やまぎんハイブリッドカードの審査に通過する人の特長とは? 地銀系クレジットカードはクレヒスの有無が重要

クレジットカードは、申し込みをして、クレジットカード会社の審査を受け、審査に晴れて通過した方のみが持つことが出来るアイテムです。

お金を持っていなくてもカード1枚で買い物ができ、後払いとなるためにそのひとの信頼がとても重要視されます。

クレジットカードの審査でチェックされることとは?

クレジットカードの審査に受かるための基本的なポイントは、3Cと呼ばれる能力(Capacity)、資産(Capital)、人間性(Character)の3要素で構成されています。

能力=Capacity
クレジットカードの審査における重要な要素で、職業、雇用先、勤務形態、収入などがこれにあたります。申し込み者にどのくらいの収入があり、どれくらいの金額であれば毎月支払いが出来るのかがチェックされます。

資産=Capital
住まいは持ち家なのか賃貸なのかがチェックされ、最もプラスに働くのが持ち家や実家住まいの方です。しかし賃貸住宅であっても長い間そこに住んでいるということは、トラブルがなくきちんと家賃を納めているという証明になるので同様にプラスに働きますが、転勤ではなく短期間で転居をよくしている方は、家賃の未納や滞納、近隣トラブルなど何らかの問題を抱えているとみなされる場合があります。

人間性=Character
これまでのクレジットカードの利用状況、ローンの有無や支払い状況、携帯電話料金の支払い状況がチェックされます。これらの情報は信用情報機関と言うところで最長5年分が保管されているため、5年以内に滞納や未納などがあった場合には審査落ちしてしまう可能性が高まります。

このクレジットカードやローン、携帯電話料金の支払い状況のことをクレジットヒストリー、通称クレヒスと呼んでおり、クレジットカードの審査に置いてもっとも重要視されるポイントです。クレジットカードは顧客とクレジットカード会社の信用に基づいて発行されるものなので、どの要素も大切で欠かすことが出来ませんが、とくにクレジットヒストリーは審査の合否に深く関係する要素です。

クレジットカードの審査については開示されていませんが、やまぎんハイブリッドカードは山形銀行の発行しているクレジットカードなのでスーパーなど多くの方が利用する施設発行のカードに比べると難易度が高いクレジットカードだと言えます。

やまぎんハイブリッドカードはラインナップが豊富!

やまぎんハイブリッドカードは大きく分けてDCカードと提携しているカードと、JCBと提携しているカードに分けられますが、さらに細かく沢山の種類が出て居ます。

やまぎんハイブリッドカードDCの一覧


申し込み資格 18歳以上で安定した収入がある方。
※未成年の方は親権者などの方の同意が必要です。
国際ブランド VISA・MasterCard
年会費 1,250円+税
特長 ・VISA、MasterCard両方の申し込みも可能で、その場合年会費1,500円+税
ハイブリッドDCニューズ(海外旅行保険付)
申し込み資格 18歳以上で安定した収入がある方。
※未成年の方は親権者などの方の同意が必要です。
国際ブランド VISA・MasterCard
年会費 1,500円+税
特長 ・VISA、MasterCard両方の申し込みも可能で、その場合年会費1,750円+税
・海外旅行保険最高2,000万円(利用付帯)
・国内旅行保険最高2,000万円(利用付帯)

やまぎんハイブリッドカードJCBの一覧


ハイブリッドJCB JCB ORIGINAL SERIES
申し込み資格 18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上で学生の方 ※一部、お申し込みになれない学校があります。
国際ブランド JCB
年会費 1,250円+税
特長 ・年間合計50万円以上のショッピング利用で翌年の年会費無料
・海外旅行保険最高3,000万円(利用付帯)
・国内旅行保険最高3,000万円(利用付帯)
・海外でのショッピングご利用分はポイント2倍


ハイブリッドJCB EXTAGE
申し込み資格 18歳以上29歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上29歳以下で学生の方 ※一部、お申し込みになれない学校があります。
国際ブランド JCB
年会費 無料
特長 ・海外旅行保険最高2,000万円(利用付帯)
・入会後3カ月はポイント3倍
・入会後4カ月目以降はポイント1.5倍
・海外加盟店での利用はポイント2倍


ハイブリッドJCB LINDA(女性向け)
申し込み資格 18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上で学生の方 ※一部、お申し込みになれない学校があります。
国際ブランド JCB
年会費 無料
※データ維持料として月100円
特長 ・携帯電話・PHSの利用料金支払いでデータ維持料無料
・学生の方は、本申込書で記入した卒業予定年月までのデータ維持料無料
・支払い金額(本会員と家族会員の合計)が月額1万円(税込)以上の場合データ維持料無料
・ボーナスポイント制度
・アイテムのプレゼントあり
・女性向け保険「お守リンダ」(別途申し込みが必要)

やまぎんハイブリッドカードDC、やまぎんハイブリッドカードJCBの2ラインの一般カードでも合わせて5種類あり、利用する方に選択肢の幅を持たせたクレジットカードですが、申し込み資格欄に「安定継続収入」という言葉が入っていることや、銀行系のクレジットカードであることから申込前には、自分の現状をしっかり確認しておかなければなりません。

申込みをする以上、カードが発行されないということは自信がなくなるなるだけではなく、次の申込みにも躊躇してしまいますので避けたいところです。

クレジットカードの申し込みはクレジットヒストリーが要!

クレジットカードの審査においてクレジットヒストリーはとくに重要視される部分なので、個人情報機関に最長5年分保管されているクレジットヒストリーに傷があるという方は勿論ですが、これまで全くクレジットカードを持っておらずクレジットヒストリーがクリアな状態になっているという方は、実績がないということになるので審査においてマイナスに働いてしまうことがあります。

そこでクレジットヒストリーに不安があるという方や、クレジットヒストリーを積み重ねたいという方はクレジットカードの中でも審査の間口が広いと言われているACマスターカードでクレジットヒストリーを積み重ねて、きちんと支払いをしているという実績を作ったうえで本来申し込みたかったクレジットカードにトライするという方法があります。

ACマスターカードの基本スペック

  アコムACマスターカード
ACマスターカード
年会費 無料
国際ブランド MasterCard
申し込み資格 ・満20歳以上で、安定した収入と返済能力を有する方
・所定の基準を満たす方
ポイント なし
利用限度枠 10万円〜300万円
※申し込み者により異なります
特長 ・0.25%のキャッシュバック制度
・リボ払い専用
・即日発行可能

ACマスターカードは消費者金融系であることからも、独自の審査基準を設けているので、今までどのクレジットカードもダメだったという方にも申込みがしやすいクレジットカードになっています。

またACマスターカードは一般的なクレジットカードとは少し異なり、リボルビング払い専用のクレジットカードになっています。リボルビング払い、通称リボ払いはあらかじめ設定した一定の金額を毎月支払ってクレジットカード決済した代金を支払い・返済していくという仕組みになっています。

リボ払いは初回の支払いには利息がかかりませんが、2回目以降の支払いからは利息が掛かってしまうので、余分な利息を支払わないためにも出来るだけ一括払いのように使いたいものです。設定金額は自分自身で帰ることが出来るので、リボ払いの設定額=利用上限額にしておけば一括払いのクレジットカードとして使うことも出来ますし、どうしても支払いが苦しい月には設定金額を落としておき、支払いに余裕がある月には多めに繰り上げ返済するなど、リボ払いを計画的に使っていきましょう。

クレジットカードやローンを組む際には必ずクレジットヒストリーはチェックされますし、とても重要であるからこそしっかり押さえておきたいポイントでもあります。銀行系のクレジットカードには自信が無いという方は、まずはそれよりも審査の穏やかなACマスターカードのようなクレジットカードでクレジットヒストリーを作ってから、本来持ちたかったカードに申し込みをしてください。

まずは
これ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ