千葉銀行のクレジットカードには審査時に在籍確認がある? 勤務先に電話が来ることなく融資審査を進める方法とは

クレジットカードの申し込みを行うと、クレジットカード決済を行ったお金をきちんと支払えるかどうかの審査が行われます。そして中には、会社などに申し込み者が勤めているかどうかの在籍を電話で確認されることがあります。

クレジットカードの申し込みなので、決してなにもやましいことは無いのですが、会社に電話が掛かって来ると、怪しげなローンを組んでいるのではないか、などと同僚に思われてしまうのではないかと懸念する方も居ます。

そもそもどうして電話確認をするの?

クレジットカードの入会審査では、申込み時に申し込み者が記入を下住所や職業、年収を元にしてカードを発行できるか、利用限度額はどれぐらいに設定するかについて判断します。その審査の過程で、申込書に記入されている職場に本当に勤務しているかどうかを確認するための、在籍確認(職場で本当に働いているかどうかの本人確認)目的で職場に電話をかけられる場合があります。

クレジットカードの審査では、クレジットカードで決済したお金をきちんと払えるだけの能力があるのか、またはクレジットカードのステータスに見合った収入があるか、どうかなどがチェックされるため、申し込み時に記入した勤務先に電話確認をして、勤務の実態があるかどうかをチェックされるのです。

審査でチェックされる項目とは?

クレジットカードの審査では大きく分けて5つの項目が審査の対象となります。

仕事・収入・勤続年数

会社勤めの正社員など、定期的で安定した収入があるということは、クレジットカード会社にとって利用額をきちんと支払う能力があるとみなされます。しかし勤続年数が少なかったり、月々の収入に大きな波がある場合には安定性に欠けるとみなされることもあり、審査の際に不利になってしまうことがあります。

住居形態

住んでいる物件が持ち家なのか、または賃貸物件なのかという点も審査項目になっています。最悪のケースではありますが、もしも支払いが滞ったり、支払えなくなった場合に、持ち家であれば家を差し押さえる事でカード会社はクレジットカードで決済した代金を補てんすることが出来るからなのです。

さらに、カード決済をしたものの、夜逃げなどをされてしまうと、カード会社は大きな損害を被ることになるため、持ち家や実家住まいの方が審査では有利だとされています。しかし賃貸であっても長年住んでいれば、きちんと家賃を払えているという証明にもなるので有利になりますが、転勤などの特段の理由がないにもかかわらず家を転々としていると、トラブルがあったのではないかと思われてしまい、審査に取って不利になることがあります。

家族形態

家族形態も大切な審査項目の一つとなっています。例えば子供がいる家庭よりは、独身の方がより自由に使えるお金が多く、クレジットカードの支払いに充てられる可処分所得が多いと判断されますが、子供や配偶者が居るために大きく不利になる事はありません。

電話

核家族や一人暮らし世帯が増えてきているため、最近ではそれほど重視されなくなってきたと言われてはいますが、携帯電話だけよりは、固定電話を持っている人の方が審査で有利に働くと言われています。また、クレジットカードの申込後にクレジットカード会社から掛かって来る電話にきちんと出るか、きちんと対応出来るかも審査のポイントとなっているので、知らない番号から掛かってきたからと無視をするのではなく、きちんとした対応を心がけましょう。

クレジットヒストリー

クレジットヒストリーとは、これまでにクレジットカードやカードローン、啓太電話の支払い状況が「個人情報機関」というところに最長で5年かん保管されており、その記録をもとにこれまでトラブルが無かったかを判断されます。そのため、これまでに未納や滞納、強制解約などがあった人、滞納を続けて訴訟などに発展してしまった人はクレジットヒストリーに傷が付いてしまっている場合が多く、審査に通る事が困難になってしまいます。

千葉銀行のクレジットカードにおいては殆どの方が在籍確認のために電話が掛かってくることが多いので、会社に在籍確認をされるのはあまり良い気分ではないという方も少なくはありません。

ただし、電話確認とは言っても「千葉銀行のクレジットカードには審査時に在籍確認がある? 勤務先に電話が来ることなく融資審査を進める方法とはという銀行のものですが、クレジットカードを申し込まれたので千葉銀行のクレジットカードには審査時に在籍確認がある? 勤務先に電話が来ることなく融資審査を進める方法とはさん(申し込み者の方)」はいらっしゃいますか?というような聞き方はしません。

カード会社であることは伏せられますし、申し込み者本人が電話対応できない場合でも、勤務先の返事で会社に在籍しているか分かるので、個人情報の観点から在籍しているかどうか以外のことは他に何も聞かれることはありません。

しかし申し込みの時点で電話確認をしないでほしいということはできませんし、カード会社も審査の上で行うことなので、多くのクレジットカード会社では電話確認が必ず行われないという保証もありません。

千葉銀行のクレジットカードとは?

千葉銀行のクレジットカードの基本スペック

カードフェイス
年会費 1,350円(税込み)
※初年度無料
ポイント 「Oki Dokiポイントプログラム」
1,000円→1ポイント
ショッピングリボ払い・分割払いなら1,000円→2ポイント
申し込み資格 満20歳以上で安定した収入がある方
(申込型カードローンは正社員で満20歳以上満65歳未満の方)
国内・海外旅行保険 なし
特長 ・ATM利用手数料特典
・キャッシュカード一体型またはクレジットカード単体型
・ディズニーデザインあり

千葉銀行のクレジットカードはJCBと提携していることも有り、クレジットカードのポイントはJCBのポイントである「Oki Dokiポイントプログラム」が採用されており、千葉銀行のクレジットカードというだけあり、前提として千葉銀行に口座を持って居る方が対象となるクレジットカードです。

そして千葉銀行のクレジットカードは職場への電話確認が確実に行われることがほとんどなので、電話確認をされることを極力避けたいという方には不向きなクレジットカードだと言えます。また千葉銀行のクレジットカードは一般的なクレジットカードと同様に、申し込みを行ってから審査に合格し、クレジットカードが郵送されて手元に届くまでにおよそ10日〜3週間かかるので、出来るだけ早くクレジットカードを手に入れたいという方は即日発行も可能なクレジットカードを検討してみましょう。

即日発行が可能なクレジットカードとは

即日発行なクレジットカードとしては、ACマスターカードがあります。ACマスターカードはクレジットカードの中でも消費者金融であるアコムと国際ブランドであるMasterCardがコラボレーションして作られたクレジットカードです。

ACマスターカードの基本スペック

カードフェイス
年会費 無料
申し込み資格 ・満20歳以上で、安定した収入と返済能力を有する方
・所定の基準を満たす方
ポイント なし?
ローンの利息 3.0%〜18.0%
特長 ・リボ払い専用
・利用額から0.25%がキャッシュバック
・最短即日発行
・ローン機能付き

ACマスターカードは一部のむじんくん(自動契約機)コーナーで申し込んだその日にクレジットカードを受け取ることが可能です。急な出張や海外旅行などで一般的なクレジットカードの発行までの期間が待てないという方は、ACマスターカードも選択肢の一つとしておきましょう。

どうしても電話連額をされたくない場合には

クレジットカードでは電話連絡を絶対に行わないというカードは存在しないのですが、カードローンである「モビット」は職場への電話連絡なしにwebから申し込んで審査が受けられる仕組みになっています。そのため、どうしても職場へ電話連絡をされるのに抵抗がある方や、クレジットカード機能というよりは万が一のためにカードローンが組めるようにカードを持っておきたいという方はモビットも検討してみて下さい。

モビットはカードローンになりますが、ウェブで契約完了ができ連絡後にすぐに利用できます。また電話連絡やハガキなどの郵送物なしという気配りで選ばれています。

イメージが良いからと審査に不安なクレジットカードに何度も申込むよりも、利用できる確率のあるモビットを検討するのもひとつの方法です。

ACマスターカードは券面からはアコム発行とは分からないので、普通のクレジットカードとしてご利用できます。アコムだからと言って借入れを行う必要はありません。

受取明細、ご利用明細が自宅に届かないからプライバシーも安心。アルバイト・パート、主婦の方もOK ※一定の収入があれば、審査の上利用可能(専業主婦を除く)。

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行
無料 無料 - 30分以内
ショッピング
手数料
利用可能枠 海外旅行
保険
国内旅行
保険
14.60% 10万円〜300万円 - -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ