クレジットカード利用停止を受けたときに選ぶ他カード

突然のクレジットカードの利用停止!その原因は


買い物はもちろん、毎月の公共料金の支払いにも使えるクレジットカードは、利用額に応じてポイントも貯められるので、現金で支払うよりもずっとお得です。

あらゆるシーンでクレジットカードを活用している方にとって、クレジットカードはお財布と同じく、生活になくてはならないものとなっているので、クレジットカードが、突然使えなくなったとしたら、非常に困ってしまうことでしょう。

しかし実際、何らかの理由でクレジットカードが「利用停止」になってしまうことがあります。その名の通り、クレジットカードの機能が全面的にストップしてしまうシステムです。

クレジットカードが利用停止になる原因としては、主に以下のようなものが考えられます。

利用停止の原因

利用者本人による申し出があった
たとえばクレジットカードが紛失や盗難に遭った際、利用者がカード会社に連絡をして、クレジットカードを利用停止してもらうことができます。この場合は、不正利用による損害を避けるための防御策です。

暗証番号を入力ミスしてしまった
クレジットカードで買い物をする際、お店によっては暗証番号の入力が必要になることがあります。その時、連続で入力を間違えてしまうと、不正利用を防ぐためにクレジットカードにロックがかけられてしまいます。

カードの利用限度額を超えてしまった
クレジットカードには利用限度額が定められていますので、それを超えてしまうとカードが使えなくなります。厳密には利用停止ではありませんが、限度額オーバーの状態が長く続くと利用停止になってしまうこともあるため、注意が必要です。

クレジットカードの支払いを延滞している
支払期日に引き落としされなかった場合、クレジットカード会社の判断で利用停止になることがあります。これは致し方ない措置だといえるでしょう。

不正利用が疑われた場合
ユーザーにとって、もっとも戸惑ってしまうパターンがこれかもしれません。

第三者による不正利用を防ぐために、クレジットカード会社では不正利用のリスクを自動的に検知するシステムを用意しています。たとえば、非常に高額な商品を購入した場合や、これまでとは異なる地域や時間帯での買い物などがあった場合、クレジットカードに自動的にロックがかけられてしまうのです。
その際には、電話による本人確認などが行われます。

換金目的などの規約違反が疑われた場合
近年、「クレジットカードの現金化」が問題となっています。クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れる行為で、キャッシング枠が上限に達してしまったユーザーが行うことが多いといわれます。

「商品買取り型」や「キャッシュバック型」などの手法があり、多くは専門の業者を通して行いますが、どのような方法であれ、クレジットカード会社は換金目的でのカード使用を認めていません。万が一発覚した場合は規約違反として、クレジットカードの強制解約および残額を一括請求される可能性もあります。

このような事情から、ある日突然、ショッピング枠の上限に達するような高額な買い物をしたり、新幹線の回数券や金券類などの換金性の高い商品を大量に購入したりした場合は、換金目的の疑いがあると判断され、クレジットカードを利用停止にされてしまうことがあるのです。

クレジットカードが利用停止になる原因としては、上記のようなものが考えられますが、まれに何の心当たりもないのに、突然利用停止になる場合もあります。そのような場合はクレジットカード会社に連絡し、理由を確認するようにしましょう。

クレジットカードが利用停止になった場合の対処法

クレジットカードの利用停止を受けてしまうと、さまざまな弊害が起こります。

買い物に困るのはもちろんですが、それ以上に気を付けたいのは公共料金などの支払いができなくなるということです。クレジットカードの機能が全面的に停止してしまう以上、カードを使ったすべての支払いが不可能になってしまいます。

ですからクレジットカードが利用停止になった場合は、すみやかに対処することが大切です。

クレジットカードが利用停止になった時の対処法

まずはカード会社に問い合わせる
事態を解決するためにも、クレジットカード会社に相談することが第一です。不正利用や規約違反が疑われた場合の一時的な利用停止であれば、電話ひとつで利用を再開できることもあります。ただし暗証番号の入力ミスがあった場合などは、基本的にクレジットカードの再発行手続きが必要です。

延滞がある場合はすみやかに支払う
クレジットカード利用分の支払いを延滞している場合は、できるかぎり早く返済しましょう。一度のうっかりミスであれば、入金が確認された時点で利用を再開できる可能性が高いと思われます。ただし何度も延滞を繰り返している場合は、そのまま強制解約になることもあります。

限度額オーバーの場合は、繰り越し返済という手段も
クレジットカードの利用限度額を越えてしまった場合、次の引き落とし日まで待てば限度額がリセットされますので、利用を再開できます。それまで待てないという場合は、クレジットカードの利用限度額を上げてもらうか、もしくは早めに入金して「繰り越し返済」をするのがおすすめです。

ただし、引き落とし日のタイミングによってはできないこともありますので、まずはカード会社に問い合わせてみてください。

このように、クレジットカードが利用停止になると、さまざまな手続きやトラブルが発生する可能性があります。延滞や、暗証番号の入力ミスなどにはくれぐれも気を付けましょう。また海外旅行に行く際や、いつもより高額な買い物に使う場合などは、念のためクレジットカード会社に一言連絡を入れておくと、スムーズに買い物できますのでおすすめです。

しかし、たび重なる延滞や自分のミス、もしくはよく分からない原因でクレジットカードが利用停止となり、再開が難しい場合は、思い切って別のクレジットカードを作るのも一つの方法です。もちろんその場合も、延滞分はすべて完済してから申し込むようにしましょう。

充実のサービス&オートキャッシュバックが魅力の「VIASOカード」

一つのクレジットカードが、何らかの理由で利用停止になった場合、その情報が信用情報機関に登録され、他のクレジットカードも作りにくくなる可能性はあります。特に延滞が原因だった場合は、そのリスクが高くなるでしょう。

そうではない場合も、確実にクレジットカードを手にするためには、なるべく審査基準の厳しくないカードに申し込むのがおすすめです。審査に比較的通りやすく、スペックの充実したクレジットカードとしては、三菱UFJニコスの発行する「VIASOカード」があります。

VIASOカードの特徴

・年会費は、本人・家族ともに永年無料!
VIASOカードは、家族カードも含めてすべて年会費が永年無料です。年会費の元をとれるかどうかを気にせずに使うことができます。 ただしETCカードを発行する場合のみ、1,000円(税別)の手数料が必要です。

・無理なくポイントを貯められる!
VIASOカードでは、1,000円の利用につき5ポイント(5円相当)が貯まりますので、これだけですと還元率は0.5%です。

しかし以下の支払いにVIASOカードを使った場合はポイント2倍となり、還元率が1.0%に上がります。多くの方がコンスタントに支払っているものばかりですので、無理なくポイントを貯めることが可能です。

・全国の高速道路、一般有料道路の通行料金(ETCカードを作った場合)
・携帯電話・PHSの利用料金(ドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobile)
・インターネットプロバイダーの利用料金(Yahoo! BB・@nifty・OCN・au one net・BIGLOBE・ODN)

・ネットショッピングならボーナスポイントがもらえる!
ネットで買い物する際は、「VIASO eショップ」というサイトを経由してショップにアクセスするだけで、通常ポイントに加えて店舗ごとのボーナスポイントがもらえます。VIASO eショップには、楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングをはじめ、数多くのネットモールやお店が参加しています。 ・貯まったポイントは、自動キャッシュバック!
VIASOカードの利用で貯まったポイントは、商品交換ではなく、キャッシュバックされる点も大きな特徴です。1,000ポイント以上貯まった時点で、1ポイント1円として、指定の口座に自動的に振り込まれます。 交換手続きの必要がありませんので、ポイント管理の苦手な方には特におすすめです。

・充実の補償が付帯!
VIASOカードは年会費無料ながら、最高2,000万円までの海外旅行傷害保険や、年間100万円までのショッピング保険も付帯しています。

VIASOカードの申し込み資格

VIASOカードの申し込み資格は、「原則として18才以上(高校生不可)で電話連絡可能な方(未成年の方は親権者の同意が必要)」と規定されています。収入に関する条件が特にありませんので、パートやアルバイトの方はもちろん、学生さんや専業主婦の方でも審査に通る可能性のあるクレジットカードです。

できるだけ審査に通りやすいクレジットカードを探している方は、ぜひ一度、VIASOカードの公式ページから申し込んでみてください。

VIASOカード

VIASOカード
MasterCard
  • 1000円=5P獲得・1P=1円のキャッシュバック
  • 独自のネットモール経由でポイント最大21倍以上
  • カード本体・ETCカードともに年会費無料

年会費無料でお得さがダイレクトに分かる高還元カード
1000円で5P付与、獲得したポイントは1P=1円として自動的にキャッシュバックされるシステムが人気のクレジットカード。
年間1,000ポイント(還元率が0.5%の場合は20万円利用分)貯めないとポイントがすべて失効してしまうので注意が必要です。

電子マネー 初年度年会費 年会費 ETC専用カード 発行期間
- 無料 無料 無料 最短翌営業日
還元率 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用可能枠
0.5% 最高2000万円 - 年間最高100万円 10-100万円
カードの詳細はこちらカードのお申込はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ