ATM手数料が無料になるさぎんのmoteca(モテカ)カードの審査難易度は? お得なカードを年会費無料で持とう!

現在多くのクレジットカード会社や銀行などからクレジットカードが発行されており、それぞれ利用する方にとって使いやすい機能や便利な特典が付いているものがあります。クレジットカードのなかでも佐賀銀行の発行している「moteca(モテカ)」は佐賀銀行を利用する方にとっては年会費優遇制度や女性向けクレジットカードを発行しているなど使いやすい機能が沢山ついているクレジットカードです。

佐賀銀行のmoteca(モテカ)とは?

moteca(モテカ)の基本スペック

カードフェイス
moteca

moteca

年会費
  1. VISA・MasterCardの場合
1,250円+税 ※初年度年会費無料 AJCBの場合 年会費無料
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
申し込み資格 高校生を除く満18歳以上の方
ポイント
  1. VISA・MasterCardの場合
「ワールドプレゼント」 1,000円→1ポイント
  1. JCBの場合
「OkiDokiポイント」 1,000円→1ポイント
特長 ・年会費優遇制度あり ・3つの機能つき(クレジット機能・ローン機能・ICキャッシュカード機能) ・女性向けクレジットカードあり

(出典:https://www.sagabank.co.jp/service/moteca/)

モテカカードは「みんなにモテモテ !きがるにモテル !モッテて役に立つ !」のキャッチコピーで発行されており、生体認証機能付きICキャッシュカードに、クレジット機能、ローン機能の3つが付いているので、沢山のカードを持ちたくないという方にもおすすめです。

モテカカードは国際ブランドであるVISA・MasterCard・JCBの3ブランドから選ぶことができ、モテカカードを利用している普通預金口座で、5万円以上の給与振込口座または年金受取口座にすると、ATM時間外手数料(回数制限なし)・コンビニATMご利用手数料(入出金合計で月3回まで)が無料となる特典が付いています。

モテカカードは佐賀銀行のATMはもちろん、全国の提携金融機関、ゆうちょ銀行、コンビニエンスストアに設置されているセブン銀行ATM、イーネットATM、ローソンATMで、キャッシュカードとして使えるので、旅行先でもキャッシュカードとしてお金を降ろす際にもATM手数料無料の特典が利用できます。

またVISA・MasterCardの国際ブランドを選択した場合には年会費が1,250円+税かかりますが、初年度は年会費が無料で、さらに携帯電話・PHS料金をモテカカードで決済、または年間ショッピング10万円以上のどちらかの条件を満たせば翌年度以降も年会費が無料になるため、実質年会費無料で持つことが可能なクレジットカードです。

クレジットカードの中には公共料金の支払いについてはクレジットカードのポイント付与対象にならないものもありますが、モテカカカードは携帯電話・PHS料金のほか、電気料金、西部ガス、NHK等のご利用料金の支払いにモテカカードを指定するとポイントが貯まるため、日常使いにもってこいのアイテムになります。

そして、貯まったポイントはグルメギフト、ギフトカード、賞品やpontaポイント、楽天ポイント、ANAマイルなどと交換することができるので、ポイントの使い道も豊富で普段の買い物で貯まったポイントをご褒美にしたり、さらにお得に買い物をするための別のポイントに交換するなどの楽しみが広がります。

モテカカードにはVISA・MasterCardの場合は女性向けの「モテカカード アミティエ」、JCBであれば「モテカJCB LINDA」というラインナップもあり、モテカJCB LINDAには年間利用金額によって翌年度のポイントが2〜3倍になるボーナス制度や、携帯電話料金の支払いまたは月1万円以上の利用で年会費が無料になる特典もあるので、買い物の決済を殆どクレジットカードで行うという女性であればモテカJCB LINDAもおすすめです。

女性専用カードは男女区別なく持てるカードとは違い、女性特有の目線(収入や勤続年数、雇用形態)で審査をしてくれるので不安がある女性には向いています。

モテカ JCB LINDA



(出典:https://www.sagabank.co.jp/service/moteca/eraberu.html)

モテカカードの審査難易度とは?

クレジットカードを申し込むうえで気になるポイントは「審査に受かるかどうか」という方が多いのではないでしょうか。

せっかく申し込んでも審査落ちしてしまうとがっかりしてしまうということもありますが、クレジットカード、ローン、携帯電話の支払いの利用履歴の記録は「個人信用情報機関」というところにクレジットカードの申し込み履歴は最長6か月間、利用履歴については最長5年間保管されており、発行先はここで確認を行っています。

クレジットカードの審査では必ず「個人信用情報機関」というところに、これまでの申し込み履歴や利用履歴が照会されるので、申し込んだクレジットカードに審査落ちしてしまった場合には最長半年はその記録が残ってしまい、他のクレジットカードに申し込みを行っても何か問題のある申し込み者なのではないかと、審査にとって不利になってしまうことがあります。

だからこそクレジットカード選びはとても大事なのですが、モテカカードは佐賀銀行と3つの国際ブランドが提携して発行しているクレジットカードであることからも、審査難易度は高めに設定されていると言えます。

佐賀銀行に口座を持っており、これまでにクレジットカードやローン、携帯電話の支払いなど利用履歴上に未納や滞納などが無い方や、安定した収入がある方であればチャレンジする価値はあるのですが、クレジットカードの審査に不安があるという方は、まずは過去のマイナス履歴をなくし優良なクレジットカードユーザーであるということを印象付ける必要があります。

滞納や延滞のある利用履歴を良いものにするおすすめのクレジットカードとは

これまでの利用履歴、現在の収入や雇用形態など審査に不安があるという方は、審査の比較的穏やかなACマスターカードをおすすめします。ACマスターカードは消費者金融であるアコムと国際ブランドのMasterCardが提携して発行しているクレジットカードで、アコム独自の審査基準を設けているため申し込みしやすいクレジットカードとなっています。

ACマスターカードの基本スペック

カードフェイス
年会費 無料
申し込み資格 ・満20歳以上で、安定した収入と返済能力を有する方 ・所定の基準を満たす方
ポイント なし
リボ払いの利率 10.0%〜14.6%
カードローン 限度額最高800万円
ローンの利息 3.0%〜18.0%
特長 ・リボ払い専用 ・利用額から0.25%がキャッシュバック ・最短即日発行 ・ローン機能付き

(出典:https://www.acom.co.jp/lineup/credit/)

消費者金融系のクレジットカードでは買い物などでカードを提示した時に消費者金融系だということが周りにバレてしまうのではないかと不安に思う方もいるのですが、ACマスターカードはベーシックなデザインになっているのでアコムが発行しているクレジットカードだということが分かりにくくなっています。

またACマスターカードの最大の特長として、最短で即日発行をすることが可能になっているため、急な出費や買い物などでどうしてもすぐにクレジットカードを手に入れたいという方にも向いています。

ただし一般的なクレジットカードは一括払いまたは分割・ボーナス払い・リボ払いなどの選択が可能ですが、ACマスターカードはリボ払い専用のクレジットカードなので、毎月一定額の引き落としとなるので注意しておきましょう。

引き落としの金額は初期設定5千円程度になっていることが多いのですが、ユーザー自身で設定金額を変えることが可能なので、リボ払いの支払金額=利用限度額にしておけば一括払いと同じ使い方をすることが出来ます。またどうしても支払いが苦しい月には設定金額を落として、余裕のある月にまとめて返済することも可能なので、ACマスターカードのリボ機能を賢く使うようにして行きましょう。

そして滞納や未納などをせずきちんと支払いを行い、利用履歴を作ったうえで、モテカカードなどの本来申し込みたかったクレジットカードにチャレンジしてみると審査に通過する確率を上げることができます。審査に不安があるという方や、取り急ぎクレジットカードを手に入れたいという方はACマスターカードを検討してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ