デビュープラスカードに海外旅行保険を付ける方法

普段の仕事を頑張ったご褒美に、また気の合う友達とのんびりするため、家族で思い出作りなど、普段の生活から離れて旅行へ行く機会は沢山あります。インターネットやメディアでの広告やツアーの特集も組まれる事が多く、近年では直行便や便数も増えたため海外旅行がより身近に感じられます。

海外に出かける方の目的は様々ですが、海外の魅力と言えば、やはり日本ではない異国の文化に触れる事が出来ることにあります。文字や映像で知るだけではなく、実際に日本を離れて海外に行くことで貴重な経験を得られたり、その土地の空気を自分の肌で感じる事が出来るのです。

日本旅行業協会の発表した「旅行統計 2015」によると、2014年に海外旅行に出かけた人はおよそ1690万人おり、5年前の2019年と比較すると146万人も増えています。さらに平均海外旅行費用は23.9万円となっており、1996年の平均費用である36.1万円からすると手軽に安く旅行に行けるようになった事も分ります。

海外に行く機会としては、友達との旅行や家族旅行、新婚旅行、学生であれば長期の休みを利用しての旅行や節目の卒業旅行、そして留学などが挙げられます。いずれも折角旅行に行くのであれば、存分に楽しむことは勿論、万が一の時に備えてしっかり準備していきたいものです。

旅行に行く際、特に海外旅行の際には現地で怪我をしたり病院に罹ったりした場合のお守りとして短期間の保険に加入してから渡航します。海外では日本と同じ制度の医療費のしくみではなく、旅行に行ったのに病気や怪我でとてつもない額の請求をされる場合もあるので注意が必要です。


旅行の際に怪我をしたり病気になった場合の請求は、日本で治療を受ける場合と違って全額自己負担になるので治療費が高額になってしまいます。海外保険のサービスを展開している損保ジャパン日本興亜が発表している実際に海外での医療費請求が発生したケースの例を挙げたので、チェックしてみましょう。

例1:アメリカ

ハワイで海水浴中、溺れて意識を失い、ICUに入院。約1ヶ月入院後、看護師付添のもと、プライベートジェット機にて、日本まで搬送。被保険者自己負担となる。
費用:約3,000万円

例2:メキシコ

溺れて治療を受け、病院に搬送されて治療を受ける。
費用:1,028万円

例3:ドイツ

ドイツ滞在中、肺炎にかかり入院。退院後、当初の滞在予定を早めに切り上げ帰国。
費用:106万円

例1のようにおよそ3,000万円の治療費の請求があった場合に、保険に加入していなければ全て自費で支払わなくてはなりません。
帰国後に健康保険の申請をすれば給付金が支払われますが、給付金は「日本国内で治療を受けた場合の治療費7割」と決まっているので、数百万・数千万単位で医療費が発生した場合には、給付金はごく僅かで、負担額の大きさには変わりがない結果になってしまいます。

単に擦りキズや打ち身、自分で持って行った薬を服用して対処できれば良いのですが、怪我や病気は帰国まで待ってはくれません。そこで海外旅行に行く際の短期保険があり、各種保険会社から海外旅行向けのサービスが行われているのです。

しかし海外旅行の度に短期保険に加入しなくても、クレジットカードに海外旅行の保険が付帯している場合もあります。
クレジットカードの保険には2種類あり、まずはクレジットカードを持っているだけで保険を掛けて貰える「自動付帯」と、旅行の費用をクレジットカードで支払う事で保険が掛かる「利用付帯」があります。また、自動付帯と利用付帯がセットになっているものもあり、クレジットカードを利用する事で、自動付帯で掛かっている保険金額の上限が上がるものもあります。 ただし、海外旅行の際の保険が自動付帯になっているクレジットカードはごく僅かで、殆どが利用付帯もしくは保険の付帯はしていないものになります。

  三井住友VISA
デビュープラスカード
三井住友VISA
アミティエ(学生)
三井住友
クラシックカードA
カードフェイス 三井住友VISAクラシックカードA 三井住友VISAクラシックカードA 三井住友VISAクラシックカードA
年会費 1,250円+税 無料 1,500円+税
国内旅行 × 自動付帯300万円 利用付帯+自動付帯
海外旅行 × 自動付帯300万円 利用付帯+自動付帯

海外に行く際に現金を持って行くのは勿論ですが、ただし大金を持ち歩くのは窃盗被害に遭った場合や落としてしまった場合には現金だけでは心配が残ります。そこで海外へはクレジットカードを持って行って買い物をする事も多くあります。しかし海外で使いにくいカードを持って行っても支払う時に毎回確認しなくてはならないためあまり使い勝手が良くありません。

三井住友カードの展開しているカードは国際ブランドがVISAとなっており、VISAはアメリカの企業の運営するクレジットカードブランドで、世界シェアがナンバー1のブランドであり、世界160カ国以上の地域で使用できることからも日本のみならず海外でもしっかりと威力を発揮してくれます。

三井住友VISAカードでは、18歳から25歳限定の三井住友VISAデビュープラスカードと、ポイント重視のエブリプラスカード以外のカードには、すべて国内・海外の保険が利用付帯または自動付帯、併用のいずれかで付帯します。 上記で挙げた三井住友VISAクラシックカードAであれば海外旅行の際の保険も自動付帯+利用付帯であり、カードを利用して旅費を決済しなくてもカードを持っているだけでも自動で海外旅行の保険が付きますが、渡航費用の決済をカードで行う事でさらにアップグレードした保険に加入できるのです。

(例:三井住友VISAクラシックカードAとアミティエカードの海外保険比較)

  三井住友VISA
クラシックカードA
三井住友VISA
アミティエ(学生)
券面
三井住友VISAクラシックカードA
三井住友VISAクラシックカードA
年会費 1,500円+税 在学中無料
付帯条件 自動付帯+利用付帯 自動付帯+利用付帯
傷害死亡・後遺障害 自動付帯分   300万円 自動付帯分   300万円
利用付帯分 1,700万円 利用付帯分 1,700万円
合計 最高2,000万円 合計 最高2,000万円
傷害治療費用 1事故 1事故
100万円 100万円
疾病治療費用 1疾病 1疾病
100万円 100万円
賠償責任 1事故限度額 1事故限度額
2,500万円 2,500万円
携行品損害 1旅行中かつ1年間の限度額 1旅行中かつ1年間の限度額
20万円 20万円
(自己負担3,000円) (自己負担3,000円)
救援者費用 1年間の限度額 1年間の限度額
150万円 150万円

事故や病気は必ず1度きりで終わるとは言えず、いつ事故に遭うか、病気になるかは予測が出来ないものだからこそ、しっかりと準備したいものです。そのため、保険の内容では1事故あたり、1疾病ごとに費用が保証される三井住友VISAクラシックカードAに軍配が上がります。 在学中に無料でクレジットカードを持ち、尚且つ保険も付帯させたい女性の方はアミティエカードがオススメです。

三井住友VISAデビュープラスには海外旅行傷害保険は付帯していません。そのため、海外旅行先で怪我や病気になってしまった場合、補償が受けられないので高額な入院料や診察料を支払うことになってしまいます。

旅行先のケガや病気で補償を受けたいのであれば、海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカードを選びましょう。

海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードでも、ポイント還元率が高い、空港サービスが充実しているなど付帯しているサービスはそれぞれ異なります。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカード

年会費 1,250円+税(学生は在学中無料)
ポイント還元率 0.5%
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
発行期間 最短3営業日

三井住友VISAクラシックカードは一般の方だけでなく、学生の方にも提供しているカードで、旅行代金を三井住友VISAクラシックカードで支払いをすると海外旅行傷害保険を受けることができます。旅行先で購入した商品が破損・盗難にあってしまった場合も、購入日の翌日から90日までは最高100万円が補償されるショッピング保険があるので安心です。

一般カードは初年度年会費無料で翌年度も条件付きで無料になりますが、学生専用カードであれば、在学中は年会費が無料になるので維持費がかかりません。

三井住友VISAクラシックカードのポイントプログラム「ワールドプレゼント」は1,000円につき1ポイントが貯まるので、還元率は0.5%です。貯まったポイントは商品やキャッシュバック、マイルやポイントに移行するなど使い道は多様にあるのでお好きなものと交換してお得に使いましょう。

セゾンブルーアメックス

セゾンブルーアメックス
セゾンブルーアメックス

年会費 3,000円+税(初年度無料)
ポイント還元率 0.5%(海外での利用で1.0%)
海外旅行傷害保険 最高3,000万円(自動付帯)
発行期間 最短即日発行

セゾンブルーアメックスは、海外旅行傷害保険が自動付帯で最高3,000万円と手厚くなっているだけでなく、充実したトラベルサービスも受けられるのが特徴のカードです。

手荷物無料宅配サービスでは、海外旅行から帰国した時にカード会員1名につきスーツケースなどの手荷物1個を無料で自宅まで配送します。帰国したときはお土産などでどうしても手荷物が多くなってしまうので、自宅まで配送してくれるのはとても便利です。海外アシスタンスデスクでは、現地情報の案内をはじめ、ホテルやレストランの予約、パスポートの紛失まで様々な問題を日本語で対応します。

また、セゾンブルーアメックスは通常1,000円につき1ポイントの永久不滅ポイントが貯まりますが、海外で利用すると2倍のポイントが貯まります。このときの還元率は1.0%です。ネットショッピングではポイントサイト「セゾンポイントモール」を経由して、ネットショッピングをすると最大30倍のポイントが貯まります。

JCB CARD W

JCB CARD W
JCB CARD W

年会費 無料
ポイント還元率 1.0%
海外旅行傷害保険 最高3,000万円(利用付帯)
発行期間 最短3営業日

JCBが単独で発行するJCB CARD Wは、通常のJCBカードの2倍ポイント還元されるため、年会費無料でポイントが貯まりやすいと人気のクレジットカードです。

JCBと提携している昭和シェルやイトーヨーカドーなどのJCBオリジナルシリーズパートナーの店舗で利用するとポイントが最大5倍もらえ、インターネットサイト「Oki Dokiランド」を経由してネットショッピングをすると最大20倍のポイントを貯めることができます。Oki DokiランドではAmazonや楽天市場、ビックカメラなど店舗数が豊富にありますのでいつも利用しているお店を見つけてポイントをたくさん貯めましょう。貯まったポイントは商品との交換、キャッシュバックなど交換先が多様にあり、マイルやポイント移行、支払金額へ充当してお得に使うこともできます。

JCB CARD Wの申し込み資格は「18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。」とあるので大学生の方でも申し込み可能です。

JCB CARD Wは、海外旅行の交通費をJCB CARD Wで支払うと最高3,000万円の海外旅行傷害保険の補償を受けることができます。ショッピングガード保険は、海外でJCBカードを利用して購入した商品が壊れてしまった、盗難にあってしまった場合に90日間であれば最高100万円が補償されます。

VIASOカード

VIASOカード
VIASOカード

年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
発行期間 最短翌日発行

三井住友UFJニコスが発行するVIASOカードもまた、年会費無料で海外旅行傷害保険が付帯するカードです。最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯で受けられ、海外で何かトラブルにあった場合は日本語対応の海外アシスタントサービスが電話で対応します。

VIASOカードは普段のお買いもので、1,000円の利用につき5ポイントが貯まリ、1ポイントは1円相当なので、還元率は0.5%です。

還元率0.5%ではポイントも貯まりにくいですが、「VIASO eショップ」を経由してネットショッピングをすると、基本の5ポイントにさらにプラスして、参加ショップのボーナスポイントが加算され、還元率は最大12.5%にまでアップすることができます。参加店は楽天市場やYahoo!ショッピング、無印用品など豊富にありますので、ネットショッピングをする際は必ず利用しましょう。

また、高速道路や携帯電話・インターネットプロバイダーをVIASOカードで支払うとポイントが2倍になり、1,000円につき10ポイントが貰えるので、ポイント還元率は1.0%となります。貯まったポイントはオートキャッシュバックされるので、ポイントの有効期限を心配しるする必要がなく、他社クレジットカードのようにポイントを交換する手間がかかりません。

最短翌日発行なので、「海外渡航までに時間がないがクレジットカードを作りたい」という方もすぐに発行することができます。

三井住友VISAデビュープラスは海外旅行傷害保険がついていないので、旅行先で病気やケガをしてしまった場合には補償を受けることはできませんが、ポイント還元率が高く、海外での利用ポイントが2倍、入会後3ヵ月以内であれば6倍とたくさんのポイントを貯めることができます。そのため、三井住友VISAデビュープラスカードをメインのカードとして利用し、海外旅行用として2枚目のカードで旅行傷害保険を付けることもおすすめです。

また、世界ではVISAカードがシェア率NO.1で世界中のクレジットカードの約半分がVISAブランドとなっています。VISAカードはどの国でも利用できるほど、多くの加盟店が存在しているので海外旅行で使いやすいですが、旅行先で立ち寄ったお店がVISA加盟店ではない場合はVISAカードを使うことはできません。VISAカードの他に、2枚目にJCBやMasterCardなどの違うブランドのカードを持っていればVISAカードが使えないお店であっても、2枚目のカードで支払うことができます。


海外旅行に行く際は住み慣れていない都市で過ごすため、何事も無く滞在出来れば問題はありませんが、何かトラブルが発生した際にどれだけ備えているか、準備しているかが大切なポイントとなります。怪我や病気の際の安心のためにも、海外旅行へ行く際の保険は欠かせません。

損保ジャパン日本興亜の「新・海外旅行保険Off!」というサービスを例にすると、インターネットで申し込むことで店頭での申し込みに比べて最大54%の割引になるのでお得に加入できます。

(例1)
ヨーロッパ6日間
個人プラン 2,400円(1人)
ファミリープラン 3,720円(2人)

(例2)
ハワイ7日間
個人プラン 2,660円(1人)
ファミリープラン 4,170円(2人)

またフリープランで海外へ行く際には日数や国などを自由に設計できる点や、出発当日の申し込みが可能な点など利用者にとってお得な特長が多いので、ぜひ利用したいものです。

三井住友VISAカードの中でも、三井住友VISAデビュープラスカードは18歳〜25歳限定のカードとなっていて、26歳を過ぎた最初のカード更新の際にプライムゴールドカードへ自動的に切り替わります。プライムゴールドカードは20代専用のゴールドカードで、国内外の保険が自動付帯+利用付帯になっているので旅行の際も安心ですが、プライムゴールドカードに切り替わるまでは必ず海外へ渡航する際には短期の保険に加入しましょう。 また、ポイント重視のエブリプラスカードを持っているホルダーもエブリプラスカードには旅行保険が付帯していないので必ず保険に入るようにして下さい。 保険は「備えあれば憂いなし」の代表格であると言えます。しっかり準備をして思いっきり旅行を楽しみたいものです。


まずは
これ!

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード
VISA MasterCard
  • 世界シェアNo.1のVISAブランド
  • オンライン入会で年会費無料
  • ポイントUPモールでポイント2〜20倍

三井住友VISAのスタンダード、三井住友VISAクラシックカード。
初年度年会費無料、便利なポイントでお買物もいっそうお得。現金、マイル、ギフト券などに交換可能、「ポイントUPモール」ご利用で、2倍〜20倍のポイントが貯まります。
気になる2年目以降の年会費も三井住友VISAカードの年会費を無料にする方法をチェックしてずっと無料で続けましょう!

ご利用金額の20%プレゼント(最大10,000円)
キャンペーン期間:2019年5月31日まで

三井住友VISAカード新規ご入会で ご利用金額の20%プレゼント(最大10,000円)
更に50回に1回の確率で全額タダ!(上限10万円まで)

電子マネー 初年度年会費 年会費 ETC専用カード 発行期間
電子マネー電子マネー 無料 税抜1,250円+税
条件により無料
500円+税
(初年度無料)
年1回利用で無料
最短3営業日
還元率 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用可能枠
0.5%

最高2000万円

- 年間最高100万円 10-80万円
カードの詳細はこちらカードのお申込はこちら


全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ