審査通過しやすいクレジットカードを作るなら荘銀のブライトワン? イオンカード? ポイントがお得に貯まるカードとは

海外で預金を引き出せる銀行系クレジットカード「荘銀ブライトワン」

銀行系クレジットカードを作ろうというとき、都市銀行のカードをファーストチョイスとする方が多いでしょう。しかし、審査の通りやすさを考えると、地方銀行(地銀)のクレジットカードも捨てがたいものがあります。

地銀系クレジットカードの中でも、機能面でおすすめしたいのが、荘内銀行のブライトワンです。ブライトワンはキャッシュカード機能のクレジットカード機能が1枚にまとまっており、海外での預金引き出しも可能ですから、使い勝手的にも都銀系クレジットカードに遜色ありません。

荘銀ブライトワンの主な機能

・キャッシュ&クレジットカード

銀行キャッシュカードの機能と、クレジットカードの機能が1枚にまとまっていて便利に使えます。

・海外キャッシュサービス

世界2,800万店のVISA加盟店でクレジットカードとして使えるほか、海外預金引出しサービス(海外キャッシュサービス)により、海外の提携金融機関のATMから現地通貨で預金を引き出せます。預金口座の残高が不足している場合は、海外キャッシング(借り入れ)として利用できます。

海外旅行のとき、空港などの銀行の窓口に並んで両替するのが面倒な方、海外出張時、多額の現金を持ち歩くのが不安な方、海外留学などで、現地での生活費をどこに預けたらいいかわからないといった方にとって大変便利なサービスといえます。

・WAON機能を追加可能

キャッシュ&クレジットカードに加え、電子マネーWAONの機能を追加できます。これにより、日頃のお買い物でも活躍する1枚となります。

・最高2,000万円の海外旅行傷害保険

最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しています。

以上の特長を持つブライトワンは、初年度の年会費が無料、2年目以降は1,350円(税込)の年会費がかかります。ただし、年間のショッピング利用金額が10万円を超えるなどの条件を満たせば、翌年度も年会費が無料になります。つまり、実質的には年会費無料と考えていいでしょう。

なお、ブライトワンには一般的なクレジットカード同様にポイント制度があり、還元率は0.5%、ポイントの有効期限は2年間となっています。

近くにイオンがあるならイオンカードがだんぜん便利

もう1つ、申込しやすいといわれているのが、デパートやスーパーなどが発行する流通系クレジットカードです。流通系ということで、主婦層がメインとなるため、配偶者に収入があったり、パートやアルバイトでも申し込めるためです。

中でもイオンが発行するイオンカードは年会費無料で作ることができ、WAON一体型を選択するとイオンなどでのお買い物がグンと便利になります。

イオンカードでは、クレジット支払い200円ごとに1円相当のポイント(ときめきポイント)が貯まっていきます。これは還元率0.5%ということであり、荘内銀行のブライトワンと同じ水準ですが、そのほかにもポイントが貯まりやすい仕組みがあり、イオンを使う機会の多い方なら、総合的にはこちらのほうがポイントは貯まりやすいでしょう。

貯めたポイントは商品交換やネットショッピングで使えるほか、電子マネーWAONに交換すると、イオングループの店舗をはじめとするWAON加盟店において現金感覚で使えます。さらに、そのWAONでお買い物すると200円につき1WAONポイント(1円相当)が貯まるので、ときめきポイントをWAONに交換して使う場合、実質的には還元率1%となります。

イオンカードの特長

  • 毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」に、全国のイオン、ビブレ、マックスバリュなどの各店舗でお買い物代金が5%オフになります。
  • 毎月15日の「G.G感謝デー」には55歳以上の会員限定で、全国のイオン、ビブレ、マックスバリュなどの各店舗でお買い物代金が 5%オフになります。
  • イオングループの対象店舗なら常時、ときめきポイントが2倍になります。
  • 毎月10日「ときめきWポイントデー」には、イオングループ以外の店舗でもクレジット支払いで、ときめきポイントが2倍になります。
  • 「ときめきポイントクラブ」の優待加盟店でのクレジット利用でポイントアップされます(2〜5倍)。

イオングループの店舗の利用でおトクにお買い物ができたり、ポイントが貯まりやすかったりする仕組みになっているので、イオンをよく使う人ならファーストチョイスとなるカードだといえるでしょう。

カード選びの決め手はイオンの利用頻度

WAONでお買い物をすると200円ごとに1WAONポイント(1円相当)が貯まります。これはWAON付帯の荘銀ブライトワンも同じです。

なお、WAON付帯の荘銀ブライトワンも、WAON一体型のイオンカードもともに、WAONチャージが可能ですが、WAONチャージ分にかんしてはカードのポイントが付かないので、いわゆるポイントの二重取りはできません(ただし、イオン銀行のバンクカードと一体になったイオンカードセレクトでは二重取りが可能です)。

基本のポイント還元率は同じなので、どちらのカードを選ぶかは、海外旅行の有無と、イオングループの店舗利用頻度が決め手となるでしょう。海外旅行によくいく人なら荘銀ブライトワン、イオングループの店舗をよく使う人ならイオンカードがおすすめです。

WAON付帯の荘銀ブライトワンにも「イオンお客さま感謝デー」5%オフなどの特典がつきますが、そのほかの特典を考えると、イオンカードのほうがなにかとメリットが多いというのが、その理由です。

荘銀ブライトワンとイオンカードの審査難易度は?

新しいクレジットカードを作るときに気になるのが審査の難易度です。せっかく申し込みをしても、審査に通らなければ、無駄な手間ばかりかかってしまいます。では、荘銀ブライトワンとイオンカードでは、どちらのほうが審査に通りやすいのでしょうか。

荘銀ブライトワンの審査難易度

荘銀ブライトワンの申し込み資格は、満18歳以上で安定した収入のあること(学生、無職除く)、そして、荘内銀行に普通預金口座を持っていること、の2点となっています。

一般的に「銀行系カード」の審査基準は厳しいといわれますが、荘内銀行は地方銀行のため、都市銀行のクレジットカードよりは取得しやすいといわれています。

とはいえ、銀行系カードの場合、信用情報機関に登録されている情報を重視する傾向があるため、他社クレジットカードを使ってクレジットヒストリー(クレヒス=クレジット利用履歴)を積み重ねておいたほうが審査には有利です。

イオンカードの審査難易度

イオンカードは、18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能なら申し込みできます。イオンカードの利用者には専業主婦の方も多く、夫に収入があれば、本人の年収が0万円の専業主婦でも申込み可能です。

もちろん、同居家族がみな無収入だったり、クレジットヒストリーに問題があったりすれば、審査をパスするのは難しいでしょう。それでも、ほかのクレジットカードと比べると、イオンカードの審査基準はかなり緩やかと考えて良いでしょう。

それでもなお審査に不安がある方には、消費者金融系クレジットカードのため審査のハードルが低く、最短当日のスピード発行が可能なACマスターカードをおすすめします。年会費は無料です。

ACマスターカードは一定の収入があればパートやアルバイトの方にも発行してくれるので、低収入の独身女性など、審査面で不安な場合でも安心して申し込めます。しかも、世界210ヵ国を超える国や地域で使える国際ブランド・マスターカードのクレジット機能がついているので使用上の不便さはまったく感じません。

審査結果に応じ、クレジットの利用限度額は最高300万円までとなり、クレジットとカードローンの利用合計の上限は800万円までとなるので、審査に不安のある方ばかりでなく、返済能力の高い方にとっては、それ相応に使い勝手のいいカードとなります。

インターネットで事前申込をすると最短30分で審査結果の連絡があり、アコムの自動契約機「むじんくん」での契約ならその日のうちにカードを受け取れるほか、近くに「むじんくん」がなく郵送受け取りになる場合でも最短で翌々日には発送してくれます。

海外旅行傷害保険などは付帯しませんが、世界中のマスターカード加盟店でのお買い物に使えるだけでなく、Cirrus マークのATMでキャッシングが利用できるので、海外旅行での使い勝手も必要十分だといえそうです。

クレジットカードを作るときには、このように審査の難易度まで考えてみると、貴重な時間をムダはなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ