スルガ銀行のクレジットカード、スルガカードとローンの審査は難易度が高い? 申込み前の3秒診断で通過率を上げる方法

スルガカードには最高3,000万円の国内旅行傷害保険が付帯

普段からスルガ銀行を利用している方におすすめのクレジットカードが、同行普通預金口座を持つ人が申込みできるSURUGA Visaクレジットカード(以下、スルガカード)です。

スルガカードには一般カードとゴールドカードがありますが、ここでは一般カードについて、その特徴などを紹介しましょう。

スルガカードの特長

《申込資格・年会費》

・申込資格は18歳以上で継続安定収入があること(高校生は除く)。未成年の場合は親権者の同意が必要です。

・年会費は1,080円(税込)。家族会員は540円(税込)となります。

《ショッピング/キャッシング》

・国内外のVISA加盟店でのショッピングで利用できます。

・日本国内では、セブン銀行、E-net、タウンネットワークサービス、ゆうちょ銀行など提携金融機関のATMでキャッシングできます。

・海外では、VisaグローバルATM、PLUS(プラス)システムATMでキャッシングできます。

・会員専用のホームページから、ローンサービス(振込融資)が利用できます。

《付帯サービス》

・本会員ならびに家族会員に最高3,000万円の国内旅行傷害保険が付帯します(利用付帯:旅行代金をクレジット支払いした場合のみ付帯)

・「お買物安心サービス」として、カードで購入した商品の偶然の事故による損害、修理金を補償します。補償限度額は30万円、自己負担額は1事故あたり5,000円、補償期間90日間となります。

・海外旅行中に困ったことがあれば、24時間365日の電話サポートを受けられます。

《キャッシュバック(ポイントサービス)》

・クレジット支払いした金額の0.7%にあたる金額が、年に1度、決済口座にキャッシュバックされます。

年会費はかかりますが、最高3,000万円の国内旅行傷害保険が付帯するというメリットを考えると、スルガ銀行利用者ならぜひ持っておきたいクレジットカードだといえそうです。

最高限度額800万円のカードローン

スルガ銀行にはキャッシングメインのカードローンもある

カードローンは、クレジットカードによる支払いやキャッシングと違って「融資」にあたるため、お金を借りるという形になります。

そのため、通常はカードローンのカードでは直接ショッピングをすることはできませんが、スルガ銀行のカードローンの場合、VISAクレジットカードの機能を付けられるので、ショッピングや海外で現地通貨でのキャッシングも可能です。

クレジットカードとの違いは、カードローンの方が高額の借り入れが可能だということです。スルガ銀行のカードローンは最高限度額800万円で、スルガ銀行の普通預金を持っていなくても融資可能です。

融資を受けるには、スマホや携帯で申し込んで指定口座に振り込んでもらうか、専用カードを使い、コンビニATMや、ゆうちょ銀行のATMからお金を引き出します。

ひとつ注意したいのは、VISAカードとして利用した場合でも、決済した金額はすべてカードローンでの借り入れとなることです。

つまり、クレジットカードで一括支払いした場合と違い、使った次の日から毎日利息が発生することになります。クレジットカードとは別物だということを意識して上手に使いたいところです。

クレジットカードと違い、旅行傷害保険などの付帯サービスはありませんが、ガン保証付生命保険に無料で加入できる特典がついてきます。この保険は、死亡したり高度障害を負ったりした場合にも、保険金でローンを全額返済できるので、万が一のことがあっても、多額のローン残高を家族に遺すようなことにはなりません。

また、ガン保障特約付きなので、ガンと診断された場合には治療に専念できます。

「銀行系カードは審査が厳しい」はホント?

スルガカードは銀行系カードなので、ほかのクレジットカードと比べて、個人信用情報が入念にチェックされるといわれています。そこで、過去にクレジットカードやローンなどで延滞があったり、収入源がバイトやパートだったりする場合、審査に通らない可能性もあるのです。

審査に通ったとしても、収入が少ないと限度額がかなり低く設定されてしまうこともあります。これも、銀行系カードの特徴です。

一般的に都市銀行より地方銀行のほうが審査は甘いといわれますが、スルガ銀行は静岡だけでなく、東京、千葉、埼玉、神奈川などの関東エリアのほか、全国各地の主要都市にも支店などがあり、それもあってなのか、地方銀行としては比較的厳しい審査基準になっているようです。

ACマスターカードなら柔軟な審査で、上限額も高い

スルガカードの審査に通るかどうか自信がない場合には、もっと柔軟な審査基準を持つクレジットカードの取得を検討してみましょう。

限度額が大きいわりに審査が緩やかなクレジットカードとしておすすめできるのが、年会費無料で作れるACマスターカードです。

アコムが発行するACマスターカードは、消費者金融系のクレジットカードなのでパートやアルバイトの方でも年収を気にせずに申込することができます。

審査面で不安な方でも安心して申込めるカードなのです。

限度額は審査結果に応じ、クレジット利用が最高300万円、クレジットとカードローンの利用合計の上限は最高800万円となっています。つまり、クレジットカードとカードローンのいいとこ取り的なカードということです。

消費者金融系クレジットカードというと、使い勝手の点で不安を覚える方もいるかもしれませんが、国際ブランド・マスターカードのクレジット機能により世界210ヵ国を超える国や地域で使えるので、ショッピングで特に不便を感じることはないでしょう。

ACマスターカードのもう1つのメリットは、最短で申し込み当日のスピード発行が可能だという点です。インターネットで事前申込をすると最短30分で審査結果の連絡があり、アコムの自動契約機「むじんくん」で、カードを受け取ることもできます。

近くに「むじんくん」がない場合、郵送受け取りになりますが、その場合でも最短で翌々日には発送してくれます。

旅行傷害保険などは付帯していませんが、世界中のマスターカード加盟店でのショッピングに使えるだけでなく、Cirrus マークのATMでのキャッシングも利用できるので、海外旅行でも十分活躍してくれるカードだといえます。

「審査基準が柔軟といっても実際のところはどうなのか」と気になる方は、ACマスターカードの公式サイトにある「3秒診断」で簡易的な審査を受けられます。これは、年齢と年収、そしてカードローンの他社借入状況を入力すると、カードが発行可能かどうか仮に判断してくれるものです。


出典:https://www.acom.co.jp/first/3sec/

試みに、「年齢35歳」「年収350万円」「他社借入50万円」と入力すると、「お借入できる可能性が高いです」と表示されます。「年齢20歳」「年収200万円」「他社借入50万円」でもOKでしたが、「年齢20歳」「年収200万円」「他社借入100万円」では、「お客さまのご入力情報では、お借入可能の判断ができませんでした」と表示されます。

どうやら、どんな条件でも審査に通るというわけではなさそうですが、それでも、他社クレジットカードに比べると、かなり審査のハードルが低いようです。

スルガカードの審査に通る自信はないけれど、限度額の大きいクレジットカードやカードローンを利用したいという方は、スルガカードに代わるものとして、このACマスターカードを検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ