3つクレジット機能を備えたアレコレカードは本当に便利? メリットデメリットや審査基準を人気クレジットカードと比較

アレコレカードって、どんなカード?



画像元:https://www.fukuokabank.co.jp/personal/service/arecore/index.html

ポイントカードなどのいろいろなカードでお財布がパンパンになってしまうというのは、よくあることです。1枚でも少なくできないか、まとめることができないかとお悩みの方におすすめなのが、アレコレカードです。

アレコレカードというのは、福岡銀行のキャッシュカード・クレジットカード・ローンカードの3つの機能が1枚に集約された一体型カードです。

キャッシュカードは福岡銀行だけでなく、ゆうちょ銀行やセブン銀行などコンビニのATMで利用することができます。

アレコレカードには、スタンダードなクラシックカードの他に、nimocaやSUGOCAの機能を付けることもでき、それぞれにゴールドカードも用意されています。

年会費はクラシックカード・アレコレnimoca(クラシック)・アレコレSUGOCA(クラシック)が1,350円+税(学生を除く)、ゴールドカード・アレコレnimocaゴールド・SUGOCAゴールドが、10,800円+税(学生を除く)となっており、初年度は無料です。学生の場合は各種クラシックカードの年会費は、卒業予定年度まで無料となっています。

各種クラシックカードでは、前年のクレジットカードのショッピング利用額が10万円以上、もしくは携帯電話・ガス料金(西部ガス・筑紫ガス)・電気料金(九州電力・イデックスでんき)のいずれかをクレジット払いに設定することで、2年目以降も年

会費を無料にすることができます。

残念ながら、ゴールドカードの年会費は無料になる条件はありません。

クレジットカードのブランドはVISA・MasterCard・JCBの国際ブランドから選択することができますが、アレコレnimocaとアレコレSUGOCAはVISAのみになります。

アレコレカードの便利な使い方

福岡銀行が発行するカードであるだけに、福岡を中心に展開する西鉄のICカードであるnimocaと、JR九州のICカードであるSUGOCAを付帯することができるのも1つの特長です。

アレコレnimocaでは、クレジットカードの利用の他にも電子マネーや現金でのお買い物時もショッピングポイントを貯めることができ、クレジットカードでのお買い物1,000円→3ポイント(ゴールドカードでは5ポイント)のnimocaポイントが貯まります。

アレコレSUGOCAでは、IC乗車券・電子マネーの利用でSUGOCAポイントが貯まり、1ポイント→1円分として、100ポイントごとにSUGOCAへチャージすることができます。クレジットカードの利用では、VISAワールドプレゼントポイントが貯まり、ANAマイレージやWAON・nanacoなどの電子マネー、樂天やAmazonなどの大手通販会社のポイントやギフト券へと交換することができます。

通常は1,080円かかる生体認証ICキャッシュカードの発行も、アレコレカードなら無料で申し込むことができます。

生体認証は指の静脈情報を登録することで、セキュリティーを高めることができるため、生体認証対応のATMでは1日の利用限度額を無制限にすることができます。

福岡銀行ではポイントに応じて優待特典を受けることができるふくぎんポイントくらぶ「マイバンク」というサービスがあります。

30ポイントを超えると三ツ星ステップ・四ツ星ステップ・五ツ星ステップと段階が設けられ、ATMや振り込み手数料の利用料無料やショッピングポイントのプレゼント、住宅ローンの会員限定金利などが用意されており、給与の振り込み先を福岡銀行にし、アレコレカードを持つだけで30ポイントになるため、メインバンクを福岡銀行にしている方はお得に使えるサービスです。

アレコレカードの一番の特長であるのが、ローンカードの機能が付いているというところです。

給料日まで少し足りない・急な出費で一時的に借りたいというときに便利な銀行のローンですが、アレコレカードでは、お金の引出しや口座振替のときに、口座にお金が入っていなくても10万円まで自動的に立て替えをしてくれるという「プラスワンサービス」というものが付いています。口座へ入金することで返済ができるので、気負わずに利用することができます。

ただし、福岡に限る? 県外でも便利なローン付きカードは?

福岡に住む方で、福岡銀行を利用する方は多いでしょう。

しかし、県外に出てしまうと、福岡銀行の支店は、多くても県に数店で、九州以外だと大都市に1店舗ずつになってしまいます。

アレコレカードの利用特典は福岡に住んでいる方にはよいですが、他県に住む方にとってはその限りではあらず、転勤などで福岡県に一時的に住んでいる方などは、使い方に気をつける必要があります。

クレジットカードをあまり利用していない方や、ガス料金や電気料金のクレジット支払いにしていた方は、年会費がかかる可能性があるので、県外に引っ越したり、アレコレカードの使い方を変えるときには気をつけましょう。

最大の特長であるカードローンの利用限度額も最高90万円までとなっており、カードローンを積極的に使いたい方や、ローンをまとめたいという方には、低いと感じてしまう金額となっています。

また、カードの申し込みから発行までの期間がやや長く取られていることにも、注意しておく必要があります。

窓口での申し込み

アレコレカード→10日〜2週間

アレコレnimoca・SUGOCAカード→2週間〜3週間

窓口以外の電話・インターネットでの申し込み

アレコレカード→2週間〜3週間

アレコレnimoca・SUGOCAカード→3週間〜1ヶ月

アレコレカードクラシックでも最短10日かかる上、書類不備があるとさらに時間がかかるため、すぐにクレジットカードやローンカードが必要になったときには違うカードを考えましょう。

そこでクレジットカードとローンカードをすぐに使いたいという方におすすめなのが、ACマスターカードです。最短即日発行することができ、全国どこでも変わらないサービスを利用することができるクレジットカード・ローンカード一体型カードです。

ACマスターカードを使い倒す!

ACマスターカードは、国際ブランドのMasterCardのクレジットカード機能と消費者金融のアコムのローンカード機能が一枚になっているカードですが、券面にはアコムの表記はないため、使用するときにも消費者金融のカードであると知られることもありません。

年会費無料で利用することができるため、クレジットカードの年会費を少しでも払いたくない方にも入会しやすいカードです。

ショッピング枠は最高300万円まで、カードローン付きをせんたくすると最高800万円までと高額の利用もでき、一部の自動契約機(むじんくん)にて最短即日で発行することができるため、事前に高額な資金が必要だとわかっているとき以外にも、急な冠婚葬祭や事故などが生じた際にもとても便利に使うことができます。

MasterCardの契約店舗は日本だけではなく世界中にあり、またアコムは日本中に窓口やATMがある上、三菱東京UFJ銀行以外やセブン銀行やイーネットなどのコンビニやショッピングセンターのATMも利用できるカードローンのため、引っ越しが多い方でも利用地域に困ることなく申し込むことができるでしょう。

また、ACマスターカードはアコムのカードであるということに不安を抱く方もいるかもしれませんが、一方で審査方法が消費者金融のルールで行われため、それまでクレジットカードを持ったことがない方や、アルバイトやパート・自営業の方でも審査に通りやすいという利点もあります。

上手に使うことで、クレジットカードのヒストリーをきれいに重ねることができ、他社のクレジットカードやローンなどの審査も通りやすくすることにもつながるため、初めてのカードとしてもおすすめの一枚です。

まずは
これ!

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード
MasterCard
  • 年会費永久無料
  • 30分以内の即日発行可能
  • ご利用明細書の確認がATMから可能

「アコム」といえば消費者金融ですが、このアコムACマスターカードはキャッシングはもちろん、通常のクレジットカードとして国内外で利用可能。
インターネット申込をすると来店は不要ですし、来店可能な方もあらかじめインターネットで申し込んでおくと、契約時間を短縮できます。

※ショッピングとカードローンのご利用合計の上限は800万円までとなります
ACマスターカードを作れなかった方はコチラ

電子マネー 初年度年会費 年会費 ETC専用カード 発行期間
- 無料 無料 - 最短即日
還元率 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用可能枠
- - - - 10万円〜800万円
※カードローンとショッピングのご利用合計の上限は800万円までとなります。
カードの詳細はこちらカードのお申込はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ