるかも知れませんが、2,000円チャージをしてゲットできるのは100ポイントですそのため、毎月1日にチャージをするとチャージボーナスポイントと合わせて実質還元率が5.5%になります。

また、ドトールカードを利用するにはインターネット上にてWeb登録をすることになります。ドトールでプリペイドカード情報や必要事項を記入してWeb登録をすると、インターネット上から、クレジットカードによるチャージができます。

それ以外にもバリューカードには、インターネット経由でマイドトールに登録すると、ランク制の対象になります。ランクは年間カード利用額によって変動し、ランクが上がるとチャージ時のポイント還元率が最大10%まで上昇します。また、ランク制において、自分がどのランクにいるのかとランク進捗状況の確認ができます。

バリューカードのランク制

  • シルバーランク:年間カード利用額2万円未満で還元率5%
  • ゴールドランク:年間カード利用額が2万円以上で還元率7%
  • プラチナランク:年間カード利用額が5万円以上で還元率10%

ドトールで年間カード利用額が5万円で還元率10%となりますが、年間カード利用額が2万円以上でもチャージ時点の還元率を7%までアップできます。

年間カード利用額が2万円以上を考えると、2万円÷12ヶ月→毎月約1,666円となります。毎月1,666円を決済するには220円のコーヒーを約8杯飲めばクリアになります。つまり、220円のコーヒーで年間カード利用額2万円分を飲むには、毎月8杯×12ヶ月→約96杯となります。220円のコーヒーを毎月8杯、継続して飲むという方は、バリューカードを有効的に利用できます。

ランク制を利用するには、Webにてマイドトール登録をするのが必須となりますので、忘れないようにしましょう。

チャージはクレジットカードで行うのが一番おトク

バリューカードのチャージ方法はドトール店頭にて現金でチャージをするか、インターネットにてマイドトールを登録してWeb経由でのチャージをするかになります。ドトール店頭でのチャージは現金のみの対応ですが、インターネット経由のチャージはクレジットカードを使ってチャージできます。チャージをする際にクレジットカードの登録を済ませるだけですので、手続きも簡単です。

クレジットカードでバリューカードのチャージをするのは、現金を取り出す必要がないという利点もありますが、チャージをすることでクレジットカード付帯のポイントが貯まるというメリットもあります。

毎月1日にインターネット経由でマイドトールから2,000円チャージをすると還元率5%〜10%+ボーナスポイント実質還元率0.5%+ショッピング利用還元率1%+クレジットカード付帯のポイントという計算式になるため、ぜひとも利用しましょう。

バリューカードへのチャージはdカードが相性面でおすすめ

ドトールのバリューカードへのチャージに使うクレジットカードは、dカードが相性面においておすすめとなります。dカードは年会費1,250円+税別がかかりますが、1年に1回以上のカード利用があれば翌年の年会費が無料になり、実質的に年会費無料のクレジットカードです。

そんなdカードはバリューカードにチャージをすると、dカード付帯のポイントプログラムであるdポイントを獲得できます。dポイントの還元率は4%と大変に高く、dカードでバリューカードに2,000円チャージすれば最低還元率5%にてドトールのポイントもゲットできます。

仮に毎月1日にdカードによってバリューカードに2,000円チャージをするとなると、還元率5%+ボーナスポイント実質還元率0.5%+dポイント還元率4%+ショッピング利用還元率1%→実質還元率10.5%にもなります。これはかなり圧倒的な実質ポイント還元率と言えるでしょう。

例を挙げますと、その月の初日に2000円分をチャージし、220円のコーヒーを飲むとします。そうしますと、2,000円×5%+10ポイント+2,000円×4%+220円×1%→112ポイント+80dポイントの実質192ポイントが貯まります。

また、dカードユーザーはサイズUPクーポンを無料でもらうことができるという特典もあります。

dカードは年会費実質無料でフラットな使い心地

dカードの年会費は1250円+税別ですがカード発行初年度は年会費が無料ですし、1年に1回でもカード払いがあれば翌年の年会費は無料になります。そのため、実質的に、年会費が無料のクレジットカードと言えます。

また、dカードのポイントプログラムであるdポイントは還元率1%と高還元率です。加えて、ローソンでのカード利用ならば還元率が5%に上昇します。また、一定金額以上のカード利用は自動でリボ払いと扱われる「こえたらリボ」でも還元率は1.5倍に上昇します。そして、dカードポイントUPモール経由のネットショッピングをすることで、還元率が最大10.5倍にアップします。

バリューカードにチャージすると還元率4%でdポイントをゲットできますが、それ以外にも多くのポイント獲得チャンスを持つのがdカードです。貯めたポイントは1ポイント→1円換算でdocomoへの支払いや提携店への支払いに使えます。

dカードGOLDについて

dカードGOLDはゴールドカードなだけあって年会費が10,000円+税別と高年会費のクレジットカードに分類されます。家族カードの年会費が1枚目は無料で2枚目からは1,000円+税別となり、ETCカードの発行料と年会費は無料です。

また、海外旅行傷害保険は自動付帯で最高1億円で国内旅行傷害保険は利用付帯で最高5,000万円となり、お買物あんしん保険によって年間最高300万円の補償も付帯されます。また、docomoの携帯電話が購入して3年以内に故障・紛失となった場合、最大10万円の補償をしてもらえるケータイ補償もあります。海外旅行に関する補償が強化されるだけでなく、携帯電話の補償も加わることから、dカードGOLDは補償面においてのクオリティが充実していると言えるでしょう。

また、dカードGOLDのポイントプログラムはdカードと同じdポイントで還元率も同じ1%となり、おおむねdカードと共通しています。しかし、dカードGOLDはdocomoユーザー向けに特化しており、docomoの携帯電話料金やdocomo光の利用料金は還元率が10%に上昇します。

年間ご利用特典

また、dカードGOLDは、年間カード利用額が100万円以上から年間ご利用特典によってクーポンを1枚受け取ることができます。期間は12月16日から翌年12月15日までの1年間です。

年間カード利用額が100万円以上によって10,800円分のクーポンを1枚受け取ることができ、200万円を超えると21,600円分のクーポンを1枚受け取ることができます。dカードGOLDは家族カードの1枚目が年会費無料で、年間カード利用額は家族カードの利用額分も合算されます。家族カードと本会員カードの合算で、年間ご利用特典を貰えるように意識してみましょう。

dカードとdカードGOLDの比較

dカード dカードGOLD
年会費 ・1,250円+税別
・カード発行初年度は年会費無料
・1年に1回以上のショッピング利用で翌年年会費無料
・年会費10,000円+税別
・家族カードの年会費1,000円+税別
・家族カード1枚目は年会費無料
・ETCカードの発行料と年会費無料
バリューカードへのチャージ ・dポイント還元率4% ・dポイント還元率4%
ポイントプログラム ・dポイント
・還元率1%
・ローソンでの還元率5%
・dカードポイントUPモール経由のネットショッピングで還元率最大10.5倍
・dポイント
・還元率1%
・ローソンでの還元率5%
・dカードポイントUPモール経由のネットショッピングで還元率最大10.5倍
・docomo携帯電話料金やdocomo光をカード払いすると還元率10%
特筆事項 ・実質年会費無料カード
・フラットな使い勝手
・docomo携帯電話を購入して1年以内に故障や紛失となれば最大1万円のケータイ補償
・海外旅行傷害保険最大1億円
・国内旅行傷害保険最大5,000万円
・カード払いで購入した商品は購入日から90日以内に破損・故障・盗難となれば年間最大300万円のお買物あんしん保険
・全国28ヶ所の国内空港ラウンジが無料開放
・docomoの携帯電話を購入して3年以内に故障や紛失となれば最大10万円のケータイ補償

バリューカードをおトクに使うなら非docomoユーザーはdカード、docomoユーザーはdカードGOLD

ドトールは珈琲やサンドイッチといった軽食とデザートがリーズナブルに味わえて、店舗数が多く、喫煙スペースも設けられているという優良コーヒーチェーン店です。そんなドトールをおトクに利用するなら、バリューカードの発行がおすすめです。

バリューカードは2,000円以上のチャージから最低還元率5%でポイントをゲットでき、ショッピング利用でも還元率1%でポイントをゲットできる高還元率プリペイドカードです。また、毎月1日にチャージをするとボーナスポイントで10ポイントゲットできます。

バリューカードはインターネット経由でマイドトール登録をすると、年間カード利用学によってランクアップするランク制の対象にもなります。年間カード利用額が2万円以上ならばチャージ時の還元率が7%になり、年間カード利用額が5万円以上ならばチャージ時の還元率が10%にもなるので見逃せません。

インターネット経由でマイドトールに登録すると、インターネット経由でのクレジットカードによるチャージが可能になります。クレジットカードによってバリューカードをチャージすると、クレジットカード付帯のポイントをゲットできるので、さらにおトクです。

バリューカードのチャージが非常におトクになるのは、dカードかdカードGOLDにてチャージをした時になります。dカードとdカードGOLDはバリューカードへのチャージによるdポイント還元率が4%とかなりの高還元率です。

dカードとdカードGOLDはバリューカードのチャージにおいての還元率は同じとなり、dカードは実質年会費が無料で、dカードGOLDは年会費が10,000円+税別かかります。もしもdocomoキャリアやdocomo光と契約していないのであれば、dカードの発行で十分です。しかし、docomoユーザーならばdカードGOLDを発行するとdocomo利用料金の還元率が10%となっておトクです。

ドトールをおトクに利用するにはチャージによる還元率が4%となるdカードかdカードGOLDを発行しましょう。docomoユーザーでないのなら年会費無料のdカードを発行し、docomoユーザーならばdカードGOLD発行を検討するのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ