dカードのあまり語られないデメリットとは? お得になる条件を見極めて自分にあったクレジットカードか確かめよう

今人気沸騰中のクレジットカード→dカードですが、その人気を感じてdカードの発行を考えている方も大勢いることでしょう。

dカードは加盟店が多いので確かにポイントはザクザク貯まって行き、ポイントを使える店も多く利用価値の高いクレジットカードと言えますが、果たして本当にdカードは自分に合っているクレジットカードと言えるのか? 気になるところでしょう。

いくら人気があるクレジットカードだからと言っても、発行してから自分にとって使い勝手の悪いクレジットカードでは意味がありません。

そこで、dカードのメリットの部分だけでなくデメリットも確認して行き、dカード発行前に予め本当に自分に適したカードなのかをチェックしておきませんか。

dカードはドコモが発行しているカードなので、発行を考えている大多数がドコモユーザーと考えられますが、果たして本当にドコモユーザーの方だけに得なのかどうかなど気になる点はたくさんあります。

また、実際のdポイントが貯まる加盟店数やポイントの使い道などもdカードを得に利用して行きたいのであれば確認すべき点です。

さらに、dカードにはdカードだけでなくdカードGOLDもあるので、GOLDの方の特典がどのように異なるのかも確認しておけば、dカードとdカードGOLDを検討する際にも役立つでしょう。

dカードについての重要なポイントを確認しておき、後悔なく人気のクレジットカードを発行してください。

ドコモユーザーが特別に得な訳じゃないdカードのデメリット

dカードはドコモが発行しているクレジットカードの為、ドコモユーザーの方が得に利用できるように作られているクレジットカードだと思い込んでいる方も中にはいますが、dカードはドコモ利用者の方でなくても同じように使って行けるクレジットカードなので、利用においての差はありません。

dポイントの還元率は基本100円→1ポイントとなっていて、ドコモの利用料金を支払ったとしてもこのポイント還元率は変わらないのです。

そして、近年インターネットショッピングが普及していますが、dカードにもポイントを倍にして貯めて行くことができるインターネットショッピングサイト→ポイントアップモールがあります。

このサイトを経由して楽天市場やAmazonで買い物をすると1.5%程度のポイント還元率でdポイントを獲得できますが、1.5%のポイント還元率では大して魅力的なポイント還元率とは言えないでしょう。

dカードのような得に使いこなせることが売りとなっているクレジットカードは、条件を達成すると得な特典が付帯するなどのサービスがありますが、そのようなメリットもdカードにはなく、利用付帯での旅行傷害保険なども付帯しません。

dカードにはこのようなデメリットがあるので、発行を考えている方は損の無いようデメリットもしっかりと確認しておいてください。

dカードをお得に利用できるユーザーの特長

dカードはドコモユーザーであろうとなかろうとポイント付与率や特典に差の無いクレジットカードとなっていて、得に使いこなすには特定の店舗(加盟店・特約店)を頻繁に利用するのが最良の方法と言えます。

dカード特約店のお得な店舗
(一部抜粋)
100円につき付与するポイント数 ポイント還元率
Club Med 100円につき4ポイント
さらに旅行代金が5%OFF
9.0%
オリックスレンタカー 100円につき6ポイント 6.0%
nojima 100円につき2ポイント
さらに税込価格が3%OFF
5.0%
ローソン 100円につき2ポイント
さらに税抜価格が3%OFF
5.0%
スターバックス カード・ドトール バリューカード 100円につき4ポイント 4.0%
サカイ引越センター 100円につき4ポイント
※引越し作業で優待サービス付帯
4.0%
高島屋・マツモトキヨシ・ビッグエコー 100円につき3ポイント 3.0%

Club Medを利用するなら、割引率とポイントの還元率を合わせることで、9.0%も得となっていて、オリックスレンタカーでも6.0%の還元率で100円→6ポイントのポイントを獲得できるのです。

このことから旅行に頻繁に行くのであれば旅行予約はClub Medで済ませ、現地でのレンタカーはオリックスレンタカーを利用するとかなりのポイント数を稼げます。

そして、カフェ好きであるのであればスターバックス・ドトールにて4.0%の還元率でdポイントをゲットでき、コンビニや百貨店ではマツモトキヨシや高島屋が通常の倍のポイントを稼ぐことができる加盟店です。

さらに、dポイントモールの基本のポイント還元率は1.5%程度となりますが、出店しているショップや商品によっては最大10.5%の還元率でdポイントを稼げるので、気になる商品があれば商品購入前に一度dポイントモールをチェックしてみるのも良いでしょう。

dカードを得に使いこなせるユーザーの特長は加盟店・特約店を賢く利用している方なのです。

ドコモユーザーがdカードを所有するメリット

ドコモが発行しているdカードですが、ドコモユーザーの方にとってdカードはポイント還元率の面では通常のポイント付与率と変わらないので、メリットはないと言えるでしょう。

しかし、dポイントはドコモの商品や携帯の料金に充当できるポイントなので、日々貯めて行ったポイントをドコモで利用できると言うメリットはあります。

ポイントは1ポイント→1円で利用することができ、たくさんのポイントを貯めることができたら日々の携帯料金を浮かすことにも繋がるのです。

そして、dカードにはdカードケータイ補償の特典も利用でき、ドコモの携帯が破損・盗難の被害にあった時、最大1万円の補償額を利用できる心強いサービスも付帯しています。

新しい携帯は同機種・同一カラーとなり、ドコモショップ等のdカード側が指定したショップでのみ有効の補償となるので注意してください。(補償期間は1年となります)

また、dカードGOLDを発行した場合は補償額が10万円となり、補償期間も3年と長くなります。

dカードのドコモユーザーへのメリットは「dポイントをドコモの料金に利用できる」・「dカードケータイ補償」の2点ですが、この2つのメリットに魅力を感じるのであればドコモユーザーとしてdカードを発行する価値はあるでしょう。

ドコモユーザーでdカードGOLD発行すればdポイントの還元率は10%

dカードにはdカードGOLDもあり、ドコモを利用している方ならdカードGOLDを発行してドコモの利用代金を支払った場合に限り、ドコモの利用代金のポイント還元率が100円→1ポイントではなく100円→10ポイントと10%の還元率になります。

年会費は10,000円(税別)ですが、これはドコモユーザーにとってとても得なポイント還元率と言えるでしょう。

dカードケータイ補償に至っても、dカードより額が10万円と携帯1台分を補うことができる額が補償されますし、その他dカードにはない特典も付いてくるのでdカードGOLDは得なクレジットカードなのです。

主に付帯してくる特典は旅行関係の特典で、より旅行を快適にしてくれるものばかりとなっています。

dカードGOLDは旅行好きの方にも打ってつけなのです。

旅行好きの方はdカードGOLDに加入する価値あり

dカードGOLDにはdカードにはない旅行に特化した特典が全部で3つ付いています。

どのような特典なのかチェックしておきましょう。

<空港ラウンジ無料利用>

全国28空港のラウンジが無料で利用できます。

<海外国内旅行保険>

海外最高1億円・国内最高5,000万円の旅行保険が付帯されています。(自動付帯)

<dカードゴールドデスク>

dカードGOLDにはdカードゴールドデスクと言うdカードGOLDを利用している方の専用デスクがあります。

利用方法はdカードGOLDについて疑問に思ったことや気になる点があった時に、通話料無料にて問い合わせることができるサービスとなっていて、通常このようなサービスは有料なことが多いですがdカードGOLDは無料なのです。

支払い額を知りたい時やポイントの充当方法が分からない際などには、大いに利用してください。

dカードとdカードGOLDのメリットとデメリットを見極めよう

dカードはドコモユーザーにとって得と言うよりも、特約店や加盟店を利用する方におすすめのクレジットカードです。

現にdカードでドコモの利用料金を支払っても100円→1ポイントのポイント付与率は変わりません。

しかし、dカードGOLDを発行した場合はドコモの料金をdカードGOLDで支払うことで、ポイント付与率が10%(100円→10ポイント)とdポイントの付与率はアップしますが、年会費は10,000円(税別)となります。

また、dカードGOLDは旅行に特化した特典が付帯されているので、発行したら空港ラウンジなどの特典を利用して得にカードを使って行くと良いでしょう。

サービス名 dカード dカードゴールド
空港ラウンジ
dカードゴールドデスク
dカードゴールド年間利用額特典
dカードケータイ補償 最大1万円補償 最大10万円補償
お買物あんしん保険 年間100万円まで 年間300万円まで
海外緊急サービス 〇(無料)
VJデスク(旅のサポート)
海外レンタカー

そして、dカードとdカードGOLDにはドコモユーザーの方のみが利用できるdカードケータイ補償があり、携帯が壊れた際には補償期間に限りますが、新しい携帯代を補償額に基づき補償してくれるので、dカードケータイ補償に魅力を感じるのであれば発行価値は高いです。

※dカード補償額1万円・dカードGOLD10万円

※新しい携帯の購入先はドコモショップ、もしくはdカードが指定したショップに限るので注意してください。

dカードとdカードGOLD発行前にはメリット・デメリットを再度確認し、本当に自分に適したカードかどうかを判断してからの発行をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ