分割払いの携帯電話料金滞納はカード審査に大きく影響する? クレジットカードを作るための確認事項

携帯電話やスマホの機種代金(端末代金)はローンと同じ扱い!?

携帯電話やスマホの機種代金を分割払いは、ローンと同じ扱いになることをご存知でしょうか。

毎月の通話料などと一緒に分割代金を請求されるため気づかない方もいるかもしれませんが、契約上は携帯電話やスマホ本体を分割で購入していることになるため、割賦販売法(かっぷはんばいほう)が適用されるのです。

そして割賦販売法第35条の3の36により、支払いが滞納または延滞した場合の情報は信用情報機関であるCICへ提供されることになっています。

第三十五条の三の三十六 経済産業大臣は、次に掲げる要件を備える者を、その申請により、この節の定めるところにより特定信用情報提供等業務(特定信用情報の収集及び包括信用購入あつせん業者又は個別信用購入あつせん業者に対する特定信用情報の提供を行う業務をいう。以下同じ。)を行う者として、指定することができる。
引用:割賦販売法

ちなみに、通話料や通信料などの滞納または延滞情報が載ることはありません。あくまでも、機種代金を分割した場合の支払い状況のみ情報提供されると覚えておきましょう。

滞納または延滞した情報は24ヶ月もCICの信用情報に残る

万が一、携帯電話やスマホの機種代金を滞納または延滞してしまった場合、CICに情報提供がなされ契約内容などと共に記録されることになります。



画像元:http://www.cic.co.jp/mydata/pc/documents/cicsample.pdf

機種代金の支払い状況は、下部にある「入金状況」に毎月記録されていきます。



画像元:http://www.cic.co.jp/mydata/pc/documents/cicsample.pdf

記号 延滞扱い 意味
$ × 機種代金が滞納や延滞なく支払われた
P 請求代金の一部だけ期日通りに支払われた
A 滞納または延滞した

入金状況の記録は24ヶ月も残ることとなり、うっかり引き落とし口座にお金を入れるのを忘れてしまった場合でも消すことはできません。携帯代金やスマホの機種代金は、分割払いのほうが毎月の割引があったりしてお得になりますが、滞納または延滞しないように、心配であれば一括払いや12回払いに設定するなど注意しておきましょう。

延滞または滞納が3ヶ月続くとブラックリストとして登録される

延滞または滞納が3ヶ月続いてしまうと「返済状況」の欄に「異動」と記録されてしまいます。いわゆるブラックリストというものです。



画像元:http://www.cic.co.jp/mydata/pc/documents/cicsample.pdf

この情報は、「契約期間中及び契約終了後5年以内」は残ることになります。

ちなみに携帯電話やスマホの機種代金は、分割払いを選択すると24ヶ月かけて支払う契約になることがほとんどです。そのため、最大で7年間もブラックリストに記録が残ることも考えられます。

滞納や延滞、強制退会がある方はクレジットカードも不可になりやすい理由

機種代金の滞納や延滞、強制退会がある方は、クレジットカードの審査が不可と判断される可能性が高くなります。

なぜクレジットカードの審査に影響を及ぼすのでしょうか。

理由は、支払い能力に問題がないか審査するためにCICの信用情報が使われているためです。

申込者の信用情報に滞納や遅延があれば、審査するカード会社側も発行を渋るでしょう。クレジットカード審査に有利な状況を作っておくためにも、携帯やスマホの機種代金は毎月期日どおりに支払うことが大切なのです。

一度の滞納や延滞でも審査に影響を及ぼすことも

一度だけ滞納または延滞した場合でも、クレジットカードの審査に影響を及ぼす可能性はあります。

もちろん一度だけなら問題ないというカード会社もありますが、審査が通らないケースも少なくありません。特に、グレードが高いクレジットカードほど審査は通りづらくなる傾向にあります。

過去にトラブルがあるときは期間を空けて申込するのが良い

過去に滞納や延滞、またはブラックリストへの登録などトラブルを起こしてしまった場合どうすればいいのでしょうか。

基本的にはトラブルの記録が消えるのを待つしかありません。一度の滞納や延滞であれば24ヶ月経過後、ブラックリストへ登録されている場合は5〜7年の期間を空けて申込むことで審査に通りやすくなります。

長期延滞ではない場合ACマスターカードで審査が可能

過去に延滞したことはあるが長期延滞ではなかったという方は、ACマスターカードでクレジットカードの発行審査が可能です。

他のクレジットカードとは異なり、過去の支払い状況などを重視しない「貸金業法」に基づいて審査するため、発行が認められる可能性は高いでしょう。

ACマスターカードでクレジットカードヒストリーを積み上げていこう

長期延滞したことがない方なら申込できるクレジットカードとしてACマスターカードをご紹介しました。ACマスターカードには一体どんな特長があるのでしょうか。

ACマスターカード
ACマスターカード

画像元:https://www.acom.co.jp/lineup/credit/

何と言っても年会費・入会費無料で即日発行できるところが大きな特長であり魅力です。さらに35日ごとの支払いとなるため、振込忘れをしてもすぐに手続きすれば滞納や延滞になることはありません。うっかりさんにも安心の1枚です。

年会費・入会費 無料
利用限度額 10〜300万円
利用明細の確認方法 web明細または紙明細の選択可能
手数料・実質年率 10.0%〜14.6%
支払い方法 35日ごとの支払い
ポイント付与サービス なし
その他 ・カードローン機能つき ・cirrusマークがあるATMなら海外でもキャッシング利用可能

ACマスターカードのメリットデメリット

ACマスターカードは年会費・入会費無料で即日発行できるといった特長がありますが、他にはどんなメリットデメリットがあるのでしょうか。

メリット ・年会費や入会費が無料で即日発行可能 ・クレジットカードの審査に不安がある方も安心して申込できる ・web明細でいつでも利用状況の確認できる ・支払いが35日ごとなので延滞や滞納のリスクが少ない ・キャッシング利用もできる
デメリット ・ポイントが貯まらない ・支払い方法が一括またはリボ払いのみ ・ETCカードの発行サービスがない ・クレジットカードというよりもカードローンに近い

メリットはやはり、手軽に申込・利用できるところです。申込だけでなく支払い方法にも柔軟性があるため、クレヒスが作りやすいクレジットカードだと言えます。

一方、デメリットには他のクレジットカードと比べてサービスの幅がないことが挙げられます。例えば、利用金額ごとにポイントが貯まるといったサービスはありません。またETCカードの発行がない、分割払いができないといった部分もデメリットでしょう。

ACマスターカードは良くも悪くも、クレジット決済またはキャッシング利用に特化したシンプルなカードなのです。

ACマスターカードでクレヒスを積めば他のクレジットカード審査も通りやすくなる

ACマスターカードに申込をしてクレジットヒストリー(通称:クレヒス)を積むことで、他のクレジットカード審査が通りやすくなります。

万が一、携帯やスマホの機種代金の滞納や延滞により信用情報にトラブル歴が残ってしまった場合は、まず過去のトラブル履歴が消えるのを待ちましょう。

そしてその間、ACマスターカードでコツコツとクレヒスを作りしっかりと準備を整えて置けば、あなたが欲しいと思うクレジットカードの審査へ通過する可能性は高まります。

携帯やスマホ機種代金の滞納や延滞によりクレジットカード審査に不安がある方は、ACマスターカードの申込をしてクレヒスを積むことから始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ