車検代にポイントを使うことができるホンダCカードのお得すぎる使い方

車を持って居る方であれば避けて通れないのが「車検」です。

車検は正式名称を「自動車検査登録制度」といい、国土交通省が一定期間ごとに行う自動車の検査制度のことをいいます。安全性に問題があったり環境を害するおそれのある車両はこの検査を通過することができないので、公道を走行することができません。そして検査の有効期間は自動車の種別・用途によって異なります。

車検ではどんな項目をチェックするの?

車検は通常お付き合いのある車屋さんやガソリンスタンド、ディラーなどに頼んで検査や手続きをしてもらうか、車の知識のある方や、車社会の安全を支える自動車整備士や自動車検査員の方であれば自分自身で車のチェックをして車検場へ車を持っていって検査を受けることがあります。

エンジンルーム点検

専門的な用語になってしまいますが、ブレーキフルード量、ファンベルトの緩みや損傷、エンジンオイルの量や漏れ、点火タイミングなどを点検します。車の心臓部とも言えるエンジン部分だけに大切な検査項目です。

車内・走行・内外装点検

車内点検では、車体番号、エンジン型式、また違法改造の有無をチェックし、灯火関係の内外装点検や、マフラーの機能点検なども行われます。

下まわり点検

冷却水、ミッション・デファレンシャルオイルの漏れなど、主に車体の下側に異常が見られないかを確認します。

走行装置・制動装置点検

タイヤやホイールの損傷、ブレーキパッドやディスクの磨耗具合、サスペンションの締め付け状態など、車の足まわり関係を点検します。

一般的な乗用車は初回のみ3年となっていますが、その後は2年毎に次の車検時期がやってきます。この時期はフロントウィンドウに貼られた検査標章もしくは、車検証に記載される「有効期限の満了する日」で確認することができます。

車検はカーオーナーにとって必須!

車の車検は、道路運送車両法」を参考にすると「使用者が保守管理責任を励行しているかどうかを確認する手段」だとされており、自分自身が車に乗ってトラブルが起きてしまうだけではなく、車両トラブルが原因で事故などを起こしてしまい他の人にも迷惑をかけてしまわないために一定期間ごとに車のチェックをする必要があるのです。

しかし車検代は安くはなく、車を持って居る方であれば一度は「こんなに車検代にお金が掛かるのか」とびっくりしたという経験のあることも多いのではないのでしょうか。

まとまったお金が掛かるときだからこそ、ホンダ愛好者に利用して頂きたいのがホンダCカードです。

Honda Cカードとは

ホンダと国際ブランドであるVISA・JCB・MasterCardが提携して発行しているのがHonda Cカードです。

Honda Cカードの基本スペック

カードフェイス
年会費 1,500円+税
家族カード年会費 650円+税
申し込み資格 18歳以上で安定継続した収入のある方(高校生を除く)
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
ETCカード 無料
ポイント 「ホンダキャッシュポイント」
100円→1ポイント
ポイント有効期限:5年間
特長 ・ホンダ四輪販売会社またはホンダ二輪販売会社で車両購入やメンテナンスでポイント2倍
・Club Offで最大90%のOFF
・家族カード発行可能
・ETCカード無料+ポイント対象
・メンバーズ特典あり

出典:http://www.honda.co.jp/C-CARD/service/)

Honda Cカードのメリット1「ロードサービス」

Honda Cカードにはロードサービス24というサービスが付いており、24時間対応してもらえるので、突然車にトラブルが起きた時にも迅速に対応してもらえます。車の任意保険でロードサービスを付帯させるとプラスで費用が掛かってしまうことがありますが、ロードサービスが付帯しているHonda Cカードを持って居ればロードサービスを付ける必要がなくなります。

Honda Cカードのメリット2「車両メンテナンス履歴照会」

Honda Cカードのメンバーになっておけば、ホンダで購入した車の修理履歴や利用履歴を照会することが出来るので、自身の車のこれまでの状態やトラブルなどを、オーナーだけではなくどのホンダの店舗でも見ることが出来るので、対応をしてもらうことが出来ます。

Honda Cカードのメリット3「ETCカード」

クレジットカードの中には、ETCカードの発行手数料や年会費などが必要になるものが多くありますが、Honda Cカードは年会費や発行手数料もかからずETCカードを発行してもらえ、更にポイントの対象にもなっているのでドライブや旅行を楽しむ際にもお得に利用することが可能です。

Honda Cカードのメリット4「Honda Cカード Club Off」

提携する国内外の宿泊施設や、レジャー・エンターテイメント施設を、優遇・優待価格で提供してもらえるオリジナルサービス「Honda Cカード Club Off」が付いており、国内外宿泊施設など約75,000軒で特別優待が受けられ、最大で90%OFFで利用できる施設もあります。

Honda Cカードのメリット5「関連施設優待」

モータースポーツ好きのための特典も付いており、鈴鹿サーキットやツインリンクもてぎなどHonda関連施設では、Honda Cカードを提示するだけで、入場料金など各種料金が割引となります。またHonda Cカードで支払った場合には、販売会社でのご利用と同じように本来のポイントである1%の2倍である2%分のポイントも獲得できます。

Honda Cカードのメリット6「ポイントを車検代にも」

Honda Cカードで貯めたポイントはホンダでの利用だけではなく、車の車検代にも利用することが出来、またポイントの有効期限も5年間と他のカードと比較しても長いので、日常生活やレジャーなどで貯めたポイントをまとめて車検代に充てられます。

Honda Cカードのデメリットとは

Honda Cカードはホンダの車を利用する方にとっては持っていて損のないクレジットカードではありますが、全てが完璧なクレジットカードがないように、デメリットも存在します。

Honda Cカードのデメリット1「旅行傷害保険」

クレジットカードの中には、国内・海外への旅行時に死亡や後遺障害、ケガなどで損害が合った場合にその損害を補填してくれる傷害保険が付帯しているものがあります。とくに年会費がかかるクレジットカードであれば傷害保険が付いているものが殆どですが、しかしHonda Cカードは年会費が有料なのに傷害保険は付帯していないので、特に海外旅行の際には別個で掛け捨ての保険に加入する必要があります。

Honda Cカードのデメリット2「ホンダユーザー以外」

Honda Cカードはホンダの車のオーナーの方以外では殆どメリットを享受することが出来ないクレジットカードです。

Honda Cカードはホンダの車を持って居る方やホンダで車を買い、メンテナンスをするという方向けのクレジットカードで、ホンダキャッシュポイントを貯めて車検代に充てたり、ホンダの車を購入する際に利用することで高いキャッシュバック率でポイントを貯めたいという方に向いているクレジットカードです。

またホンダの車を持っており、レジャーに充てる時間が多く、優待を受けられる機会が多いという方はサブカードとして持っておくことも出来ますが、基本的にはホンダの車のオーナー向けのクレジットカードなので、ホンダの車を持って居る方や、ホンダの車をこれから購入したいという方はHonda Cカードを検討してみて下さい。

シナジーカード

シナジーカード
VISA MasterCard
  • 最大7円/Lの割引
  • 年間利用額で翌年年会費無料
  • 簡単に支払える「スピードパス」機能付き

給油料金をとにかくお得にしたいという方におすすめなのがシナジーカード。
車通勤の途中、近所にエッソ、ゼネラル、モービルといった ガソリンスタンドがある方にサブカードとして検討してもらいたい1枚です。

電子マネー 初年度年会費 年会費 ETC専用カード 発行期間
電子マネー 無料 2,100円
条件により無料
無料 約1週間
還元率 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用可能枠
- - - 100万円 10-70万円
カードの詳細はこちらカードの詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ