アプラスのクレジットカードは本当に審査が緩い?

article556アイキャッチ画像

アプラスカードとはトラベルサービスが充実したカード

アプラスカードのポイントプログラム

アプラスカードは年会費が基本1,500円でポイント還元率は1,000円ごとに1ポイント(5円相当)の還元率5%ポイントのカードです。

貯めたポイントはamazonやnanacoのギフト券と交換でき、どちらも600ポイント→3,000円分の交換倍率でギフト券をゲットできます。

ギフト券以外にもアプラスカードで貯めたポイントは他のポイントプログラムとの交換に対応しています。アプラスポイントとdポイントの交換は1ポイントが5dポイント、アプラスポイントとau Walletポイントの交換は1ポイントが5au Walletポイントになります。

アプラスポイントはANAやJALのマイルやネット限定のNetMileとも交換できます。アプラスポイント200ポイントで600マイルと交換できます。NetMile200ポイントが1,000マイルと交換できます。

アプラスカードの還元率はカード利用費に応じてアップ!

アプラスカードのポイントプログラムは1,000円につき1ポイント(5円相当)の0.5%になることから還元率0.5%となります。有効期限は4月から翌年3月までですので最長で1年間です。3月の利用明細書にある未使用ポイントか、ポイント・マイル・商品と交換をした後の残高ポイントが100ポイント以上なら有効期限がプラス1年の最長約2年に延長されます。

アプラスのポイントプログラムは年間利用額によって還元率が上昇するシステムです。年間利用額が25万円以上50万円未満のときポイント還元率が0.6%となり、年間利用額が50万円を超えますと還元率が0.75%へアップします。

国内と海外にて充実したトラベルサービス



アプラスカードは旅行者にかなり有利に働くトラベルサービスが充実しています。

国内の主要空港では必要ないコートを空港で預かってもらうことができるコート預かりサービスが基本料金10%OFFとなります。そして手荷物を短期から長期まで自由のきく、手荷物一時預かりサービスが基本料金の15%OFFになります。どちらも歩き回る上でかさばって邪魔になってしまうものですので、疲労とストレスを軽くしてくれます。

トラベルサービスは国内だけでなく、海外でも幅広く利用できるワールドワイドサポートがあります。150カ国、約8,500の営業所があるハーツレンタカーの基本レンタル料が5〜10%OFFになり、スーツケース専門店のマイレンタルでは高濃度オゾンを使う消毒や消臭、修理の費用がすべて無料です。どちらも旅においてネックになる移動と荷物運びの快適さをアップさせてくれる嬉しいサービスです。

アプラスのローンとは

アプラスにはカードローンのサービスがあり、多目的プラン、フリーダムプランの2つがあります。利息率は多目的プランは7.20〜14.40%、フリーダムプランは10.80〜16.80%となっています。返済方法は「口座振替」のみで、返済期日は毎月27日で遅延利息は20.0%なっています。

新生アプラスカードのまとめ

  • 申請には高校生以外の18歳以上が年齢制限

  • 未成年申請者は親権者の同意が必要でネット申し込み不可
  • 入会年の年会費無料、翌年から1,500円
  • 1,000円につき1ポイント(5円換算)の還元率0.5%
  • カード利用が年間25万円以上50万円未満なら還元率0.6%、年間50万円以上なら還元率0.75%
  • アプラスモールの買い物で最大30倍のポイント還元率まで増大
  • ポイント有効期限は最長1年
  • コート預かりサービス10%OFF(成田国際空港、羽田空港の国際線ターミナル、中部国際空港、関西国際空港)
  • 手荷物一時預かりサービス15%OFF(成田国際空港、羽田空港の国際線ターミナル、中部国際空港、関西国際空港)
  • ハーツレンタカーの基本レンタル料が5%から10%OFF
  • マイレンタルのスーツケース消臭、消毒、修理が無料
  • 国内外のカードで購入した商品の破損、盗難を年間最大300万円まで保証
  • カード盗難、紛失の際は連絡日から60日前まで遡って不正使用された損害分を補償
  • ローンの利息は7.20〜16.80%(多目的プランとフリーダムプラン)
  • 返済は口座振替のみで毎月27日
  • 遅延利息は20.0%

新世アプラスカードの審査基準は実は厳しい!?



新世アプラスカードの審査基準について

新生アプラスカードはポイントプログラムの還元率上昇サービスも多いですし、トラベルサービスも国内外問わず豊富でローンも利用できるという、有用性もステータスも高いカードと言えます。そんなアプラスカードの審査基準はと言うとまず、年齢制限は高校生以外の18歳以上で未成年は親権者の同意が必要なことから学生でも審査を通りやすいように見えます。

しかしながら、新生アプラスカードは2013年に新生信託銀行との提携ローンによって反社会団体への融資が10件以上もあったことが発覚しています。これは反社会的勢力向けのシステムチェックが十分に行われていなかったからだと言明しており、この反動から新生アプラスカードの審査基準は厳しくなりました。

カード発行申請においてもカード利用目的、配偶者、子供の数、世帯主、住居費用の負担、住まいの形態、居住年月、職業、収入と多くの基準が設けられ、審査が柔軟だとはいえないカードです。

そんなときはACマスターカードを検討してみよう!



ACマスターカードは審査が簡単で最短即日発行が可能

もしも新生アプラスカードによるローンサービスを利用したかったのであれば、ACマスターカードが審査基準もアプラスカードよりもおすすめです。

それはアコムが発行しているカードで、ネットで申し込み手続きを終えてから自動契約機むじんくんに行けば最短30分の即日発行ができるからです。利用明細の郵送がないので、ローンを使った秘密の買い物をするにも適しています。

ACマスターカードの審査基準は?

ACマスターカードはポイントプログラムやトラベルサービスのない借り入れ特化のカードです。そのため、収入の有無は重要ですが、年収や仕事形態の記入欄は申し込みページになく、職場の連絡先のみとなっています。そして電話番号を書く職場はパート、アルバイト、派遣先でも大丈夫ですので、フリーターやアルバイト、派遣社員でもカードを発行できるのがわかります。

ACマスターカードのまとめ

  • 入会費と年会費無料
  • 20歳以上が発行可能という年齢制限
  • ポイントプログラム無し
  • カードローンとクレジット利用限度額が合計で最高800万円
  • 利息率10.0%〜14.6%
  • キャッシュバック0.25%
  • カードローンの返済期日が35日後
  • クレジットの返済期日が20日締めの翌月6日返済
  • クレジットは返済期日を過ぎたり、全額を払えなければリボルビング残高が手数料
  • ご利用明細の郵送が無い
  • 自動契約機のむじんくんを通せば即日発行可能

ACマスターカードの年率は最大で14.6%とアプラスの16.8%よりも安くなっています。借り入れもクレジットとカードローンの2つがあります。年会費も無料で、キャッシュバックが0.25%あることから、ポイントプログラムやトラベルサービスを除く、ローンカードとして見るならばACマスターカードは新生アプラスカードよりも使い勝手が良いといえます。

新生アプラスカードの審査が厳しくなっているので通らなかった場合はACマスターカードがおすすめ!

新生アプラスカードは年会費1,500円でポイント還元率も基本は0.5%が一年に50万円以上使えば最高0.75%まで上昇するカードです。加えて年間利息率が最高16.8%のローンも利用でき、国内外のトラベルサービスもあります。しかし、審査に用いられる基準が多いので、発行の難易度が低いとは言えない状況です。

そこでACマスターカードならば申請する際の申し込みページで記入する欄も仕事先の電話番号がせいぜいであり、年間利息率も14.6%となっています。キャッシュバック機能が0.25%とあるのもあって、ローンカードとしての使い勝手もACマスターカードはアプラスカードよりも上と言えます。新世アプラスカードを申し込み、通らなかったらばACマスターカードを申し込みましょう。

ACマスターカードは券面からはアコム発行とは分からないので、普通のクレジットカードとしてご利用できます。アコムだからと言って借入れを行う必要はありません。

受取明細、ご利用明細が自宅に届かないからプライバシーも安心。アルバイト・パート、主婦の方もOK ※一定の収入があれば、審査の上利用可能(専業主婦を除く)。

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行
無料 無料 - 30分以内
ショッピング
手数料
利用可能枠 海外旅行
保険
国内旅行
保険
14.60% 10万円〜300万円 - -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ