Amazonカードの退会方法とポイント高還元カードの見極め方



ポイント還元を重視する方

効率的にポイントを貯めたい方には
JCB CARD Wをオススメします。

申込資格 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上で学生の方。
年会費 無料
ETCカード年会費 無料
ポイントプログラム 1,000円=2ポイント

Amazonカードは本当におトク? 退会するには?


Amazon Master Cardクラシック

Amazonカード(Amazon Master Cardクラシック)は、Amazon.co.jpの買い物でクレジット支払いをすると、その金額の1.5%がAmazonポイントとして還元、Amazon.co.jp以外の買い物では1%が還元されることから、いわゆる“高還元カード”として知られています。クレジットカードのポイント還元率は0.5%であることが多いので、たしかにそれを考えると、高還元といっていいでしょう。

Amazonポイントの使い方

AmazonポイントはAmazon.co.jp上のアカウントに紐づけされており、カードでの買い物で付与されるほか、一部の商品についてはカードの有無に関係なくポイント還元が設定されていて、カード利用と併せることで効率よくポイントを貯められます。そこで貯めたAmazonポイントは、Amazon.co.jpやAmazonマーケットプレイスの出品者が販売する商品購入時に使うことができます。

このように、高還元が魅力のAmazonカードですが、 その利用で得たAmazonポイントはAmazon.co.jp以外では使えないので、せっかく貯めたポイントも有益に使えないことがあります。また、Amazonポイントの加算が1年以上ない場合、 それまで貯めたポイントが無効となるため、その場合、高還元の意味がありません。


画像01

さらに、初年度無料の年会費は無料ですが、年1回以上カード利用がない場合、2年目以降1350円(税込)の年会費がかかることも注意したいところです。つまり、意識してAmazonカードを使うようにしないと、意図せず年会費を支払ってしまうケースがあるのです。

それらの理由から、複数のカードを持っていて、うっかりするとAmazonカードの利用をしばらく忘れてしまう可能性のある人は、カード会員の退会を検討しておきましょう。 Amazonカードには旅行傷害保険の自動付帯などの付加的なサービスもないので、年会費をうっかり支払ってしまう心配のある方は無理をして持ちつづける必要はないでしょう。

Amazonカードの退会はAmazon.co.jpのサイト上ではできず、Amazon Master Cardクラシックデスク(フリーダイヤル0120-975-776、9〜17時、年中無休 ただし12月30日〜1月3日は休業)に電話して退会の旨を伝えます。
カードが手元にあるなら、カード裏の電話番号に電話してもいいでしょう。

高還元カードでAmazonカードよりおトクに


画像02

Amazonカードを退会するなら、Amazon.co.jpでも、ほかのショップでも、ポイントを効率よく貯めることのできる高還元カードへの入会を検討したいところです。

そのような高還元カードとして注目したいのが、JCB CARD Wです。

 
JCB CARD W
JCB CARD W
Amazonカード
Amazonカード
年会費 永年無料

無料

次年度年会費 1,350円

ポイント

還元率 1.0%

還元率 1.0%〜1.5%

JCB CARD Wは年会費永年無料でポイント還元率はいつでも1.0%で1,000円につき2ポイントが付与されます。

専用モールであるOkiDokiランドの利用でポイント還元率が最大20倍になり、AmazonはJCBオリジナルシリーズパートナーの対象店舗でもあるので、JCB CARD WをAmazonで利用するとポイントが3倍(還元率2%)も貯めりことができます。

また付与されたポイントは、Amazonで1ポイント=3.5円分の価値で使うことができ、1ポイントから利用できるのでポイントを余らせてしまうことはありません。

つまり、Amazonでカードを退会しても、JCB CARD Wならさらに多くのポイントを貯めることができます。

これは、Amazonカードを使って買い物をした時よりも0.5%高いポイント還元率であることから、JCB CARD WはAmazonカードを退会した際にその代わりとなるクレジットカードの候補となりえるでしょう。

そこで、貯まったポイントを使用しやすいかどうかという点も、Amazonカードの代わりとなるクレジットカードを選ぶときの一つのポイントとなります。

JCB CARD Wならポイントの使い道は多様


画像03

ただ、高還元カードでポイントを効率よく貯めたとしても、ポイント交換などの手間があると、それが面倒でつい貯めたままになってしまいがちです。

さらに、クレジットカードのポイントには有効期限のあるものも多く、JCB CARD Wの場合は2年の有効期限が設定されています。

その有効期限を過ぎるとせっかく貯めたポイントも無効となってしまうのです。

これは、ポイントの状態を気にしていれば防ぐことができますが、ポイントの有効期限がないカードもあるなか、常にポイントの有効期限を意識しなければいけないというのもちょっとしたストレスです。

JCB CARD Wは還元率が高くポイントを貯めやすいだけでなく、貯めたポイントの使い方も多様にあるためポイントの使いやすさにも優れているカードです。

貯まったポイントは1ポイントから使えるものもあるので、余ったポイントも無駄にしてしまう心配はありません。

JCB CARD Wは月間カードショッピング1,000円(税込)につきOkiDokiポイントが2ポイント貯まるので、切り捨てられるポイントが少なく、効率的にポイントが貯まります。

貯まったポイントは、200ポイント単位でdポイントやTポイントなどの他ポイントに移行、商品券や金券などと交換でき、Tポイントに関しては「らくらく自動移行コース」に設定すると毎月OkiDokiポイントを1ポイント単位で交換するため、通常に1ポイント=Tポイント4ポイントよりも還元率がアップします。

さらに、1ポイント単位から1ポイント=3円でキャッシュバックも可能です。

JCB CARD Wは、ポイントの利用を忘れて有効期限切れとなるケースを避けるという点で、非常に大きなメリットのあるクレジットカードといえます。

ポイントを貯めたいならJCB EIT

ポイントをたくさん貯めたいという方には、年会費永年無料のJCB EITもおすすめです。

申し込み資格が18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方となっているので、学生もJCB EITを持つことができます。

ポイント還元率も常に1.0%でJCB CARD Wと同様に月間カードショッピング1,000円(税込)につきOkiDokiポイントが2ポイント貯まります。

さらに、最大2,000万円海外旅行傷害保険が自動付帯であったり、JCBトッピング保険に月々手ごろな価格で申し込めたりと、万が一の事があった場合でも補償を受けることができるので持っていると安心です。

JCB EITはリボ払い専用のカードなので、普通に使っているとリボ払いになってしまい手数料がかかってしまいますが、支払いコースを全額に設定することで一括払いにすることができ、手数料を払わずに決済することもできます。

年会費無料で、海外旅行傷害保険も自動付帯、ポイント還元率が常に1%のJCB EITはデザインも6種から選べるので多くの人から人気のあるクレジットカードです。

ポイントを多く貯めたい、ポイントが使いやすいカードが欲しい方はJCB CARD WJCB EITを検討してみましょう。

JCB CARD W18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方と設定されているため、審査難易度が低めです。1000円利用で2ポイント貯まるので、ポイント活用を重視したい方におすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ