ジャパンネット銀行デビットカードとクレジットカードの審査を比較

ジャパンネット銀行のデビットカードが選ばれている理由

デビットカードとは、銀行などの金融機関が発行しているショッピング用のカードです。

カードで支払いを済ませたタイミングで、預金口座からお金が引き落とされますが、カードを発行した銀行にお金を預けていないと決算をすることができません。

反対に、お金さえ預けていれば、その場で現金を持ち合わせていなくてもお会計を済ませることができます。

クレジットカードと比べて審査条件が緩く、15歳から利用できることから、デビットカードは注目を集めてきていますが、中でもジャパンネット銀行が発行するデビットカードは人気です。

ではジャパンネット銀行のデビットカードが、他社のデビットカードと比べて、どのような点に秀でているのでしょうか。

その1:様々なシチュエーションで利用可能である

ジャパンネット銀行のデビットカードは、VISAマークのお店であればどこでも利用することができます。

加えて海外のATMでもデビットカードがあれば現地通貨を引き出すことができます。

幅広いシチュエーションに合わせて利用できることは、ジャパンネット銀行のデビットカードが選ばれている理由の一つです。

さらに少額のカード払いであればサインレスで対応しているお店が増えてきていて、今後、ジャパンネット銀行のデビットカードがますます使い勝手の良いカードになることが予想されます。

その2:老舗ネットバンク発行のカードである

ネット文化が盛んになってきている昨今、ネットショッピングをする方は増えてきていると思いますが、ネットショッピングをする目的でデビットカードを発行する方は少なくないでしょう。

ネットショッピングに馴染みのない人にとって、初めてのネットショッピングは不安が多いと思います。

ジャパンネット銀行は、最も歴史のあるネットバンクであるため、ネットショッピング未経験の方でも、デビットカードを発行する上で安心です。

その3:キャッシング利用ができる

デビットカードは口座残高以上のお会計をすることはできません。しかし、ジャパンネット銀行デビットカードはカードローンを利用することも可能です。

そのため、口座残高が不足している際は、カードローンの条件額以内であれば、キャッシングでカバーすることができます。

その4:年会費・発行費が無料

カードを発行する際に、年会費、発行費がどれくらいかかるのかは気になるところですが、ジャパンネット銀行のデビットカードの年会費、発行費は共に無料です。

デビットカードとクレジットカードのメリットとデメリットを比較

現金がなくてもお会計ができるという点では、デビットカードとクレジットカードは似ています。

デビットカード クレジットカード
発行 銀行 カード会社
支払い方法 即時引き落とし 翌月引き落とし
分割払い 対応不可 対応可
年齢 15歳以上 18歳以上
審査 なし(発行先によりあり) あり

両者の違いには、主に上記の点があげられますが、両者の違いを踏まえた上で、デビットカードとクレジットカードを利用するメリットとデメリットを比較していきましょう。

デビットカードのメリットとクレジットカードのデメリット

まず、クレジットカードと比べた時の、デビットカードを使用する主なメリットは、以下の3点になります。

  • お金の管理がしやすい(預金残高以上のお金を使わなくて済むから)
  • 15歳からカードを利用することができる
  • 加入審査が基本的にない

幅広い年齢や層の人が利用できることはデビットカードの強みでしょう。つまりはデビットカードと比べた時のクレジットカードのデメリットは以下の点です。

  • お金を使いすぎることがある
  • 審査に通る人が限られている

デビットカードのデメリットとクレジットカードのメリット

続いてクレジットカードと比べた時の、デビットカードを利用するデメリットは以下の4点になります。

  • ポイントの還元率が低い
  • 残高にお金がないと会計ができない(後払い・分割払いに対応していない)
  • ETCカードが発行できない
  • 高速道路の料金支払いに対応していない

近年、高速道路ではETCカードの導入やカード支払いなどを取り入れています。料金所での支払いをスムーズに済ませられるようにすることで、渋滞を減らすことができるためです。

そして、デビットカードが高速道路に対応していないのは、デビットカードを高速道路に対応させると、かえって大きな渋滞を起こす可能性があるからです。

デビットカードは、預金残高があることを前提に使用することができます。

預金残高のないカードを持った車が料金所を通過しようとした場合、カードで支払いができない車のせいで、後方の車は前進することができません。

高速道路の性質と合わないために、デビットカードの多くは高速道路に対応していないのです。

では、以上のデビットカードのデメリットを踏まえると、クレジットカードを持つメリットは以下の4点になります。

  • 預金残高がなくても支払い可能(後払い・分割払いが可能)
  • デビットカードと比べて還元率が高い
  • ETCカードの発行ができる
  • 高速道路での支払い可能

審査なしで持てるデビットカードと審査ありのクレジットカード 審査不安ならACマスターカード

クレジットカードは、カード会社からの審査を通過しなければ、カードを発行することができません。

主に、勤務年数、収入、勤務先の情報をもとに審査が行われますが、職業や収入を理由に、クレジットカードを諦めている人は少なくないでしょう。

しかし、近年、三菱ファイナンシャルグループのアコムにより審査条件の厳しくないクレジットカードが発行されたことをご存知でしょうか。

ACマスターカードという名称のクレジットカードですが、20歳以上でかつアルバイトやパートでも一定収入があれば簡単に発行することができるカードです。

審査条件が厳しくないクレジットカード

ポイントは貯めることはできない点を除くと、ACマスターカードは、ポイントを貯めることはできませんが、年会費がかかりません。

また、国内外問わず、マスターカードの加盟店であれば利用可能なので、一般のクレジットカードと同じように使うことができます。

そのため、クレジットカードの審査に通らなかったためにデビットカードを検討している方は、まずは一度、ACマスターカードへ申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

ACマスターカードの審査結果が出てから、デビットカードを申し込んでも遅くないはずです。

ACマスターカードが人気になっているワケ

ACマスターカードは、人気の理由は、利用対象者の幅が広いことだけではありません。カードの申請手続きが簡単かつスムーズにできることもACマスターカードが選ばれている理由の一つです。

一般的に、クレジットカードの申請は、店頭の窓口にて行われますが、アコムのACマスターカードは、ネット申込み後にむじんくん(無人契約機)でカード発行することもでき、わざわざ窓口に出向く必要がありません。

申請方法と申請に必要なこと

むじんくんで手続きをする場合、顔写真が確認できる身分証(免許証、マイナンバーカード、住基カードなど)が必要になりますが、大体1時間もあれば、その場でカードが発行されます。

モニターのガイダンスに従って手続きが進められていきますが、担当のオペレーターが付いているので、不明な点はオペレーターにその場で聞くことができます。

ACマスターカードは朝8時から発行可能

また、むじんくんの窓口は、朝8時から夜の10時まであいているので、時間に余裕のない方にオススメです。

定職についていないためにクレジットカードを諦めていた方、クレジットカードの申請が面倒に感じていた方、ACマスターカードを作ってみてはいかがでしょうか。

近くのむじんくんが分からないといったときも、ネット申込み後にオペレーターに聞けば現在地から近い場所を探してくれますので利用してみましょう。

まずは
これ!

ACマスターカードは券面からはアコム発行とは分からないので、普通のクレジットカードとしてご利用できます。アコムだからと言って借入れを行う必要はありません。

受取明細、ご利用明細が自宅に届かないからプライバシーも安心。アルバイト・パート、主婦の方もOK ※一定の収入があれば、審査の上利用可能(専業主婦を除く)。

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行
無料 無料 - 30分以内
ショッピング
手数料
利用可能枠 海外旅行
保険
国内旅行
保険
14.60% 10万円〜300万円 - -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ