厳選カード10枚 人気コラム

海外でクレジットカードを使いたくない方におすすめ! 1枚に9通貨保有できる「キャッシュパスポートプラチナ」とは?

キャッシュパスポートプラチナとは

キャッシュパスポートプラチナの基本情報

キャッシュパスポートプラチナ世界210以上の国・地域のMastercard加盟店でのショッピングやMastercard対応ATMで現地通貨を引き出せる株式会社クレディセゾン発行のプリペイドカードです。

様々な機能を備えているので、旅行や出張など海外への渡航の利便性が向上します。

キャッシュパスポートプラチナ1枚で9つの通貨(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドル)で残高を保有できるので、現地での残高管理がしやすくなります。

残高や利用履歴の確認と9つの通貨をカード内で移動できるキャッシュパスポートアプリを使えば、外貨両替不要で、スマートフォン、タブレット、パソコンからいつでも残高管理可能で便利です。

海外滞在中に困ったことやトラブルが発生した際には、24時間365日サポートを受けられるので安心です。サポートを受けるには、メールか電話でカードサービスへ問い合わせてください。

電話番号は滞在先によって番号が異なるので、事前に確認しましょう。一部フリーダイヤルではない国があります。日本国内からはフリーダイヤル00531-780-221で問い合わせ可能です。

キャッシュパスポートプラチナはICチップが搭載されていて、高額な支払いなどには暗証番号の入力を求められることや、新規カード発行時にスペアカードが1枚無料で発行される点でも安心です。

海外滞在中に紛失や盗難に遭った場合でも、スペアカードがあればすぐにカードを利用再開できます。

カードが紛失・盗難に遭った場合や不正利用が疑われる場合、マイアカウントでカード一時停止後、カードサービスに連絡しましょう。カードの一時停止後からスペアカードは利用可能です。

キャッシュパスポートプラチナは日本国内在住の方で有効期限内の必要提出書類をお持ちの方であれば、年齢に関係なく入会金・年会費無料で所持できます。カード再発行手数料とチャージ手数料も無料です。

キャッシュパスポートプラチナはプリペイドカードなので、事前にチャージした金額まで利用可能です。チャージは最低1万円から、1回あたりの上限100万円(全通貨合計)、12ヶ月の限度額は500万円(全通貨合計)、残高限度額は200万円(全通貨合計)です。

海外ATM引き出し限度額は15万円、ショッピング利用限度額は24時間85万円です。ただし、ATMによって引き出し限度額が低く設定されている場合があります。

国際ブランドがMastercardのキャッシュパスポートプラチナでは、Mastercard会員限定のキャッシュバック特典「Mastercard トラベラーリワード」を受けることができます。

海外の対象加盟店での利用が特典の対象で、利用してから約1~2週間以内にカード残高に自動でキャッシュバックされます。特典を受けるのに手続きや事前登録は不要です。

キャッシュパスポートプラチナと他カードの比較

キャッシュパスポートプラチナとクレジットカードの基本情報や特徴を比較し、どのような方にキャッシュパスポートプラチナがおすすめかチェックしましょう。

クレジットカードはカードのランクなどで特徴が大きく異なるので、今回はクレディセゾン発行の一般カード「セゾンカードインターナショナル」と比較します。両者を比較する前に、セゾンカードインターナショナルの基本情報などを紹介します。

セゾンカードインターナショナルは年会費が永年無料のクレジットカードです。高校生を除く18歳以上の電話連絡可能な方なら誰でも申し込めるので、学生や専業主婦の方も申し込めます。

キャッシュパスポートプラチナはMastercardのみですが、セゾンカードインターナショナルではVISA、Mastercard、JCBの中から国際ブランドを選ぶことができます。

セゾンカードインターナショナルでは支払いの充当、他社ポイントや人気アイテムとの交換に利用できる、有効期限のない「永久不滅ポイント」が1,000円につき1ポイント貯まります。

セゾンポイントモールを経由したネットショッピングなら最大30倍のポイントを貯めることができます。

クレジットカードは特定のお店やサービスをお得に利用できる特典が特長ですが、セゾンカードインターナショナルでも毎月、開催日は不定期ですが西友・サニー・リヴィンの店舗で5%オフといった魅力的なサービスを受けられます。

その他にも、カードの提示や利用で全国のレストラン、ホテル、レジャー施設などを特別価格で利用できるという優待もあります。

多くのクレジットカードは申し込みからカード発行までに2週間から1ヶ月かかりますが、セゾンカードインターナショナルはインターネットから申し込み、全国のセゾンカウンターで受け取れば、最短即日発行も可能です。

セゾンカードインターナショナル申し込みからカード受け取りまでの流れと注意点は下記の通りです。

セゾンカードインターナショナル申し込みから受け取りまでの流れ

  • STEP1
    インターネットから申し込み
    ※申し込みにカードの受け取り方法を「郵送でのお受け取り」「ご指定のセゾンカウンターでお受け取り」のいずれかを選択してください。
    ※即日発行希望の場合「ご指定のセゾンカウンターでお受け取り」を選択してください。
  • STEP2
    申し込み確認の電話
  • STEP3
    審査結果メールを受信
  • STEP4
    郵送、または、セゾンカウンターで受け取り
    ※通常は申し込み後30分以内に「受信完了メール」が届きますが、19:30以降の申し込みは翌日の手続き扱いとなります。
    ※申し込み確認の電話は10:00~20:00にあります。
    ※郵送でカードを受け取る場合、カードの発送は最短で審査結果メールを受信した日の翌日から3営業日後です。
    ※セゾンカードインターナショナルはETCカードの追加も可能ですが、ETCカードと同時に申し込むとカード発行までに1~2日追加されます。

キャッシュパスポートプラチナとセゾンカードインターナショナル比較


キャッシュパスポートプラチナ セゾンカードインターナショナル
年会費 無料 無料
申し込み条件 本人確認書類、マイナンバーを提出できる方 高校生を除く18歳以上の電話連絡可能な方
国際ブランド Mastercard VISA、Mastercard、JCB
メリット ・9つの通貨で残高管理できる
・キャッシュバック特典
・永久不滅ポイントが1,000円につき1ポイント貯まる
・西友、リヴィン、サニーの店舗で5%オフのセゾンカード感謝デーが毎月開催

キャッシュパスポートプラチナはプリペイド式なので使いすぎの心配がありません。申し込みに年齢制限がないので、クレジットカードの入会資格のない海外に行く予定の方におすすめです。

ただし、国内では使えず、Tポイントサービスが2019年6月30日で終了したことでポイントを貯められなくなったので、日本国内でもお得に使えるカードを持ちたい方にはクレジットカードがおすすめです。

クレジットカードは年学生不可といった条件が定められているので、入会資格を満たさなければカードを作ることはできず、キャッシュパスポートプラチナのように誰でも作れるわけではありません。

クレディセゾンではキャッシュパスポートプラチナ以外にも海外ATMで現地通貨を引き出せるプリペイドカードをいくつか発行しています。海外でも便利に利用できるプリペイドカードの1つ「NEO MONEY」とも比較してみましょう。

NEO MONEYは海外ATMでの現地通貨引き出し、VISA加盟店でのショッピングの他、日本国内のVISA加盟店でも利用可能です。ただし、NEO MONEY VISA(海外専用)は、日本国内では利用できません。

インターネットバンキング、振り込みでチャージするのはキャッシュパスポートプラチナと共通ですが、NEO MONEYは対象ATM(ゆうちょ銀行、セブン銀行、セゾンATM)でもチャージ可能です。

利用可能額100万円、1回のチャージ上限10万円、1日のチャージ上限チャージ上限100万円、年間チャージ可能額1,500万円ですが、ATMによっては引き出し可能額が低く設定されている場合があります。

振り込みチャージには1回あたりの上限がないので、利用可能額までチャージできます。

VISA・銀聯加盟店では1回あたり100万円、1日あたり100万円、年間1,500万円が利用可能額上限です。海外ATMは1回あたり15万円、1日あたり100万円、年間1,500万円が引き出し可能額の上限です。ただし、ATMによっては低く設定されています。

日本国内でのショッピングにも利用可能などNEO MONEYの方がキャッシュパスポートプラチナよりもメリットが多いと感じるかもしれませんが、NEO MONEYにはアプリやキャッシュバック特典などはありません。

そのため、海外での残高管理のしやすさやお得さではキャッシュパスポートプラチナの方があるでしょう。

キャッシュパスポートプラチナは年齢に関係なく申し込みできますが、NEO MONEYは日本国内在住の13歳以上の方という年齢制限があります。

申し込みに本人確認書類とマイナンバーの提出が必要なのは共通です。下記でキャッシュパスポートプラチナとNEO MONEYの基本情報を比較しています。

キャッシュパスポートプラチナとNEO MONEY比較


キャッシュパスポートプラチナ NEO MONEY
年会費 無料 無料
申し込み条件 本人確認書類、マイナンバーを提出できる方 日本在住の13歳以上の方
国際ブランド Mastercard VISA
限度額 ・1回あたりのチャージ上限100万円(1万円からチャージ可能)
・12ヶ月チャージ限度額500万円
・残高限度額200万円
・海外ATM引き出し限度額15万円
・24時間のショッピング利用限度額85万円
・1回あたりのチャージ限度額10万円
・12ヶ月チャージ限度額1,500万円
・残高限度額100万円
・海外ATM引き出し限度額1回15万円
・24時間ショッピング利用限度額100万円
チャージ方法 インターネットバンキング、振り込み インターネットバンキング、振り込み、ATM
国内での利用可否

キャッシュパスポートプラチナの使い方

キャッシュパスポートプラチナを使う前に、カード番号、メールアドレス、パスワードなどを入力してカードを有効化する必要があります。スペアカードも有効化が必要です。

銀行振り込み、または、インターネットバンキングで振り込み専用口座に振り込むことでキャッシュパスポートプラチナへチャージされるので、利用限度額の範囲内でチャージした金額分を利用できます。

振り込み専用口座情報は「マイアカウント」の「各種設定メニュー」内「入金口座管理」で確認できます。マイアカウントでは残高や利用履歴の確認も行えます。

デフォルト通貨(標準指定通貨)は日本円なので、初期設定では日本円残高へのチャージとなり、振り込み時に10桁の受付番号か識別番号がなければデフォルト通貨にチャージされます。デフォルト通貨もマイアカウントから変更可能です。

海外ATMの残高照会は為替レートの関係で変動し、実際の残高と異なる場合があるので、残高を正しく確認するためにもマイアカウントで定期的に残高を確認することをおすすめします。

取り引き確定までに数日かかると、マイアカウントの利用履歴は「PENDING(未確定)」となりますが、取り引きが確定すれば「SETTLED(完了済)」に変わります。

取り引きのキャンセルが残高に反映されるのに時間がかかることがあります。取り引きキャンセルから8日経っても返金されない場合は、カードサービスへ連絡してください。取り引きキャンセルが確定すると、キャンセルした取り引き内容はマイアカウントに表示されなくなります。

キャッシュパスポートプラチナもクレジットカード同様有効期限があり、有効期限は5年間です。期限切れのカードでショッピングや引き出しなどはできないので、期限切れのカードにチャージしないよう注意しましょう。有効期限はカード表面に表示されています。

キャッシュパスポートプラチナは非接触決済対応なので、コンタクトレスのマークがある加盟店ではサインや暗証番号不要でカードを端末にかざすだけのスピーディーな決済が可能です。ただし、高額な決済など店舗からサインや暗証番号を求められる場合があります。

暗証番号は通常4桁ですが、一部の国では6桁の暗証番号を求められることがあるので、暗証番号が6桁の場合は4桁の暗証番号の末尾に00を追加してください。(暗証番号1234なら123400と入力してください。)

ロンドンの地下鉄ではSuicaなどの交通系ICカードのようにキャッシュパスポートプラチナを改札機にタッチして利用できます。

制裁措置の対象国でキャッシュパスポートプラチナを使えない他、2019年12月現在は日本国内でも使用できません。

キャッシュパスポートプラチナの申し込み方法や審査基準

キャッシュパスポートプラチナは本人確認書類とマイナンバーの確認完了後7営業日に指定した住所へ簡易書留で郵送されます。カード申し込みから発行まではスピーディーですが、カードが届いたらすぐに利用できるわけではありません。

キャッシュパスポートプラチナの手続きに必要な書類やマイナンバーはいつ提出するのかなど、申し込みから利用開始までの流れを確認しましょう。

  • STEP1
    オンライン申し込み
    申し込み者の氏名、生年月日、住所などを入力します。海外に行く方は出発予定日、渡航国、渡航目的の入力が必要なのはクレジットカードと異なります。渡航先が未定の方は「未定」を指定します。
  • STEP2
    申し込み受け付け後、本人確認書類とマイナンバーカードの提出手続き
  • STEP3
    申し込み内容の確認完了後7営業日以内にカード到着
  • STEP4
    カード受領後、カードを有効化
  • STEP5
    銀行振り込み、または、オンラインバンキングでチャージ後、利用開始

キャッシュパスポートプラチナは年齢制限がありません。また、申し込み時に職業を選択する欄はありますが収入の欄はないので、クレジットカードのような審査は行われません。年齢や収入に関係なく、必要書類を提出できれば中高生も申し込み可能です。

キャッシュパスポートプラチナは海外で現金とクレジットカードを持ちたくない方におすすめ

盗難やスキミングといったトラブル防止のために、現金やクレジットカードの代わりにキャッシュパスポートプラチナがおすすめです。

年齢制限がないので、留学や出張など海外に行く方なら誰でも利便性の高いキャッシュパスポートプラチナを所持できます。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介

ページの先頭へ