65歳以上から申込める大人の休日倶楽部カードの審査基準 大人休日倶楽部カード

大人の休日倶楽部とは

JR東日本が行っている大人休日倶楽部キャンペーン

定年退職後は夫婦で旅行を楽しみたい。

50代以上になって初めてクレジットカードを持つけど持てるのか不安。

65歳以上でもクレジットカードは持つことができるんだろうか。

50代以上になると今後のことを良く考えたりしていませんか。

現在の50代、60代の方で今までクレジットカードに縁がなく、退職後に出掛けることが多くなりクレジットカードがあれば便利なのにと思う方もいることでしょう。

そこで50代、60代におすすめなのが、JR東日本が行っているシニア対象の会員制サービスと発行するカードが大人休日倶楽部カードです。

このサービスの特色は何と言っても50歳以上から申し込みができること、そしてJR東日本が行っているキャンペーン&カードのため、東日本と北海道の切符が何度でも割引されるということです。

大人の休日倶楽部カードには二種類が存在

大人休日倶楽部カードには「ミドル」と「ジパング」の二種類があり、申し込み資格が「ミドル」なら男性は50〜64歳までで女性が50〜59歳、「ジパング」ならば男性は65歳からで、女性は60歳からになります。年会費は「ミドル」が2575円のカード年会費が515円で大人の休日倶楽部ミドル年会費が2,060円となり、「ジパング」は年会費が4285円となり、「ジパング」の方が若干割高ですが特典はジパングのほうが豊富となっています。

また、大人の休日倶楽部カードは個人会員だけでなく、夫婦で会員となることができ、夫か妻のどちらかひとりが申し込み資格を満たしていると夫婦会員になることができます。

大人の休日倶楽部ジパングカードと大人の休日倶楽部ミドルカード

65歳以上から申し込める大人の休日倶楽部ジパングカード

  • 発行資格が男65歳以上で女60歳以上
  • 年会費が発行年無料で翌年度から4285円(カード年会費が515円の大人の休日倶楽部ジパング年会費3,770円)
  • 夫婦会員なら年会費7,320円(カード年会費1,030円で大人の休日倶楽部ジパング年会費6,290円)
  • JR東日本線、JR北海道線の切符が新幹線も含めて片道、往復、連続210キロ以上なら常に30%OFF
  • 全国のJR線の切符が3回目まで20%OFFで4回目から20回目まで30%OFF
  • びゅう国内旅行商品が同行者含めて5%OFF
  • 会員限定の乗り放題切符やツアー(会員限定きっぷ)
  • おときゅうポイント対応
  • Suicaとオートチャージ機能あり
  • 1,000円につき2ポイントの還元率0.5%のビューサンクスポイント
  • 紛失、盗難は連絡日から60日以内の不正使用を全額補償
  • 国内外旅行傷害保険
  • モバイルSuica年会費無料
  • ビューサンクスポイント付与

満65でなくても申し込める大人休日クラブミドルカード

  • 発行資格が男50〜64歳で女が50〜59歳
  • 年会費が発行年無料で次の年から2,575円(カード発行費515円で大人の休日倶楽部ミドル年会費2,060円)
  • JR東日本線とJR北海道線の切符が片道、往復、連続で210キロ以上なら新幹線含めて常に5%OFF
  • びゅう国内旅行商品が同行者含めて5%OFF
  • おときゅうポイント対応
  • 会員限定の乗り放題切符やツアーあり(会員限定きっぷ)
  • Suicaにオートチャージ機能あり
  • 紛失、盗難があれば連絡した日から60日以内の不正利用は全額補償
  • 国内外旅行傷害保険
  • モバイルSuica年会費無料
  • ビューサンクスポイント付与

大人休日倶楽部カードの審査基準


大人休日倶楽部カードは50代、60代をターゲットにしたクレジットカードなので、定年間近や退職後に申込むのはカード側も想定内でしょう。

ただし、臨時職や年金など定期的な収入があることはカードを利用し返済を考えると必ず必要な情報となります。

そして本人確認ができる運転免許証や住民票といった書類も用意すべきです。

本人の身元がはっきりしてして、年金といった収入があれば申込みできるクレジットカードです。

どちらもおトク!!

大人の休日倶楽部カードは「ミドル」、「ジパング」いずれも電車利用で高い割引率となっており、年会費が2,060円と安い大人の休日倶楽部ミドルカードならば年に家族旅行含めてびゅう国内旅行商品を40,000円分かJR東日本線とJR北海道線の切符を40,000円分利用すれば、40,000円×5%=2,000円OFFとなり、年会費の元は取れるようになります。

大人の休日倶楽部ジパングカードでも年会費4285円ですのでJR東日本かJR北海道線をわずか14,000円分使えば14,000円×30%=4,000円OFFとなり、年会費の元は取れます。それ以外でも全国JR線が年に一度使うだけでも20%OFFですので20,000円分使えば20,000円×20%=4,000円となります。

おときゅうポイントとは?

1,000円につき5ポイント 「大人の休日倶楽部」の割引きっぷ*1、「大人の休日倶楽部パス」等の会員限定のおトクなきっぷ*1、JR北海道で発売しているおトクなきっぷ*2、JR東日本国内ツアー、「大人の休日倶楽部」会員誌等でご紹介している旅行商品(海外旅行商品を除く)
1,000円につき1ポイント 「大人の休日倶楽部」年会費
15ポイント/最初の1回 「大人の休日倶楽部」会員サイト 「マイページ」へのご登録
10ポイント/1名紹介につき 知人の新規入会ご紹介
会員サービスのご利用
10ポイント〜
会員サイトでのアンケートへのご回答
「たびフォト」への写真投稿
「趣味の会」講座の受講など

おときゅうポイントとは大人の休日倶楽部が行っているポイントサービスで、上の表にあるように、切符やツアーの購入だけでなく、知人を新規入会するように紹介することでもポイントを獲得できます。

貯めたポイントは翌年の特典メニューに反映されるようになっており、1月1日から12月31日まで貯まったポイントが翌年の4月1日から特典メニューを利用できる期間となります。

ポイント数 2017年度特典メニューの内容
10,000ポイント〜
おときゅう★★★
(トリプルスター)
  • ビューサンクスポイント:36,000ポイント
  • びゅう商品券:20,000円相当
  • 「ビューゴールドラウンジ」利用券(2枚)
3,500ポイント〜
おときゅう★★
(ダブルスター)
  • ビューサンクスポイント:4,000ポイント
  • びゅう商品券:10,000円相当
1,500ポイント〜
おときゅう★
(シングルスター)
  • ビューサンクスポイント:1,200ポイント
  • びゅう商品券:3,000円相当

切符のポイント還元率は1,000円につき5ポイントの還元率0.5%ですが、おときゅうシングルスターになれるのが1,500ポイントからとハードルが低いので、簡単に達成できるようになっています。

大人の休日倶楽部カードはSuicaの役割も

Suicaのビューサンクスポイントとは

大人の休日倶楽部カードはどちらにもSuicaの機能があります。そしてSuicaには定期券や切符だけでなく、食事や公共料金の支払いでも貯まっていくビューサンクスポイントがあります。公共料金やお店でのカード決算は1,000円ごとに2ポイント獲得でき、Suica定期券やオートチャージではポイントが3倍となって1,000円ごとに6ポイントとなります。

ポイントが3倍の1,000円ごとに6ポイント貯まるものはみどりの窓口や券売機、びゅうプラザで購入した乗車券、定期券、回数券、特急券やJR東日本国内ツアーにSuica定期券、Suicaカード等ですが、他にもビューカードでのSuicaのチャージにモバイルSuicaとSuicaアプリケーションになります。

ポイントは2ポイントで5円相当になるので、3倍になると1,000円ごとに15円分のポイントが貯まるということになります。つまり円換算ですと通常なら還元率が0.5%で、3倍ならば還元率1.5%になります。

大人の休日倶楽部カードを使うと貯まるおときゅうポイントでおときゅうシングルスターになればビューサンクスポイントが1,200ポイント分もボーナスで貰えるので、大人の休日倶楽部カードのSuica機能もドンドン使うのがオススメです。

また、ガソリンスタンドのENEOSやENEOSでんきにてカード払いをしても1,000円ごとに4ポイントが貯まるようになっています。

貯めたビューサンクスポイントには様々な使い道も!

サンクスチャージ交換ポイントの例

400ポイント 1,200ポイント 2,000ポイント 4,000ポイント
1,000円相当 3,000円相当 5,000円相当 10,000円相当

※Suica(電子マネー)交換は、上限20,000円までとなります。残額と合わせて上限を超える場合は交換できませんのでご注意ください。

貯めたビューサンクスポイントはSuicaに現金チャージすると高いポイントで交換すればするほど倍率が上がっておトクになります。それに貯まったポイントでびゅう商品券やルミネ商品券にグリーン車利用券といったものを購入できます。

大人の休日倶楽部カードは旅行をしたい方々にピッタリ!

大人の休日倶楽部カードは50歳から64歳までで申し込める「ミドル」ならばJR東日本線やJR北海道線が常に5%OFFになり、65歳以上が申し込める「ジパング」ならばJR東日本線とJR北海道線が30%OFFの上にJR全線の切符が20回目までは20or30%OFFになります。「ジパング」の年会費は4,285円と高額ですが夫婦会員ですと年会費が7,320円とオトクになります。

大人の休日倶楽部カードにはSuicaの機能があり、オートチャージもありますので長距離の旅行だけでなく、近隣に出かける時でもSuicaにあるサービスのビューサンクスポイントが貯められます。このことからも大人の休日倶楽部カードは「ジパング」も「ミドル」も問わず、仕事を引退して旅行しようという方やこの年齢で初めてクレジットカードを持つ、退職後のクレジットカード審査が不安だという方に最適のカードと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ